京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ALWAYS 三丁目の夕日』

2005-11-07 23:59:26 | 邦画


携帯もパソコンもTVもなかったのに、
どうしてあんなに楽しかったのだろう。


■監督 山崎 貴
■原作 西岸良平 
■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和

□オフィシャルサイト  『
ALWAYS 三丁目の夕日

 舞台は、建設中の東京タワーが少しずつ空へ伸びていく昭和33年。 夕日町三丁目で、慎ましくも笑顔の絶えない日々を送る人々の姿を淡々と描いていく。 今のように派手な遊びも無く、娯楽と言ってもまだTVが出始めて高価だった時代。 何気なく下町を思わせる風情と、そこに住む人々の温かいさ。 混沌とした現在の世相からは想像も出来ない平和で人情味のある生活がそこにあった。


おススメ度 ⇒★★★★ (5★満点、☆は0.5)
cyazの満足度⇒★★★★


 「スカばっかりじゃん 当たりははいってないんじゃないの
 映画の中の少年たちは口を揃えて言う。
 “スカ”・・・懐かしい、本当に懐かしい響きだ
 暫く頭の中の記憶のどこかに忘れていた、そして心の中の、色褪せそうな想い出
 の扉を開いたかのように、セピア色した想い出の一片が飛び出してきた

 僕の隣りに座っていた小学2・3年くらいの少女がお父さんに聞いていた。
 「ねえ、“スカ”ってなあに?」って・・・。
 そうだよなぁ、いまは“ハズレ”だもんね(笑)
 僕の少年時代は、そう間違いなく“スカ”だった

 多少、僕の少年時代とはズレはあるものの、ゴムで飛ばした飛行機、フラフープ、紙ふうせん、野球盤、懐かしい遊びグッズがてんこ盛りだった 
 ミゼット、オート三輪、路面電車(都電)、富山の置き薬、納豆売り、木の牛乳箱等も懐かしさで一杯
 昭和33年、東京タワーは完成を見た。 その高さに象徴されるかのように、高度成長期に入っていく日本の等身大の人々の暮らしがそこにあった。

 そして夕日町三丁目に住む人々。 派手な生活でもないけど、毎日楽しそうに暮らしている。 それぞれに個性のある役者を配し、懐かしい景色や生活の匂いを感じさせつつ、本来の人間同士の付き合いや隣り近所の付き合い、そこには誰が決めたでもない秩序があった。

 この時代、自分の子供も他人の子供も、悪いことをしたら大人の誰もが叱った。
お腹空かせていると上がって飯食ってけって言われた。 
 頑固オヤジはどこにでもいた。 怖いけど愛情があった。
 学校の先生は悪いことをすると当たり前のように殴った。
 それは子供に対して深い愛情の表れであった。 
 お医者さんの先生も深夜に関わらず具合が悪いと飛んできてくれた。
 そんな当たり前が当たり前でなくなってしまった現在。 ただ懐かしさだけでこの映画を観てはいけない。 そこには無くしてしまった、忘れてしまった日本の普通の暮らしの風景があるからだ。

 自分のお腹を痛めて産んだ子を虐待する母親。
 自分の母親に毒を飲ませつつ、観察日記をブログにアップする娘。
 スクープが欲しくて放火する大人の記者。 
 少なくてもこの時代にそんな輩はいなかった。

鈴木オートの家族を中心に、売れない駄菓子屋の作家、居酒屋の女等々が繰り広げる陽だまりの温かさを感じる秀作に仕上がっている。

自然に涙が出てくるシーンが盛りだくさんなのだ 

 「お前とは縁もゆかりもないんだからな」
縁もゆかりもない、血も違う者同士でも、一つ屋根の下で暮らしていくうちに、心通ずるものが沸いているのである。
 自分を邪魔者扱いだったと思い込む集団就職で上京した娘も、その母が預けた先の鈴木オートに宛てた手紙を見せ、
 本当の母の思いを伝えてあげる。 まるで自分の娘のように。
 生まれて初めてのクリスマスプレゼントを贈る為、それを演出する売れない作家と優しい町医者。 

 「悪魔は嫌いだぁ~」 実は「宅間(町医者)は嫌いだ~」 (笑)


 今朝、通勤電車の中から富士山が見えた。 これからもっと寒くなり空気が乾燥すると晴れた日には富士山が見える。 恐らくこの映画が描く昭和33年頃の東京からは、少し高いところに上れば、どこからでも富士山が見えたものだろう。 富士見台、不死身藤見町きっと生活の中に富士山の雄雄しい姿があり、東京に住む人たちには、どこからも東京タワーが見えたのだろう。
ほんの少しの間だけ、飛んでいくビル群の間から見える富士山、ちょっとだけ朝から得をした気分だけど、この時代にはきっとラストシーンの夕日の中にある東京タワーと富士山が、あらゆるところから見えたのだろう。
当たり前に見える富士山や東京タワーの風景は、この地でその時代を生きる人にとってたぶん生きる活力になっていたのだろう。


 日本人の日本人らしい暮らしが、そして優しく温かい心が、この映画の中にあります

 是非、あらゆる世代にこの映画を観て欲しいと思います



夕日町の風景(3D映像)

 ナムコナンジャタウン」(期間限定)

昭和30年代の下町風景

 台場一丁目商店街


『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (202)   トラックバック (356)   この記事についてブログを書く
« 検証~ | トップ | 忘れていました~ »
最近の画像もっと見る

202 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大満足~! (fire1000)
2005-11-08 01:45:06
本作は私が生まれる前のお話なのですが....。

予告編を観た時から期待でワクワクしていました!

期待ハズレでないといいな?!

”スカ”じゃないだろうか?!(笑)

なんて不安は上映開始5分後には解消されてる自分がいました!

笑い、涙、これ程までにcyazさんの仰る通り自然だった作品は他に知りません!

大満足の作品でした!

Unknown (RYUYA)
2005-11-08 03:10:14
この映画、すっごく観たいんです!

最近、ショッピングモールなんかに、数十年前の駄菓子屋さんを模したお店を、よく見かけます。

私が生まれる前の駄菓子屋の雰囲気なのに、なぜか懐かしさ、優しさ、あるいはデジャヴュに包まれます。



「ALWAYS 三丁目の夕日」の予告編に覚えた安堵感、私の錯覚でしょうか?

時間を作って鑑賞できたら、それを確かめてみたいです。

TBありがとうございました (ミチ)
2005-11-08 06:44:32
こんにちは♪

年末に来てドカーンと良い作品が登場しましたね~!

どのエピソードも素直に良かったですよね。

ここまでやられちゃうと文句のつけようがありません(笑)

役者さんがみんな良かったし、ビジュアルエフェクトが物語の邪魔をせずに効果抜群でした。



「スカ」ってお店の人が書いてたのね(爆)
思い出します (やっこババ)
2005-11-08 07:47:16
是非観たいです

予告を見る限りアッタアッタです

懐かしい!!事ばかり

テレビをオダイジンのお宅に観にいったり

駄菓子屋さんの風景もその通りでした

ババ達の年代の人には懐かしい事です
当たり~ (cyaz)
2005-11-08 08:37:26
fire1000さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



おひさしぶりですね^^

“スカ”ではなくて、劇中の一等のピストルが当たったって感じでした!

ノスタルジックでセピアで僕の子供の頃と駄菓子屋の風景は同じ雰囲気でしたね(笑)

路面電車は“チンチン電車”と呼んでいましたが(爆)?!
ぜひぜひ~ (cyaz)
2005-11-08 08:59:50
RYUYAさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>私が生まれる前の駄菓子屋の雰囲気なのに、なぜか懐かしさ、優しさ、あるいはデジャヴュに包まれます

そうですね、映画が始まってすぐにタイムスリップできますよ!



>私の錯覚でしょうか?

いいえ、そうじゃないと思いますよ^^



>時間を作って鑑賞できたら、それを確かめてみたいです

是非この映画を観る為の時間を作って確かめてみてください!決して裏切らない作品だと思いますし、予告編での安堵感、味わえると思います!



感想お待ちしてますので^^

TBさせていただきました (happy-clover)
2005-11-08 09:05:44
はじめまして



>>この時代、自分の子供も他人の子供も、悪いことをしたら大人の誰もが叱った。

お腹空かせていると上がって飯食ってけって言われた。~~以下…

↑このコメントを見て、映画を思い出し、ジーンときました。

自分の子もよその子も同じように親身になって心配してくれる夕日町の住人たちのあたたかさ昔は当たり前のだったんですよね・・・。



まだ生まれていないのに、心のどこかに懐かしい想いがこみ上げてきました。

TB有難うございます! (AKIRA)
2005-11-08 11:11:14
ほのぼのとあったかい映画でしたね。



失われつつある人間関係を

取り戻そうよとするメッセージが響きました。



東京タワーを見る度に,

この映画を思い出しそうです。
良かった~ (cyaz)
2005-11-08 12:49:41
ミチさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>年末に来てドカーンと良い作品が登場しましたね~!

ホント、そうですね^^



>ここまでやられちゃうと文句のつけようがありません(笑)

アラ探し、してらっしゃるんですか、いつもは(笑)?



>「スカ」ってお店の人が書いてたのね(爆)

少年少女時代に知らなかった大人の世界も見え隠れして、またそれも楽しかったですが^^

ホームラン~ (cyaz)
2005-11-08 12:52:41
やっこババさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>懐かしい!!事ばかり

観てるだけで楽しかったですよ^^



>テレビをオダイジンのお宅に観にいったり

ん?オダイジンとはどなたのことでしょう(笑)?



>ババ達の年代の人には懐かしい事です

どんな世代にも受け入れられるアット・ホームな映画です!

是非ご覧になって、感想聞かせて下さいね^^

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

356 トラックバック

ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる) (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
ALWAYS 3丁目の夕日(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和 【公開日】2005/11.5 【製作
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----うわあ、なにこれ?東京タワーが壊れている。 しかもその前を路面電車が走っている? 「(笑)これはね。いまだに根強い人気を持つコミック 『三丁目の夕日』を実写映画化したものなんだ。 舞台が昭和33年。というわけでこれは建設中の東京タワー」 ----それって撮影が難
ALWAYS 三丁目の夕日 (花ごよみ)
東京タワーが建設中だったあの頃…  昭和33年の東京を舞台に空前のスケールで贈る、  夢と希望のエンタテイメント映画!!………………  試写会チラシより ………………………………………………………………………………    原作は西岸良平のコミック『
ALWAYS 三丁目の夕日( 小雪 映画 ) (一人暮らしとお金とインターネット)
ALWAYS 三丁目の夕日をみてきました。 以前映画館で公開予告の映像をみたのがきっかけです。 時代背景(昭和33年の古きよき日本を舞台)で、なんとなくみてみたいという気持ちにさせられました。ちょうど私のが親が子供だったころですね。どういう暮らしをしていたのか、
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
『ALWAYS 三丁目の夕日』を観た2005年10月16日(日) (羅駆転(あるいは汐菱Q)の日記)
 『ALWAYS 三丁目の夕日』を、観た。  試写会。神保町の一ツ橋ホールで。  いやあ、参った!!  あまり期待していなかった所為か、すごく面白かったよ~。笑った~、泣いた~。  こんなはじけた演技をする吉岡秀隆なんて、初めて見た。『男はつらいよ』シリー.
ALWAYS 三丁目の夕日 (アンナdiary)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 人気コミック「三丁目の夕日」 東京タワーが建設中の昭和33年が舞台。 とっても素敵な映画でした。 オープニング、子供達が飛ばした紙飛行機が空を舞い 「ALWAYS 三丁目の夕日」とタイトルバッ
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
ALWAYS 三丁目の夕日 (It\'s a Wonderful Life)
劇場で予告を観たときに、うわ!面白そう!と思ってましたが、 期待通りの楽しい作品になってました。まさに昔ながらの人情喜劇。 予告でも冒頭「TOHO SCOPE」の東宝マークに始まって、 建設中の東京タワー、都電やミゼットの走る街並み等のイメージがおぉ! っと...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (My Style)
~携帯もパソコンもTVもなかったのに、      どうしてあんなに楽しかったんだろう。~ というフレーズと、一緒に流れるどこか懐かしいと無性に思う映像を 予告編でチラッと観たときから、ずっとずっと惹かれるものがあった。 そして昨日、待ちに待った『ALWAY
ALWAYS 三丁目の夕日は静かに沈む (今日はどこへ行きましょうか)
『ALWAYS 三丁目の夕日』観ました 私が、まだ生まれる前の東京のお話。 なんだか、「8時だよ全員集合!」とか、「じゃりん子チエ」なんかを思い出しました ストーリー「東京タワーが完成した、昭和33年の東京。夕日町三丁目は、いつもにぎやかな、まさに下町。短...
ALWAYS 三丁目の夕日 (夢見る小悪魔)
監督:山崎貴 脚本:山崎貴/古沢良太 音楽:佐藤直紀 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 《携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。》 東京下町・夕日町三丁目。 昭和33年春、短気だが家族思いの鈴木則
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
心が やわやわと柔らかく。「ALWAYS三丁目の夕日」 (ココロにおいしいシネマ)
駅や繁華街などの雑踏の中で、他人のちょっとした行動が気になる・目につく・イライラ
ALWAYS 三丁目の夕日/堤真一、吉岡秀隆、小雪、掘北真希 (カノンな日々)
いやぁぁぁ、ヨカッタぁぁぁ、もぉ最高に笑顔と涙があふれこぼれるハートウォーミングな素敵な作品でした、感動的ですっ。女性だけではなく年配の男性のすすり泣きが劇場のあちこちから聞こえてきましたヨ。もちろん私もとっても気持ちよくボロ泣きしちゃいました。原作のこ.
ALWAYS 三丁目の夕日 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
http://yaplog.jp/kazupon/tb_ping/269
ALWAYS~三丁目の夕日~ (わんわんのニョンニョン日記)
早く見たくて、仕事後にヒルズへ。 予想よりすいていてびっくり。広いスクリーンだったからかな~ 隣のチャーリーの方が開場待ちが多かった! さて、前評判どおり「いい作品」でした。 心がじわわ~んと温かくなって、なんか家というか自分が育ってきた家庭が懐かしくなる
「ALWAYS 三丁目の夕日」感想 (ずぶと的洋楽)
タイトルどおり感想書きますんでネタばれになる可能性あります。まだ見てない人は読まない方がいいかも。 ALWAYS 三丁目の夕日 昭和33年の何気ない生活を画いてるんですけど泣きどころ、笑いどころ満載で今よりずっと人がいきいきしてたと思います。 集団
ALWAYS 三丁目の夕日 (新妻blog(もう新妻じゃないけど))
監督:山崎貴 出演:堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、もたいまさこ.
「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。 (hanky*panky)
今日、映画を観てきました。 「ALWAYS 三丁目の夕日」 誘われて「お付き合いっ」て気分で行ったのですが それが… 実は結構…というか、 正直、良かったです。 見てるうちに、なんだか、優しい気持ちにな
ALWAYS 三丁目の夕日 (Rohi-ta_site.com)
映画館で、吉岡秀隆、堤 真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子 出演の「ALWAYS 三丁目の夕日」を観ました。 ●ストーリー 昭和33年、東京タワーの建設工事が見える下町・夕日町三丁目に、小さな自動車修理工場「鈴木オート」があった。 この年の春、「鈴木オ
昭和33年の景色 (喫茶店日誌)
お店に『三丁目の夕日』のコミックスが何巻かある。 大好きなお客さんいて、土曜日の
ふくちゃんの映画日記 その17 (ふくちゃんの懸賞日記)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、
「ALWAYS 三丁目の夕日」を観る(少々ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきた。 昨日の「TAKESHIS’」
ALWAYS~三丁目の夕日~ (ライターへの道。女32歳の挑戦。)
         ALWAYS~三丁目の夕日~(2005年、東宝) http://www.always3.jp/ 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、他          昭和33年、春。東京下町の夕日町三丁目の物語である。 東京タワ
ALWAYS 三丁目の夕日 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
先日、東宝から送られてきた招待状を持って 試写会行ってきましたー♪ タダ!嬉しいっ!一ツ橋ホールへGO-!!(笑) PC直描きで全然綺麗じゃない夕日が出来上がりました…orz 「ALWAYS 三丁目の夕日」2005年公開・邦画 監督/山崎貴 脚本/山崎貴、古沢良太 ...
懐かしい風景◎ALWAYS 三丁目の夕日 ([混]ミックスランチ)
心地よい涙が頬を伝わります。こんなに温かくなる映画を観たのは 初めてです。充実した幸せな2時間でした。 『ALWAYS 三丁目の夕日』であります。
ALWEYS三丁目の夕日 (海老名誠の身辺雑記)
ALWEYS三丁目の夕日 公式HP 夕焼けの詩―三丁目の夕日 (3) 西岸良平 小学館このアイテムの詳細を見る 西岸良平氏原作の漫画「夕焼けの詩 三丁目の夕日」をビッグコミックオリジナルで読んで居たのはもう随分前になるな。 ほのぼのとしたタッチと人情味溢れる登場人物や動
ALWAYS 三丁目の夕日 (与平次の独り言)
昨晩は「ALWAYS 三丁目の夕日」の公開とあって早速見に行ってきました。 サイコーによかったです! 昭和33年の東京を舞台にした、家族、近所とのふれあいを感じました。ただ単に当時の平凡な毎日を描いているだけなのに、そして、本筋の内容もよくある話なのに、どうし
ALWAYS 三丁目の夕日 (竹里館雑記)
今日の一言:街のイルミネーションはクリスマスが一番派手で豪華ですが、正月と比較して長期間使用される(11月初旬から12月末まで)ので元手は十分取れているんでしょうね。  今日は久々に映画館に足を運びました。以前から予告編を観ては気になっていたので、期待して
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (って、どーよ)
待ちに待っていた映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を封切初日に観てきました。
「ALWAYS三丁目の夕日」レビュー (映画レビューTBセンター)
「ALWAYS 三丁目の夕日」についてのレビューをトラックバックで募集しています
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を観て来ました (しまりすのひとりごと)
ああ・・・覚悟していったのですが泣きまくり(笑 やっぱり皆様に迷惑をかけないように息を止めていたので 死ぬほど苦しかったです。 暖かいお話でしたね。 誰もが誰かのことを他人事と思えなかったり 必死に生きていこうとする、そういう暖かい思いがたくさんつまってまし
ALWAYS 三丁目の夕日 (晴れbox‐RUN)
ALWAYS 三丁目の夕日 最初、「三丁目の夕日 」が映画化されると聞き、てっきりアニメかと思ってました。原作は熱烈なFANという訳ではありませんが、とかくバイオレンスにはしる漫画が多い中で、ホノボノと人情をかもし出す良作と思ってました。そして、そ
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (葉桜日記)
 予告編を見た時から、この映画を楽しみにしていました。昭和30年代東京生まれの私
嗚咽注意。 (SUKERYOG DE)
VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズで、『ALWAYS 三丁目の夕日』を観ました。 鈴木家と茶川家とそれを取り巻く人々、それぞれの人々のそれぞれの思いが それぞれのカタチで、昭和33年を舞台に温かく表現されていて、とても素敵でした。 笑い過ぎ泣き過ぎでちょっと疲れま
ALWAYS 三丁目の夕日 (ドリアンいいたい放題)
ここしばらくめっちゃ忙しかった。 短い日でも12時間は職場にいた。 これが、あと数ヶ月続く・・・・・ 既に心身共にボロボロ。。。。。 とりあえず、心だけでも立て直そうと! 劇場にて3本立て してしまいました。 まずは、3本目に観た「ALWAYS 
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
ALWAYS 三丁目の夕日 (Saturday In The Park)
日本 133分 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目を舞台に人情&個性豊かな人々が繰り広げ る心温まる人間模様。西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化。 この時代
古き良き時代のいい話を堪能せよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_osusume/} ALWAYS 三丁目の夕日 原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。 涙もろい私にはかなり毒です。 体内の水分がかなり減りました。 水分補給必須の作品となっています。 舞台は昭和33年、東京タワーが作られ始めて
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (日、2005年) (無節操ニンゲンのきまま生活)
    ALWAYS 三丁目の夕日公式サイト 今日が上映初日の「ALWAYS 三丁目の夕日」。 楽しみにしていたので、早速見てきましたよ!! けっこうCMでも流れていたので、知ってる人も多いかもしれないけど、 昭和33年の東京下町が舞台のお話。 監督はCGがお得
ALWAYS/三丁目の夕日 (何を書くんだろー)
「ALWAYS/三丁目の夕日」 評価 ★★★★★ (4.5) 『あらすじ』  昭和33年、日本は高度成長期を前に人々は、期待に胸膨らませ暮らしていた。東京では、 東京タワーの完成が近づきつつあった。春、集団就職で青森から上京した星野六子(堀...
ALWAYS 三丁目の夕日 (cococo)
ダイハツの「ミゼット」に乗ったことがあります。まだ現役で市内を走行している路面電
極楽浄土「ALWAYS 三丁目の夕日」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
昭和33年かあ・・・。 私は、まだ生まれておりません。 ウチの親が、ちょうどこの映画に出てくる子供ぐらいだったはずです。 「わたすは嘘吐きでねえだっ!{/ase/}」 いやあ、ポスター見て、「堤真一、小川直也みたいだよ・・・{/namida/}」 と思っていたんですけど、あれは
ALWAYS 三丁目の夕日 (Black Pepper\'s Blog)
ノルタルジックな昭和の世界をリアルに再現。 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て
☆ALWAYS~ 三丁目の夕日~を観て☆ (★☆湘南cafe134☆★)
昨日、相方さんと「ALWAYS~三丁目の夕日」を観にいってきました。うちは、ピーコばりの辛口採点で有名です(小さな範囲の世界で)。ですので、今まで見た映画の中で10点満点はありません。誰もお前に評価されたくねぇよ!と思った方!我慢してください(いつでも、
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (前略 なめとこ山にて。)
久しぶりに映画を観てきたよ。例によってcyazさんのブログを眺めてて、これ見たい
『ALWAYS三丁目の夕日』★★★★★90点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『ALWAYS三丁目の夕日』公式サイトマメ情報  ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;\'05/日本                      配給;東宝  上映時間;143分        監督;山崎貴       出演;堤真一/吉岡秀隆/小雪観賞劇場:11/3(木祝)日劇PLE..
ALWAYS 三丁目の夕日 (マクノスケblog)
マクタロウとマクタロウ母と3人で小田原まで見に行って来ました。 「ジュブナイル」「リターナー」とSF色の強かった山崎監督が「三丁目の夕日」を映画化すると驚いていたのが昨年の12月。確かに今回は、一部(笑)そのようなシーンもありますが、前編ノスタルジックな
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (てんびんthe LIFE)
10月16日(日)「ALWAYS 三丁目の夕日」 一ツ橋ホールで鑑賞 昭和33年まだ東京タワーが建築中。作品中どんどんタワーが高くなっていく様子がちょっと嬉しい。たいした作品では無いだろうなんてタカをくくって見に行ったら、それはそれは作品の中に入り込ん
ALWAYS 3丁目の夕日 (Enjoy Life♪)
   淳之介ーーーー!!!(T_T) いやぁ~泣いちゃいました 暖かな心に触れてきました 昭和33年、気の短い鈴木オートのオヤジ。 売れない作家で、駄菓子やを営んでる茶川さん。 鈴木オートには、青森から集団就職で来たばかりの 六子がいる。大きな自動車...
ALWAYS 三丁目の夕日 (マボロシログ)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:堤真一/吉岡秀隆/小雪/薬師丸ひろ子/掘北真希/もたいまさこ/三浦友和/他 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オート
ALWAYS 三丁目の夕日 (マボロシログ)
ALWAYS 三丁目の夕日____監督:山崎貴__出演:堤真一/吉岡秀隆/小雪/薬師丸ひろ子/掘北真希/もたいまさこ/三浦友和/他____昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オート
日本の古き良き昭和の側面「ALWAYS 三丁目の夕日」(山崎貴監督) (チョコレイトをパキッとわった音)
-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつバップこのアイテムの詳細を見る [ストーリー] 昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。 一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と連日大喜び。 鈴木オートの向かいで駄
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきた (明日になればまた変わる)
先日映画館で観た日本映画「蝉しぐれ」には 涙腺がピクリともしなかった私にも「ALWAYS 三丁目の夕日」は泣けた。 えぇ~話や。(涙) ハートウォーマーな映画やねぇ~。 この映画ならお金出す価値アリ。 「蝉しぐれ」は知らん。 みんなの愛と自己チュー愛の違い?
あなたは、未来の指輪がみえますか? (こ・と・ば・言葉)
「ALWAYS 三丁目の夕日」、あの時代をリアルですごしているんだけど、なぜか、
ALWAYS 三丁目の夕日 (広島ではたらく社長になりたい男のBLOG)
昨日、レイトショーでこの映画を見てまいりました。 映画の秋ということかどうかわかりませんが、 金曜日土曜日日曜日いずれもレイトショーで3本の映画を見ていました。 しかし、この映画よかったですわ。めちゃめちゃ泣けました。 何だろう、モノがなくても夢がある
映画「ALWAYS三丁目の夕日」 (邦画大好き)
監督・脚本:山崎 貴 原作:西岸良平 キャスト:吉岡秀隆・堤 真一・小雪・堀北真希・三浦友和・薬師丸ひろ子・須賀健太・小清水一揮 97点 私の涙腺は決して、ゆるい方ではありません。感動はしても、なかなか涙は出てきません。 それは、主人公が命を落とすような作
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (◇◆Essayという試み◆◇)
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を早速観た。 良かったです! 「笑いあり涙あり」って、この映画のことを言うんだと思う。 いっぱい笑い、泣いた(観客の方々、みんな感動してました)。 ベストキャスティングで素晴らしい。 見事に全員ハマリ役だった。 堤真一イイ、最
ALWAYS 三丁目の夕日 (まぁず、なにやってんだか)
これは観る価値のある映画です。昭和33年の生活をうまく表現していることにまず驚きます。そして、この1本の映画の中に様々な人間ドラマがうまく盛り込まれていて、感動すること間違いなし。 何ヶ月か前に映画の予告を観た時は、原作も知らないし、「観なくてもいいか
ALWAYS 三丁目の夕日☆独り言 (黒猫のうたた寝)
あーーー昔 子供の頃ね扇風機に向かって声出したことあるなぁ~(笑) 声が震えて響くのよね^^ そんな単純なこと、飽きずにやってたなぁ~ 昭和33年じゃ、さすがにまだ生まれていませんから、体験してるわけじゃないですけど 猫が子供の頃なんて、パソコンも携帯...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 ◎◎◎◎!!! (こんな女の日常ですが・・・)
????????????????????????????????????? 『ALWAYS 三丁目の夕日』 11/5からの公開です ?★携帯もパソコンもTVもなかったのに、 ???????????????????? どうしてあんなに楽しかったのだろう?★ ?この映画の舞台は、昭和33年の東京『夕日町三丁目』東京タワーの建設中の
ALWAYS 三丁目の夕日・試写会当選(^^) (★無料大好きっこ(^^)/ 目指せ!ネットで安定副収入★)
しばらく連続で当選していてその後またやんだ・・・ やはりそういうものですね~と思っていたら。ポストにぽつんと 入っていました~(*^_^*) ALWAYS 三丁目の夕日  →昭和な感じが漂っています。 ?? 監督 :? 山崎貴 出演 :? 堤真一・吉岡秀隆・小雪・薬師丸
超ネタバレ!「ALWAYS・三丁目の夕日」(1) (刹那と永遠 - amomentandeternity -)
「ALWAYS・三丁目の夕日」を観て来ました!!冒頭のレトロな「東宝シネマスコープ」ですでにもう三丁目の世界に引き込まれしてしまいましたさらにその後のオープニング鈴木オートの居間から広がる風景オレンジ色の夕焼けの中を飛んでいく飛行機CMや公式HPで聴き...
ALWAYS三丁目の夕日 評価額・1700円 (Blog・キネマ文化論)
●ALWAYS三丁目の夕日をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 昭和33年の東京。短気
ALWAYS 三丁目の夕日 (野に咲く花のように)
試写会に当たり、『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきた。 会場時間ギリギリに入れた割には、そんなに後ろの方ではなく、1階の最後の列に座ることが出来た。 この会場は、以前、CBCテレビの『スジナシ』でも使われたことのある会場で、大きからず、小さからず・・といったく
ALWAYS 三丁目の夕日 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 年配の方がたくさん観に来ていました。 映画ですが・・・よかったです{/face_yoka/} ほんわかあたたかい気持ちになる、心地いい映画でした。 「消しゴム」で泣かなかったのに、涙・鼻水が止まりませんでした{/namida/} 昭和33年春から冬までの、鈴
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) 132分 (極私的映画論+α)
 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の
ALWAYS 三丁目の夕日 (映画君の毎日)
この原作はとても好きで家にもたくさんある。 原作は1話構成で成り立っているのでどうかなと興味津々。 しかしやはり原作にこだわってはいけない。 六ちゃんは映画では少女だし、主要人物は美男美女ばかり。 最初はそこら辺に戸惑いをおぼえてしまうが、
「ALWAYS 三丁目の夕日」みた。 (たいむのひとりごと)
なかなか評判の良い映画の模様。私もそう思う(笑)。でも不思議と涙が出なかったの
ALWAYS 三丁目の夕日 (うぞきあ の場)
私の世代よりもひと世代前の物語。 ゆえに観客もその世代が多かった。 いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、 自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。 駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。 見所キャスト 鈴木オート(堤
明星ソクセキ・ラーメン (思いつくまま・・Rolfer日記)
今時、コンビニに行って袋入りの「インスタント・ラーメン」を探すのは難しいことですね。 殆どが「カップ麺」になっているんですね。 映画「3丁目の夕日」を見てもいないうちから「見たい!」とブログに書いたお陰でTBを頂き、さらにそのお陰で「子供の頃の日常風景
私の三丁目物語・1~(雑司が谷と日の出町3丁目) (思いつくまま・・Rolfer日記)
地下鉄の駅にあった”C.Work”の表紙に惹かれて、一部もらった。 懐かしい匂いのする”東京の夕日”が、絵なのだけれど目に眩しかった。 それが、多分昭和30年代の初めだということが、映画を何も知らない私にも分かった。 絵の中の空気が、夕日の景色が、”3
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。
ALWAYS 三丁目の夕日 (takin\' it easy)
いや~ いい映画でした 正直、最初の30分は ん? 大丈夫かな?って思ったけど、 気付いたらいつの間にか、昭和の世界に気持ちよすぎるくらい どっぷり浸かっていました 戦後のまだまだ豊かとはいえない時代であっても、 当時の街はこんなにも温もりで溢れてたの
「ALWAYS~三丁目の夕日~」を見た (映像職人\'舞\'録゛)
現在劇場上映中の「ALWAYS~三丁目の夕日~」を淡路東宝で見てきた。  そしたら、貸し切り状態だった。観客は私ひとり。 淡路をご存じない方のために。 大阪市の一番北に位置する下町で、私の住んでいる吹田市に隣接している。私の家からは二駅、約十分。 い.
ALWAYS 三丁目の夕日 (広島ではたらく社長になりたい男のBLOG)
昨日、レイトショーでこの映画を見てまいりました。 映画の秋ということかどうかわかりませんが、 金曜日土曜日日曜日いずれもレイトショーで3本の映画を見ていました。 しかし、この映画よかったですわ。めちゃめちゃ泣けました。 何だろう、モノがなくても夢がある
漫画『夕焼けの詩』と映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ポンコツ山のタヌキの便り)
papadasさん、こんばんは、やまももです。 papadasさんが西岸良平の漫画『夕焼けの詩』について、「連載開始からもう30年以上経っているんですね」と書いておられるので、あれっ、もうそんなになるのかと小学館から出されている同シリーズの第1巻を書架から取り出して見...
ALWAYS 三丁目の夕日 (マチのチマチマ教員日記)
ちょっと落ち着きました。そして、ようやく映画を観られる日々が帰って参りました! 3ヶ月ほど観る暇がなかったのでございます・・・(涙) そして復帰第1戦に選んだのがコレ。 ☆5つ! ホントに良かったです! ま~泣いた泣いた。 う~ん、最近「東京タワーもの」
ALWAYS 三丁目の夕日 (■曇り時々晴れ■)
ちょっと前に、、試写会に行ってきた。 『ALWAYS 三丁目の夕日』 原作の漫画があるらしい。。 昭和33年の東京の風景。 東京タワー建設中、、 テレビが町に1台?くらいだった頃。 高度成長期の前の日本。 豊かになる前の日本の暮らし。 頑固親父がいた
ALWAYS三丁目の夕日(2005日) (WAKOの日常)
邦画だし、なんとなく「台場一丁目商店街」風にノスタルジーを煽ろうというのかしら、などという疑いもあり、あまり期待せずに観にいきました。 しかし。 2時間13分の間に、何回涙をこぼしてしまったことでしょう。しかもじわーっと泣く気持ちのよい涙なのです。今年
ALWAYS三丁目の夕日 (のんびりぐ~)
作品:ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 主演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、もたいまさこ 制作:2005年 日本 映画館 ALWAYS三丁目の夕日 携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 今年ももう
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
ALWAYS 三丁目の夕日 (映画を観たよ)
私は生まれた時には何でもあったと思う。 この時代にはそういう便利なものは何もない。 でもこの時代に私はすごく欲しいものがありました。 昭和30年代。知っているわけがありません。 でも冒頭のCGがとてもよくて映画のノスタルジックな雰囲気に何だか懐かしさを感じてしま
ALWAYS 三丁目の夕日 (はむきちのいろいろ日記)
昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶
ALWAYS 三丁目の夕日(2005 日本) (MY blograffiti)
東京タワーが建設された昭和33年のある町での物語です。蒸気機関車、集団就職、軽三輪、駄菓子屋、大きなラジオ、氷で冷やす冷蔵庫等今はほとんどなくなった懐かしいものが画面にあふれていますが、現在最も無くなってしまったのは子供は外で遊び隣近所みんなで育ててい
ALWAYS 三丁目の夕日 (lunatic\'s 映画評)
西岸良平の漫画の映画化ですが、漫画の方は長らく愛読していました(最近は漫画を買わなくなったためご無沙汰していますが)。短いページできれいにまとめ、当時の雰囲気を表現する氏の漫画を、生意気な言い方で申し訳ないですが、まともな脚本を書ける人のいない今の邦画界で
ALWAYS 三丁目の夕日 (★☆★あくあまりんの宝石箱☆★☆)
  やっと観ました「ALWAYS 三丁目の夕日」 公開初日は「立ち見」で断念しましたが、さすがに今日は余裕で座れました。 「シニア割引」や「夫婦50割引」適用らしき人が多かったですが、学生さんの姿もあって最近の映画では珍しく 幅広い年齢層に受けているようで
【映画】ALWAYS 三丁目の夕日 (セルロイドの英雄)
2005年日本監督)山崎貴出演)吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろ子 堀北真希 三浦友和満足度)★★★★☆ (満点は★5つです) TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて 昭和33年、夕日町三丁目。自動車修理工場鈴木オートを営む鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸
『ALWAYS 3丁目の夕日』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
♪タタタッタタ! タタタッタタ! タタタタタタッタ~ タタタタタタッタ~♪ (変な鼻歌でゴメンナサイ。m(_ _)m) 何故かサザエさんを思い出しちゃった。(笑)それよりちょっと前の話なのだけど…。 でもこのほんわか幸せな気持ちは、サザエさんに通じるものがる!? 『ALW
ALWAYS三丁目の夕日 (33blog)
昨日、どうしても観たくてレイトショーで『ALWAYS三丁目の夕日』を観てきました。 すごくよかった。 涙があふれるシーンや心和やかになるシーンがあったりと ほのぼのとした、昭和33年の時代の人々が飾らない姿で写っていました。 33の父はこの年に集団就職列車...
ALWAYS 3丁目の夕日 (永遠の為に…革命詩人の手記)
☆☆☆☆☆ 評判通りと言っていいでしょう。 いい映画です。 積み上がっていく東京タワー 戦後の禍根・悲しみを残しながらも、テレビ・冷蔵庫・洗濯機の三種の神器が象徴する新しい時代。 人々はつながりをまだ失わずにいながらも、未来を見つめている。 そういう
ALWAYS 三丁目の夕日 (any\'s cinediary)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったんだろう。 <ス
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ストーリーの潤い(うるおい))
昭和33年の日本人が、明るい未来を信じることができたのは、どうしてだろう? もしかしたら、以下のような理由によるのかもしれません。 ウソをつけば罰せられ、 自分が間違っていることに気づけば、大人も子供相手に素直に謝り、 勤勉な者は必ず報われ、 怠惰な.
映画の趣味 (東京おっとこまえ日記)
新聞を読む子どもが、時々ぽそっとつぶやく。 「○○が見たいな」 そう、映画である。 昨日は『男たちの大和』が見たいと言い、 今日は『ALWAYS 3丁目の夕日』が見たいとつぶやく。 12歳、ちょっと“たそがれ”気味?
見てしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも見なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を見た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
映画鑑賞「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ (夕刊マダムの悠々優待生活♪ ◆8月分の優待が続々到着しています!◆)
            ランチのあとは「ALWAYS 三丁目の夕日」を観ました。 こちらは家族連れ、お年寄のご夫婦でほぼ満席でした! 試写会は、地味な出演陣なのでイマイチ人気無かったのですが、 やはり口コミで評判が広がったようですね。 昭和33年の東
「ALWAYS三丁目の夕日」観賞 (Cafeアリス)
ALWAYS三丁目の夕日観賞しました~。 昭和33年の東京の下町を舞台に描かれたコミックを、映画化された作品。 建設途中の東京タワーは、どんどん出来上がっていき、最後には完成してましたね。 東京タワーが出来てから、47年経っていたんですね。 このコミ...
『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年) (エイガnoHANASHI)
公開2週目。最近観た映画と比較すると、観に来ている人の年齢層がなんと幅広いことかと驚きました。 そして、観終わって思った事は、「この映画はまだまだ伸びるぞ」と。 笑えて、泣けて、ほんわかあったかい気分になる。 素直に「いい映画だったよ」と、お薦めできる映画で
映画 ALWAYS 三丁目の夕日 (限りなくアメリカに近い福生)
前略。 おふくろ様。 12日(土)のWE LOVE FUSSA PARTY VOL2は 福生好きな皆さまのおかげで大盛況でした。 ありがとうございます!! いやー、福生って街は人肌が温かい。 やっぱりいいところです♪ 思わずTシャツ姿で走り回ってしまいましたよ。(ちょいさむ
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (暮らし大好き!)
昭和33年の東京のお話し。 集団就職がさかんで 白黒テレビがやっと一般庶民の家にやってきて、 でも、まだある家は少なく、 氷の冷蔵庫が電気冷蔵庫へ、 空き地では、つぎはぎした服を着たこどもたちのフラフープ姿。 <font color=red> みんな貧しくとも明日
ALWAYS 三丁目の夕日 (祭花の日記)
『ALWAYS 三丁目の夕日』を見て来ました。 感動物って聞いておりましたので泣く覚悟で行きました。 まぁ、ハンカチは持って行ってませんが・・・。 とにかく面白かった。ぇぇ笑いまし
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (Antique)
「ALWAYS 三丁目の夕日」、見てきました{/3hearts/} これは私にとって、かなりのヒットです{/kaminari/} あのシザーハンズを超えるほど泣きました。 後半なんか号泣・・・。。 エンドロールの時も涙が止まりませんでした{/ase/} おかげで帰る時が恥ずかしかったです。(笑
『ALWAYS 三丁目の夕日』@東京国際映画祭 (839xxx)
逸早く見たいけど毎度ながら試写会に尽く外れる運の無い私は、もう自腹でもなんでも自力で見に行くしかない!って事で案外さっくりぴあのプレリザーブでチケット取れたので張り切ってまたまたヒルズに行って来ました。 ヒルズのヴァージンシネマズ、やっぱり凄く綺麗。そ.
「ALWAYS 三丁目の夕日」 ちょっと前のことなのに (目の中のリンゴ)
予告を何度か観たけど、”どうせ泣かせようって魂胆みえみえの クサイ映画でしょ??”と思ってて、観る気なかったんですが、 評判がいいのと、堤真一見たさに・・・。 東京タワー建設中の昭和33年。 売れない作家の茶川、自動車修理工場の鈴木オート一家、 飲み屋の美人の
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 (任務スペシャリスト的ブログ)
久しぶりに映画館で「ALWAYS 三丁目の夕日」という映画を観た。非常に細かいところまで拘っていて、良かったと思う。 僕は耳が不自由なので字幕のない邦画はあまり観ないのだが、字幕は無くても不思議と楽しむことが出来た。それだけ見ごたえがあったということなのだろう。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (teeter-totter)
監督:山崎貴 出演: 堤真一 吉岡秀隆 小雪 薬師丸ひろ子 掘北真希 もたいまさこ 三浦友和 昭和33年、それは戦争が終わってたった13年、けれど人々は未来を信じて前進し続けていた。活気に溢れた町はどんどん姿を変えていく。東京の風景は、どこからも工事中の東京タワ
ALWAYS 三丁目の夕陽 (海を見ていた)
 おばばさまがある日この映画を見たいと言った。いやぁ、別にいいっすよと、おばばさ
ALWAYS 三丁目の夕日 (毎週水曜日にMOVIE!)
暖かい。 温かい。 ・・・それを感じることって自然と涙が出るんだなと思いました。 久々にボロボロ泣いてしまいました。 白状すれば、監督も鈴木オートの夫婦(薬師丸ひろ子も堤真一)もみな同じ世代。 昭和33年は知らなくても、その残り香を感じている世代。 や
「ALWAYS三丁目の夕日」の漫画と作者の素顔 (筑波で映像を作る大学生のVLOG「やすログ」)
僕の一番好きな漫画は知人なら間違いなく当てることができます。 それは「三丁目の夕日」 そう、現在映画「ALWAYS三丁目の夕日」として 話題になっている作品の原作マンガです。 私の部屋には復刻版シリーズが全巻そろえていますw 西岸良平さんのすごさは 映画にもな
ALWAYS (79r.p.m)
昨日、『ALWAYS 3丁目の夕日』を見た。 いいですよ、かなり。 笑えるところは素直に笑えて、切ないところは素直に切ない。物語の舞台である「夕日町3丁目」は、具体的に「何処」と限定されているわけではない。限定されてないが故に、より広い層の人々に原風景と
ALWAYS 三丁目の夕日 (future world)
昭和33年、東京下町を舞台に繰り広げられる人情味溢れた物語~~ 邦画では久々に‘イイモン’観たって感じがする。 この時代はさすがにまだ生まれていなかったので「懐かしさ」こそあまり感じなかったが、あの‘東京タワー’が建設されるころ~~終戦から10年以上経て「.
ALWAYS 三丁目の夕日 (龍眼日記 Longan Diary)
当初観る予定には入っていない映画だった。 子供で泣かせようなんざ許せねぇ、と思っていたし、みんなで 「あの頃はよかったよな~それに比べて今の世知辛い世の中・・・」 なーんて後ろ向きなハナシするのもイヤだったしね。 ・・・んだが! あんまりまわりの評判が
ALWAYS三丁目の夕日(11月5日公開) (オレメデア)
 「携帯も,パソコンも,テレビもなかったのに,  どうしてあんなに,楽しかったんだろう」 この一言に,強く引きつけられた. 舞台は今から47年前,昭和33年の東京. 則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子),息子の一平(小清水一揮)が暮らす自動車修理工場「鈴木オート
ALWAYS三丁目の夕日を見て (落葉松林のデッキの上で)
 広島でのホテルの朝食の折り、ほぼ私と同世代の4人が一つのテーブルに集った。私
ALWAYS 三丁目の夕日 (まつさんの映画伝道師)
第266回 ★★★★(劇場) (万人に薦められる故、核心に触れる文面にご注意あそばせ) 「ALWAYS 三丁目の夕日」は、まさに夕焼けを見たくなるような思いに駆られる作品で、終盤になるとそれぞれのエピソードの結末にいちいち感動させられる。  とこ.
ALWAYS 三丁目の夕日 (ハイジのシネマパラダイス)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴        原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆 堤真一 薬師丸ひろ子 小雪 掘北真希 三浦友和 ストーリー 昭和33年の東京下町。東京タワーが着々と建築されるのを眺める町、夕日3丁目。 「鈴木オート」を営む鈴木家に、
なぜかオールウェイズ。 (タコ壺)
今朝、父が「俺さ、なんとかウェイズってヤツ、見てぇんだよなあ」と言ってきた。「何それ?オールウェイズのこと?」と聞きながら、父までも韓流かよ?しかもイ・ビョンホンかよ?と思ったけど、よく考えたらあれは「オールイン」だった。「懐かしい風景が出て来るんだよな
ただただ泣いていればいいのかなあ 「ALLWAYS 3丁目の夕日」は”喪失”の物語 (梟通信~ホンの戯言)
昭和30代のテーマパークというか博物館みたいな映画。たとえば年越しの上野発青森行きがあんなにすいているはずないじゃん、テント村つくって並ばせていたんだぜ、みたいなところとかいろいろ言い出せばあるけれど、まあ、許してしまおう。なんたって涙がちょちょぎれるん
映画 『ALWAYS 三丁目の夕日』舞台挨拶 18th 東京国際映画祭レポート (かっこよくなりたい白神のひとりごと☆)
どうも、今日は快晴ですね! 少し乾燥してますが、気持ちがいいです★ ということで、今日は、ほぼ1ヶ月前になろうとしている、『ALWAYS 三丁目の夕日 』東京国際映画祭で行われた舞台挨拶の様子でも・・と思いまして。遅すぎですよね(笑) ~当日スケジュール~ 日時
ALWAYS 三丁目の夕日 (さびしさの方程式)
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきた。 物語の設定は昭和30年代の東京の下町。 昭和30年代といえばうちの両親が産まれた頃で、もちろん僕らも生まれてないわけだけど、レトロな
ハリー・ポッターと炎のゴブレット(11月26日公開) (オレメデア)
ご存じ,イギリスの作家J・K・ローリングのベストセラー小説の第4弾. 第1作目の「賢者の石」ではまだあどけなかったハリーも,もう14歳. 長期の休みにハリーは,魔法界スポーツ「クィディッチ」のワールドカップを観戦し,そこで事件に遭遇する. 「クィディッチ」って
ALWAYS 三丁目の夕日 (cinema capsule)
戦後の高度成長期を背景に繰り広げられる人情劇。 人間っていいね、とウェルメイドに浸れる。 ★「ALWAYS 三丁目の夕日」  2005年日本、132分  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子     堀北真希 ★Story 昭和
ALWAYS 三丁目の夕日 (憧れの海外生活(ブログ))
週末に「ALWAYS 三丁目の夕日」という映画を見てきました。 期待していたよりすごく良い映画でした。 戦後の日本の、何気ない家族愛を描いた心温まるストーリー。 出演者全員がいい味
ALWAYS 三丁目の夕日 (外部デバイスへの記録)
製作国:日本 公開:2005年11月5日 監督/VFX:山崎貴 脚本:山崎貴、古沢良太 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、もたいまさこ、三浦友和 ほか 川崎で鑑賞するつもりだったけど色んなことがあって、結局いつもの立川シネマシティで鑑賞すること.
ALWAYS 三丁目の夕日 (+Everything+)
監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪 三浦友和 薬師丸ひろ子 もたいまさこ 他 総合評価 ★★★★☆ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ ストーリー
#47:Always-三丁目の夕日- (::あしたはアタシの風が吹く::)
試写会から2週間経つ今も、この音楽を聞くだけで涙が出そうになる。熱いものがこみ上げてくる。この時代に生きていようがいまいが、三丁目に暮らす人々の一生懸命さに、素直に良い映画だったと思える素晴らしい作品でした。 ストーリー>>> 昭和33年の東京。短気だが情の
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (M*M*R)
小学生の頃、通っていたそろばん塾で 低学年のクラスが終わるまでの間、 本棚にあったこの本のシリーズを 読むのが大好きでした。 まさか今になって映画化するとは 思ってもいませんでした。 しかも、特別大好きな純クン・・・ いや吉岡君が出演するとなって ...
三丁目の夕日ぃ~ (ナイス旦那日記)
「ALWAYS 三丁目の夕日」観てきました。{/kaeru_en3/} この前まで、三丁目の夕日を「ゆうひがおかの総理大臣」と間違ってた俺。夕日しか合ってないじゃん。バカちんでし。 さらに、劇中で、「茶川」竜之介(吉岡秀隆)というキャラが出てくるのだが、初め、文字しか出て来
ALWAYS 三丁目の夕日 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
昭和33年の東京のある町の「三丁目」を舞台にした作品。 ”金の卵”として中学卒業と同時に青森から就職するために東京へやってきた少女、そんな少女を受け入れる将来は大きくなることを夢見ている自動車の修理工場[鈴木オート」を経営する一家、駄菓子屋の店番をしながら
ALWAYS 三丁目の夕日 (39☆SMASH)
昨日は友達と夜中まで遊んでました。 で、現在放映中の『ALWAYS 三丁目の夕日』をレイトショーで鑑賞。 もうね、すんごく良かった!! 物語後半は、皆さんの感動してすすり泣く声が前後左右から聞こえてきました。 もちろん私も号泣しましたけど、なにか??...
昭和という時代 (★にゃにゃこ日記★)
「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました。 映画が始まり、カメラが昭和の町
ALWAYS 三丁目の夕日@柏ステーションシアター (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
皆がけばだったセーターを着てつんつるてんのズボンを穿いている。東京タワーの建設が始まり完成するまでの、昭和33年の春夏秋冬を織り交ぜた下町人情群像劇。VFXを駆使して当時の町並を再現し、小道具にも細心の注意を払って古き良き時代をアピールした。 作家を目指す茶
ALWAYS 三丁目の夕日 (レンタルだけど映画好き morey’s room(別館))
ドラマ/ファミリー/コメディ 2005年 日本 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/三浦友和/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/須賀健太/小清水一揮/マギー/温水洋一/小日向文世/木村祐一/ピエール瀧/神戸浩/飯田基祐/麻木久仁子/奥貫薫/石丸謙二郎/松尾貴史/小木
『Always 三丁目の夕日』 (てぃーちゃーのプライベート)
昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、 集団就職で六子がやってきた。 小さな町工場にがっかりした六子を、 一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。 鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、 芥川賞の選考に残っ.
三丁目の夕日 (むすびブログ)
どうしても見たい映画があって、近所(と言っても隣市ですけど)の映画館で上映するので見に来ました。[オフィシャルサイト] スポーツクラブの会員証提示で自分は300円引きの1400円、妻はなんと700円引きの1000円で見れます。 時代的には生まれていないんですけど、小さい頃.
『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきた (Winding Road)
心暖まる作品でした。 舞台は東京タワー完成間近の東京。時は昭和33年。私が生まれる遥か前の時代です(笑) でも見てると、この街の暮らしいいなって思うんです。 鈴木オートにテレビが来た日、近所の住人たちが集まって力道山の試合に熱中する。そんな元気で一体となった
◇映画◇『ALWAYS 三丁目の夕日』 古き良き日本の姿。あったかい! (気ままなNotes...)
 昭和30年代前半の日本を描いた傑作。東京タワー建設中の東京に集団就職のために青森から上京した六子が住み込む鈴木家(鈴木モーター)と、その向井の売れない小説家を中心とした、ほのぼのとしていて、そしてクスッと笑える、あったかい話だ。映画館で見るつもりはサラサ
ALWAYS 3丁目の夕日 (穴蔵日記)
ALWAYS 3丁目の夕日ちょっと安く観られたので行ってきた映画館が予想以上に混んでいて驚いた感想は秀作!美しく温かくいい映画CMで泣いている観客にカメラを向けたものが目立っていて、どうかなぁと思っていたが、いいぞコレ笑いもたっぷりあり!!吉岡秀隆や薬師丸ひろ子っ
ALWAYS 三丁目の夕日 (A Date With Tracey)
『ALWAYS 三丁目の夕日』を観ました。 昭和33年。東京は下町夕日町三丁目に暮らすのは、個性様々な住民たち。 小さな自動車修理工場「鈴木オート」にやって来たのは、集団就職で上京 した田舎もんの娘、六子。 駄菓子屋の店主兼、売れない文筆稼業で生計を立てている茶川竜
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (my life of my life)
公式サイト…ALWAYS 三丁目の夕日 携帯もパソコンもTVも無かったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 昭和33年… 豊かではなかったけれど 明日への夢があった あなたの心の いちばん暖かい場所へ まず、堤真一のキャラが面白かった!堀
ALWAYS~三丁目の夕日 (ロハンのススメ。)
ALWAYS 三丁目の夕日 周りの評価もすこぶる良くて、ネットでもチェックしている批評サイトでもそれぞれで高得点をたたき出しているので、無視できなくなって鑑賞してきました。 恐らくは父や母が自分と同じ歳の頃に過ごした時代の日本、こういうCGの使い方もあるんだな
映画「Always 三丁目の夕日」見ました~ (nakapageの日記)
こんにちは~。 今日は、スターウォーズ EP3以来久しぶりに映画見ました~。 映画は、ビックコミック「三丁目の夕日」の実写版「Always 三丁目の夕日」。ビックコミックは昔からず~ッと見てるのでとても楽しみ~。 昭和生まれの自分にとっては、昭和33年の東京を再現して
2005/11/27(Sun.) (ヒキガタリスト の ひとりごと (nemshima\'s diary))
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た。 元々は、映画「私の頭の中の消しゴム」を観ようと思って行ったのだけど、、、、まだ上映30分前なのに、僕の直前で満席になってしまった。。。それで、他に見たい映画はないかなーって探したら「ALWAYS 三丁目の夕日」があったので、チ
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (愛と虐殺の日々)
劇中でみる景色の懐かしきこと!!なぜ懐かしいのか?その答えは簡単である。あの家族の形が懐かしいのだ。33年前と変わらず沈む夕日の美しさが懐かしいのだ。 この作品は物が多く、便利で、恵まれていることが決して幸せでないと言う当たり前のことを感動的に再認識させ.
ALWAYS 三丁目の夕日 (A path of happiness☆)
今朝思い立って、本当に見てきました。 結果… 泣きました。 ぽろぽろと。 以下感想。 ネタバレほぼナシです。
『ALWAYS 三丁目の夕日』を観たら (シエスタ~夢の途中で~)
   『ALWAYS 三丁目の夕日』を  見に行ってきました。  1958年の東京の港区あたりの庶民の生活を写したものです。 
映画:「ALWAYS三丁目の夕日」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
西岸良平の原作マンガは、連載されているビッグコミック・オリジナルを購入した時は欠かさず読んでいます。昭和30年代の時代背景をベースに、ネタが尽きる事なく毎回心温まるエ
ALWAYS 三丁目の夕日 (映画のしっぽ)
昨日までは赤の他人なのにいつのまにか肩を寄せあって暮らしている・・素朴で純粋で
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
『ALWAYS~三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない
同じ夕陽を見ている~「ALWAYS 三丁目の夕日」~ (ペパーミントの魔術師)
いや、あのその・・もじってどうもです。 ラストシーンの情景が印象的だったもので。 ALWAYSD-51 吉田安英 IKUMA by G-Tools つくりかけの東京タワーが最後にはできあがってるんですが、 あの街にやってきた一人の少年と集団就職でやってきた一人の少女が 街に人に溶け
「ALWAYS 三丁目の夕日」■彼らのその後は・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
予想以上に良く出来た映画であった。「再現」が主役かと思っていたら、「物語」と「人」が主役となっており、良質な娯楽作品である。出演者もみな好演。しかし、見終わった後に非常に複雑な気持ちにさせられる。自殺者の多さは現在の最も痛ましい社会問題であるが、その中...
今年最後の映画の日に (物欲エントロピー)
2005年最後の映画の日に選んだのは・・・          「ALWAYS三丁
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (Whaddya say?)
ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t 佐藤直紀, サントラ ALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック 2005『ALWAYS 三丁目の夕日』製作委員会 三丁目の夕日 特別編 西岸 良平 公式サイトはコチラ 周りのあまりの評判の良さに、これは是非とも見ておかなけれ
ALWAYS 三丁目の夕日 (Alice in Wonderland)
今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな~って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。 昭和33年の日本を舞台に、家...
ALWAYS 三丁目の夕日 (LUVLUV.COM)
ALWAYS 三丁目の夕日を観ました。昭和33年の風景を再現した圧倒的な映像と笑いあり涙ありの心温まるスト-リ-で本当に素敵な映画でした 以下ネタバレあり まず昭和33年の世界が面白かったです!映像に釘付けでした。東京タワ-は建設中で、ビルはほとんどなく、走ってい.
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS 三丁目の夕日 (ああ、こんな脳でなかったら)
ALWAYS 三丁目の夕日昭和33年、東京タワーが完成する年。東京の下町で暮らす人々が織り成す、心温まる人情群劇。自動車修理工場を営む鈴木(堤真一)家と、向かいの駄菓子屋で純文学作家を目指しながらも三流少年誌で児童小説を書いている茶川(吉岡秀隆)が、物...
讃『ALLWAYS 三丁目の夕日』 (Radical Imagination - from 鎌倉 with LOVE)
スケジュールの合間があったので、新宿で『ALLWAYS 三丁目の夕日』(エグゼクティブプロデューサー/阿部秀司・奥田誠治、監督/山崎貴)を観る。 満席で立ち見
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
★ALWAYS 三丁目の夕日★ (★☆cause_k の DAILY LIFE☆★)
『ALWAYS 三丁目の夕日』 監督/VFX:?山崎 貴 出演: 吉岡秀隆 堤 真一 小雪 薬師丸ひろ子      堀北真希 須賀健太 小清水一揮 三浦友和 もたいまさこ 他   昭和33年、東京タワーができた年の東京下町の夕日町三町目。 ある日、則文(堤)、トモエ(薬
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(DVD) (物欲エントロピー)
         「3丁目の夕日」の余韻冷めぬまま、もうひとつの昭和ノスタルジ
ALWAYS 三丁目の夕日 (KINOKANAL)
監督:山崎貴 出演:堤真一,吉岡秀隆,小雪,薬師丸ひろ子,掘北真希,もたいまさこ,三浦友和 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビが.
■☆■「ALWAYS三丁目の夕日」こだわり~(*^_^*) (■□■UEKO・f★のシネマシティ・&ホットティ)
5日公開ですね~!あの東京タワーが完成した頃の東京の街並みが、見事に再現されているようです!TVがまだ各家庭に無い時代で、よその家に集まって見た時代!一つ一つの場面が見覚えのあるシーンばかり(汗爆)日本で衛星中継で最初に入ってきた海外のニュースが、ケネデ...
「Always三丁目の夕日」(少しだけストーリー) (B級人生)
ようやく、見ることができました。日本テレビが制作に絡んでいるので、「『SHINOBI』みたいにがっかりさせられんじゃないか」なんて思ってたんですが。すごく良かったです。テーマは、絆なんですね。主なストーリーは2つ茶川竜之介と古行淳之介の絆。飲み屋のおかみの石橋...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 “スカ”を作ってました。すんません。 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
同じ特撮マンでありながら、“特技監督”という日本の映画界ではこだわっている呼称とその精神を引き継いだ樋口真嗣監督とは対照的に、デビュー以来“VFX”という呼称で通した山崎貴監督は、この映画の大ヒットでこの先何年か、ある程度の予算で、東宝で映画を作らせても
「ALWAYS 三丁目の夕日」・・・昭和30年代グラフティ (おしゃれ手紙)
ミゼット、駄菓子屋、ちゃぶ台、力道山、街頭テレビ、汽車、フラフープ、舗装されていない道路、広場、子どもたちの歓声、タバコ屋のおばあさん、戦争の傷あと、東京タワー、「別れの一本杉」、「ダイアナ」、ロカビリー・・・。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」には、そんな...
ALWAYS 三丁目の夕日 (Good job M)
公開日 2005/11/5監督:山崎貴 「ジュブナイル」、「リターナー」出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和 他【あらすじ】昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっ...
ALWAYS  三丁目の夕日 (かりめろ日記)
■観覧場所 TOHOシネマ ベイシティ■ ■原作 西岸良平『三丁目の夕日』■ ■脚本 山崎貴 古沢良太■ ■監督・脚本・VFX 山崎貴■ ■CAST 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 薬師丸ひろ子ほか■ ■あらすじ■ 昭和33年―東京タワーが完成するこの年.
2回目の『ALWAYS 三丁目の夕日』を観た2005年11月18日(金) (羅駆転(あるいは汐菱Q)の日記)
ALWAYS三丁目の夕日  『ALWAYS 三丁目の夕日』を、観た。  この映画を観るのは2回目だが、なんと、テレビの取材だ。  映画を見て泣いているところを撮りたいとのことで、観に行った。  プログラムを買ってもらって、ラッキー。でもこの映画、取材するテレビ局.
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
ALWAYS 三丁目の夕日 (Paranoia Vagrant)
特に変わっているわけでもない普通のエピソードなのに、こんなに心を打つのはなぜなんだろう。先を予想する
【映画】ALWAYS―三丁目の夕日― (イーヨーのミミ)
懐かしい風景……というには少し古い話ですね。私の親が子供の頃の話でしょうから。それでも、懐かしい気がするのはなぜでしょう?風景が違いっても子供の頃にあったことが思い起こされて、懐かしいと感じるのかもしれません。子供の頃、クリスマスのとき、枕もとにプレゼ...
夕空百景16“三丁目の夕日”再び (青空百景)
また最近、以前書いた“三丁目の夕日”にトラックバックして頂いたり、 自分自身も先日、再び“三丁目の夕日”を観に映画館へ足を運んだので、 もう一度この映画について考えてみます。 なぜこの映画の涙の後味がこんなに気持ち良いのか!!! 泣ける映画は沢山ありますが
always 三丁目の夕日 (日々好日)
 小学館 ビックコミック、1975年~2004年までの49冊、2000年~2004年53冊と長期に渡って圧倒的な人気を得てきた西岸良平の原作マンガを映像化した映画だそうです。 高校生以降、コミック系の単行本や、雑誌を買って読んだ記憶がありませんが、
ALWAYS 三丁目の夕日 (DIARY不思議島より)
以前から観よう観ようと思っていた 映画「ALWAYAS 三丁目の夕日」 あと一週間ほどで終わってしまうので やっと観に行ってきました
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (雑板屋)
氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。 冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ~ ということで・・・。 高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思.
Always三丁目の夕日 (エリ好み★)
誰もが安心して観れる大衆娯楽
映画『ALWAYS三丁目の夕日』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→
邦画もいいなあ… (くるるん日記)
 この前、久々に映画を見に行きました。『ALWAYS 三丁目の夕日』です。私の個人的な好みから言わせて頂ければ、洋画の方がすきだし、邦画はあまり見ないのですが…。  最初は知り合いの人と一緒に見に行く予定だったのですが、別の用事ができてしまい、会社帰りに一人で
【映画】 ALWAYS 三丁目の夕日 ★★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、 集団就職で六子がやってきた。 小さな町工場にがっかりした六子を、 一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。 鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、 芥川賞の選考に
邦画もいいなあ… (くるるん日記)
 この前、久々に映画を見に行きました。『ALWAYS 三丁目の夕日』です。 私の個人的な好みから言わせて頂ければ、洋画の方がすきだし、邦画はあまり見ないのですが…。
映画鑑賞「ALWAYS 三丁目の夕日」 (西ブログブルク公国)
2005年12月21日付 ブログブルクタイムズ紙去る12月17日土曜日、公爵殿下は東京上野にある映画館にて映画を鑑賞されました。同日公開となった「男たちの大和/YAMATO」をご鑑賞された後は別
三丁目の夕日 (多趣味な生活の中で)
今日は、「ALWAYS三丁目の夕日」を観てきました。 父の小学生ぐらい!?の時代だから、 父世代は感動しても、私のような世代には おもしろくないだろうと、思ってたんだけど、 本当に観てよかったぁ~~!! ちなみに、薬師丸ひろこさんは鈴木トモエ役が すっごくマッ
『ALWAYS 三丁目の夕日』観てきました。 (図書館で読書)
ALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック 公開してから早く観に行かなきゃな~と思っていて、なかなかいけないままでした。 やっと、今日見てきましたよっ! 一言で言うなら、「すごくいい映画」です。 心に残る場面がいっぱいあるの。 昭和という時代
夕日町3丁目の人々 (YOSのスーダラ日記)
ホントは先週見てたんだけど、パンフ手に入んなかったもんで (なんで午後10時以降売店閉めんだよ~!T-J○Yのアホ~!!w) やっと入手したので、今日書くことにします。 今回観た映画は「ALWAYS 三丁目の夕日」です。 元々はコミックだったのを映画化して.
映画「ALWAYS三丁目の夕日」 (ナガメル記)
今日は,買い物ついでに前から気になっていた映画, 「ALWAYS三丁目の夕日」を見てきました. この映画,本当に良くできています. まず,町並み. 設定では昭和33年の東京ということになっているのですが, 町並みから風景から何から何まで昔の風景(?)なんです
ALWAYS 三丁目の夕日 (単身赴任者はブロックノイズの夢を見る)
劇場予告で胸が熱くなり、観て来ました。 キャッチコピーは 「携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。」 「豊かではなかったけれど、明日への夢があった。」 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、下町の夕日町三丁目、鈴木則文
映画:【ALWAYS 三丁目の夕日】 ( ミミちゃんねる)
映画【ALWAYS 三丁目の夕日】を見てきました。 ひと時たりとも退屈しない内容で、 心が温かーくなる優秀エンターテイメント作品でした! とにかく、中ダルミが一切ないのです。(これって、すごいことですよね。) ストーリーもキャスティングもすばらしく、 あと
ALWAYS (ザクとは違うのよね)
 やっと「ALWAYS」を観に行けた。  いやあ、非常に良かった。{/face_warai/}{/good/}今年で一番の映画かも。あの時代に生きていたわけではないし、東京に住んだこともないが、あの頃確かにこの日本にはあのような街があり、人々がいたんだよなぁとしみじみ思ってし
Always~三丁目の夕日~ (10000日目のハチ。)
周囲でやけに評判が良いので、映画「Always~三丁目の夕日~」を観て来ました ♪ 楽しかった~。 何だか「最近はやりの懐かしブーム」に人間+ハートという中身が入った感じで した。 圧巻だったのは、建設途中の東京タワー!うわ~、こんな風に建っていったんだ な~!っていう感
ALWAYS 三丁目の夕日 (魂こがして)
?(2005年) 「携帯もパソコンもTVもなかったのに、     どうしてあんなに楽しかったのだろう。」 泣いたよ。 笑ったよ。 感動したよ。 これぞ映画と言いたくなる作品でした。 最近いい映画を観てなかったので、余計にきたね。 原作もきちんと読んだ事も
ALWAYS 三丁目の夕日 (ごんちっち in casTY)
を見てきました!映画館満員でビックリ! 久々に、チケット費用以上に感動しました!。 昔なつかしい風景、といっても、リアル世代ではないけど、20年ぐらい前の日本のあちこちで、あんな光景ではなかっただろうか。 建物も、人も、町も、小汚いけど、出てく.
ALWAYS 三丁目の夕日 (みちこに『ゆうてみてみ』)
舞台は、昭和33年、東京タワーが建設中だった春である。 上野の駅から程近くの、夕日町三丁目では・・・・ 鈴木オートは、町の小さな自動車整備工場、そこには、少しばかり(?)短気ですが、家族思いの父親:則文(堤 真一)と、昭和の代表的なやさしさを持つ母.
ALWAYS 三丁目の夕日 (あきぽんの日々つれづれ すぺしゃる)
今日、仕事帰りにやっと、公開直後から観たいと思っていた 「ALWAYS 3丁目の夕日」を観て来ました。 うわさにたがわず、心からほっとするいい映画でしたよ~。 やっぱりあの昭和30年代
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上
「ALWAYS 三丁目の夕日」本日の2本目☆ (ふろくのぶろぐ。)
 そしてもう1本は2回目となる「ALWAYS 三丁目の夕日」。管理人の行きつけの映画館では16日で終了ということなので、見納めということで。  実は1回目のときは原因不明の歯痛に襲われていて、いまいちじっくりと見ていなかった気がしますが(それでもほのぼのして
「三丁目の夕日」 (kobeccoの部屋)
 昨日は娘が「三丁目の夕日」がみたいというので 家族で見に行った。  もうほとんどロードショーでは終わっているのだが 高槻のセンター街に「高槻セントラル」という昔からの映画館があって そこでやっているので夕方から出かけた。   原作のマンガを読んだことがある
ALWAYS 三丁目の夕日 (季節が無い毎日 ~映画の影をめざして~)
製作:2005年、日本 原作はビックコミックオリジナルで30年以上も連載し続けている漫画。 舞台は昭和33年の東京。東京タワーも建造中の最中。 VFXでの東京タワーや、東京の街並みの復元は、すばらしい! 自分はまだまだ生まれてもいない。 小さい頃でも、この映画に出て
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
ALWAYS 三丁目の夕日 (すりこ木日記)
みなさんは師走のお忙しい中、どうされてますか? 私は年末気分を楽しんでいますよ。朝から普段観れない映画やTV番組、DVDを貪るように観ています。今日は映画館に足を運んでみました。
なんてベタな映画だ「Always 三丁目の夕日」 (小生の映画日記)
 ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。  「同じ月を見ている」との二択でこち.
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (それ、いいかも?)
(「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイド) 昔の大人はおっかなかった。 親や先生、近所のおっさんやおばさんであれ。 いたずらが見つかると、容赦なく怒鳴りつけられ追いかけ回された。 子供をけっして甘やかさなかった。 子供に対して社会全体が責任を負っていた
温 ~「ALWAYS 三丁目の夕日」~ (サナダ虫 ~解体中~)
山崎貴監督作品、吉岡秀隆主演の、 映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た。 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目に住む人々の話。 感想。 ①郵便屋さんはもう少し大切に扱いましょう。 ②オラ、東京さ何遍が行っだげど、東京タワーはまだ見だごどねぇ~。 ③
「ALWAYS 三丁目の夕日」 山崎貴監督 (びじょびじょん)
ジャンル:昭和33年東京 懐かしい 人情 笑い 涙 満足度:B 満員の映画館で観て参りました。 たくさん笑えてちょっとウルッときて、満足です。 観終わった後の会話。 母「なんか可哀相なお話だったね」 私「えっ、違うよ。感動的な話だよ」 心と裏腹の言動や、言葉に出
ALWAYS 三丁目の夕日 (C\'est Joli)
「ALWAYS 三丁目の夕日」2005年 東宝 監督:山崎貴「Returner/リターナー」出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/薬師丸ひろ子/堀北真希 ◆STORY◆昭和33年。東京・下町は夕日町三丁目にある鈴木オート。鈴木則文が経営するこの自動車修理工場からも、建設中の東京タワーは見る
今日は映画の日(ALWAYS三丁目の夕日 3回目) (駄菓子屋うぇぶろぐ)
今日は仕事納めです。特別なプロジェクトで研究所に来ていました が、やっと一段落。来年1月一杯頑張ればプロジェクトも終了です。 例年年末最終日と、8月の創立記念日は午後が勤
ALWAYS 三丁目の夕日 ★★★☆☆ (Gachami の映画と日記のページ)
映画館に入る時から、いつもと違う雰囲気なので、驚いた。 年輩の女性が殆どだったというか、ヨン様をお迎えに成田に集合した年齢層が殆どだったというか... 焦りました。 昭和33年の東京。東京タワーが建造中で、まだ土台しかない。 町中には、新横浜にあるラーメン博
ALWAYS 三丁目の夕日 (よろず茶屋 )
KUROがビッグコミックオリジナルで 西岸良平さんの原作を読んでいるから 別にいいよ・・・と冷たいことを言うので お正月休みに両親と3人で観に行ってきました。 彼らも最初は「えーいいよ」なんて言ってたんですが 「あなたたちの青春時代の映画なんじゃ!行く.
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (ガブ飲み生活♪)
観て来ました{/hiyos/} 実は、「インハーシューズ」を見るつもりが、 午後からの上映がなかったので、急遽変更!! 今日から公開のハリーポッターも考えたけど、めちゃ混みだったので、 面白いと聞いていた「ALWAYS三丁目の夕日」になったという訳。 確かに面白かった{/hi
「ALWAYS 三丁目の夕日」を観に行って来ました♪ (ダメダス.NET)
小学館「ビッグコミックオリジナル」に連載中の漫画「三丁目の夕日」を映画化。 最新のVFX技術で再現された昭和33年の東京下町は、生まれちゃいないけど、なんとなく懐かしい雰囲気。この映像をスクリーンで観たくて、映画館まで足を運んだ次第です♪ ただ、あくまで舞
誰もが心に持つもの (nahoritaのBrooklyn★Brooklyn)
山形は映画の街です。久しぶりに母と二人で映画に行きました。 ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎 貴 観たかったんです。すごーーーく。人の言葉って大きいですよね。『あの映画面白かったよ』『絶対観た方がいいって』『これはすごい映画だ』人の評判って気になり
【12】 ALWAYS 三丁目の夕日 (-TONENSO-シネマ随想録)
昭和のエッセンスが凝縮、今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を見た。 良かった。 ベタなんだけど目頭が熱くなっちまったよ。 俺って吉岡秀隆物にも弱いかも。 ベタなのがまた昭和なんだ
ALWAYS 三丁目の夕日 (今日のかんかんちゃん)
この前お友達と一緒に『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました 昭和33年の東京の下町を画いた涙アリ、笑いアリの人情味あふれる映画 予想以上に良かったです(予想が低かったせいもありますがwww) 「愛すべき昭和の日本人」って感じでしょうか・・・(*´∀`) 『集
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 (“のぼせもん”のみんなで幸せになろう!)
おはようございます、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てじ~んとして来たナッツです。いや~、良い映画でした~。昭和33年にはまだ自分は生まれてもいないのに、すごく懐かしい感じがしました。 実際には、年末に見たのに今だに記憶に残ってます。昭和33年が.
ジンときました、「三丁目の夕日」 (エリアブログ-大田区-)
大森のシネコン「平和島シネマサンシャイン」で今話題の映画、 「ALWAYS 三丁...
映画 ALWAYS 三丁目の夕日 (musi-k ~ムジーク)
昭和33年の東京。高度経済成長の真っ只中、東京タワーが完成するこの年に東京夕日町三丁目に青森から集団就職で六子(堀北真希)が鈴木オートにやってきた。短気だが家族思いの父・鈴木則文(堤真一)、優しさで皆を包み込む母・トモエ(薬師丸ひろ子)、やんちゃ坊主の長男.
ALWAYS 3丁目の夕日@古き良き時代の日本回顧映画 (りおんたいむ)
水曜日に仕事が休みなんて、なんて幸せなんだろう{/hearts_pink/} ということで、今日の映画はコレ↓ ALWAYS 3丁目の夕日 いや~、この映画の回は、他のところと違って、 年齢層が高かったぁ{/ase/} そのせいなのかなんなのか、 妙にマナーの悪い大人たちが多いのなんの{
ALWAYS 三丁目の夕日 (まさぐちるのひとりごと)
久々に映画を観に行ってきました。そろそろ上演終了となる「ALWAYS 三丁目の夕日」です。 映画を観るまでは、「良いという噂を良く聞く、『三丁目のなんとか』という映画」というくらいの認識で、タイトルさえしっかり覚えていなかったのですが(ちなみにALWAYSという単
ALWAYS 三丁目の夕日 (ALBEDO0.39)
ALWAYS 三丁目の夕日 終ってしまう前に見たいと思って行ってきました。 「50年先だって、きっと夕日はきれいだよ」 最後のシーンは、特にジーンとしました。 ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t 上映時間:2時間13分 キャスト: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (なつみのひとりごと)
遅ればせながら観て来ました。 「ALWAYS 三丁目の夕日」 いい映画だといううわさは前々から聞いていましたが、 これが、ほんっとにいいです。 まだ観てない人は、今からでも遅くありません。ぜひ観にいってください。 昭和33年って、実は戦後からまだ13年なんですよ.
ALWAYS三丁目の夕日 (ハーパーさんの日記)
ALWAYS三丁目の夕日  先日、今年初めての映画を観にいってきました。昭和30年代の東京を描いた映画です。時は戦後の復興から未来に向けて日本列島が躍動してる頃、東京タワーが出来上がっていく様も風景として描かれています。  この映画は派手なアクションもなければ、ト
ALWAYS 三丁目の夕日(2005年) (勝手に映画評)
タイトル ALWAYS 三丁目の夕日 ---感想--- 既に平成も18年になり、「昭和」と言う元号は懐かしいものになりつつありますが、この映画は昭和33年、東京タワーが建設中であった頃の時代の物語。劇中、建設中の東京タワーの絵が随所に出てきますが、非常に良く出来ています。
ALWAYS三丁目の夕日 (銀の森のゴブリン)
2005年 日本 監督:山崎貴 脚本:山崎貴 原作:西岸良平 『三丁目の夕日』
今年の初映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 (ルールーのお気に入り)
その昔、我が家(実家)にテレビジョンがきたときも、近所の人たちが毎晩のように大勢やってきた!  らしい…(笑)
ALWAYS 三丁目の夕日 (flower*blog)
感動。 今一番のオススメ。 笑ったり泣いたりできます。 最後はいつの間にか涙が・...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 こころが、“浄化”される。 ( 本と映画の日々  そして、ゆめのつづき)
日本アカデミー賞最優秀作品賞を「パッチギ!」と 競っている、2005年キネマ旬報 読者選出ベスト1位の、 「ALWAYS 三丁目の夕日」を、やっと、観れた。 周りの座席から啜り泣きが聞こえてくる。 なかには、声を出してウゥウッと、泣いている人もいる。 こ
昭和な日本 『ALWAYS 三丁目の夕日』 (VIVA!ちどりあし)
余りの高評価に、昨年からずっと見たかった「ALWAYS 三丁目の夕日」。
ALWAYS 三丁目の夕日 (HIROMIC WORLD)
本日の1本目は「ALWAYS 三丁目の夕日」です。朝一番の上映回だったのに、かな
「ALWALS三丁目の夕日」知らないはずなのに懐かしい (お台場を遊ぼう!ふとんちっとのお気に入り)
今日はレディスデイで映画を見てきました。タイトルは「ALWALS三丁目の夕日」です。昭和33年の東京の下町を舞台にしています。自分が生まれる前のことだけどどこか懐かしい風景です。不覚にもうるうる来てしまいました。一癖あるような人たちもいい人ばかりです。...
ALWAYS 三丁目の夕日 (いつか深夜特急に乗って)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★★(中劇1) 2005
エンタマ23 ALWAYS三丁目の夕日 ロングヒット! (エンタマ劇場 ~がんばれ!エンタのタマゴ達~)
吉岡秀隆さん、堤真一さん、小雪さん、薬師丸ひろ子さんら豪華メンバーが集まり、昭和33年の古きよき日本を舞台に、家族の触れ合いについて描いた、ほのぼの人情ドラマ、「ALWAYS三丁目の夕日」が超ロングヒット! ↑この写真なんだか分か.
ALWAYS 三丁目の夕日… (ヘミングウェイの徒然日記)
観ましたよ!映画「ALWAYS 三丁目の夕日」…。 昨日観たんですが…やっぱり泣いちゃいました。 悔しいですよね~、スタッフが「ここで泣かせてやる!」 と思って作ったシーンで泣くのは。でもやっぱり泣いて しまう。全体的に雰囲気は好きで、面白い映画だったと 思うのですが
ALWAYS 三丁目の夕日(05・日) (no movie no life)
時は昭和33年、東京タワー着工中。 文学作家を目指しながら少年雑誌の連載で何とか糧を得ている男(吉岡秀隆)、踊り子から足を荒い飲み屋を切り盛りする女(小雪)、自動車修理工場「鈴木オート」の社長(堤真一)とその妻(薬師丸ひろ子)、集団就職で青森から上京し
ALWAYS三丁目の夕日 (AL+ViのわんわんLIFE)
ずっと気になっていた映画「ALWAYS-三丁目の夕日」をやっと観に行った。 土曜日の夜、映画館はわりと混んでいました。
ALWAYS 三丁目の夕日 (やざる アーカイ・ブ・ログ)
派手なだけのSFXは、もういらない。大切な人が死んでいく悲しいラヴストーリーは、もう疲れた。 あたたかく強く、ココロを揺さぶるような、そんな映画が観たい。 この原作の漫画、大好きだったんだ。 親父が買ってきてたビックコミック、毎回、楽しみにしてた。 「三丁目の
『ALWAYS 損丁目の夕日』 (映像と音は言葉にできないけれど)
日本海側に出張していますが明日夕刻に帰ります。今日は駅前の小さな映画館に寄ることに決めたのです。やはり?洋画は上映して無かったので、邦画の『ALWAYS 損丁目の夕日』を見ることにしました。
【劇場映画】 ALWAYS 三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残
ALWAYS 3丁目の夕日 (Nightmare Dragon)
東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。 ☆☆☆☆☆☆☆☆ 古きよき時代の東京が舞台で、しかも主役
ALWAYS 三丁目の夕日 (ムツ兄の、てげてげ人生日記)
2月11日(土) 曇り 11℃/16℃ 今日は、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました。
ALWAYS-三丁目の夕日- (ダラックマ日記)
佐藤直紀, サントラ ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t お友達のお誘いで、“ALWAYS-三丁目の夕日-” を観てきました。 しかしながら、歳をとるとダメですねぇ、 ちょっとしたことでも泣けてきちゃうんですよ。 昭和初期、戦後の東京を描いた作品ですが、 もちろ
東京タワー(ALWAYS 3丁目の夕日より) (満月のひとりごと♪)
{/kuma_wel/}ようこそお越し下さいました。 うちのダンナが、ひょんなことから映画『ALWAYS 三丁目の夕日』がまだ上映されていると聞きつけ、急遽、見に行く事に(詳細はコチラ)。 実は、満月家、この映画はもう既に複数回見ているんです。 なんと!...ダンナは今日で4
愛のリングケース(ALWAYS三丁目の夕日) (ジュエリーに関係ないかも)
ALWAYS 三丁目の夕日 仕事が終わってからレイトショーで観て来ました。 ノスタルジーでしたー どこまでが実写でどこまでがCGなんだか・・・ あまりにも良く出来ていて、一瞬にして昭和33年にワープしてしまいました。 淳之介役の須賀健太君の演技がすばらしかった。
ALWAYS 三丁目の夕日 (なんかいいことないかな)
思わず笑いました。もう少しで泣きそうでした。 冷蔵庫、洗濯機、白黒テレビ。忘れか...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (日々のキモチ)
夕方から見てきました。 レディースデーってことで、客層は女性中心。 高齢の方もちらほら。 笑いあり、涙ありで、皆が一生懸命生きてる様子にじんわり。 ボサボサ頭の茶川作家が良かった。 淳之介くんと、徐々に家族らしくなっていくところ。 淳之介く ...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (その映像について) (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
本当にしみじみと温かい気持ちにさせてくれるいい映画でした。 誉めるところが多すぎてどこから誉めたらいいのかわかりません。 今回は映像のことに絞って語ります。 「神は細部に宿る」といいますが、この映画には細部への情熱というのは生ぬるい、むしろ妄執と ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (Extremelife)
西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴 ...
● ALWAYS 三丁目の夕日 ● (MOVIE)
▼今から見たあの時代、あの時▼ 昨年大ヒットの邦画「ALWAYS/三丁目の夕日
ALWAYS 三丁目の夕日 on DVD (DAYDREAM)
アマゾンで予約していた「ALWAYS 三丁目の夕日」DVDが今日来ました。噂と違
Always 三丁目の夕日 06年番外その3 (猫姫じゃ)
Always 三丁目の夕日 山崎貴 監督  吉岡秀隆 , 堤真一 , 小雪 , 薬師丸ひろ子 2006年 第29回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀音楽賞、最優秀撮影賞、最優秀 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (BOA SORTE)
ずっと観たかった映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観ました。 『ALWAYS 三丁目の夕日』 主演:吉岡秀隆/堤真一/小雪 ~ストーリー~ 昭和33年-東京タワーが完成するこの年-東京下町の夕日町三丁目には、個性豊かな住民たちが暮らしていました。 ある春 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (幸田回生)
久しぶりに泣けた。泣ける映画だった。シネコンの数ある映画の中から、この映画を選ん
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (こだわりの館blog版)
なにっ!私の作品をVFXで描く!【西岸良平せんせい談(想像)】 【劇場公開作品より】 11/26 ユナイテッドシネマとしまえん にて 監督:山崎貴 原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、他 ま ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (王様の耳はロバの耳)
私の知り合いが映画館で見て 「とっても良かったよぉ~{/star/}」と言っていた 『ALWAYS 三丁目の夕日』をやっと 見ることが出来ました{/onpu/} 正直邦画は苦手なのですが(映画通の方ごめんなさい{/dogeza/}だってドラマとの違いが今一私には理解出来なか ...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 DVD 豪華版 (Antique)
 {/fine_sim/}   {/fine_sim/}   {/fine_sim/} ↑画像は、DVD&劇中にもよくのれんが出てくる”バンビキャラメル”です(笑 元値7,140円のところ、割引を駆使して5069円で購入。(笑 ポストカードや立体メガネなどが入った昭和玉手箱。 ネーミングにキュン ...
「三丁目の夕日」DVD到着 (弦太郎のパソコンライフ)
待ちに待った「ALWAYS 三丁目の夕日」DVD豪華版が今日、届きました。 発売日が今日ですから、ちょうど発売日に届きました。 豪華版の内容は見ての通りです。立体メガネも面白いですが、「昭和はこうして作られた」と題する映画の解説本に興味津々です。 今日 ...
『ALWAYS  三丁目の夕日』 (横浜マダムのひとりごと)
今年は観たい映画が目白押し☆ 「SAYURI」「ALWAYS 三丁目の夕日」「プライドと偏見」『ナルニア国物語」「ハリーポッター」「オリバー・ツイスト」「ミュンヘン」・・・ 「SAYURI」は既に観ました。 今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を。。。 いやぁ~、懐 ...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (☆メガネと映画☆  オススメ映画などを“独断”で評価します♪)
この映画、吉岡秀隆が主演ということで見るのをちょっと ためらったんですよね。 どうしても「北の国から」のイメージが強くてねぇ・・・ 【Story】 東京タワーの完成が間近に控えた昭和33年の東京下町。 そんな町の親子3人が暮らす自動車修理工場に一人 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 に輝くほっぺた。 (レビュー☆覚えがき)
昭和33年、集団就職で上京した少女、六子(むつこ。ロクちゃん)が勤めた「鈴木オート」は 東京の下町、三丁目にある。 その三丁目には貧しくても逞しく生きる人々が住んでいた。 すぐカッとなる直情型の社長、鈴木則文。 あったかくてしっかり者の奥さんと ...
「ALWAYS三丁目の夕日」 (宿六日記)
一昨日買ってきたばかりの「ALWAYS 三丁目の夕日」のDVDをその夜途中まで観たんですが、三男君、眠くなってしまい、「明日又観るわ!」と言い始めたので、翌日に持ち越していたんですね。            そして、昨日の夜、、、、皆何だか忙しくて ...
ALWAYS三丁目の夕日 (部屋とサクサクと私)
ALWAYS三丁目の夕日 購入しましたー。 いや買ったのは先週末なんだけど、今日sakusakuでも紹介されてたのでなんとなく。   人情味あふれるあったかい内容です^^ 足りなくなってるモノとか感じちゃいます。 でも昔の人からすれば、今のなんでもある ...
Always 三丁目の夕日 (漂泊亭日乗)
昨日、「Always 三丁目の夕日」がJapan Societyで上映されたので観に行った。Japan Societyはニューヨークにおける日本人協会のようなもので、講演会など様々なイベントを行っている。 仕事の関係で、よくここで催される講演会には行くのだが、映画に行ったのは ...
映画:「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。 (粗製♪濫読)
西岸良平氏の長期連載漫画 『三丁目の夕日』 を「リターナー」の山崎貴監督が映画化。 東京タワーが作られた昭和33年の東京。下町の自動車修理工場:鈴木オートに東北から集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。期待はずれのボロ工場と短気な工場主(堤真一 ...
笑って、泣いて、 (deli*cling ★ talk to myself ★)
みんなそれぞれがいい味出してた、 笑った、泣いた、忙しい映画やったっ _|\○_ぃゃっ ε= \_○ノほぉ~ぃ ALWAYS 三丁目の夕日   当時のことは知らないけれど、でも、胸が苦しくなったし、 でも、爽快感もあってね、 貧しくっても「満たされ ...
ケントが勝手に選んだ2005年のベストシネマ (ケントのたそがれ劇場)
三丁目の夕日 (ウソップの大航海日誌)
先輩と男二人で映画館に行ってきました。 映画館に行くのも『ローレライ』見て以来だから半年振りくらいになるのだろうか。 取り合えず、映画に行くのはかなり久しぶり。 内容はあんまり触れないほうがいいんだろうけど、始まった頃はどうなることかと思っ ...
「ALWAYS 三丁目の夕日」観ました (歳時記)
★★★★★ 東京タワーが完成する昭和30年代の下町のお話。集団就職で青森からやってきた六子が就職した先は、小さな自動車修理工場。おちょこちょいで、頑固で、でも大きな夢をいだくおやじ、則文が社長。向かいには駄菓子屋を副業にする、売れない作家、茶 ...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 豪華版DVD (目の中のリンゴ)
映画館で観て とっても気に入った映画だったので、 DVDも購入いたしました。 感想は→コチラ オマケに弱い私は買っちゃいました、豪華版DVD-BOX。 本編と特典映像のDVD2枚組 オールカラー130Pのブックレット、 昭和玉手箱の中には ・ポスター原画レプリカのカ ...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (DVD放浪記)
バップ ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 宮崎アニメや、「Shall We ダンス?」など一部の例外を除き、日本映画とは長い間疎遠な時期が続いてきた私は、当然ながら、この「ALWAYS 三丁目の夕日」もずっと敬遠していた。だから、このBOXセットを発売前 ...
アイドルからニッポンのお母さんへ (DVD放浪記)
バップ ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 「ALWAYS 三丁目の夕日」に登場した俳優陣のなかで、ダントツによかったのは、鈴木家を支えるお母さんを演じた薬師丸ひろ子だ。保存に失敗したシュークリームのにおいをかいでダメを出すユーモラスな場面や、 ...
昭和33年の東京というユートピア (DVD放浪記)
バップ ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 「三丁目の夕日」に描かれたのは昭和33年の東京ということになっている。実は、私はその当時をほんの少しだけ覚えている。 さすがに、建設中の東京タワーを見ることはなかったが、完成後一度だけ展望台に連れて行 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (la nourriture de l'esprit)
劇場で公開されている時。 あちこちのblogで感想を拝見し、 気になっていた作品。 昭和30年代の日本。 青森からの集団就職で1人の少女を受け入れた一家と 見ず知らずの少年を預かることになった青年。 向かい同士の2軒の家を中心に 高度経済成長期の日本 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 映画評vol.11 (さとなかしずるの徒然映画日記)
日本アカデミー総なめの映画がついに手元に届いた。 W杯よりもわくわくしていざ再
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (NOW☆MAY☆room~まいのシネマノート)
【story】 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、集団就職で六子(掘北真希)がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする ...
三丁目の夕日 (ウソップの大航海日誌)
先輩と男二人で映画館に行ってきました。 映画館に行くのも『ローレライ』見て以来だから半年振りくらいになるのだろうか。 取り合えず、映画に行くのはかなり久しぶり。 内容はあんまり触れないほうがいいんだろうけど、始まった頃はどうなることかと思っ ...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (電影迷宮・2006!!)
今夜は、見たかったALWAYS。 なぜか日本アカデミー賞の授賞式だけはTVで観てしまった。 この映画が制覇してましたね。 技術頼みの映画が好きじゃない私にはどうかなと心配してた。 しかし技術に溺れてるわけじゃなかったのでそこはクリア。 ハートを前面 ...
サンチョーメノユウヒ (HIGHWAY ROUTE 69)
そういえば昨日、家族3人揃って「ALWAYS 三丁目の夕日」を観ました。我が家のプチ映画館にて。たんなるリビングです。家族で観るにはピッタリの映画ですね。とっても良かったです。堀北真希の青森訛りっぷりもとっても良かったです。ただ、ちょっと背景とかのCG部 ...
190.『ALWAYS-三丁目の夕日-』みちゃった!(^^)! (徒然なるままに・・・?)
{/kaeru_fine/} 今夜は、映画館に観にいった友人が 「これは、面白い!」と事あるごとに(ウルサイほどに(^~^;)) 勧めた作品『ALWAYS 三丁目の夕日』です。 もうですネ~ 会うたんびに勧められたら 洗脳されちゃいますよ・・・。>耳にタコ! で、レンタルリリ ...
過去はいつ頃から過去なんだ? (フランキンのFeel so Good! FM熱海・湯河原)
昨日だけど… ALWAYS 三丁目の夕日という映画を見た ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 評判が良かっただけに あの時代にも少しの記憶を残している世代だけに ずっと興味があった
ALWAYS 三丁目の夕日 (カウンセラーママの日々つれづれ)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子 (2006/06/09)バップこの商品の詳細を見る  三丁目の夕日をやっと観た。ロードショウ時から観たかった一本だが、映画館に行くなんてことはなかなかできる身分では
ALWAYS 三丁目の夕日 (ローズフレーバー)
今夜は「ALWAYS 三丁目の夕日」を紹介&#63889; 東京タワーが完成し、白黒テレビが出始めた昭和30年代を舞台に、 人情味溢れる下町の人々の心温まるエピソード満載の感動作。 ・・・・らしいですなー。見たい見たいと思いつつ、今に至るまで 見てねーし ...
「ALWAYS 三丁目の夕日」を見て (阿波の局のブログ)
傷跡は まだ残っては いるけれど        もう終わったんだ 爆弾は来ない 今はまだ こんな修理 工場だが        いつかでっかい ビルヂング建てる! お前とは 縁も所縁(ゆかり)も ないんだぞ         金持ちの家へ 帰ってしまえ ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
ALWAYS 三丁目の夕日 (GREEN's movie diary)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版出版社/メーカー: バップ発売日: 2006/06/09メディア: DVD 原作を昔から読んでいる者としては、かなりドキドキものでした。 ちょっとCGはやりすぎ感があるものの、昭和33年の下町の雰囲気が見事に再現されていて 心温まる映画に ...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (may☆flower's style)
『お前と俺は縁もゆかりもないんだぞ~』
CINEMA●STARR「ALWAYS三丁目の夕日」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版  昭和33年、東京タワーが完成したこの年、夕日町三丁目の個性的な面々が巻き起こす、笑いあり、涙あり、心温まるストーリー。     心温まるエピソードの ...
ALWAYS三丁目の夕日 (とんとん亭)
「ALWAYS三丁目の夕日」 2006年 日本 ★★★★★ 笑って泣ける日本映画の優秀作。 昭和33年。東京の下町の自動車修理工場では鈴木トモエ(薬師丸ひろ子)が、一人息子一平に「かあちゃん、ねぇTV、まだぁ?」とせっつかれ「まぁだよ」と優しく言 ...
映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」 鑑賞レポート (STABLO.G|スタブロのブログ)
久しぶりに暖かい良い映画を観ました。 今回、選んだのは、劇場公開当時から友人より勧められていた映画「ALWAYS 三丁目の夕日」。 原作は、連載開始から30年以上たった2006年現在も連載が続く西岸良平の「三丁目の夕日」。 監督は山崎貴。 夕日町三丁 ...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (ちっぽけな象だぞう。)
いやぁ、良かったわ! お盆休みに実家に帰って、家族みんなで見ました。この映画は家
ALWAYS/三丁目の夕日 (シネマの箱)
ALWAYS/三丁目の夕日(2005/日本) 評価(お奨め度)★★★★★ 監督: 山崎貴 製作: 高田真治/亀井修/島谷能成/平井文宏/島本雄二/西垣慎一郎/中村仁/島村達雄/高野力 プロデューサー: 安藤親広/高橋望/守屋圭一郎 エグゼクティブプ ...
東京タワーのある風景。 (学食のビバちゃん日記)
この前「ALWAYS三丁目の夕日」をレンタルして観た。 昭和33~34年あたりの東京タワーが出来る頃の話だ。 生まれる前の話。でも妙に懐かしい場面もいっぱいあった。 親が観たら、もっと喜ぶだろう・・・。 あたしの実家、東京。 実家のそばの商店街から ...
【DVD】ALWAYS 三丁目の夕日 (まぁ、お茶でも)
冒頭から、セピア色の懐かしさが、画面いっぱいに広がる。コンピュータグラフィックと判っていても、昭和30年代、東京タワーが、半分出来ている光景は圧巻である。
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (**Sweet Days**)
ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 第29回 日本アカデミー賞 最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞 他授賞 CAST:吉岡秀隆、小雪、堤真一 他 東京タワーが完成する昭和33年、東京。小さな町工場の鈴木オートやその向かいに住む貧乏小説家の茶川 ...
また泣いた、、、 (猫姫じゃ)
こないだ見たとこなのに、また見ました。 Always 三丁目の夕日 偶然手に入ったプロジェクターに、ノートつないで、、、50インチ チョイくらいかな? ホント、全部覚えているのに、また泣ける、、、 今日は、堀北真希 ちゃんと、須賀健太 クンに、やられまし ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (ナナメモ)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 昭和33年、東京タワーが完成する年。東京の下町・夕日町の1年を描くドラマ。 春、鈴木オート青森から集団就職してきた女の子・六子ことろくちゃん。自分が勤めるのは大きな会社だと夢見てきてガッカリ。向かいの駄菓子屋の ...
ALWAYS・三丁目の夕日と昭和30年代 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
西岸良平のシリーズ発行部数1400万部のコミック「三丁目の夕日」を「ジュブナイル」「リターナー」の山崎貴が監督した、昭和の「懐かし新しい世界」にタイムスリップさせてくれる、ほのぼの心温まる映画。(吉岡
ALWAYS 三丁目の夕日 を観て (shyなriderでcamper のきまぐれなひとり言)
久々のビデオのお話になりますが、ビデオショップの100円レンタルで、これを観てみましたので、そのご報告を・・・。 自分的には小雪の指輪のシーンが印象的で、ほどほどに面白かったです。 この映画、あちこちで高評価ですが、今がそれだけ殺伐とした時代だとい ...
ALWAYS 三丁目の夕日 | 山崎貴 (cinema and book)
号泣したとメールで知らせてくれたAちゃんには申し訳ないんだけど、おいらは『ALWAYS 三丁目の夕日』では泣けなかったよ。いい映画なんだけど、ただそれだけというか・・。 鈴木オートのところも、文学のところもよくあるエピソードで、集団就職とくりゃこうい ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (DVD) (ブログで晴れるってこと。)
 旧作になってもなかなか人気でいつもレンタル中だった「ALWAYS 三丁目の夕日」。たまたま店員が棚に戻してたので、戻した瞬間に奪ってきました(笑  素直に見れると面白いよね。まぁなんかイチャモンつけようと思えば幾らでも出てきそうだけど、そんな必要は ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (気ままにBLOG)
夏休みにみた最後のDVDです。 確か日本アカデミー賞総舐めだったんですよね。 昭和33年の東京下町に暮らす人々の話・・・ ってかなりおおざっぱな説明ですいません(汗) 見ず知らずの子供を預かることになってしまった吉岡秀隆と その向かいで自動車整備をしてい ...
◆DVD・ALWAYS 三丁目の夕日 (映画大好き☆)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督 : 山崎貴 出演 : 吉岡秀隆 , 堤真一 , 小雪 , 薬師丸ひろ子 脚本 : 山崎貴 , 古沢良太 原作 : 西岸良平 音楽 : 佐藤直紀 収録時間 : 133分 【story】 西岸良平によるロングセラーコミックを『リターナー』の ...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (2005) (とりあえず生態学+)
うお~また堀北真希だぁ ALWAYS 三丁目の夕日 製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 133分 監督 山崎貴 原作 西岸良平 脚本 山崎貴 、古沢良太 音楽 佐藤直紀 出演 吉岡秀隆 、堤真一 、小雪 、堀北真希 、三浦
■ALWAYS/三丁目の夕日 (ルーピーQの活動日記)
これは昭和33年、建設中の東京タワーを望む下町・夕日町三丁目の物語。六子(堀北真紀)は集団就職で上京して来たが、就職先は小さな自動車修理工場“鈴木オート"。立派な会社を想像していた六子は失望してしまう。一方で、鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → ALWAYS 三丁目の夕日 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんち
『三丁目の夕日』と『共謀罪』 (再出発日記)
地元のシネコンが七周年ということで、現在ワンコイン上映というのをしている。今週は『三丁目の夕日』で500円で見ることが出来る。世評のように大傑作とは思ってはいないのだけど、幾つか確かめたいことがあって二回目の鑑賞をすることにした。もともと山崎監 ...
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
ALWAYS 三丁目の夕日…邦画マイブーム再燃なるか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今週の北部九州はずっといい天気{/kaeru_fine/}みたい。職場には窓が無いんですけどね{/face_ase1/} ブログに記事と一緒に天気を書いてて思うことは「いい天気{/fine_sim/}」の割合って多いんだなぁということ。 あんまり雨マーク使った記憶ないですもんねぇ。 最 ...
ALWAYS 三丁目の夕日・・・・・・ (サクサクっと・・・)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 友達と最近全然DVD借りてないんだぁって話してら、 これいいょぉって貸してくれた 「ALWAYS 三丁目の夕日」 そぅそぅこれ見たかったのょ・・・・・・
ALWAYS 三丁目の夕日 (Yuhiの読書日記+α)
 実はこの映画、今年の夏休みにスイスへ旅行に行った帰りの飛行機の中で見ていたのです。邦画には特に興味もなかったし、ましてや昭和30年代の日本なんて、古臭そうで全然興味なかったのですが、日本語で見ることのできる映画というのが、これかアニメくらいし ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」      (山崎 貴:監督)    公開時に見逃して以来、  ずっと観たい、観たいと思っていた作品です。  いつになってもレンタルできなかったのですが、  昨日TV放映されていて、ようやく観れました。{/face_warai/}  昭 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (ひめの映画おぼえがき)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、三浦友和、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、須賀健太... 「携帯もパソコンもTVもなかったのに、  どうしてあんなに楽しかったのだろう。
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (きぶんしだい)
       12月1日 読売TVにて 『ALWAYS 三丁目の夕日』鑑賞 ●あらすじ● 時は昭和33年。 東京タワー建設の真っ最中。東京の下町に集団就職でや六子は、都会を夢見て田舎からやってきた。 が、ソコはさびれた小さな工場。だが、そこの社長家族に ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (kasumidokiの日記)
always 三丁目の夕日 発言者:→宵里、
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介 ...
ALWAYS 「三丁目の夕日」上映会を企画して。 (閑話ノート)
{/kuma_wel/} きょう(12/2)、映画 ALWAYS 三丁目の夕日 *の上映会に参加してきました。 *キーボードのCtrl Keyを押しながらクリックすると、映画の主題曲が流れてきます。 <ただし、PC環境条件はブラウザIE7> 素敵なメロディをBGMとして聴きながら、拙(つ ...
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (C'est La Vie)
録画しておいたのをさっき観ました。いやー、予想以上に良かったです!!!!!ストーリーは先が読めてしまうんだけど、それが逆に安心感となって素直に感動しちゃいました☆
ALWAYS 三丁目の夕日 (ゴチャログ。。)
昨日やってた「ALWAYS 三丁目の夕日」。 いいねーこの映画。賞を総なめにしたのもわかる。もちろんあんな時代に生きていたわけではないけどなんだか懐かしい。団塊の世代、よりもうちょっと上かな?くらい以上の人、中でもとくに東京の人はリアルに懐かしいだろ ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (Tommy★Diary)
金曜に放送されたのを録画してたので、今日観ました[:わーい:] もうね、号泣[:泣き顔:] もの凄い素敵映画です[:!:] 昭和33年。 レトロでちょっとユルい感じが素敵[:ぴかぴか:] 登場人物一人一人が、とてもあたたかい。 毎日小さいことでも笑っ ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (ミリりっとる)
金曜ロードショーに「ALWAYS 三丁目の夕日」が初登場です! 東京の下町・夕日町三丁目に暮らす人々の交流を描く感動の物語。 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、堀北真希、薬師丸ひろ子ほか 最初はあまり見る気がなかったのですが、見ているうちにマジ ...
ALWAYS三丁目の夕日 (風と雲の郷(読書と時折の旅と・・))
 もう一昨日のことになるが、金曜日の夜は、テレビで「ALWAYS三丁目の夕日」を観ていた。 舞台は昭和33年の東京下町「夕日町三丁目」、戦争が終わって十数年、まだまだ、日本は豊かではないが、人々の心には人情があった、そんな時代の物語である。 この夕日 ...
≪日テレ・金曜ロードショー≫「ALWAYS 三丁目の夕日」 (局の独り言。)
金曜ロードショー - http://www.ntv.co.jp/kinro/ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 - http://www.ntv.co.jp/kinro/20061201/top.html バップ ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版 今年2月に東京に旅行した時に  ずーーっと見たかったこの1本を見るこ ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (亜室のつぶやきブログ)
一応テレビ放映されたものなのだけれど、まだ観てない方もいるかと思い、なるべくネタバレは避けようと思います。
「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て (Y's WebSite : Blog ~日々是好日~)
『携帯もパソコンもTVもなかったのにどうしてあんなに楽しかったのだろう…。』 昭和33年の東京下町を舞台にした西岸良平さん原作のマンガ「三丁目の夕日」をモチーフとした映画「ALWAYS 三丁目の夕日」が12月1日、日本テレビ系列で放送されました。 東京タワー ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (anything)
おもしろいというか、温かくて、ホノボノしますねo(^-^)o キャストも豪華!! 温水さんもいた(*^ー^)ノ 須賀くんも、さすがって感じ それに、堤さんも小雪さんも吉岡さん、普段やってる役のイメージと違う感じの役ですね☆ 特にダ ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (のほほん便り)
もともと、原作の大ファンだけに、こんな素敵な作品になるなんて… と、それだけで大感激!だったのでした。 「ニューシネマパラダイス」じゃないけれど、素直に、ほのぼの & ジーーンとできる名作ですよね。後半は、ずっと、うるうるうる… 最初は、ヒ ...
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (システムアイランドのブログ)
先日、新作レンタルビデオの「ALWAYS 三丁目の夕日 」を観ました。 後半は嫁様もおらも涙ボロボロ状態でした。 今でも公式サイトのBGMを聞くと胸にグッとくるものがあります。 久しぶりに日本ならではの良い映画を観ることができ感激しました。 兎 ...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (あんず姫のヒトリゴト)
映画をテレビで     ということはそうそう無いのですが 今日は主と観ておりました   少々関心のある程度 でしたが 観ているのが楽しくて 笑ったり 泣いたり       ほんわかして ほんわかが冷めないうちに     『アンナさんのおまめ』 ...
「ALWAYS~三丁目の夕日~」 (映画鑑賞検定3級blog)
友人たちが号泣したということだったし、彼女らが言うには私でも泣きそうだというので、テレビでやっていたので見てみましたよ。
ALWAYS 三丁目の夕日~昭和バンザイ!珠玉の名作!! (名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
映画三昧 (老水亭)
明けましておめでとうございます。 といっても、もう2日になってますね。 12月30日にハリポタ炎のゴブレットを見てきました。 確か、チャップリンのキッズだったと思いますが、夢の中でチャップリンが天使になって飛ぶシーンがありました。その場面を淀川長治さん ...
ALWAYS 三丁目の夕日 を観た (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版バップこのアイテムの詳細を見る 日本TV系金曜ロードショーでALWAYS 三丁目の夕日 を観た。 たいへんおもしろかった。 舞台は昭和33年(1958年)の東京の下町で戦争の傷が人や街に残っていた。 鈴木オートも駄菓子屋「 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (UkiUkiれいんぼーデイ)
昭和33年かぁ~ すれすれですけど、私まだ生まれてません。 先週TV放映してたので遅ればせながら鑑賞。 昭和33年って言っても、戦後まだ13年なんだねぇ。 私、なんだかこれって「反戦映画」という匂いも感じたんですけど。 ミゼット、 ...
ALWAYS三丁目の夕日 (しずくの部屋)
もんのすごく話題になってたようだし、オットは原作を知ってるので、一緒に見ました。
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (ちんとんのホームビデオシアター)
★懐かしさはどこから来るものなのか。 私は東京タワーが輝かしいものだった時代を知
DVD『ALWAYS 三丁目の夕日』 (みかんのReading Diary♪)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版(2005/日本) 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かい ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (シネ・ガラリーナ)
2005年/日本 監督/山崎貴 レンタルずっと貸し出し中なんで、テレビで見ちまったよ。 「泣ける映画」=「いい映画」なんでしょうか。このところずっとそんなことを考えています。「この映画には泣かされた」と我々はよく言います。「泣かされた」という受 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (みるき~うぇい)
バップより¥3990で発売中 2005年度作品/日本 第29回日本アカデミー賞 最優秀作品賞受賞 最優秀監督賞受賞(山崎貴) 最優秀脚本賞受賞(山崎貴・古沢良太) 最優秀主演男優賞受賞(吉岡秀隆) ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (Blossom Blog)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督 山崎貴 出演  吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 日本 2005
年末年始に見た、古い映画 (霞の気まぐれ日記)
最近地上波テレビで放送された映画が だいぶ溜まっていたので、時間のある年末年始に見てみました! ◆ALWAYS~三丁目の夕日~ 日本アカデミー賞なども取っていたし、 堤真一さん、コトー先生、、、もとい吉岡秀隆さんが出ていることもあって 楽しみにしていたこの...
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) (epiphany)
ALWAYS 三丁目の夕日監督:山崎貴吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/三浦友和/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/須賀健太 この商品の詳細を見る 【あらすじ】昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★★☆☆ 昭和33年。私にとっては知らない時代の話。だ...
観ました、「ALWAYS三丁目の夕日」 (乙女千感ヤマト)
何日か前、この日記でブランド品を持つ人達について書きましたが、アレ、女性に限って
観ました、「ALWAYS三丁目の夕日」 (乙女千感ヤマト)
何日か前、この日記でブランド品を持つ人達について書きましたが、アレ、女性に限って
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京のほほん暮らし)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版吉岡秀隆、堤真一 他 (2006/06/09)バップ “続”ではないです。一本目のほうです。 (もうすぐ公開→ALWAYS 続・三丁目の夕日)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (勝手に映画評)
舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (えいがの感想文)
続編とは期待外れに終わるもの、っていうのは定説であるし、 悪く言うと、1作目の大ヒットで味をしめたのかあ、 と、ちょっとがっかりもした。 やすやすとブームに乗ってたまるか。と心のどっかで思ってた。 ハズレはしないだろうがもう展開読めるしね。 … ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...
ALWAYS 三丁目の夕日 (森の中の一本の木)
ALWAYS 三丁目の夕日 - goo 映画  11月3日の今日、続編を公開するので、昨日テレビでやりましたね。前回の復習にちょうどいいですよね。私も公開日の今日、行く予定でしたが、お誘いした義母の都合が悪いので、来週までお預けです。ああ、早く行きたいな。  この...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
どんなに時代が変わろうと、変わらない大切なものがきっとある。昭和34年__日本の空は広かった。前作を超えるVFX技術により、当時の風景を完全再現。観る人すべてを、心温まる“昭和”の世界に誘います。 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は...
ALWAYS 三丁目の夕日 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。』  コチラの「ALWAYS 三丁目の夕日」は、去年大ヒットして日本アカデミー賞をほぼ独占しちゃったノスタルジックな人情モノなんですが、早くもTV放映されていましたので、観ちゃいまし...