京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「大英博物館 北斎」/サントリー美術館

2022-05-07 | 美術・芸術・写真

【2022/4/26撮影】


サントリー美術館のメンバーになって結構長いのですが、
今回初めてメンバーズ限定貸切内覧会に行って来ました
空いているかと思いましたが、結構メンバーの方はいるものですね(笑)
ま、普段の日よりはゆっくりと鑑賞することが出来ました
ただ、メンバーだからといって決して鑑賞マナーは良くなかったですね

撮影が出来たのは以下の2作品だけでした。

  

  

今回感じたことは、大英博物館所蔵の北斎画の色彩が
とても明るく濃い色彩だったこと。
これはきっと保存状態が日本なんかよりも良かったのかなぁと。
或いは保存技術が日本よりも進んでいたのかも。
逆に展示の方法があまりよくなかったなぁと。
作品に当たる蛍光灯が作品鑑賞の妨げになって、
見難いので、見る側が顔を近づけてガラスの油がついていて、
それがまたさらに鑑賞の妨げとなっていたこと
そのあたりの配慮がされていなかったのがとても残念でした

でも、ちょっと違った北斎画が見れる機会だと思いますよ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ドールハウスの世界展」/そごう美術館

2022-05-07 | イベント

【2022/4/25撮影】


5/15まで横浜のそごう美術館で美開催されている
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展」に行って来ました
ミニチュアって魅力がありますよね~
今回、約80点の世界のドールハウスが展示されていました
TOPの写真は「ダブリン・タウン・ハウス(アイルランド)」です。

ボールドブロホイ・ハウス(ドイツ)

   

キッツ・コティ・ハウス(アイルランド)

   

さすがに細かい作業の積み重ねによる作品群ですねぇ~

サロン 1/24(小川富美子)

   

イタリア郊外のレストラン(河合行雄) 横浜浪漫物語2020年(高橋起弥)

   

男のゴールデン街(土屋 靜)

  

ゴールデン街の雰囲気、出てますよねぇ

静雲堂書房(土屋 靜)

  

店頭の雑誌なんて、このダウンサイズでクリソツですね

器ギャラリー「Reverse」(友岡雅子)

  

ハンズ紙袋 ティッシュボックス(土屋 靜)

   

「普段使う身の回りの物をドールハウスサイズに縮小しました。
実物とミニチュアを比べることでドールハウスの
その縮小感を感じて下さい。」と作者土屋氏のコメント。

そういえば以前、横浜にある人形の家でも
ミニチュア ドールハウス」の展示がありましたネ

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする