京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『カモン カモン』

2022-05-02 | 洋画



□作品オフィシャルサイト 「カモン カモン
□監督・脚本 マイク・ミルズ
□キャスト ホアキン・フェニックス、ウッディ・ノーマン、ギャビー・ホフマン

■鑑賞日 4月27日(水)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

ホアキン・フェニックスが主演ということで観てみようと思った作品。
全編、モノクローム。
独身・
ひとり暮らしをしていたラジオジャーナリストのジョニー、
妹から預かった甥っ子ジェシーの数日間の共同生活がはじまり、
その中で二人がどう距離を詰めていくのかがメインテーマ。

これは期待が大き過ぎた作品だったかも。
とにかくホアキンのセリフが多く、お疲れさまって作品かな。
観たということだけ記憶に残しておく。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『フラッシュダンス』

2022-05-02 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「フラッシュダンス
□監督 エイドリアン・ライン
□脚本 トム・ヘドリー、ジョー・エスターハス
□キャスト ジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、リリア・スカラ

■鑑賞日 4月21日(木)
■劇 場 109CINEMAS川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

1983年に公開された『フラッシュダンス』が4Kデジタルリマスター版で復活。
何気にシネコンの作品検索をしていて発見。 懐かしくて即座席予約(笑)
約40年前の映画だったんですねぇ・・・。 

でも、あのダンスのオーラスで、紐を引いて(あれ昔のトイレの紐みたい)
上から水をシャワーのように浴びるシーンは、
今でも忘れられない素晴らしい演出でしたね。

改めて大きなスクリーン(4Kデジタルリマスター版)で観ると、

やはりDVDやBDで観るよりはるかに迫力がありますね
そしてあのシャワーを浴びるシーンはラスト付近だと思っていたら、

ほぼイントロだったんですね(笑)
でも改めて観て、映画史上に残る名シーンの一つです


この映画公開の頃は、比較的サクセス・ストーリーというか、
青春群像劇というか、恋人・家族・友人等々が絡み合って、
主人公の成長とともに感動を齎すそんな映画が多かったような。
ブラッドパックの流れも引いていたのかな(笑)

特筆できるのは今でも色褪せない楽曲の良さ~
アイリーン・キャラの力強いヴォーカルは素晴らしい。
サントラに含まれる楽曲もどれもいい曲。
映画を観て帰って来てから今そのサントラを聴いているけどいい

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする