ベークライトは割れ易いのか

2019-11-14 19:58:33 | 天賞堂のベークライト貨車
ドロップの軸受けが欲しくて束でオクに出ていた貨車を落札した 
出品の画像でこうなっている事は承知していたが、ブツを見ると直してみたくなった 
以前のTMSでやはりオクで入手した貨車が割れていて修復した記事があったので 

妻板の厚さがt1.8だったのでタミヤのスチロール板 t1.3とt0.5を貼り合せて材料にした 
割れた部分を直線に広げてプラ板で埋めて、アングルはプラ帯を貼り付けた 


妻板の筋目を彫ったが撮影したら見えない アングルも見えない 

天賞堂の無蓋車はカプラビス穴を移動する事が難しいので#146のようなロングシャンクを取り付けたが、これだと少々離れすぎているような気がする 


でもまあ良いか
コメント   この記事についてブログを書く
« 満月の入り | トップ | タンク上塗り »

コメントを投稿

天賞堂のベークライト貨車」カテゴリの最新記事