生地完成(仮)

2019-10-21 20:29:02 | ワム80000 アダチ
まず昨日の日記は間違っていた 幅が狭いのは新キットで広いのが古キットだった  両キットは車体と台枠の特徴で判別出来るので組み合わせられる  そして古キット用台車は新キット台枠に入らないのでこれも判別出来る  引き続き軸受け関係を接着し、曲がって付いた物を剥がして貼り直し組立ててみた  すると連結器台を間違えて前後逆向きに付けた事が判明したので付け直し  やっと組立てる事ができた  軸受けのディ . . . 本文を読む
コメント

ディティールは面倒くさい

2019-10-20 20:45:34 | ワム80000 アダチ
作り貯めておいたブレーキをスーパーエックスで接着した  床板の側梁幅が二種類出来てしまって互換性が無いので古いキットにピンクのブレーキシューを、新しいキットにはイエローのを貼った (訂正 古キットにイエロー 新キットにピンク)  しばらくぶりに使ったのですっかり忘れていたが、ピンクの方は車輪との間隔がタイトだった  案の定一部で実際にブレーキが掛かってしまったので貼り直し  . . . 本文を読む
コメント (2)

フカヒレ出来た

2019-10-19 20:28:14 | ワム80000 アダチ
方眼紙にテープで台車枠と支持棒を留めて位置を決め、ハンダ付けした  側に置く先端受けは2x3角棒の表から1.1ミリ穴を開けて、裏側は1.5ミリで浚って棒が自由に動けるようにしてある  二本の棒を繋ぐのは0.3ミリ燐青銅線  走り装置が出来たのでディティールを作らなければならない  昨日分解したタキ9600の台枠を組立ててみた  前回のをすっかり忘れてしまったので、ヘマしながらここまで出来た  . . . 本文を読む
コメント

軸受けの幅を狭く作り直し

2019-10-16 23:59:59 | ワム80000 アダチ
昨日までの軸受けは内幅が21.5ミリで、アダチの車軸の段の幅20.5ミリに対して広過ぎたので作り直した  幅を狭くすると車輪を入れ難くなる懸念も有ったが大丈夫だった  きっちり同じ位置で曲がるようにベンディングブレーキを使ったら、内幅21ミリに揃ったので上出来  軸穴の方を押えて梁を曲げる  アダチ車輪用はこのサイズと曲げ方を決定版にしよう(ノートに記しておくべし) . . . 本文を読む
コメント

軸受けに穴を開けただけ

2019-10-15 23:59:59 | ワム80000 アダチ
雑事が多くやっと軸受けに穴を開けただけ  支持棒を曲げたらやたらと硬くて曲がらなかったのでおかしいと思ったら1.2ミリだった  やっぱりステンレスは硬くて始末に悪いので1.0洋白で作り直そう 暇を見てブレーキフルードで泳いでいるタキ9600をナデナデ . . . 本文を読む
コメント

軸受け作ったら おーまいがー

2019-10-14 20:41:44 | ワム80000 アダチ
久しぶりに軸受けを作るのに古いメモを見たら、寸法は書いてあったがどっちから曲げるとこの幅になるのか書いてない  イチかバチかやってみたら大丈夫だったので今度は曲げの方向も書いておかねばならない  んであれこれ寸法を決めなければならないが、あれ?ブレーキシリンダの位置がこれで良かったのか?  古いトレイン1981-10を出して記事を見たら嫌な事が書いてあった (アダチの)説明図の屋根継目の配置は前後 . . . 本文を読む
コメント

けっきょく全扉固定

2019-10-12 17:26:43 | ワム80000 アダチ
中央の引戸を固定しなかった理由は中の柱を床板に差し込む必要があったからだが、 よく考えてみれば扉を全部閉め切ってしまうのだから柱は要らないのだった  でもまあ撤去の必要もないだろう という事で床板に挿し込むツメを切ってしまい中央の両引戸を固定した  そっちこっち当たっている箇所を調整して床板がスポっと車体にはまるようになった  これで塗り分けも簡単 と安心したら盲点があった  引戸の敷居は床板に付 . . . 本文を読む
コメント

棚晒し一掃を目指そう

2019-10-11 19:11:00 | ワム80000 アダチ
やはり床板が外れないのは面倒くさい  それに引戸が開く必要は無い というか走行中に開いてもらっては困るのだ  そこで床板をビス留めに改造する事にした  でも火を入れて全部バラバラになるのは避けたいので、車体の骨格になる枠の角をアクリルカッターで削って分離した  何故か床板を留める部品が一組余っていたのでそれを取り付けてめでたく床板のビス留めが出来上がり  それと両側の引戸が動かないようにハンダ付 . . . 本文を読む
コメント

シャーで流血

2019-07-07 22:37:01 | ワム80000 アダチ
といっても指を切るからシャーは危険とかいう話ではなくて、切り難い板が切れた瞬間に態勢が崩れて前の棚に鼻をぶつけたということ  棚板の角に顔面を強打して目の前真っ暗になり、次にクラクラしながら鼻を押えたら なんじゃこりゃあ  メガネが壊れなくて良かった・・・ t0.8で8.5x11のカプラー台を作ろうとしたら端材入れに34ミリ幅の床板の切れ端があった  おっと、シャーなら切り代をみなくても良いから . . . 本文を読む
コメント (2)

扉の改造と床下

2019-04-05 22:52:33 | ワム80000 アダチ
工房5丁目さんのコメントを拝見するにつけ、柱が折れるのではないかと心配になり分解組み立てが怖くなってしまった  そこで出来るだけ各部にストレスを与えない方法を考えて、初めに柱を差し込んでビスを4本閉め、片側づつ緩めて扉をはめると上手く行くことが判った  これならむしろ両側の扉を先に固定するとかえって難しくなると思われるので、塗装後にボンドで固定するのが良いだろう  中央の扉二枚は中央寄りのドアの . . . 本文を読む
コメント