BBの覚醒記録 

無知から覚醒に至る一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や弥栄を願う皇室への批判も厭わず。

売国屋、稲田朋美と二階俊博

2018-07-14 10:55:17 | 売国奴

自民党内売国議員として「日朝議連」の議員名をリストアップしたのはメンバーの数名にあたかも北朝鮮サイドに立ったような愚行があったからです。

▼日朝議連、日朝首脳会談の早期実現求める決議準備 自民幹部は提出認めずhttps://www.sankei.com/politics/news/180712/plt1807120003-n1.html

上記を受けての拙記事でした。

 

自民党内売国議員リスト

2018-07-14 00:07:18 | 売国奴

上記に関してご批判というべきか、ご指摘を頂いたのでこちらでお答えします。投稿文自体が売国議員という意味では一つの大事な問題を含んでいるので。

以下、コメ欄より。

◆メンバーすべて売国認定は難しい (永田町第1議院会館)
2018-07-14 07:42:26

 

国会には様々な議員連盟がありますが、すべて売国認定は難があります。

小泉純一郎の父親は、小泉純也(娘婿になる前の本名鮫島純也は鹿児島の朝鮮部落出身)要するに朝鮮系日本人です。


いま売国法案で一番問題な「ヘイトスピーチ法案」は、西田昌司議員が推進した法案のように保守は批判しているが、実際、政調会長が推進しなければ「自民党議員立法」として法案化になりません。

永田町の常識は、あの「ヘイトスピーチ法案」は別称「稲田二階法案」と呼ばれています。

自民党議員立法は、当時、稲田政調会長と二階総務会長がOKしなければ、絶対通らない法案なのです。

稲田龍二弁護士は「大阪興銀」(在日朝鮮人銀行)の理事長代理人、二階は同和議員のドン

稲田は売国議員の筆頭ですが、見抜けない御花畑保守も売国と自覚することが必要なのです。それでも朋ちゃんとか言っている馬鹿がたくさんいるんですよね。

・・・・・ここまで

まずタイトルの「メンバーすべて売国認定は難しい」についてお答えします。
それは自覚しての記事アップで、このように付記してあります。

>もっとも、あらゆる包括的ラベリングには例外があり・・・・・・だから、粗っぽい目安に過ぎません。

なので、「難しい」というようなご指摘なら、具体的にリストの中のどの議員が売国ではない、と書いてくださるほうがありがたいです。

また包括的ラベリングで、すべての議員が売国認定できないのと同時に、もっと売国要素を持つ議員の名がリストからは漏れることも、小泉進次郎他の名を上げて示しています。

「ヘイトスピーチ法案」についてはご指摘の通りです。稲田朋美、二階俊博が実質推進者です。「稲田二階法案」という呼称は知りませんでしたが。

 

>稲田は売国議員の筆頭ですが、見抜けない御花畑保守も売国と自覚することが必要なのです。

 

これは拙ブログ主と読者さんたちへの、ご批判ですか?
もしそうなら、濡れ衣。過去、何度となく稲田朋美批判は記事にしていて、そこに読者さんたちの賛同こそあれ、反論を受けたことがありません。

備考

 

http://imadr.net/books/188-4/

集会の冒頭、二階俊博総務会長(当時)から「(部落差別を)置き去りに前に進むことは許されない」「もう済んだ、終わったと無責任な言葉で解決できない」として「法」制定の必要性が述べられた。さらに、仁坂吉伸県知事が「和歌山県は、部落差別と闘い続ける」と決意を語った。続いて、来賓として出席した部落解放同盟・組坂繁之中央執行委員長をはじめ自民党、公明党、民主党(現民進党)の各代表からそれぞれ連帯と決意の挨拶が述べられた。

  

そして注目のなか演壇に立った稲田政調会長は「今日の差別事件の状況を見たとき、これをこのまま放置できない」とし、「総括的な法律は考えていないが、個別の課題については検討をしていく」「一億総活躍社会とは、すべての国民の人権が保障された社会」として部落問題の解決に向けた法律の必要性を認める考えを示した。

・・・・・・・・・ここまで

 

 

  

 

2015年5月に野党が参院に提出した「人種差別撤廃施策推進法案」から、2016年4月の与党対案まで、在日コリアンが多く住む川崎市桜本地区の視察などを通じ、約1年にわたって議論を続けてきた参院法務委員会の与野党の国会議員4人が24日、法案成立を受けて揃って記者会見した。

西田昌司議員(自民)は、「ご不満の方もおありと思うが、日本国憲法下で、表現の自由という最大の守るべき人権の価値をしっかり担保した上で、ヘイトスピーチを根絶させるというバランスを考えると、最善の法案ができた」と評価し、「ヘイトスピーチをする方は、ただちに国会が許さない(という意志を示した)。ヘイトスピーチするなどという考えは、直ちに捨てて頂きたい」と述べた。矢倉克夫議員(公明)も「まずはヘイトスピーチ、恐怖にかられている方々にしっかり国の意志を示すことを早急にやらなければいけない」と評価した。

有田芳生議員(民進)は、「適法に居住する」「本邦外出身者」という定義が含まれたという与党案を受け入れ賛成した経緯について「現場で体を張って戦ってきた人たちと被害者、長年にわたって取り組んできた研究者の判断が基本に置かれなければならない。もっとできなかったのかという思いもあるが、現場で戦った人たち、研究者やNGO、そして当事者の思い、それを魂として今回の法に入れていくことだ」と課題を示した。

「ヘイトスピーチ根絶に向かう立法府の意志が示された」と述べたのは仁比聡平議員(共産)。「在日一世の、戦前戦後ずっと苦労を重ねてきたハルモニ(おばあさん)に『日本から出て行け』というヘイトは、人生まるごとの否定。そうした皆さんに罵詈雑言を浴びせて日本社会から排除しようとする。ニタニタ笑うのを警察が守っている。そうした事態が、これまで多くの痛みと戦いともに積み重ねてきた共生そのものを否定することが明らか。その根絶に私たちが何が出来るかが焦点だった」と、法案に賛成した背景を述べた。

・・・・・・ここまで

>ヘイトスピーチをする方は、ただちに国会が許さない(という意志を示した)。

在日や朝鮮学校の生徒たちの、日本人に向けたヘイトスピーチはOKですか・・・・

 

>ヘイトスピーチするなどという考えは、直ちに捨てて頂きたい

 

在日や、朝鮮学校の生徒たちにも言ってください。
西田さん、姿勢のしっかりした議員さんだったのに、こういうことに利用されて欲しくなかった。

稲田さん、表に出てくればいいのに、人を矢面に立てず。

ちなみに安倍総理の、二階重用は「バカとハサミは使いよう」レベルのこと。「反日とハサミは使いよう」。人事力学上のことですね。
稲田さんも同様と願いたいけれど、安倍総理の女の見る目のなさは、これまでさんざん経験済み。女房選択でまず最初の大つまづき。

 

>ニタニタ笑うのを警察が守っている

この状況は、愛国デモ隊を排除しようとニタニタ笑っている連中を警察が守っている、という構図もあるのでお互い様でしょう。

司法と警察の中にも、在日と創価が入り込んでいるのでどちらかというと愛国派のほうに不利。

 

>在日一世の、戦前戦後ずっと苦労を重ねてきたハルモニ(おばあさん)に『日本から出て行け』というヘイトは、人生まるごとの否定。

苦労と言われても・・・・・。頼んで来て貰ったわけでなし、頼んで居着いていただいたわけでなし。相当数が不法入国の不法滞在、または政治・経済難民でしょうに。

一世は祖国に帰る選択肢がありました。なぜ、ヘイトとやらの日本にい続けたのですが。

三世四世が言葉もわからない云々と言いますが、母国語を教えなかったのが日本人のせいですか?

祖国に帰っても仕事もないと言いますが、それは一世の人たちが日本にい続けることを選択した結果であり、それも日本国民の責任ではありません。

彼らが強制連行、慰安婦その他、日本に浴びせかけてきた「ヘイトスピーチ」は良くて、日本人のそれがいけないという論理の整合性がありますか? 戦後の在日に拠る日本人迫害と、土地強奪の史実は忘れなさいと言うのでしょうか?

奪われた駅前一等地は今もパチンコ屋が林立、北朝鮮の核開発と日本に向けたミサイル開発費となっています。

そもそも定住外国人は他にもいるのに、「ヘイト」がなぜ在日にのみ集中しているのか、その原因は無視ですか。

ヘイトスピーチの理由の一つとして、在日が得ている不当な特権があるのだけど、スピーチの原因である特権はそのまま放置ですか。

都民の知らぬ間に、都民の税金10億補助で「ハルモニ」たち、実質在日用の老人ホームが建てられたり、やられ放題しています。
都民の血税を勝手に在日ホームに使うな、というのもヘイトにされちゃうんですか?
都民がどれだけ苦労して国税の他に都区民税を払っているか、ご存知ないのでしょうか。一方、在日の人たちの税制優遇、生活保護他の福祉の安易な食い散らし・・・・
などヘイトの根本原因となっている部分は放置したまま、それを糾弾する日本人がいけないのですか?

日本人への言論弾圧の傍ら、在日は言い放題、し放題ですか。

しかし、仁比聡平議員(共産)はなぜ、わざわざ「ハルモニ」と韓国語? 気色の悪い。

>まずはヘイトスピーチ、恐怖にかられている方々にしっかり国の意志を示すことを早急

「恐怖にかられている方々」に、日本人は入りませんか。
戦後73年、日本人は恐怖どころかスピーチどころか、ヘイトアクションでやられて来ました。

「保守速報」つぶしに見られるように、じわじわと日本人への言論封殺が広がりそうな。在日はもともと、敗戦後GHQが不当な優遇をしたところに端を発した事実を忘れないように。日本弱体化の要素の一つがGHQが仕掛けた彼らであり、もともとの被害者は日本人でした。

ヘイト法案の精神それじたいに異議はないのです。一民族対象の、単純な罵りは国民の品位にも関わることです。ただヘイトから守られる対象が主に在日で、日本人が除外されている偏向に意義を唱えています。
また偏頗な禁止が、国際社会に「日本人はレイシストである」という誤解に、輪をかけることを恐れます。

GHQが在日を日本毀損のいわばウィルスとして植え込んで去った、その73年間の結実がヘイトスピーチ法案成立か、とも受け止めています。

(個々人としての在日全てが、けしからんと主張しているわけではありません。こういう当たり前のことをいちいち書かないといけない状況が無念ですが。歴史的反日勢力としてのマスで述べています)

GHQに後押しされつつ戦後延々73年間在日のあまりの傍若無人に、やっと(!!)立ち上がった日本人がやられ始めています。

過激で行き過ぎの部分はあくまでも部分でしかありません。その部分を故意に拡大視、正当な批判までもが封じ込められてしまい、これでは今後ますます日本人はやられ放題です。

「日本人へのヘイトスピーチ禁止法案」の成立をこそ、望みます。ここは日本国ではないのですか。順序が逆です。

 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。
 

異論反論歓迎、しかし一定の知的レベルに満たないコメントは、最初は極力公開しますが、それ以降は読まぬままハネます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 眞子さま売りで入学、その上... | トップ | 日本の法令無視の朝鮮学校生... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野中広務を連想 (伊藤知昭)
2018-07-14 15:14:49
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

脳内回路は連動していたでしょう。
印象操作の手法や思考過程も類似。

地理的にも在日の闇影響が見えます。
元々は人事力学で野中広務の十八番。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
居座っている災厄 (窮余迷彩)
2018-07-14 15:21:13
有田芳生議員(民進)の
>「適法に居住する」「本邦外出身者」
  という在日韓国朝鮮人の定義が紹介されています。ほんとうに「適法」か。居座って、規制事実を積み上げて、あとから容認せざるを得ない状態を「適法」らしく言辞を並べて見せかけているだけです。
日本国の法治主義の汚点であり、やさしさと脇の甘さの区別ができない日本人の半端なポリコレの産物です。

 ヘイト法というのは、記事のBB様の書かれているように、在日韓国朝鮮人向けの「特別法」に違いないのです。
そして、上の有田が強調してみせているように、在日が「適法」に居住する、単なる「善良」な「海外出身者」に仕立てあげられいるのです。これも、70年の年月で積み重ねられた「歴史のウソ」と「真実の隠ぺい」の成果です。

これを反転させるのは容易ではありませんが、なさねばなりません。彼らは、根拠のない優越感を持ちたがり、支配するかされるか二者択一しか発想できない民族です。

 積乱雲が居座って集中豪雨になり大災害になっています。自然の脅威だけではありません。人間も同じです。
 彼らは日本に居座って既成事実を積み重ねて特別優遇を戦利品のように勝ち取ってきました。今度は、自分たちが日本人を支配する発想をしはじめます。彼らの被害は、激甚災害のレベルではないと考えるべきです。災害対策と同じく、彼らに対しても予防が必要です。
売国奴 (桜吹雪)
2018-07-14 17:50:30
三浦小太郎氏のブログに載っていましたが、朝鮮総連第24回大会が
開催され、馳浩議員以下複数の議員が祝辞を述べたそうです。
また、あのデヴィ夫人も祝辞を述べたそうです。

皆は、北朝鮮や朝鮮総連へのヘイトスピーチを取り上げて、人権問題
として改善しなければならないと言い、金正恩の外交能力を持ち上げ
日朝国交に持っていかなければならないと言っていたそうです。

13歳で拉致され40年間も北朝鮮に監禁されている、横田めぐみさんや
他の日本人拉致被害者の事は、一言も言及が無し。拉致が究極の人権侵害
だろうに。

デヴィ夫人は、テレビで横田めぐみさんは絶対に死んでいますと叫び
ブログで横田夫妻を邪な心を持った人と中傷した人間ですから。
北系南系 (日本人)
2018-07-14 18:55:11
政治家もですがサイトなども北朝鮮系と南韓国系があります。
南系は分かりやすくとことん日本を貶めます。北系は判別しづらく愛国っぽく見えます。北朝鮮は日本陸軍が作ったと言い(これは事実ですが)日本の味方のようなことを言ったりします。
日本には北朝鮮系の朝鮮学校がありますが70近くあり関連施設は400を数えます。そして卒業者数は最大で一万人で近年は数千人になっています。そして敗戦後ずっと卒業者を出しているわけです。
これだけ人数がいながら卒業後に何をしているのかなどよく分かっていません。
恐らく帰化して日本国籍保持の朝鮮人になっているのでしょう。
サイトなどは小さい個人で行いアクセスもあまりない愛国的なものは日本人のようですが、管理人が複数いるようなものは北系が多いようです。
それと政府は北に圧力圧力と強気ですが朝鮮学校や関連施設には全く何もしませんが明らかに不自然です。
もっとも朝鮮学校はGHQと在日米軍が推進したものなので政府がどうこう出来るものではありませんが。
北系の政治家は土井たかこが代表的で福島瑞穂もそのようです。この2人の行為だけでも北朝鮮が日本の味方でなく完全に敵だと分かります。
誰が売国議員か (永田町第1議院会館)
2018-07-14 18:59:54
BB様並びに訪問者の皆様方を応援しております。

馳浩は在日系議員なのは周知のことですが、コパカバーナのホステス、スカルノ・デビもアントニオ猪木も在日系ですので驚くこともありません。

いま必要な法案は、「被選挙権に三世代前からの戸籍の提出を義務付ける」公職選挙法改正案を実施するときなのです。
永田町第1議院会館さま (BB)
2018-07-14 21:02:38
ありがとうございます。

デビ夫人が北朝鮮加担なのは、プロパガンダ要因として金銭を得ているのかと思っていましたが・・・・・彼女が在日だとすると北のほうでしょうが・・・・それを証明する何か客観的資料があればよいのですが・・・・


皇室に関して他、90の正論を述べつつ、10%の大嘘を織り込んで北朝鮮サイドのプロパガンダするのが、この人のやり口だと承知しています。それが出自ゆえなのか、見返りゆえなのか、あるいは双方なのか・・・
見極めたいところです。
贅沢な暮らしも不思議。近年はテレビで売れているので、そこそこの収入は得ているでしょうが、テレビに出た頃は、すってんてん状態だったのは調査しました。
だから金回りのよさは、北からのお金? と踏んでいたのですが・・・・。
追記 (BB)
2018-07-14 21:13:54
夫人が、自分で語るようなスカルノ大統領とのロマンスなどはなく、インドネシア利権をベースに日本の商社側からの貢物だったということは承知しています。


彼女より先に貢物として送り込まれていた日本女性は、でデヴィさんに場を奪われ、自殺。

政変でインドネシアを脱出する際に持ち出したお金は、スペインの貴族につぎ込み騙され、すってんてん。
貴族夫人の称号が欲しかったのでしょうね。

アメリカでは暴力沙汰で、刑務所に入れられるやら、まあどこが「あたくし」なんだか。

夫人が罵る叶姉妹と種類は同じ。嘘と虚栄の産物。
下手に文化人ヅラをして論評などしないぶん、姉妹のほうが品がいいかも?

ポチ押し参加を!! (朝路)
2018-07-15 13:18:25
日本ブログ村ではダントツ一位のBBブログですが、激戦区政治カテでは最高3位、常時5位だったのが下がり気味。苦戦中。秋篠宮家への失望とリンクしているのかもしれませんが・・・・応援するならポチ押しに励みましょう!!
そういえば、ポチ押し忘れてた (銀魂満堂)
2018-07-15 15:50:42
BBさんが他のブロガーさんのように、ポチ男し要請をなさらないので、気がつけば5位から10位、下手したら圏外にまで落ちてたんですが、気に留めてませんでした、
BBさんの呼びかけを受けて読者がその気になれば、一晩で3位まで押し上げたのは、実績あり。
BBブログに数字の上で勢いが失せれば、ランキング参加の保守ブロガー・読者は、やっぱり皇室批判ブログなんてこの程度、と思わせかねませんね。
今日から、またポチ押し励みます。
ポチ押しはしてますが (ピンカートン)
2018-07-15 23:24:56
素朴な疑問。

日本ブログ村では、1000ちょっとのエントリーで、二位に倍で、ダントツ一位。

Gooブログでは、283万ブログ中3位。

それなのに、激戦区とはいえ、政治カテわずか500ほどのエントリー中、万年10位の謎。
圧力かかってないかという疑念。ちょっと前までは万年5位がいつの間にか万年10位という、かろうじてベスト10の最下位。(更新頻繁な現在、10位と8位に僅差で9位、放っておけばまたすぐいつもの定位置10位です)

疑念は単なる妄想かもしれないが、ここはポチ押しに以前のように励んで様子を見てみたい感じです。









コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴」カテゴリの最新記事