ばらくてブログ――ばらだるま編集人オブナイのおおばらブログ――

ばらくて編集人オブナイが、ばらくての出ない言い訳や言い逃れをてきとうに綴る、まとまりもとりとめもないいかがわ日記

今日も今日とてヨッパライ天国もしくはジゴク その56 安福又四郎商店の「大黒正宗吟醸なまざけ」

2022-04-06 23:18:35 | Weblog
◆某月某日の晩酌は、兵庫・灘の老舗蔵・安福又四郎商店の「大黒正宗吟醸なまざけ」をいただきました。
◆いつも佐渡の「金鶴」を買う西区の某酒店に置いてある灘の酒で、かねて気になっており、この際一度は吞んでみよう、と購入しました。
◆生酒ということで、今回は冷酒でいただきました。吟醸とはいえ、上立ち香は味わいの深さを期待させる落ち着いた香り。一杯吞むと、甘みはかすかで芳醇な旨みが口内いっぱいに広がる。肉などに合いそうですが、地物の刺身など合わせても相当旨い。新潟タイプとはまた全然違う、クセになる味わいは見事。旨い酒は全国にあり。さすが灘の酒。いやまあ本当にすばらしい😍。




今日も今日とてヨッパライ天国もしくはジゴク その55 妙高市・君の井酒造の「君の井山廃純米吟醸無濾過生原酒」

2022-04-06 23:13:27 | Weblog
◆某月某日の晩酌は、妙高市の銘蔵・君の井酒造の「君の井山廃純米吟醸無濾過生原酒」をいただきました。
◆君の井はかねて私の愛好する銘柄。妙高の酒らしく、いわゆる淡麗辛口とは一線を画す甘み・旨みの乗った味わいが魅力です。
◆今回は冷酒でいただきました。香ばしい上立ち香がもう旨そう。口に含むと旨み・甘み・酸味がバランスよく味わえる旨酒。刺身や山菜などと相性がよさそうですが、ヤキトリとかと合わせても絶対旨いなこりゃ。いやまあ本当にすばらしい😍。





今日も今日とてヨッパライ天国もしくはジゴク その54 南魚沼市・青木酒造の「雪男本醸造」

2022-02-09 23:30:54 | Weblog
◆某月某日の晩酌は、南魚沼市に蔵を構える青木酒造の「雪男本醸造」をいただきました。
◆青木酒造と言えば、旧塩沢町で銘酒「鶴齢」を醸す老舗蔵。「雪男」はその中において辛口で定評あるブランドで純米と本醸造があり、これは本醸造。
◆今回は冷やと燗でいただきました。冷やでいただくと、まずはきれいな上立ち香にうっとり。口に含むと軽やかな味わいをふわっと感じたあとすっと切れる。ちょっと熱めの燗でいただくと、旨みや酸味が大きく膨らみ、また別物の味わい。今回は下町(しもまち)の「鳥真」の鶏モモ唐揚げなどでいただきましたが、相乗効果でもう旨い旨い。
◆そもそも鶴齢はその旨さが全国の日本酒ファンにも知られる人気酒。この雪男も見事な味わいで、冷や燗どちらを取っても超ハイレベルな食中酒。ぐい呑みを傾ける手が止まりませんわ。いやまあ本当にすばらしい😍。


今日も今日とてヨッパライ天国もしくはジゴク その53 阿賀町・麒麟山酒造の「麒麟山ぽたりぽたり越淡麗」

2022-02-05 17:21:43 | Weblog
◆某月某日の晩酌は、阿賀町の銘醸蔵・麒麟山酒造の「麒麟山ぽたりぽたり越淡麗」をいただきました。
◆「ぽたりぽたり」は青ラベルの越淡麗バージョンと緑ラベルの五百万石バージョンがあり、どちらも、原料米の個性を最大限に引き出した凄いハイレベルなお酒。
◆2月ごろに出る越淡麗の青バージョンは、私が特に愛好するお酒の一つ。肴がなくても呑める超旨いお酒で、もちろん鮮魚の刺身などの美味い肴と合わせてもバッチリ♥️。このお酒が呑めるのは、新潟の酒飲みの幸福♥️。とにかくすばらしい😍


今日も今日とてヨッパライ天国もしくはジゴク その52 新潟・石本酒造の「越乃寒梅 白ラベル」

2022-02-05 16:09:02 | Weblog
◆某月某日の晩酌は、実家からくすねてきた「越乃寒梅 白ラベル」をいただきました。
◆言わずと知れた、新潟市江南区の石本酒造が醸す新潟淡麗辛口の代表銘柄の普通酒。冷やとちょっと熱めの燗でいただきましたが、何というか、普通に旨いんですよ。これぞ新潟の酒、という感じ。とにかく完成度が高い食中酒。今さら言うのもなんですが、やはりすばらしい😍


今日も今日とてヨッパライ天国もしくはジゴク その51 佐渡・加藤酒造店の「金鶴大吟醸」

2022-01-05 20:59:23 | Weblog
◆某月某日の晩酌は「金鶴大吟醸」をいただきました。
◆このお酒は、私のキョーイン生活最後の職場のお世話になった(ちょっとお世話もした)同僚から、勤務最後の日にいただいたもの。冷暗所にしばらく寝かせ、昨年末に満を持して開けました。
◆佐渡市の加藤酒造店が、全量佐渡の越淡麗で醸した大吟醸。旨くないわけがない。深い旨みと穏やかにして美しい香りは、まさに最高の食中酒。本当にありがたい酒をいただき、感謝感激です。すばらしい😍


22.01.05 新年のごあいさつ

2022-01-05 20:53:38 | Weblog

◆ばらくてブログ読者の皆さま、2021年は当方の投稿にお付き合いいただき、ありがとうございました。22年度も何とぞよろしくお願いします。
◆昨年3月末に、キョーイン稼業を1年前倒しで退職し、今年は隠居生活2年目となります。昨年は、友人の選挙応援と新潟県人権・同和センターからの単発仕事以外は特に何もせず、基本的には「毎日が日曜日」なボーッとした生活を送りました。途中、薬の飲み損ねや新型のアレのワクチン接種に起因すると思われる体調不良にも見舞われましたが、今はとりあえず回復しております。
◆21年後半は、16年ぶり8回目の面倒ごとに取り組む事態となり、しばらくそれにかかりきりになっていましたが、12月末にはとりあえず終わりました。今は、上記面倒ごとによる新状況によって生じた諸作業に取り組み始めています。この間、文章書きも滞らせていたので、これから改めて始めていこうと考えています。
◆昨年11月からは、新保まり子さん主宰のドリームハウスクルシェア音楽の日に参加し、おうたのかいの楽曲を披露する機会にも恵まれました。今年も引き続き参加させていただく予定です。この際、今年はおうたのかいのライブもできたらいいな、などと考えております。また、体調を整えつつ、県人権・同和センターや県高校退職者の会、県平和運動センターなどの活動にも紛れ込みたいと思っております。
◆しかしまあ、収入が障害年金だけでは今後の生活はなかなか不安なので、私がやれる範囲で何か仕事もやりたいと考えています。力仕事などのフィジカル作業は障がいのためできませんが、何か仕事を恵んでいただけるととてもありがたいです。
◆まあ、何はともあれ、今年も旨い酒と美味い肴、美味しいケーキやお菓子をいただきつつ、楽しく穏やかに暮らしたいと思います。というわけで(どういうわけだか)、今年も何とぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

今日も今日とてヨッパライ天国もしくはジゴク その50 鹿児島・濱田酒造の芋焼酎「だいやめ」

2021-12-29 16:20:58 | Weblog
◆某月某日の晩酌は、鹿児島県いち串木野市の濱田酒造の芋焼酎「だいやめ」をいただきました。
◆このお酒は、私のキョーイン生活最後の職場の親しい同僚からのいただきもの。
◆芋焼酎は、その独特の匂いから好き嫌いが分かれますが(私はけっこう好き)、この芋焼酎は、なんとライチの香りがするとラベルに記載。確かにそのとおりで、1杯目はロック、2杯目からはお湯割りでいただきましたが、すばらしい香りとすっきりとした味わいは本当に吞みやすく、ついついおかわりしちゃうナイスな酒。
◆私を含めた新潟の酒吞みは、当然日本酒を愛好する場合が多いわけですが、たまにこのような旨い焼酎を吞むと、日本の酒文化の豊かさ・奥深さを改めて感じます。旨い酒は全国にあり。本当にすばらしい😍


今日も今日とてヨッパライ天国もしくはジゴク その49 大洋盛 鄙願 雪先花

2021-12-29 16:18:39 | Weblog
◆某月某日の晩酌は「大洋盛 鄙願 雪先花」をいただきました。
◆このお酒は、村上の銘醸蔵・大洋酒造が醸す、県央の某酒店のプライベートブランドの純米大吟醸酒で、私が若い頃からたいへんお世話になっている方からのいただきもの。
◆このお酒、大洋盛らしいキレイで旨みの乗った、村上エリア限定の超美酒「紫雲」にも通ずるすばらしい味わいで、冷やはもちろんぬる燗では香り立ち、地物の刺身などと合わせればそりゃもう見事なマリアージュ。
◆実は、この方からは、「鄙願 打水」の一升瓶もいただいていて、こちらはあえて冷暗所に寝かせ、多少熟成させてからいただこうと画策中。
◆それにしても、大洋酒造の実力と味わいの幅広さは特筆もの。本当にすばらしい😍


今日も今日とてヨッパライ天国もしくはジゴク その48 越の鶴にごり純米酒 鶴飛千尺雪

2021-12-26 19:36:21 | Weblog
◆某月某日の晩酌は「越の鶴にごり純米酒 鶴飛千尺雪」をいただきました。
◆長岡市栃尾の老舗蔵「越銘醸」が醸すお酒はどれも旨いですが、このにごり酒も、私がひいきにしているお酒の一つ。口当たりよくさわやかな味わいは本当に魅力的で、4合瓶ではやはりたちどころに胃袋に消えていく怖ろしい酒。いやまあとにかくすばらしい😍