アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

リョウブ - 岡崎市KD

2019-08-14 13:06:04 | みんなの花図鑑

7月の山の花の少ない時期に、真っ白な花房をたくさん付けていたリョウブ。





8月になり、ほとんどの小花が 果実になりました。





この花のどこが、果実に変わったのでしょう。中央の小花の花弁の付け根に エメラルド色をした丸い部分が子房ですね。





そう、今 アリが舐めている?部分の、子房が 果実に成長します。





この褐色部分は何か?というのが、先だってからの宿題でしたが、花弁と 雄しべの残骸(役目を終えて枯れた)と考えてよいようです。




コメント   この記事についてブログを書く
« ゴンズイ - 安城デンパーク | トップ | カクレミノ - 安祥城址公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事