アブリル - どこにでもあり、どこにもない

岡崎平野を中心とする 植物 と カメラの対話

イロハカエデ - 愛知県幸田町 彦左公園

2017-11-30 21:21:24 | みんなの花図鑑

彦左公園は 愛知県幸田町の岡崎市に隣接する
坂崎工業団地の一角にある公園。

赤松の松林をはじめ 林の散策が楽しめます。

イロハモミジでしょうか、ひときわ 紅葉が
キレイでした。

このあたりは 今は工業団地ですが、
昔は アカマツ林で 松茸が取れましたよ(^^


コメント

イチョウ - 愛知県岡崎市

2017-11-30 21:12:09 | みんなの花図鑑

銀杏を採るために 畑に植えられている
イチョウです。

その銀杏も採取され、下にも落ちてないので
臭いはしません。

イチョウのまえに 柿の木がありました。
今年は 豊作年なので(?) カキは採られてません。

一部、銀杏が残ってました。


コメント

ハゼノキ - 愛知県安城市

2017-11-30 20:55:19 | みんなの花図鑑
11月も終わり、
紅葉のシーズンも終わりですか?
ハゼノキの葉はやや厚みがあり無毛、
触るとツルツルしています。
でも 触らないほうが 安全かも?

ハゼノキの葉は 対生かと思ったら、
こういうのを「羽状複葉」といい 互生なんですね

一本の木に 明るい紅葉の葉と
やや暗い紅葉の葉の 両方があります。

暗い色の濃い葉の近くには
必ず果実があります。

コメント

セイヨウタンポポ - 愛知県安城市

2017-11-30 19:40:23 | みんなの花図鑑

綿毛で 一番なじみのあるのは
タンポポの綿毛じゃないでしょうか(^^
晩秋に タンポポの綿毛が 膨らんでいるのは
今年に始まったことじゃないけど・・・
でも、今年は 確実に多いですね

タンポポの花がしぼむと、綿毛ができます。
花が咲いて種が作られるのと並行して、
綿毛もじょじょにできあがります。

ニホン系のタンポポは 虫に受粉を助てもらって種を作りますが、
セイヨウ系タンポポは 受粉を必要とせず、ひとつのタンポポだけで
種を作ることができるのだそうです。

どうりで、セイヨウタンポポなどの
外来種が増えていっているはずです。




コメント

アキノノゲシ - 愛知県安城市

2017-11-30 17:56:19 | みんなの花図鑑

アキノノゲシ、飛ぶ綿毛の 研究(^^









コメント

ヒメオドリコソウ - 愛知県安城市

2017-11-30 17:47:17 | みんなの花図鑑

ことしは 秋の ヒメオドリコソウも
ホトケノザと同じように 目立ちます。

暖かいから 咲くんだよ!
ということなのでしょうか?

てっぺんの葉が 大納言小豆みたいな
おいしそうな色をしています。
しそ科です。

よく見ると、ヒメオドリコソウと ホトケノザが
共生しています (^^


コメント

イチョウ - 愛知県岡崎市 鯉の池

2017-11-30 12:59:37 | みんなの花図鑑

今は昔、鯉農法といってイネの育つ田んぼに
鯉を放ち、鯉が泳ぎ回ることで泥がかきまぜられ、
雑草が育つのを抑えたことがありました。
刈入れ期まえには 水田を干しますから、そのまえに
鯉を生かす別の場所が必要で、それが 鯉の池です。
鯉の池で 鯉は越冬するのです。

その後、鯉農法は廃れ、役目を終えた鯉の池は
雑木林と化していました。
色んな木がありましたが、私がよく投稿した木は
ニセアカシアとイチョウです。
そうそう サクランボも一本、
フェイジョアの木も 3本ほどありました。
木には イシミカワ がからみ付いていましたね
池には ウォーターカンナが繁ってましたね
(↑ 過去形)
そうです、いま、この鯉の池が取っ払われて、
工場か何かのために 造成され始めているのです。

沢山あった木は切り取られて、
見渡す限りの原っぱになっています。
一列だけ イチョウの並木が残っていました。
これも 数日で 切り取られてしまうのでしょうか・・・

コメント

ハイミチヤナギ - 愛知県安城市

2017-11-29 19:51:10 | みんなの花図鑑

紅葉は紅葉でも、
ハイミチヤナギの紅葉です。

ハイミチヤナギは タデ科の植物です。
緑色で農道を這っているときは 気がつきません。
秋になって 葉が赤く染まると やっと気がつきます。

ふだんは 地面を張ってるのですが、
これは 側溝に垂れ下がっているものを
陽を透かして撮ってみたものです。

よく似た 地を這う植物に
コニシキソウがあります。
地味ですが、 やはり紅葉すると目につくようになります。
まとめて 草紅葉 と呼んだりします。


2年前のハイミチヤナギ
ハイミチヤナギ - 用水路 2016-11-27
撮影日: 2015/11/29
コメント

ホトケノザ - 愛知県安城市

2017-11-29 19:38:20 | みんなの花図鑑

ホトケノザは つい最近もやったけど、
今年の秋は 例年以上に ホトケノザとか
ヒメオドリコソウ の花が咲いてる気がする。

返り咲きの花も 多いので、
気候のせいなんだろうか?
なぜ秋の今ごろ? という質問に、
咲く温度になれば 季節に関係なく咲くんですよ
という回答があった (ー_ー)!!

つまり、最近の小春日和、
ホトケノザにとっては 春と同じというわけか。

それならば、ハコベラ や
オオイヌノフグリ も咲いてもよさそうなものだが、
咲き方のルールが違うんかなぁ?!


コメント (2)

セイヨウヒイラギナンテン - 愛知県安城市

2017-11-29 11:16:21 | みんなの花図鑑

今年も咲きだした セイヨウヒイラギナンテン。
私が 最初に名前を教えてもらった個体(複数)。
個人宅の道路に面して植えられている。

ところが このお宅、
名前を知ったそのころから 人が住んでる気配がない。
空き家になった家の庭木、主人がいなくても 季節が
めぐって来れば 花を付け、実を実らせる。

よく似たヒイラギナンテンの花期は3~4月。
セイヨウヒイラギナンテンの花期は 11~ 1月。
冬枯れに よく目立つ。

セイヨウヒイラギナンテンは
ヒイラギナンテン(中国原産、学名Mahonia japonica)と
マホニア(台湾原産)の種間交雑種で
よく マホニア・チャリティ の名で流通している。
学名は Mahonia x media "Charity"



コメント