勝手にお喋りーSanctuaryー

マニアックな趣味のお喋りを勝手につらつらと語っていますー聖域と言うより、隠れ家ー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2つの危惧が現実に

2018-06-18 | ワールドカップ2018のお喋り
 
 ショックが大きすぎて、眠れなかったよ。
 まさかの…と言うか、危惧していたことが現実になるのを見たショックで。

 2014年、まだ母がいた頃、二人で見ていたWC。
 もう母はいない。
 いないことを嘆いても始まらない。


 だけど昨夜、またいなくなってしまった人を、いなくなったことで嘆いてしまった。


 私がドイツに抱いた2つの危惧。
 その1.史上最強のSBラームの引退。

 その穴はキミッヒで埋まったと言われた。
 若いキミッヒを責めたくはないけど、まだまだラームには遠く及ばない。
 確かにラームは上がって、チャンスを何度も作れるSBだった。
 だけど、カウンターを食らっても、ちゃっと戻ってたんだよ。
 いつ戻ったんだよ、ってほど。

 相手から見て左に、まるでビルを解体した後みたいな、ぽっかり出来た空き地。
 あの広大な荒野で、メヒコが自由自在に遊んでた。
 あそこにネイマールが、クリロナがいたら、何点取られていたか。

 ラームのかっこいいとこだけ見て、それを真似てるだけじゃ、穴は埋まらない。


 私がドイツに抱いた2つの危惧。
 その2.泥臭いと言われようが、勝利に執着する闘将の不在。

 スポーツにメンタルを持ち出すのは、あまり好きではない。
 だけどチームスポーツには、やはり核になる、フィールド内でみなを引っ張れる人間が必要だ。
 
 2014年にはシュヴァインシュタイガーがいた。
 バラックがカーンから受け継いだ精神を、バラックからしっかりと受け継いだシュタイニーが。
 かっこ悪くても、泥を啜ってでも、勝つことに執着したシュタイニ―が。

 今でも忘れられないけど、2014年の決勝、疲れ果てたDFが虚ろな目をしていた。
 それに気づいたシュバイニーは、自分の身体を犠牲にして、彼らに一息入れさせていた。
 たとえそれで 選手生命が短くなるとわかっても、彼はそれを止めなかっただろう。

 そう言うプレイヤーは、もうドイツにはいない。
 少なくとも、昨日のドイツにはいなかった。


 負け試合に、不満を持つのは当たり前だ。
 まるで右サイドしか使ってはいけない、と言うハンディキャップマッチを勝手にやってたとことか。
 ドイツと言えば空中戦、だったのに、足元しか見ない俯きプレーとか。
 (この辺は監督の責任)

 そしてミューラー。
 1人目のミューラーは爆撃機と呼ばれていた。
 2人目のミューラーはステルス機だった。
 あいつがどこにいるかなんて、僕にもわからない、とラームに言わしめた神出鬼没が売りのミューラー。
 昨日は3人の背後霊を、最後まで振り切れなかった。
 あなたが輝いていたのは、バイエルンではロッベンが、代表ではクローゼがいてくれたから?

 その13番をバラックから奪った時、私はあなたが嫌いだった。
 だけどいつの間にか、13番を引き継ぐのはあなたしかいなかったんだと納得していた。

 新しい13番を探す時が来たのかもしれない。
 頼むから、このWCの間だけは、私にそう思わせないで欲しい。

Comment

HappyHoliday

2017-12-22 | ゲームのお喋り






Comment

新年2017

2017-01-01 | 日常のお喋り


新年明けましておめでとうございます







  今やっているモバゲー「少女とドラゴン」(もとはスマホゲームクリプトラクト~幻獣契約~)から
  幻獣デスフェニックスの画像を使用しています。
  育成してレアリティを6に上げれば(今は5)もっと立派になるんですが、記念に持ってるだけなので
  まだ雛ってとこ?

  デスフェニックスのスキルは当然ながら「蘇生」
  周りに3体のお供を連れているんですが、倒しても、倒しても、デスフェニが復活させてしまいます。
  勝つ方法は、デニフェニ本体を倒すしかない。

  酉年、ってこともあるんだけど、「蘇生」は新年にふさわしい言葉です。
  何があっても、どんなことが起こっても、諦めない。
  また蘇って、新たに始めればいい。

  そんなメッセージを皆さんに送りたいと思います。


Comment

きれいな花には

2016-05-07 | 日常のお喋り


もう結構長いことモバゲーをやってる。
ちょっと一休みって時の気分転換だ。
今はゲームにはほぼ無課金なんだけど、ついついアバターに課金してしまう。

上記が今のゲームアバター。
スズランの背景にスズランをモチーフにしたドレス。

この時期になると、以前の家にたくさん咲いていてスズランを思い出す。
根に球根が出来るので、放っておくと他の植物の成長に邪魔になるほど広がる。
この時期だけの楽しみとして、西側の一角を住処にしていた。
今はもうどこでも見かけないなぁ。

可憐な白い花の房を机の上に飾ったりして楽しんでいた。
だけどあのドラマのせいで、スズランと言うとアレを思い出してしまう。
そう、こんなかわいい花なのに、毒を持っているのだ。


う~ん、ネタバレになっちゃうか。
まあ、見る人はもうとっくに見ちゃったと思う。
21世紀最高のドラマ。
これを超えるのはかなり難しいぞと言うドラマ。
私の中でもベストスリーに入るドラマ。

【Breaking Bad】

最初はブリーフ一丁のオジサンが出てきて、どうしようかと思ったけど。
多くの人が退屈だと言うシーズン1が私は一番好きだ。
(シーズン4~5の盛り上がりどころが好きな人が多いらしい)

上質のブラックユーモアに満ち溢れている。
上質のユーモア、特にブラックユーモアに触れると、幸福感に満たされる。
あんなに声を出して笑ったドラマは久しぶりだった。

ドロドロに溶けたアレが天井から降ってくるシーンで笑える。
私が幾らか変態だったとしても、すごいことだと思う。
他のドラマだったら気持ち悪くなるだけだもん。

いや、すごいドラマだ。
このドラマを作ったスタッフに、私は心からの賛辞を送りたい。
そして感謝の言葉を。
Comment

Wildfire

2016-03-17 | B'zのお喋り

She comes down from Yellow Mountain
On a dark flat land she rides
On a pony she named Wildfire
With a whirlwind by her side
On a cold Nebraska night

Oh they say she died one winter
When there came a killin’frost
And the pony she name Wildfire
Busted down his stall
In a blizzard he was lost

She ran calling Wildfire
She ran calling Wildfire
She ran calling Wildfire

By the dark of the moon I planted
But there came an early snow
There’s been a hoot owl
howlin’by my window now
For six nights in a row
She's coming for me I know
And on Wildfire we're both gonna go

We'll be riding Wildfire
We'll be riding Wildfire
We'll be riding Wildfire

On wildfire we're gonna ride, oh
We're gonna leave
sodbustin' behind
Get these hard times
right on out of our minds
Riding Wildfire



 今回のLIVEのOPSEに使われたのは、Michael Murphyさんの有名な曲だそうだ。
 凄くきれいな曲なので、何度も聞いてしまう。(ツベを探すとすぐ見つかる)

 ネイティヴアメリカンの伝承に出てくる「Wildfire」と言う名の仔馬と少女の話を
 幼い頃に聞かされて、それをもとにして作られたらしい。

 吹雪の夜に飛び出していった仔馬を追って、少女も行方が分からなくなる。
 哀しい歌のようだが、それほど哀しさを感じない。

 「She's coming for me I know And on Wildfire we're both gonna go」

 彼女は仔馬に乗って必ず「僕」を迎えに来る。
 主人公がそう確信しているからだろうか。

 そして二人は「On wildfire we're gonna ride, oh We're gonna leave」
 一緒に旅立っていく。


 今回のLIVEのテーマにもなる「今いるところから別の場所に飛び立つ」
 いったん「停止」しても、また「動き出す」
 その決意と行動が、全編に渡って歌われていく。

 まさに今回の稲葉浩志のLIVEにふさわしいOPSEだったと思う。

Comment

渾身

2016-03-07 | B'zのお喋り



 2016・03・06

 KOSHI INBA enⅢ
 ツアー千秋楽に行ってきた。

 まさに「渾身」のLIVE。
 凄いものを見てしまった。

 今日一日、魂抜けてた。

 魂戻ってきたら、なんか書こうかな。
Comment

新年

2016-01-01 | 日常のお喋り
あけましておめでとうございます





(サルじゃないけど)
Comment

投稿忘れてました

2014-09-08 | 日常のお喋り

昨日の記事 編集した後、投稿忘れてた(´・ω・`)

と言うか、私が言うまでもなかったみたい。
NHKにはクレームが殺到だって。

某局独占なのは知ってたので、さすがにクレームは入れなかったけど。
W杯のドイツ戦、思い切り楽しんだので、サッカー止めろとは言えないし。


ただね、私がStefan Edbergに夢中だったころを思い出していた。
ウィンブルドンはNHK USはTBS 全仏と全豪はテレ東がやってたんだよね。
外国人しか活躍してなかったのに。

みんなが同じものを見られた。
翌日テニスクラブに行って、あれこれ話すのが楽しかった。

今はお金払えと言う。
だったらNHK地上波は無料にしてよ。
BSで見たいものだけに金払いたい。
見たくない番組の分まで払いたくない。

殆ど払いたくないものばかりだもん。


いいです。ネットで見るから。
TVは滅びゆく恐竜になる。







Comment

奇跡が起こったのに

2014-09-07 | 日常のお喋り
錦織圭 USオープン決勝進出!

どんなにすごいことかわかってるの?
彼が現役を去れば、この先百年は起こらない可能性もある。
オリンピック金メダルどころじゃない。
なのに地上波中継がない。

NHK不払いしたいわ!!


ニュースになっても、「へえ…そうなの?」程度で終わるよね。
TVの力はまだそのくらいは残ってる。
中継見れば、記憶に残る。
ニュースだけなら、日々の中ですぐに忘れ去られる。


錦織は電通の誘いを断った。
これで国内ではメジャーへの道を絶たれた。

嫌な世の中ですね、まったく。


あんまり腹が立ったので、久しぶりに更新してみました。
Comment

2011.LIVE GYM-5-

2011-12-26 | B'zのお喋り
ここからは去年と同じフライングステージ。
ステージごと、バックネットの前まで移動。

私、目が痛い状態。
唯一の救いは、3塁側なので、目の前に来るわけじゃないってこと。
ステージが通り過ぎると、逆向きになるので、
どうせ人の頭で何も見えなくなっちゃう。

涙拭きながら、ひとりスクリーンを見てました。
ある意味、孤独。。。


#13 BLOWIN'


ステージが移動して、あっちこっち動き回るので、
やっぱり手慣れた曲がいいのかな。

正直に言うと、ここでアルバム曲がもう1曲欲しかった。
それでも、スクリーン見ながら自然と口ずさんでたけど。



#14 イチブトゼンブ


バックネット裏のスタンド席の人たちが大興奮している中、
大好きなイントロが…。
まだ涙拭き中。

うん?
Koshiの声がおかしい。
何度も裏返ってる。
喉…やっちゃった?

Brotherhood、やりすぎちゃったんだろうか。
ちょっと心配。



#15 裸足の女神


ここでステージが戻って行く。
私、どうにか復活!
目の前にステージ来た時、向こうに行っちゃったよ。。。

声、大丈夫みたい?

なんか応援したくて「nananana,nanananana」部分
精一杯声出した。
煽りが入って、客だけの「nanana」
頑張ったよ。



ステージが元の位置に戻って、私も復活して、
今回の「聞けるとは思えなかった曲」
毎回、いつもはあまりやらない曲を2曲くらいやるんだけど、
その中の1曲。



#16 Liar! Liar!


改めて書いてみて、もしかしたら一番今年らしい曲?
って思った。


   Oh liar liar もう信じられないや


現世は忘れるつもりだったけど、
今年ほど、信じられるはずのものに嘘つかれたことはなかった。

政府、専門家、、、
この辺はともかく
TV、新聞あたりのマスコミの嘘つきっぷり!


   好きかキライか それだけじゃ甘いや
   青くさいやつが おいてけぼりくらうよ


マスコミの言うこと信じちゃった人、
おいてけぼりだよね。
おいてけぼりだけならいいけど。。。


もうやめた、やめた!
これ考えてると、腹がたってくるだけだもん。


   Oh liar! liar だれもがliar
   愛する人がハッピーになりゃ それでいいや


でも最後は、迫力のある低音で

「baby do you want the truth?」

と、問いかけるKoshi、、、
それでも真実が、私は知りたい。
Comment