畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

待望の雨だが・・・・(その2終わり)

2017-05-30 12:37:22 | 

 

 雨の中での苗植えは少々無理筋だけれども頑張りました。

土が乾いている最中に作った畝だからマルチの下の土はさらさら。

 皮肉なことにマルチに穴を開け、如雨露で水を流し込んでは植えました。

期待の「山本ナス」別名ステーキナスは最終的にここに110本植えることができたのでした。

 

  雨合羽を二重に着込み、完全装備で草刈り機を使うスベルべママです。

何時か、スベルべの友人が、ジャガイモの土寄せに畝建て機を使うスベルべママを見て驚いたっけ。

 答えてスベルべは「スベルべのカーちゃんを務めるにはこれくらい出来なくちゃダメなの」なんてね。

友人は目を白黒させていたけれど、次は何とかトラクターの運転もさせようかなんて企んでいますが。

 

  植え終えた、130本余りのトマトと110本の山本ナスです。

手伝ってくださったオジサン曰く「トーちゃん順調に行くとトマトの収穫だけで半日かかるぞ」なんて言われた。

 

  一仕事を終え、息抜きにワラビを採りに山の端に行くと眼下に上越線の貨物列車が見えた。

一昔前は、夜中に設定されていた貨物列車の運転が日中も多くなりましたね。

 

  昔、そう40年も前にスベルべが監督して架けた跨線橋の下を通過する貨物列車です。

こんな風景を見ていると様々な思いがよみがえってくる。

 

 田植えがほぼ終わった宇賀地郷です。

こんな一日を続けているうちに、雨は上がってきました。濡れ過ぎの土の乾燥を待って畝を作ることにします。

          (終わり)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一気に30畝を作った

2017-05-30 04:03:00 | 

 朝飯前は農天市場の畑で、ようやく土が乾いた畑で畝作り。

ブログをアップし、朝刊を見終えた5時からの仕事でした。

 向こうのマルチはズッキーニと、そしてネットを張ったキュウリです。

朝の心地よい涼しい風に日が昇りスベルべの朝日による長い影ができました。

 

 朝食後は日照りと雨で、一週間ほど作業の中止を余儀なくされていた山の畑の畝作りでした。

お手伝いが一人駆け付けてくれ、スベルべ夫婦と三人で力を合わせて畝を立てマルチを張ります。

 

 新調した畝建て機は使っているうちに、それなりに慣れて徐々に順調に。

力があるので、アクセルは30%くらい開けるだけで、土を掻き揚げてくれる。

 

 さて、三人の重要な畝作り道具の平鍬三本です。

三人で、糸を張って畝建ての目標線を引き、畝建て機で畝を立て、平鍬で修正しマルチを張る。

 その仕事を息を合わせて、無駄のないように息つく間もなく続けます。

その結果、午前は17畝、午後は13畝の合計30畝。さつま芋1500本分の畝が一日で完成。

 

 それで、やれやれとばかりに山の畑の仕事を終えて帰宅し、スベルべママは夕食準備。

再び下の農天市場の畑に行ったけれども、さすがに疲れてヘロヘロ状態。夕日でスベルべの影が長く尾を引く。

 そりゃ、疲れますよね。昼食後は休みもせずにオートバイを飛ばしてさつま芋苗の注文に行きましたから。

無事に2600本余りの苗の注文を終えて帰宅し、休む間もなく山の畑に行ったのでしたから。

 でも、ようやくさつま芋植えの準備ができて一安心と言ったところ。

まだ、さつま芋の畝は作り続けなければならないけれど、ようやく先が見え疲れたけれど嬉しい一日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待望の雨だが・・・・(その1)

2017-05-29 04:50:07 | 

 

 待望の雨が降って来た。

カエルたちも大喜びの様子で、ゲコゲコケロケロと賑やかな事、にぎやかな事。

 

  夜から降り始めた雨は朝になっても続いていた。

家の裏の植物たちも何だか元気を取り戻したかに見える。

 

  今年は昨年よりも一袋分多く種を蒔いた「ナスタチウム」もこれで伸び出すことでしょう。

その隣、まだマルチを掛けていない場所には何を植えましょうか。

 

  北堀之内駅7時06分発の下りの一番電車が通勤者と学生を乗せて出ていく。

 水田も見える範囲の田植えはすべて終わった様子です。

 

  さー、雨だから一休みと言うことにしましょうか。

と、言うわけにはいきません。雨で雑草が濡れた時こそ草刈りとしては最高のタイミング。

 草刈りを使う、スベルべママの手前で、スベルべはせっせとナスを植えます。

後方には、土が乾燥しすぎて畝が形成できずにお休み中の「畝建てポチ」も見えます。

           (続く)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨を待つ山の畑で

2017-05-28 05:46:34 | 

 

 雨を待っている。雨が降らず畑の土は砂漠の砂のよう。

土がさらさらと崩れ落ちて、畝が出来ないのです。

 

  10年以上も使ってきた「畝建て機」が刃を代えようとすると部品が無いという。

そこで、大枚をたたいて新規購入したのだったがもう一つ使い勝手が良くない。

 

  手作業での畝建ては何とかできたので、せっせとナスの畝つくり。

幅135センチの広いマルチを張ったたっぷりと大きな畝です。

 

 この山の畑には初めて本格的にナスを植えてみる。大阪の「熊取のおっちゃん」さんから頂いたナスだ。

 これ以上美味しいナスは無いと、言う「山本ナス」で通称ステーキナスとも。

 連休に手伝いに来てくれた妻方の甥夫婦がたっぷりの堆肥を運搬してくれていた。

有機肥料のみで作る、山の上の畑のナスは絶対に美味しいはずです。一畝15~6本で7畝あります。

 

  さて、こちらはスベルべママ担当のスイカ畑。

雑草の繁茂を防ぐためにマルチシートを隙間なしに張るのはスベルべママの特技でもあります。

 

 スイカはご存知「自根苗」。市販のスイカは夕顔の台木に接ぎ木したものが主流。

でもね、味、匂いに敏感な方はスイカが夕顔臭いとさえ言います。

 スイカ栽培のコツを会得したスベルべママの作るスイカは絶品ですよ。

10本苗を作り、ここ山の上の畑には9本を植えてある。楽しみですねー。と狸も言っているかも(笑)。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

食器を調達に「大陶器市」へ行く

2017-05-28 04:06:02 | 暮らし

 朝刊に入っていたチラシを見てすぐに行きたくなった。

幸いと言おうか、雨は上がったけれども土はまだぬれ過ぎていて畑仕事は出来ない。

 起きてきたスベルべママに提案すると「これ以上食器は増やしたくない」などと言う。

でも、気に入っていた食器、陶器類が中越地震で壊れて以来10年以上も補充はしていない。

 

 余計なものには絶対に手を出さないと言う約束で出かけることになった。

10時から開店とのことだが会場には10分以上も前に到着したが、まだ閑散としている。

 

 もっと早くから客が入ると思って行ったのに駐車場はまだ余裕が沢山。

のんびりと歩く、親子連れのお客さんも。後方の建物は「長岡近代美術館」です。

 

 ゆっくりと左の仮設店舗から品物を見て歩く。

振り返ってみると、客の入りも増えてきた。こちらの後方の建物は「長岡赤十字病院」です。

 

 選り取り3個で1000円などと言う安物から、目の玉が飛び出るような価格の陶器まで数多く並ぶ。

一度ぐるりと回ってからと打ち合わせをしたけれど、結局奥の近代美術館傍で買い物開始。

 

 古くなって、傷がついている陶器類は処分しよういう話に落ち着き結構買い物を重ねてしまった。

「断捨離」などと言う言葉もあるけれど、で残り少ない人生だからこそ好きな食器も使いたい。

 初めは遠征に難色を示していたスベルべママも徐々に熱を帯びてきてしまった。

可笑しなこともありました。12800円のところ「スバリ10000円!」なんてね。

 急いで書いて濁点を忘れたらしい。陶器だけではなくて民芸品から百万円を超える食卓までありました。

さて、我が家の買い物は食べ物、食事を紹介する際にさりげなくお見せすることにしましょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加