gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

相性

2017-07-11 21:00:53 | 日記
「酒が変わったかな?」と家人に訊くと、「そう。今夜から別の壜」と言う。晩酌は2杯の水割りウィスキーであるが、その前に冷えた日本酒を少しだけ呑む。すべて娘の出張土産であって、買ったものもあるだろうし、頂き物もあるだろう。とにかく高級品である。その土地の名産品である。それでも口に合うのと、そうでない味のものがある。酒にも相性がある。ビールで言えばキリンラガーかエビスが好きだ。バドワイザーは好みではない。ウィスキーはジョニ黒とサントリーオールドだが、これを水で割るのが惜しい。本当はロックが旨いのだ。しかし、食道がんが怖い。もう余命を惜しむ年齢ではないが食道がんで苦しむのは困る。病気はたくさん経験している。そこにプラスされるのは困る。

仲の良い夫婦を、おしどりと言うが、本当の鴛鴦は仲良しではないそうだ。雄鳥と雌鳥が水の上で並んでいても相性は好くないらしい。それは人間にも当てはまる。銀婚はとっくに過ぎているのに、どこかチグハグな夫婦がある。すなわち相性が好くないのだ。相性というのは、夫婦に限らず、人間関係の基本である。

相性とは何か?相性の好い夫婦とは? たとえば、今日の昼飯は冷たいそうめんがいいなと考えている夫の前に、黙って女房がそうめんを用意するといったこともあるだろう。言わず語らず、である。カタい言葉にすると、心が通じている となるだろうか。

家人と2人で東京旅行をしたとする。家人は修学旅行型である。銀座で買い物をする。渋谷でケーキを食べる。浅草を歩く。晩飯は帝国ホテルがいい。夜は赤坂あたりでコーヒーでも…となる。私は宿泊先のホテルでゆっくりしよう、と考える。ホテルには酒も肉も魚もある。ゆったりとしたバスもあるし、ふかふかのベッドもある。そこへマッサージの女の子を呼べばいいと考える。東京旅行はしたことがないが、たいていの家族旅行はそんな風にして来た。趣味が違っても、相性とは関係がない気がする。私達は結婚生活が56年続いている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連鎖 | トップ |  »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。