ミカのメイク オフ日記 

市原市議会議員 小沢みかのプライベート日記です。自閉症の長男とのエピソード、出会い、想いなどを素顔になってつづります。

決算審査の合間に・・・

2016-09-27 | 日常の出来事
10月1日・2日は、毎年恒例の「上総いちはら国府祭り」。
市民に親しまれる一大行事として、もうすっかり定着した感がありますね。

国府祭りの練踊りには、市原市議会総出で連を出す。これも恒例のイベントです。
今日は昼休みの時間に、議員有志や議会事務局職員が議会棟ロビーに集まり、踊りの練習をしました。
国府祭り前日の30日には決算審査も終了。スッキリした気持ちで踊れるように頑張ります!



おーい、そこのお嬢さ~ん、
ふざけてないで練習しなさーい(^^ゞ

この記事をはてなブックマークに追加

決算審査総務分科会 終了

2016-09-26 | 議会
今日、決算審査特別員会・総務分科会の審査を無事終えました。

私は企画部、総務部、財政部の所管について、持ち時間30分いっぱい使って質問。
企画部については、例えばDV被害の相談窓口の周知や防止の啓発について(こういう質問は女性しかなかなかできないですものね)。
総務部については、例えば災害弱者のための食料備蓄品の充実や福祉費難所への供給体制の整備について(市原市はかなり遅れていると思います)。
そして財政部については、例えばふるさと納税制度に対する市のスタンスの確認(そもそも地方都市に有利な制度で、市原市は不利。返礼品の自治体間競争で体力を消耗しないように・・・)。
その他、様々。
他の委員と項目がダブったり時間が足りなかったりで省略した項目も多々ありましたが、自分としてはまずまずだったかな?

それにしても、
10時から17時まで、自分の発言以外の時間も副分科会長として他の委員の発言内容をメモったりと、全く気が抜けない!!
終了後はもう心底グッタリ疲れてしまいました・・・。

これは審査終了直後の写真。隣は大曽根分科会長。


この後も、委員や事務局職員の皆さんのご協力を得ながら報告書を作成。
皆さん本当にお疲れさまでした。

明日は30日の総括質疑に向けてのヒアリングが控えているので、今日のうちに下調べをもう少ししたかったのですが、
ブログを書いたところでもう何をする気力も無くなってしまいました。情けない(*_*;。

もう今日は寝ます。おやすみなさい・・・

この記事をはてなブックマークに追加

ジャズピアノの調べ

2016-09-25 | イベント
杏保育園の園長先生にお誘いいただいて、
子育て支援センター「あさひ」のイベント、『マイ保育園フェスティバル』へ。

ジャズピアニスト遠藤征志さんのライブ。
もちろん乳幼児もOKなので、赤ちゃんの泣き声あり、おむつ替えや授乳で出入りもしばしば。
でも、そんなことはお互い様なんです。子連れで本物の音楽を観賞できる貴重な機会。私も心から楽しむことができました。

「声を出しても大丈夫だからね」と優しく子ども達に語り掛ける遠藤さん・・・(#^.^#)


ママたちも、また別の意味で癒されたに違いありません(笑)。
もちろん、私もです!


決算審査もいよいよ大詰め、明日は、私も委員を務める総務分科会が開かれます。
このところずっと議会関係の調査・準備で煮詰まっていたので、今日はいい気分転換になりました。

明日は肩の力を抜いて臨みたいな・・・

この記事をはてなブックマークに追加

敬老会とボッチャ

2016-09-18 | 高齢者
辰巳公民館で行われた「辰巳台地区敬老のつどい」に出席。

来賓控室では小学生が丁寧に出迎え、抹茶と菓子を運んでくれます。
会場の体育館でも、辰巳台中学校の生徒による吹奏楽演奏や辰巳台西小学校の児童による合唱など、孫の世代もみな精一杯の感謝とおもてなしの気持ちが伝わる、心温まる集いでした。





辰巳公民館の2階の視聴覚室では、ボッチャの体験コーナーも設置されました。
お陰さまで、パラリンピックでの大活躍により、ボッチャの認知度は一気にアップ。
通りがかりに「ああ、あのボッチャですね!TVで見ましたよ」とすぐに興味を持ってくださる方が多くて、嬉しい限りでした。



お年寄りだけではなく子どもも夢中になれる、オールマイティーなスポーツです。


以前から辰巳台地区では、福祉ネットワークを中心に、高齢者施設で交流ゲームを行うなどボッチャの普及に取り組んできました。リオパラリンピックを契機に、今後は体育振興会とも協力しながら、さらに地域に広める仕掛けをしようと盛り上がっています。
もちろん私も、精一杯協力したいと思っています(^^)/

この記事をはてなブックマークに追加

柳楯神事

2016-09-17 | 文化芸術
県の無形文化財に指定されている「柳楯(やなぎだて)神事」。
毎年この目で見たいと思いつつ機会を逃していたのですが、ついに今日、念願かなって立ち会うことができました!

柳楯神事とは・・・
毎年、中秋の名月に近い日曜日に行われる飯香岡八幡宮の例大祭の前日に、光前寺から柳楯が出発します。
柳楯とは、柳の枝25本をワラで青竹5本に結んだものです。市原地区の2家の司家が、毎年交代で柳楯を作ります。

これが柳楯です。


光善寺を出発する棚楯。


飯香岡八幡宮の本宮とされる市原八幡神社で出立の報告。


次の阿須波神社で道中の無事を祈願。上総国府の守り神でもある神社で、万葉集にも謳われているそうです。




この後、柳楯は五所で引き渡され、五所公民館で一泊したのち、明日八幡宮に奉納されます。
もう600年も続くとされる、由緒ある伝統行事。現代の神輿の原型とも言われているそうです。貴重な体験に感謝。

更級日記の旅の出発地である上総国府。阿須波神社から市を見下ろすこの風景を、作者の菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)も、京への出立前に眺めたとか・・・。
歴史ロマンを感じますね(^.^)。

この記事をはてなブックマークに追加