久遠の絃

-くおんのいと-
since 2003/9/1
キレイな写真なんていらない。もっと本当の姿が見たい

ついった

いろいろ

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

ジンチョウゲ

2009年01月31日 23時52分12秒 | 久遠
ふと感じた香りはこのつぼみなのか
街に少しずつ 春の足音が聞こえる
また今年も花が咲き また一つ季節を越える
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんだこの天気は

2009年01月30日 23時31分09秒 | 久遠
寒かったり暖かかったり 今日は雨
あまりの目まぐるしさに 体がついていかない
大粒の雨に打たれて そこまでの距離でびしょ濡れに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふゆあたたか

2009年01月29日 23時32分42秒 | 久遠
昨日までの寒さがいつの間にか和らいで
少し曇ってはいるものの 今日は暖かな日
聞こえ始めた春の足音 ただまた明日から雨の予報
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トンネル

2009年01月28日 23時20分58秒 | 久遠
この穴の先は必ず出口につながっている
ここと あっちをつなぐ場所
出口の先には見慣れた景色 それは当たり前の景色
ただ不思議とぼんやりとした明かりと響く音に どこか違う場所へ行き着くような
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

悩むことを悩んではいけない

2009年01月28日 23時16分24秒 | ことばのうみ
すぐに見つかるなら苦労はしないさ。もしかしたら見つけるつもりがないのかもね。こうやって探している。そんなことが好きなのかも知れない。

悩むことを悩んではいけない。
 悩みはそれぞれの特権であり、悩むことからこそ生まれるものがあるはずなんだ。
でも誰もそれを知らないからいつも悩んでる。悩みが先か思いつきが先かなんて誰も覚えていない。気がついたら悩んでいた。
 悩みはいつの間にか大きくなってしまう。いらないことまで考えてしまう。捨ててしまいたいほど降り積もった悩みはだんだんと石のように堅くなってしまう。だからといって吹き飛ばせるほどぼくは人間が出来ていない。
 聞こえないふりをしてみてもそれは聞こえていて、見ないふりをしてみてもそれはいつまでもそこにある。誰かに手伝ってもらおうにも、それは自分のことだと腹をくくる。時間をもてあまして悩んでみるけれども、何も解決しないことが多いからずっと頭の中をぐるぐると回っていることが多い。

 両手いっぱいの夢なんか捨ててしまえばいい。手がふさがっていると差し伸べられた手も取ることが出来ない。手は夢を掴むもの。新しいものを作るためのもの。誰かを励ますにも、誰かと手をつなぐにも必要なもの。
 両の手を自由にするならば荷物は背に。肩に担ぐには重すぎる。幸い背中は広いから背中に夢を詰め込む。カバンでもリュックでもなんでもいい。ソリに乗せて腰でひいたってかまわない。夢を捨てるのがいやならずっと引きずっていったっていいじゃないか。背中に背負ったから君の手は自由だ。また新しい夢を掴むことも出来るはずだ。
 誰かに認められるだけがすべてではない。今はまだ藻掻く時期なのかも知れない。それはいつか必ず力となる。不要なものこそ必要で、捨ててしまいたいものほど大切なのかも知れない。
 時々夢を捨てた人たちに出会うことがある。時々夢を持ち続ける人たちに出会うことがある。時々夢に破れた人を見かけることがある。夢の後にはそんな言葉がついて回る。前を向くことがいやになったら振り返ったっていいじゃないか。うつむくだけじゃ何も見えてこない。足元を見ても地面がそこにあるだけ。そんな狭い世界じゃ人は生きられない。
 そんなときは顔を上げてみようよ。それが前であろうが後ろであろうがそんなことは関係ない。昨日より明日、明日より一昨日、明後日よりいつかの思い出。何か浮かぶものがそこにはあるはずだ。この世界は小さくともつながりがある。その記憶の糸をたどっていけばいつか未来にたどり着く。忘れてしまっている思い出こそ今日の糧になる。

 安っぽいプライドほど捨てられない。捨ててしまえば見えてくるはずのものがいっぱいあるはずなのに。それがどうして大切なのかはわからない。でも捨てられない。
 あぁ、また一つ悩みが増えてしまったじゃないか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜の道

2009年01月27日 23時20分45秒 | 久遠
夜の道はただ暗く 追いかける車もすれ違う車も少なく
ただ静かに道が続き ただライトの明かりだけがともる
動物が飛び出さない理由がない 横切らないことを祈りながら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狙われたアジ

2009年01月26日 22時52分18秒 | 久遠
何重にも囲まれたアジの干物
空からは鳥が 陸からは猿が
警備を強化していった結果 こんなものが出来上がり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凍り付く

2009年01月25日 22時02分37秒 | 久遠
寒いと思いつつ外に出てみれば 車の屋根に無数の結晶
珍しさに声を上げるも 外は凍てつく寒さ
今日の冷え込みは強く 日陰のバケツはまだ凍ったままで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小雪舞う

2009年01月24日 23時28分21秒 | 久遠
昨日とは打って変わって 今日の空には小雪舞う
カメラにも写らないそんな雪は 冷たい風の香り
陽は暖かなはずなのに 乾いた寒さが身にしみる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日はあったかいね

2009年01月23日 23時29分59秒 | 久遠
そんなことを言うように 小さな蜂たちが蜜を求めて
雨上がりの空に濡れた地面を焼くような太陽
陰に入れば寒いのに 日向(ひなた)はぽかぽかとして心地よく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加