久遠の絃

-くおんのいと-
since 2003/9/1
キレイな写真なんていらない。もっと本当の姿が見たい

ついった

いろいろ

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

スマイル

2011年12月31日 23時59分59秒 | 久遠
笑顔を忘れてはいけない 悲しくても微笑むことが出来る強さが欲しい
スマイル スマイル
笑って年を越して 笑って新しい年を迎える

さぁ新しい年が始まるよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一筆

2011年12月31日 23時53分11秒 | 雑記
今年も残す所後一時間。
久遠の更新は除夜の鐘を撮ってこようかと思ってるので少し遅れるかもしれません。

まぁ、今年も休まず更新ができたことにほっとしてます。
たまに24時を回ってから更新したこともあった気がします。
いつも見てくれてる人も、時々見てくれている人も、なんとなく見てくれている人も、
今年もお付き合いありがとうございました。
明日は恒例の初日の出が載るかと思います。

明日も仕事です。今日が仕事納めでした。
納まるものも収まりません。
なんか眠いです。出来れば早く寝たいです。
だけど除夜の鐘を撮るまでは寝るわけにはいきません。
たまに何でこんな事やってるのか不思議になります。
ただ、時々初日の出を楽しみにしてくれてる人なんかもいるので、やめられないのかもしれません。
長く続けば続くほど、終わらせる勇気はなくなります。
継続が力であればまだまだ上を目指します。

続けることは簡単です。三日坊主だって3日続いてるんです。
3日続けて4日目をサボらなければ5日目に続いてきます。
10日続けば11日目が目の前です。
一歩一歩歩いていけば振り返るほどに出発点は遠ざかります。
ただその日々を記憶の奥底に残していくか、こうやって外部記憶として残していくかの問題です。
この久遠の絃はぼくの外部記憶装置。
日々新しく迎える今日の記憶を明日に残していく場所です。
いい写真がとれたらそれなりに、まるで撮らなければ無いなりにでっち上げることで成り立ちます。
同じ写真が並ぶと少し焦ります。空ばっかり撮ってる時もあります。
花ばっかり撮ることも、景色ばっかりの時もあります。

そんな一日一日を撮り貯めていってこんなブログが出来ました。
30歳目前の一人の人間の見た景色ばっかりで、出不精なので同じ景色ばっかりに見えますが気のせいです。
空はその時々で姿を変えます。街はそこにあるものでイメージを変えます。
同じ写真を撮ろうとしても、それは同じ写真にはなりません。
人は一日を超えた時点で昨日とは違う自分になっています。
でも誰もそれに気づかないだけなんです。
だれもが一歩一歩前に進んでます。人と比べたら小さな一歩かもしれませんが、それはそれで個性です。
他人の一歩は羨ましいほどに大きいかもしれませんが、それと同じように足を出してもコケるだけです。
マイペースでいいじゃないか。それ以上でもそれ以下でもない。出来ることだけ、出来ることからやればいいんです。


と尻滅裂なもとい支離滅裂な話になりましたが、もう残す所今年もあと10分となりました。
除夜の鐘を取りにもとい奪いに?。行ってきます。

皆様良いお年を~~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はもう

2011年12月30日 21時56分02秒 | 久遠
明日はもう大晦日 いわゆる大晦日イブ
泣いても笑ってもあと一日 涙流してたって笑顔のほうが素敵です
言葉では言い表せない年 まだ忘れる訳にはいかない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹炭キャンドル

2011年12月29日 22時58分23秒 | 久遠
いつか作ってみた竹炭キャンドル
ぱちぱちと音を立てながら 明かりが灯った
ゆらゆらと揺らめく炎 これはありかもしれない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンテナ

2011年12月28日 22時31分34秒 | 久遠
見上げたアンテナは空に手を伸ばしていた
冷たくも暖かな陽の光 目に見えない電波を集めるため
雨の日も風の日も ずっとずっと手を伸ばして
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えくすとらすてーじ

2011年12月27日 23時23分18秒 | 久遠
今日は門松を作るのに竹を切りに行ってたんだ
竹林を進んでいくと歌が聞こえるんだ
よく見ると かぐや姫だったのさ
神田川歌ってたんだけどね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くまはっけん

2011年12月26日 22時32分58秒 | 久遠
ベランダから線路を眺める熊
踏切の音も駅の雑踏も聞こえるその場所で
何を思うのか 遠くの山は雪化粧をした冷たい空の下で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲の向こうは

2011年12月25日 23時19分29秒 | 久遠
雲の向こうには太陽がある
小雪舞い散る冷たい風の中
日が昇る そしてまた今日が始まる
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス

2011年12月24日 23時46分45秒 | 久遠
夢を追いかける子供たちと 夢を忘れた大人たち
夢を忘れた大人たちは いつしか子供に夢を与えようとする
忘れられない思い出と 凍える冬の夜のお話
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうこんな時期か

2011年12月23日 22時43分51秒 | 久遠
一年過ぎるのがだんだん早くなってきたような気がする
子供の頃なんて時間は無限で 日暮れまでがとても長かった
あの日に帰ってみたいけど 一日中遊べる自信はないな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加