久遠の絃

-くおんのいと-
since 2003/9/1
キレイな写真なんていらない。もっと本当の姿が見たい

ついった

いろいろ

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ

くもひとつ

2007年02月28日 23時10分51秒 | 久遠
雲一つ空に浮かぶ
青々として 暖かな空の上に
手を伸ばしても届かない そう まるで雲をつかむような
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰路

2007年02月27日 23時05分24秒 | 久遠
夜をゆく車を眺め 車を走らせる
空いた道は雨に濡れて タイヤが道路を蹴る
移り変わる景色に そっと夜の風を感じながら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はれとくもり

2007年02月26日 23時01分13秒 | 久遠
晴れと曇りの境目を見るように
いつの間にかそらは青空へと変わり
過ぎゆく時間 日々変わる天気の行方と
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またこの季節が

2007年02月25日 22時55分12秒 | 久遠
またこの季節がやってきて 木々が春を告げる
いつの間にか大きくなるその実は いつか黄色く色づいて
重ねゆく時の記憶 新しくやってくる明日とともに

参照:2006年05月12日
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どこで見ても同じ月

2007年02月25日 15時36分27秒 | ことばのうみ

”ねぇ、私たちはいつになったらあの月に手が届くんでしょうね”
 ぽっかりと浮かぶ月を見上げて君が言った。細い指をそろえ、白い腕を月へと伸ばす。まるで月に手が届きそうなくらい。でも届かないままに。
”いつかアポロが月に行った。でも僕らはそれ以降月に行った事なんてないんだよね。一番近くにあるのにまるで一番遠い”
”そう、よね。今日の月はこんなに大きいのに誰も行こうとしないなんてね。そこには私たちの知らないことがいっぱいあるはずなのに”
 風が通り抜けていく。冷たく澄んだ空気が凛と張りつめて。空が凍えるほどに月の明るさが増すように、月は大きく大きくこの場所を照らしている。
”私ね子供の頃さ、月にウサギが居るって信じてたんだ。今となってはただの作り話なのかもしれないけどね。ずっとずっと信じてた。たぶん真実を知ってからもまだどこかにいてもいいんじゃないかって。何となくそう思ってる”
 楽しそうに、寂しそうにぼんやりと月を見上げて君がつぶやく。
”たぶん。たぶん、ウサギはいるよ”
 僕は答えた。振り返る君の顔は月の影でよく見えない。まるで笑っているようにも疑っているようにも。
”昔ね、うちのじいさんから聞いたんだ。じいさんたちが方法は知らないけれど月に行ったことがあるんだってさ。アポロの着陸あとも見てきたって”
”それいつの話?”
 僕は月を見上げ
”僕が小さい頃。田舎に帰るとよく話してくれたんだ。たぶん方法も話してくれたのかもしれないけれど、難しくてよく覚えてないんだ”
 君はくすくすと笑って僕の手をぎゅっと握る。
”いいのよ、気をつかわなくたって。ただの私の思い出話だもの”
 僕はその手をぎゅっと握り替えし
”いや、そうじゃないんだ。何となく思い出してきた。そうだ、やっぱりそうなんだ”
”何よ突然”
”いやね、じいさんがさ、月にウサギを置いてきたって言ってたんだ。そして裏の物置に何か変な機械が置かれてたんだ。もしかしたらそれで月に行ったのかもしれない”
 そう言ってぼくは手を広げた。まるで二人で”さぁね”というように。
”ただの昔話と思いつきだけどね。なぁ、今度見に来ないか? 月に行ったかもしれない変な機械をさ”
 君は少し考えるようなそぶりをして、空の上の月を見上げた。
”そっか、それなら行けるのかもしれないね”
 そう言ってまた月に向かって手を伸ばした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘い香り

2007年02月24日 23時03分34秒 | 久遠
甘い香りに誘われてシャッターを切る
春を告げて 冬の終わりを告げるように
曇る空は 寒くもなく ただ暖かくもなく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空の青さ

2007年02月23日 23時03分38秒 | 久遠
雨に洗われた空の青さは 透き通るくらい
じんわりと湿った空気は 溶け出した冬のごとく
変わりゆく季節 変わりゆく空の姿とともに
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2007年02月22日 23時12分12秒 | 久遠
木々をすり抜けて 昼へとつながる光が差し込む
冷たい影を暖かく照らすように
まるでウグイスが鳴き始めそうな空の下で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青い海赤い橋

2007年02月21日 23時03分50秒 | 久遠
海の上に浮かぶ赤い橋は この街のシンボル
”α(アルファ)”のように弧を描き そっと港へ
いつもそこにある 当たり前の橋の姿

撮影:三重県紀北町 江の浦大橋(通称:アルファ橋)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あたたかく

2007年02月20日 21時08分54秒 | 久遠
暖かくやわらかな日差しの中で
過ぎゆく冬はどこへ行こうとしてるのか
いつの間にか変わりゆく季節とその先の風と
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加