サラリーマン岩魚太郎(SIT)の日記

アウトドア中心のブログにするつもりが、いつの間にか「ひとりごと」の多いブログに・・・(^^;

鮎のムニエル・・・

2016-09-20 | プチ・クッキング・魚介(その他)

鮎のムニエル・・・お試しです

我が家では、タラやヒラメをムニエルにすることはありますが、鮎はどうなんでしょうかね?

味の想像がつかず、とりあえずお試し版ということで、作ってみました。(ソースは勉強不足なので無しです

あいにくバターを切らしておりまして・・・代用品というかなんというか、ちょっとした香付けのつもりで、サラダ油にオリーブオイルをブレンドして焼いてみました

肝心のお味の方ですが、意外にもと言ったら変ですが、意外にも美味ッ!!

はらわたの微妙な苦みもアクセントになって良いです。

川魚臭さとかも無く、これはこれで有りかも

まあ、そこは鮎ですから、不味くなるわけがない・・・かな

ただ、塩気を控えめにしてしまったのが、ちょっと心残りです。

やはり、塩気は、少し強めにするぐらいの感覚の方が良いかもしれません。

鮎は・・・塩焼きが一番かなとは思いますが、たまにはワインのお供に鮎のムニエルも悪くはないと思いました

当日飲んだのは、ワインではなくビールでしたけどね

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鮎釣り(新潟県・三面川)・・・友釣りラスト釣行20160916

2016-09-18 | 釣り・釣行記(鮎)2016

7月末以来の釣行です。

9月16日(金)、なかなか消化出来ないでいる有給休暇を使って新潟県・三面川へ釣行して参りました。(ちなみに19日の敬老の日は仕事なので、実質的には世間の皆様方と同じ3連休です)

天然遡上で有名な三面川は、初めての場所です。

単独釣行なので、少々心配な面もありますが、まあ、なんとかなるでしょう!?

当日は、AM3時半起きの、5時丁度の出発です。

米沢→飯豊→小国→関川(荒川スルー)→村上・・・・・・・・途中、道の駅やコンビニに寄りながら現地入りです。

まずは、おとり屋さんに立ち寄ります。(8時ごろだったかな?)

おとりを扱っているところは何ヶ所か有るようですが、毎日、ネット上で貴重な現地情報を発信し続けている「前田商店さん」に立ち寄ってみました。

店主の(?)熊太郎さんという方も気になっていましたので、それなりに興味がありました(?)

が、あいにく店主はトイレに入っているらしく、なかなか出てきません。

代わりに奥様でしょうか?

慣れない手つきで、おとり鮎を生簀から数匹掬ってくれました。

そこから、好きなものを自分でチョイスする格好です。

養殖ものが欲しかったのですが、養殖ものは品切れ状態(午後に入ってくるらしい)。

つまりは天然ものということになります。

ガラで調達したものでしょうかね? すべてキズ入りです。

サイズは、ちょっと小ぶりな感じですが、すべて元気に泳いでいます。

あとは、キズが付いている箇所とキズの大きさが見極めのポイントかな。

2匹購入です。(1匹500円)

1匹掬い損ねて、地面に落下させてしまいました

当然ですが、我の責任ですので、地面でバタバタした鮎を購入させていただきました

おとり屋さんには、10分ぐらい滞在しましたが、結局、店主はトイレから(?)出てきませんでしたね。

よさげなポイントを聞こうと思っていましたが、情報収集できず・・・

 

さて、どの辺で釣りをしましょうかね?

岩沢橋(?)から上流・下流方向をチェックしたところ、高速道路の橋下周辺に釣り人が集中している感じに見えました。

終盤なので、下流域が有利なのかしらね?

上流側は、釣り人がまばら・・・単純な私は、即決で橋の上流側に即決!

駐車スペースには、既に車が3~4台。

現地情報が少しでも欲しいところでしたので、近くで支度中のおっちゃんに声を掛けてみました。

逆に、どこから来たのかと尋ねられ、福島の伊達市ですと答えたところ、そのおっちゃんも同じ伊達市からとのことでした。(しかも隣町でした

世の中狭いですね~ というか、福島県人は、どうしてこんなに釣り好きが多いのでしょうかね?

福島県内にとどまらず、他県のあちこちで福島県ナンバーの車を見かけますから、大変アグレッシブな県民性なのだと思います(?)

あっ、私もその内のひとりということでしょうか?

 

川に降り立ったのが、9時ごろだったでしょうかね。

天候は、雲が多いながらも晴れ間が覗いてます。

気温も低くはなく、太陽が顔を覗かせると、少し汗ばむぐらいです。

水温も微妙にぬるいかもしれません。

水色は、すこし淀んでいますね。

たぶん、上流部にあるダム湖の影響だと思います。

仕掛けをセットしている段階から、ポツリポツリと釣り人が増えてきます。(一応、平日なんですけどね

微妙にストレスを感じちゃいますね

開けて釣りやすい場所で、基本的に、トロ場と瀬のポイントです。

▲下流方面・・・

▲上流方面・・・

 

▲流れがキツく立ち込み不可能なところもあり・・・

個人的には、もう少し変化に富んだ川が好きなので(例えば気仙川)、ちょっと物足りない感じがしますが、腕前は、まだまだ初級者の域ですので、練習するには良いのかもしれません

少し流れのキツイ瀬のポイントにオトリ鮎を送り込みます。

が、流れに負け気味に様です

やっぱ、天然ものとはいえ、キズ入りだと、ちょっと体力的にキツイ様です。

オモリを使って強制的に沈めてみたり、流れのゆるいところへ移動してみたりと、少ない知識で出来る限りの事はしてみますが、さっぱり掛かりません。

200mほど下って橋の近くまで行ってみますが、竿を出したいポイントは空いていますが、ポイントの手前側には先行者が居てアプローチ不可能です。

仕方なく、中間のトロ場で、しばらく遊んでみますが、さっぱり反応が無いです。

実は・・・掛からないのは私だけではないようです。

周りを注視してましたが、ダメダメのご様子・・・

多くの釣り人に毎日攻め続けられているのでしょうから、流石にキツイかな~って印象を持ってしまいました。

気付けばシーズン終盤ですので、そろそろ鮎も下り始める頃で、鮎も、その日の気分次第って感じかもしれませんね(?)

 

最初に釣り始めたポイント付近に戻ります。

が、今度もやりたいポイントに釣り人に入られてて、ダメです

手持ちのオトリ鮎も100%の状態ではないし~

いや~ 状況的には、相当キツイっす! マジでヤバイっす!!

最優先は、新鮮な鮎をGETすることです。

最初に使っていたオトリは、グロッキーとまではいきませんが、引き舟の中で傾き加減です

残るは1匹、しかも小ぶりです。 16cmぐらい?

ちょっと頼りない感じはしますが、この鮎に運命を託すことになります。

おバカな私は、それでも流れがキツめの瀬に送り込みます。

意外にも元気に泳いでくれます!

とはいえ、体力的に心配なので、短時間で結果を出さないと・・・

願いもむなしく、全く掛からず

 

改めて周囲をキョリョキョロと見渡します。

すると、本筋の流れではありませんが、本筋から枝分かれしたチャラ瀬部分を発見!

 

その先には、水深が浅く流れの緩いトロ場もあります。

そばには、ちっちゃな支流の流れ込みもあります。

弱ったおとりで勝負するには良いかもしれません。

一番の狙いどころは、流速が増し始めるところにある、岸沿いのちょっとした茂み周辺!

基本的には流れの本筋を狙うのが普通だと思うので、本筋から外れたさもないところは、意外と穴場だったりしてね

せっかく三面川まで来て、流れの本筋から外れたところで釣りをすると、釣りの醍醐味と言いますか、なんか楽しみが半減って感じですが、そんなことを言ってられない状況ですからね~

 

川岸の茂みの上手側にオトリを送り込みます。

流れが緩いので良い感じで泳ぎます。

9月もど真ん中だというのに、しぶとくミンミンゼミも鳴いてます・・・微妙に拍子抜け

川岸の茂みと頭上のクルミ(?)の木の枝に注意しながら適宜ロッド操作も行いながら・・・

しばらくして・・・なんか追われてるかも!?

目印が飛んで、鮎が掛かりました!

良い感じの手ごたえです。 優しく抜き動作に入り、アンダーハンドキャッチ

やっと1匹目が掛かりました

元気なオトリ確保に成功です。(19cmぐらい)

 

オトリをチェンジして再び送り込みます。

泳ぎに勢いがあります。

流石に掛けたては違いますね~

しばらくして、ビューンと目印が飛びます!

またまた掛かりました!

さっきのと手ごたえが違います。 重い!

慎重に寄せれば良いものを、横着して強引に引き抜こうとします。

が、流れの影響もあり揚がってきません。

それでも強引に引き抜き体制続行です。

少し寄って来たかなというところで、外れてしまいました(身切れ)

分かっていても、ついつい慌てちゃうんですよね

 

朝駐車スペースで言葉を交わしたおっちゃんとお仲間が、上流側から戻ってきました。

釣果を尋ねるも、芳しくないご様子・・・ゼロ?イチ?

下流域の方へ大きく場所移動とのことです。

どうやらベテランさんでも厳しい日に来てしまった様ですね

私も下流域に大移動しようかなとも思いましたが、色々と面倒なので、このまま同エリアで釣り続ける決意を固めます。

だって、今のポイントで入れ掛かりとまでは行きませんが、飽きない程度にポツリポツリと・・・そんな感じで釣れてますのでね・・・

とは言ったものの、ポイントが絞られますので、長続きしません。

やがて釣れなくなってしまいました。

そうこうしているうちに、12時のチャイム(?)が鳴りました。

あっという間に午前の部終了です。

 

毎度のパターンですが、昼食抜きで釣り続けることに・・・

痺れを切らして少しずつ流れの本筋に戻りながら場所を移動し始めます。

実は、午前の部で気になっていたポイントが・・・

それは、橋の下です。

良型が走るのを確認してましたので、絶対に釣れると確信していました。

午前中は、先行者が居て狙ったポイントに入れませんでしたが、今度はどうでしょう?

昼の時間帯、ぽっかりと空いていたのですが、私が向かおうとした時には、再び釣り人が・・・

どうやら昼休憩してから戻ってきた様です。

あっちゃ~

 

でも、やっぱり橋下が気になりますので、再び行ってみます。

近くに居た釣り人(年配者)に「橋の下に入っても良いですか?」と声を掛け、一応、OK返事をもらうことが出来ましたので、橋の下手に入らせていただきました。

本当は、流れ(ロッド操作)の都合もあるので、橋の少し上手に立ちたかったのですが、冷たい視線を感じたので、橋の下手に立ちました。

更に、そのすぐ下手は、ゴロゴロしたコンクリートブロックが敷き詰められたところがあり、そこは荒瀬になってます。

つまり、立っていられる幅は、橋に沿って5mもありません(?)

右手に橋、左手にコンクリートブロック(中空三角ブロック)がゴロゴロと、しかもコンクリートブロックの真上ぐらいの位置には、橋と並行して電線が張られています。

鮎竿の先端は、確実に橋にも電線にも触れてしまう距離にありますので、慎重に対応しなければなりません。

ある意味、危険なところでもあるので、基本的には皆さんから敬遠されているポイントと言えるでしょう。

現場風景を写真に収めたはずが、なぜかメモリに記憶されてませんでした

古いオリンパのコンデジを持ち出したのが失敗だったかな?

水深は、私の股下ぐらいで、遡行不可能な流速という訳でもありません。

鮎にとっては、よさげなポイントであることは間違いなし。

竿の操作が大変でしたが、そ~っとオトリ鮎を送り込みます。

狙った場所付近まで行ったところ、急にオトリ鮎がビュンビュン走りだします! 

すぐに掛かりました!

程よい重量感です!

が、頭上右側と左側に障害物があって、安易な取り込みは出来ません。

橋と電線に触れないように、慎重にロッド操作を行い、なんとか引き抜きに成功。

今度は、鮎をチェンジする作業をしなければなりませんが、ロッドが不安定にならないように、安全策として寝かせてから鮎のチェンジ工程に入りました。

ちなみに、掛けた鮎のサイズは、21cmと、まずまずでした

 

オトリをチェンジして、再び送り込みます。

すると、またまたビュンビュンと走りだします。

が、あれっ? 良い感触があったのに、なんで掛からないんだ?

仕掛けをチェックしたところ、逆針のハリス止めの部分で、掛け針のハリスが切れていました

あっちゃ~ もったいないことしたね。

しかし、このポイントは頭上に神経を使わなければならず、非常に釣り難いので、諦めて場所変えです。

対岸に渡って、下手のコンクリートブロックと岩がゴロゴロした荒瀬部分(淀み)に狙いを定めてオトリを送り込みます。

足場が悪く、掛かっても引き寄せが不可能な場所ですが・・・

そんな、心配は的中しました。

狙い通り、掛かりました!

重っ! 良型です!

が、流れがキツく、重量感が更に増します。 

竿を立ててしばらく待ちますが、寄せは絶対に出来ませんし・・・そのまま強引に引抜を試みます。

ひょっとしたら抜けるかも!?

と思った次の瞬間、先ほどと同様に、逆針のハリス止めのところで、掛け針のハリスが切れてしまってました

もったいないですが、場所が場所なだけに、仕方ないですね

そもそも、技量が伴わないのと、タックル類も荒瀬対応にはなってないので、ムリがあります。

無謀行為ではありましたが、一応、何事も経験ですから~

 

この釣り難い場所は、ここまでにして、諦めて元居た上流域へ戻ることにします。

戻りながら釣りをしてみますが、やっぱダメですね。

橋の上手側エリア(上流域)は、厳しいようです。(時期的な問題もあるのでしょうか?)

時間はPM3時近くですが、日がだいぶ傾き加減の様です。

夕マズメの時間帯まで粘りたかったのですが、帰る都合もあるので、PM3時前に終了としました。

9匹居ます。(内、おとり2匹)

釣り損ねがなければ、ツ抜け出来ていましたね

しっかし、厳しい一日でしたね。

私が入ったエリア、下手すると「ボ」の方もおられたかもしれません

 

▼帰り際、橋の上から記念撮影してきました。(古いデジカメなので画像がイマイチですが

 

片道150km・3時間の行程・・・これを往復するのはしんどいです。

PM6時半、無事帰宅しましたが、大変疲れました~

それでも、きちんと後片付けまで済ませました

ウェア類の洗濯、タックル類の洗浄、etc

▲当日の釣果・・・サイズはまずまずの19cm~21cm(写真奥の右側2匹は、買った天然のオトリ鮎)

写真ではわかり難いですが、お腹が膨らんだ鮎がいました。おそらく卵を抱えたメス鮎だと思います。

その他、気になったこととして、鮎を洗って仕舞う際、お腹に溜まった糞を絞り出す様にしていますが、今回は、糞の量が少なく感じられました。

産卵前は、少食なのかしら???

 

▲一応、遊漁証です

 

これにて、今シーズンの鮎釣りは終了です。

釣行回数は、4回だけでしたが、経験値は確実に(?)アップしたと思います

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

車でぶらり旅(会津へ)・・・20160816

2016-08-18 | 行楽

太平洋上の台風の影響で、ぱっとしない天気予報のハズでしたが・・・予報は、見事に大外れ!?

8月16日(火)は、前日の天気予報を信じて家で大人しくしてようと考えていましたが、朝になって、天気予報が嘘っぽく感じられたので、急遽、家族4人で(2年ぶりに)大内宿(南会津郡下郷町)へ向かってみることにしました。

自宅を出発したのが8時45分と、完全に出遅れてしまいました

高速を使えば、若干時間短縮には繋がりますが、(お盆の時期の)Uターンの車も多そうだし、何より高速代がもったいない(休日割引対象日ではない)ので、一般道を使います(R115からの土湯峠越えコース)

終始、福島県内の移動ではあっても、やはり福島は広い!

11時40頃、やっと大内宿に到着(片道、3時間もかかりました)

がしかし、予想というか覚悟はしてましたが、観光客でいっぱい!!

駐車場が満車状態で、若干の渋滞が発生してました。

以前よりは、駐車場が拡張されたとは聞いてましたが、それでも車があふれてしまう人気ぶりには、ちょっとびっくりです。

丁度、お昼の時間帯に差し掛かってましたので、大内宿内も大混雑していると予想。

ここは、渋滞の列に並んで駐車待ちするよりも、先に「塔のへつり」へ行って時間つぶしをしてから、改めて大内宿に戻って来るのがベターかなと思い、後から行くつもりでいた塔のへつりへ先に!

▲塔のへつり・・・丁度、昼ごろに到着して、のらりくらりとお散歩して、最後に巨峰ソフトをペロペロ

混んではいませんでしたが、それなりの人出かな?

この後は、R121沿いの下郷町物産館に寄って、地元の野菜とかを購入してから本命の大内宿へ!

 

PM1時半過ぎに再び大内宿へやってきましたが、相変わらず駐車場が満杯

しかし、この時間ともなると帰る(出て行く)車も多くなるので、さほど待たずにP完了

▲駐車場が一杯でしたから、人もそれなりに・・・

異国の言葉も聞こえてきますが、普段よりは少ないのかも?

ただ、やっぱチャイ●系は、所構わずうるさいですね

さて、お腹はペッコペコですので、まずは、奥の方のお目当てのお店へ行って名物のネギ蕎麦を!

と思いきや、なんと、臨時休業となっておりました

仕方なく、ネギ蕎麦を出してくれる他のお店を探すことに・・・

▲入ったお店は、こちらです・・・雰囲気的には良さそうですが、どうでしょう?

▲お品書き・・・以下の3種、計6品を頼みました

①ネギ蕎麦(冷)の大盛り・・・(x2)

②十割ネギそば(冷)・・・(x2)

③天ぷら・・・(x2)

まだ若いので、頭の中で計算出来ますが・・・

2日前の山形編に続いて、またまた痛い出費です

▲ネギ蕎麦(冷)の大盛りです・・・分量的には、二八蕎麦ぐらい?

ネギ1本が箸の代用となりますが、やはり1本では食べにくいです。

箸も置いてありますが、頑張ってネギを使って食べました。(器に口を付けてすする様なインチキな真似はしません)

肝心の味の方はというと・・・美味いです!

蕎麦の硬さ・ツヤともに丁度良いです。

つゆも程好く出汁が利いてて、美味しく食べられました。

当然、ネギは辛いですが、青い部分(正確には緑色)の近くまで食しました(もったいないので)

▲間違いなく自家製の野菜でしょうね・・・揚げ物は少々苦手ですが、ナスとインゲンのみつまみました(でも美味ッ!)

お目当てのお店が休みでなかったら、ここには入らなかったと思いますので、結果オーライでということで!

何より、おばあちゃんの接客が穏かで良かったです(若いのはイマイチでしたが)

せっかく遠路遥々(?)来るのですから、毎回違うお店を巡って食すのも悪くないのかもしれませんね

本当は、ハシゴしたいところですが、連れが多くなると、金銭的に●●●ですからね

 

食後は、高台から大内宿を眺めようと思いましたが・・・またしても母ちゃんからブーイング!

食後の運動は良くないから(山登りは)嫌だのって・・・ごねられます。

ほんと運動するのが苦手というか嫌いな人なんだなと・・・だから太る一方なんだろうね

でも、大して高い所に登るわけでもないので、無理矢理付き合ってもらいます。

▲山腹からの展望・・・

この後は、下に降りて、ぷらぷらとお土産物等を物色・・・

時間は、3時半近く・・・そろそろ帰りましょうかね

片道3時間・・・キツイな~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車でぶらり旅(山形へ)・・・20160814(午後の部)

2016-08-18 | 雑記

上山市のこんにゃく番所から更に南下して、高畠町へ向かいます。

とりあえず、トイレ休憩も兼ねて「道の駅たかはた」に寄ってみます。

アスファルトの輻射熱も影響してか、もの凄い熱気です

お店を覗いてみましたが、これと言って欲しい物がなかったので、15分ぐらいでサヨナラです。

R113を挟んですぐ向かい側にある阿久津八幡神社に寄ってみます。

結構、立派な三重塔です。

 

お次は・・・

あまり遅くならないうちに帰宅する都合もあるので、次がラストです。

道の駅から東へ1kmも走らないところにある、爪割石庭公園(石切り場)に行ってみます。

NHKのBSドラマ(昨年放送された「私の青おに」)のロケ地にもなった場所です。

いつまでも見上げていると首が疲れます

それほど強固な石には見えないのですが、一応、建造物(旧高畠駅等)にも使用された石(高畠石)の様です。

滞在時間帯、他に訪れる人は無く・・・ちょっと寂しい感じがするところでしたが、もうちょい頑張って観光地化しても良さそうな印象を受けました。

●●●●● おしまい ●●●●●

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車でぶらり旅(山形へ)・・・20160814(昼の部)

2016-08-18 | 行楽

さて、お昼は何を食べましょうか?

山形と言えば、板そば? 冷やしラーメン? このあたりでしょうか?

個人的には、板そばを食べたい気分でしたが・・・

でも、家族のリクエストで、こんにゃく懐石となりました

ということで、山形市の山寺から上山市のこんにゃく番所まで南下することにします。

お昼の15分前には到着しましたが、こちらも混んでます・・・

予約客優先のシステムのため、客の切れ目で入れてもらう感じです。

虫抑えに玉こんにゃくを買って食べたり、試食用蒟蒻を頬ばったりしながら待ちます・・・

待つこと1時間と15分、ようやくお座敷へ通されました

年に1回来るか来ないかの所ですが、メニューには変化がありません(?)

1620円(税込)のコース(一懐石料理)を4人分頼みました

  

  

 

たかが蒟蒻(?)、されど蒟蒻(?)・・・4人分ともなると出費がバカになりませんね

とりあえず、お腹も満たされましたので、お次はどこへ?

(午後の部へ続く・・・???)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車でぶらり旅(山形へ)・・・20160814(午前の部)

2016-08-18 | 行楽

お盆休みの期間中は、どこへ行くにも混雑しているだろうからと、外出には消極姿勢でしたが、(家族から)どこかへ連れて行け~って圧力が掛ったので、仕方なく・・・

行き先選定に迷いましたが、8月14日(日)は、山形行きに決定です。

混雑を避けるためには出だしが肝心ですので(?)、頑張って7時半過ぎぐらいに自宅を出ました

東北道は、白石ICから入って・・・山形道を通って山形北ICで出ます。

最初の目的地は山形市の山寺です。

8時40分には到着・・・遠いイメージがありますが、1時間とちょっとで到着してしまいました

この時間でも観光客の数はそれなりに・・・最初は、まばらでしたが、時間を追うごとに増す一方

晴天には恵まれましたが、暑いです。(福島も暑いですが山形も暑いです

お店を覗いてみたかったので、一番遠い大型駐車場を利用しました(位置関係からすると駐車料500円は高いですね)

参道は、そこそこ混んでますね(もう少し、ゆったりのんびり登れるかなとは思っていましたが

暑さも加わって、メタボ系の母ちゃんは、コース1/5ぐらいの地点で、早くもギブアップ!?

ショルダーバッグを持参しているのにドリンクを持ってこなかったし・・・ヤバ過ぎ?

本人は、引き返して待っているから、(子供らと)上まで行って来てと言ってきましたが、せっかく来たのだからと、なんとかなだめます(?)

子供らには先に行ってもらって、父ちゃんと母ちゃんは後から追いかける形でのらりくらりと登ります。

休憩回数多すぎ&休憩時間が長すぎ・・・はっきり言って、このペースに付き合っているとかったるいですが、父ちゃんは我慢して母ちゃんのペースを合わせます

▼なんとか見晴らしの良い五大堂まで辿りつきました

この後は、先行していた子供らと別なところで合流して参道を戻ります。

駐車場に戻る途中、数軒のお店に立ち寄り、みやげものを物色(?)&しばしの休憩

 

皆でかき氷・・・ちなみに、父ちゃんだけ暑くてもHOTコーヒー

(昼の部へ続く・・・???)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おやつを食べながら・・・SIT@今日も仕事中

2016-08-12 | ひとりごと

今朝(通勤途中)は、昨日の山の日よりも車が少なかった様な気がします。

ガラガラ・すいすいとまではいきませんが、どうやら皆さん夏休みに入ってしまった様ですね(?)

今日は、10時のおやつタイムを設けました

▲奥州ポテト・・・これ、美味いんですよ!

岩手県奥州市前沢区にある、フルール・きくや(県内に9店舗ほど?構えてます)で作ってます。(ネット通販もやってます)

ちなみに、前沢牛は食べたことありません

 

▲食べかけですみません

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ジェット天秤改造(お試し)

2016-08-12 | 釣り・道具

前の記事の続編になります。

試しにネット上に公開されている改造方法を参考に真似っこしてみました。

もともとJTBに付いている2本の金属棒の径(太さ)が異なるため、ダブルスリーブのサイズに不安がありました。

事前に、ノギスにて計測した結果、YO-ZURIの3号が適当かなと思って購入してみましたが・・・

結果的にセーフでした(1サイズ落とすと、太い方の棒が入らないですね?)

あと、仕掛けを取り付ける部分にスナップを入れるべきか悩んでいるところ・・・とりあえず先端ループは解放したまま。

しかし、まともな工具が無かったので、加工し難かった~(大きめのペンチ1本のみ使用)

専用のカシメ工具があれば良いのでしょうが、これを本職とするわけでもないので、余計な物は買いません。

肝心の試釣は?・・・落ちギスシーズンの頃になったら出かけてみる予定(?)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山の日ですが・・・SIT@仕事中

2016-08-11 | ひとりごと

今日は、名前に「山」の付く人のための祝日でしょうか?

例えば、山本さんとか山崎さんとか・・・

あいにく、私の名前には山が付きませんので、だから休みにならなかったんですね!

そんなわけね~だろっつ~の!

 

全国的には、多くの方が大人の夏休みに入っている事とは思いますが、私は、まだ(短い)夏休みには入れません。

今日は、客先でも仕事をしているところがあって、電話が掛ってきたり、メールが飛んできたりと、それなりに対応することはありますが、基本的には、あまりやる気が起きませ~ん

なので、今朝、家を出るときに、物置からJTBを引っ張りだして職場に持ち込みました。

旅行にも行けませんので、このJTBで旅行(釣りツアー)気分!?

▲前準備・・・イタズラする前の寸法確認

何年も前に買って使い古した物ですが、ちょっと改良してみようと思います

必要パーツは、再び「ポチッ!」っとせねば

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お詫びの印???

2016-08-09 | ひとりごと

先日、Amazonで数点ほど「ポチッ!」っとしてみたら、2回に分けて届いた。(時期的なものだろうが、発注から納品まで普段より日数を要した)

最後に届いたのは、CD-R(10pcs)の1点のみ。

一定額以上の買い物をしたので送料は無料だが、一番負担を強いられているのは、ひょっとして宅配業者?

ところで、最後に届いたCD-Rなのだが、梱包箱を開けたら、なんだか変な物が同梱されていた

何かキャンペーン中の景品か?

いやいや、何も書面が入ってないし・・・

もしかして、納品に時間が掛った上に、分納となった事へのお詫びの印?

いやいや、そんなことありえないし~~~

つまりは、あれだ・・・ そう、あれってことね・・・

この品、amazonサイトで検索掛けたら、3000円弱なのだね。

どうしたもんじゃろの~

 ・・・・・

 ・・・

結局のところ、良心的な私は、amazonに電話連絡してあげた。(正確には、ケータイへの折り返し)

オペレーターのお姉さんからメモ書き(頼んでいない商品を返品する旨)を添えて着払いでの返送を依頼されたが、こちらが起こした問題ではないので、そんな面倒な事できるかと返答

次に、運送業者(JP)に取りに伺わせますと言ってきたので、それなら大丈夫と返答(残りの手法はこれしかないだろうからね)

何時引き取りに来れるかと尋ねると、明日以降で、時間指定は4択とのこと。

一番遅い指定枠は、17時-19時と言われたが、18時以降でないと居ないから、18時以降にしてくれと!

良心的対応でも、そこそこのパワーを使うわけでして・・・電話連絡、メモ書き、引き取り日時に合わせて在宅、etc

あ~めんどくせ~

 

追記(その後)・・・

善意のつもりで連絡してあげたのに、梱包材は用意できないので、何か適当な物を的なことを言って来たので、

「な~んでそこまでやらなくちゃならないんだ? そんな面倒な事やらせるんだったら廃棄扱いにさせてくれ・・・×△□※等と・・・」と怒り!

本件、最終的には廃棄することで終結。

無駄な時間を使ったのと、変なストレスを感じたりと・・・ったくよ~

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加