紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

誉められきものにセンスはいらない

2017-05-17 09:37:27 | おしゃれのルール

 

先日の「京都人の密かな愉しみ」を拝見していて

思うのは、きものって、着ている。

それだけで素敵になれるなあってことです。

 

先にも述べたように、

きものは究極のIライン。


ファッションの基本は

①デザイン

②シルエット

③カラーと素材

この三つの要素がありますね。


どんなデザインを選び、

どんなシルエットにして、

どんな素材と色にするか。

すべてにセンスが問われます。


借り写真です。

将棋崩しのような、この絶妙バランス!

私がやると、おうちのないおばあさん。


ここまで行かなくても、洋服は

シルエットバランスがとても難しい。

スカート一枚にとっても、膝丈にするか

ロングにするか、その場合トップは

どのくらいの長さがいいだろうか云々カンヌン。


たくさん洋服持っていても、いざというとき

着るものがない!」のは、

一枚一枚は気に入っていても

長さ(シルエット)の組み合わせが

とても難しいからだと思う。

 

次々と出ている大人のためのファッション本。

 

あれらに載っているコーディを

 マネてもうまくいかないのも、

 持っている洋服の長さ、つまりバランスが

 同じようにはいかないから。

 

きものは、大人の最高のファッション」



セックス・アンド・ザ・シティ」より。

借り写真です。


 

欧米の方々があれだけ靴に執着するのも、

 靴はシルエット作るのに

 とても重要な要素だから。


その点、

きものはデザインもシルエットも

決まっている。

素材もおおまかにいって柔らかものと紬の二種。

 

 

ゆえに必要なのは色のみ。

色だって、何百年もの定番がある。

そこに、これまた定番の博多帯を合わせるだけで

十分な出来上がり。


オシャレな人、凝る人は、

この基本に、いろいろ色を重ねていくだけ。

あとは遊びの帯とかね。



普通は定番だけで、

ほとんど間に合います。

センスが必要ない。

先人が長い、長い時間をかけて、

日本人に合うよう

作り上げてくれたから。

 最近はお金もそれほどいらない。

フリマ・プチプラ


知人の奥様に、集まりにはいつも母親の大島で

 出席する方がいます。

 「母のものを二・三枚しか持っていないんですよ」

 と仰いますが、洋服より断然、

上品目立ちしてます

 

 

シンプルながらとても引き立つ。

東京キモノショーより。


 50代、60代の女性が着ているもの

誉められるなんて、なかなかないけど、

着物は特別なセンスなくても

褒められる優れもの。


というわけで、誉められコスパの高い

きものをもっと大切にいたしませう。


おしゃれのルール


いつも応援ポチ

ありがとうございます。
 


にほんブ
にほんブログ村

ジャンル:
ファッション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こぎんを刺してみた&「下田... | トップ | もうヒールは履けない~~足... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
着物のセンス (亜雅紗)
2017-05-17 12:11:50
いやぁ、着物ブログ拝見していると皆さん、すごいセンスお持ちだと思います。
私が素敵だなと思う方々は紫苑様筆頭に「さりげなく美しく見せるセンス」が抜群です。
着物と帯の合わせ方にしても「へぇ!そうするのかぁ‼」とまさに瞠目(漢字合ってます?)初心者はここでつまずいております。

洋服も同じだと思うのですが着物ばかりが悪目立ちしてる人も雑誌を見ると結構いる。これは案外西洋人モデルに多い。顔かたちよりハデすぎる着物とみょーな着付けのせいでしょうかね?

その点、紫苑様はまずご本人を美しいと感じ、次にああ着物を自分を引き立てるように着てらっしゃるからだと気づく。

慣れだとおっしゃるかもしれませんが、どうしても着姿に抵抗を感じる着物ブロガーの方もたまにいらっしゃって、そう言う方々は好きな着物をむやみに着ているだけで自分を見ていない気がします。

絵が上手くなりたければ名画をたくさん見る必要があり、音楽を上達させたければ優れた演奏を多く聴く必要があるように、着物も素敵に着こなしてらっしゃる方々を拝見しつつ自分も積極的に着ていかなければ、せっかくの着物の美点を見失ってしまうのですね。

その点常盤貴子さんや宮沢りえさん初めテレビや映画に登場する着物姿の女優さんたちの美しさはプロのコーディネーターが本人を一番引き立てるためにコーデを選び抜き、ご本人たちが着物を着た時の所作を長い時間かけて身に付けた「動いてる着物の完成形♥」着物に興味を持つようになってからはヨダレが出そうになりながら楽しんでいる今日この頃です。
…で、紫苑様を含めスラリとした美人はやっぱり得だなぁとここでも思うのです。(--;)
同感で~す! (明石の玉子焼姫)
2017-05-17 13:22:22
初めてコメント入れさせていただきます。
最近ランキングで見つけました。

何を隠そう?! いえ隠していませんが、私も
60代。ただし、きもの歴は8年くらいですが。

きものを着ていると、いろんな人から声を
かけてもらうし、褒めてもらえます。

もっともっときものを、気楽に着ると良いのにといつも思います。リサイクルだと、お小遣いで賄えるので大丈夫?なのに・・・

最低限わかれば、あとは楽チンだし、だんだんとはまれば奥が深く、自分らしさが追求できますものね

きもののセンス (紫苑)
2017-05-18 09:33:06
亜雅紗さま
いつも参考になるコメントありがとうございます。
確かにすごいセンスの方大勢いらしゃいますね。私が言いたいのは、ピンキリのキリのほうでも十分に素敵、ということですね。洋服だとそうはいかない。素敵と言われるには高度なセンスが必要だと思います。ブランド物着るのはセンスをお金で買っているように思われるから、センスがいいとは言われないのだと思います。
このことについてはまた書きますね。ご意見よろしくお願いします。とても参考になります。あっ、もう言った?
楽ちん、ですよね (紫苑)
2017-05-18 09:35:30
明石の玉子焼姫さま
美味しそうなコメント、いやお名前、いえ、美味しいコメントありがとうございます。最低限わかれば、あとは楽ちん、ほんとその通りだと思います。きもので60代、うんと楽しみましょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。