紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

こぎんを刺してみた&「下田直子の手芸術」

2017-05-16 10:09:50 | 手仕事 和裁

 

いろいろ一段落ついたので、いろいろ作ってみたいと

思ったとき、この一冊、

「こぎん刺しの本」(文化出版局)が目についた。



こぎんだけは手を付けまいと決心していたのに、

手間と根気と~~、

一番遠い資質。

この本の丁寧な説明と作品の可愛さにひかれて、

まあ、お試しにやってみようと、手を付けた。



いやあ、ミスがいっぱい。

これくらい刺すのに丸一日かかった。

でも、案外できるもんだと、どこかで思っている。

最初こそ大変だけど、ある程度模様ができると

リズムができて、どんどんできていく。

何事もリズムが大切。


でも、こぎん刺しはやはり藍と白に限るなあ~~。

いつかまた挑戦してみよう。

ただし、そのときに老眼、始まっていなければ。

あとでシワ寄せ、どっと来るかも。



こちらは、単体こぎんのお試し。

こぎん用の布ではなく、普通の布で

できないかと思って。


というのは、手芸家の下田直子さん、

いろいろな布や糸を使って手芸なさっている。

布をわざわざ買う必要なくて、それが便利で

面白い~~。


今回も、


「手芸術」(筑摩書房)なる一冊。

これは普通の手芸本とは違い、

下田さんの手芸に対する柔軟な考え方が

伺える一冊。

たとえば、遠い昔に佐賀錦のバッグを解体、

段ボールが使われているのを見て、

「これは縫製というより工作だ」と

接着芯で作ってみる、とか。

今では「縫わずに作るバッグ」とか

ボンドだけで作る手法一般的ですものね。

そんな風に作り方とともにご自身の工夫を公開。



下田さんの手芸にはいろいろ挑戦していて、

しかしながらすべて完敗。

刺繍でお花のバッグを」

「刺し子に夢中・半襟&~~」


しかし、また挑戦してみたい。

この模様で~~帯を~~、

作ってみたい。


しかし、こぎん刺しをやる人の

根気と丁寧さがよくわかった。

できるなら死ぬまでに、こぎんで

この資質を身に着けたいものです。

まあ、何事も最初はある~~もので。

ゆっくり、丁寧に、ということですね。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。
 


にほんブ
にほんブログ村

ジャンル:
ファッション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 可愛い!のっけからこの帯~... | トップ | 誉められきものにセンスはい... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こぎん刺し (あるばとろす)
2017-05-16 13:11:01
紫苑さん こんにちは。こちらのサイトでこぎん刺しについて初めて知りました。伝統的なのにモダンですね。今回トライしてみたのですね。きれいにできてるやん!私は手芸系は苦手なので遠くから眺めるだけです
下田直子さん (通りすがり)
2017-05-16 16:56:04
下田直子さんは下田尚子さんではないのでは?
こぎん刺し (紫苑)
2017-05-18 09:43:50
あるばとろすさま
そういってくださるのはあるばとろすさんだけです(笑)。
まあ、何事も最初はあるもの。また時間が、うんとあるときに試してみます。
手芸、やりはじめると止まらない==。
ご指摘 (紫苑)
2017-05-18 09:44:53
ご指摘ありがとうございます。訂正しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。