セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本の感想、おいしいもの、おでかけなど。お探しの記事はカテゴリーの各INDEXをご参照ください。

LOGAN ローガン

2017年07月03日 | 映画

X-MENシリーズの中心キャラクター、ウルヴァリン/ローガンにフォーカスしたスピンオフ・シリーズ第3作にて最終作。監督は、前作「ウルヴァリン:SAMURAI」で監督をつとめたジェームズ・マンゴールドが続投しています。

LOGAN ローガン (Logan)

X-MENシリーズは最近は見ていないのですが、ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンには思い入れがあったので、今回は見ようと決めていました。本作に影響を与えたという「シェーン」(1953)も予習してスタンバイしていましたが、いろいろあって先週ようやく見てきました。

ちなみにX-MENのコアなファンからはあまり評価の高くない「ウルヴァリン:SAMURAI」も、私は”とんでも設定”が結構楽しめちゃったのですが、本作はそれとは打って変わってリアリズムを追求したシリアス路線で、深い人間ドラマに心を揺さぶられました。余韻の残るエンディングもすばらしく、シリーズのラストを飾るのにふさわしい作品でした。

舞台はミュータントが絶滅の危機にある2029年、メキシコ国境に近いテキサス州エル・パソ。ローガン(ヒュー・ジャックマン)はリムジンの運転手として生計を立てながら、老いたチャールズ(パトリック・スチュワート)を助け、廃工場でひっそりと暮らしていました。

ある日、ローガンはガブリエルと名乗る女性から、ローラ(ダフネ・キーン)という少女をノースダコタ州のエデンという場所まで送り届けて欲しいと懇願されます。最初ローガンは断りますが、組織から不意打ちに襲撃を受け、なりゆきからローラ、チャールズとともに逃避行の旅に出ます。

本作のローガンは不老不死の能力が薄れてすっかり老け込み、チャールズは認知症を患っているというショッキングな設定です。最初は面倒に巻き込まれることを疎み、ローガンはローラを受け入れることを躊躇しますが、のちにガブリエルが残したメッセージビデオから、ローラがローガンの遺伝子を引き継いだクローンであることが明らかになるのです。

組織はミュータントの遺伝子を使って、メキシコの研究所で残忍な人造兵器としてクローンを作っていましたが、自我をもったミュータントたちが手に負えなくなり、虐殺することを決めます。そこでガブリエルたち看護師によって助けられたミュータントたちが、安息の地を求めてエデンを目指す...というストーリーです。

ローラを演じる新星ダフネ・キーンちゃんが実に魅力的でした。野生動物のような鋭い眼光と抜群の身体能力、凶暴性を兼ね備え、心を閉ざした表情からは、ローガンと同じ孤独と悲しみが伝わってきて、胸をつかれました。

逃亡の旅を続ける中で、ローガンとチャールズ、ローラの間に疑似家族のような関係が築かれるにつれ、ローラが少しずつ人間らしい落ち着きを見せ、行動がコントロールできるようになっていきます。ひょんなことから農家の家族を助けた縁で、つかの間の家庭の温かさに触れる場面では、ローガンと「シェーン」の姿が重なって、胸がしめつけられました。

異分子とみなされているミュータントたちが最後にアメリカを出てカナダを目指すところは、移民たちを排除しようとしている現トランプ政権への批判のようにも受け取れました。ラストの祈りのことばは「シェーン」のワンシーンから。平和への切なる願いも感じ取れ、心にずしりと響きました。

【関連記事】シェーンと、思い出のグランドティトン (2017-07-06)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビヤステーション恵比寿 | トップ | シェーンと、思い出のグラン... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シェーン、カムバ~ック (ごみつ)
2017-07-03 23:39:33
こんばんは。

「ローガン」行かれたんですね!
ちょっと残酷なシーンも多いけど、そういうシーンがこの作品には必要なんだ・・っていう説得力がありましたよね。

ウルヴァリンはこういう風に戦ってきたんだよ・・っていう表現とか、ミュータントの闘いはこうして罪のない人間も巻き込んできたんだよ・・っていうリアリズム表現とか。

ローラを演じてる女の子、凄かったですよね。もう、首を放り投げるわ、野生の動物みたいで身体能力が凄かったです。期待の新人ですね。

「シェーン」を効果的に使ってるあれこれには本当に感動しました。ホント、シェーンとウルヴァリンが重なる様でした。
Unknown (ノルウェーまだ~む)
2017-07-04 00:14:42
セレンさん☆
「シェーン」もしっかり予習してご覧になったのですね~
私も実はあんなに有名なのに「シェーン」は見た事なくて・・・でも十分その作品の余韻と心は受け継がれているのを理解出来ました。
ローラの眼光の鋭さと身のこなし、最高!でしたね☆
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-07-04 09:29:53
ごみつさん、おはようございます♪
ローガン、よかったです~!
残酷なシーンも多いですが、おっしゃるように必要な表現なんだという
説得力があったので、まったく気にならなかったです。

ローラを演じたダフネ・キーンちゃん
>首を放り投げるは
ローティーンの少女にこんなことさせちゃっていいの~?と心配になりましたが
新人とは思えないものすごい役者魂でしたね。
圧倒的な存在感がありました。

ウルヴァリンの生き方がシェーンと重なって
相乗効果で感動してしまいました。
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-07-04 09:37:29
まだ~むさん、おはようございます♪
シェーンは、以前から見たいと思いながら見逃していたので
今回こうした機会があって見ることができてよかったです。

この作品、X-MENのファンの間では賛否両論?みたいですが
私はX-MENにそれほど思い入れがない分、かえって堪能できたように思います。
ひとりの男の生き方を描いた、重厚なドラマに圧倒されました。

ウルヴァリンの後を引き継ぐであろうローラちゃん、
これからの活躍も楽しみですね!
アニメの実写化 (ヌマンタ)
2017-07-04 10:04:12
考え方の違いだと思いますが、アニメの実写化というか、リアルに表現する手法が、日本とアメリカではだいぶ違うと思います。
アメコミだと少年時代の読者が大人になって、よりリアルな世界観でないと納得できないのかもしれません。
これが日本だと、あくまで娯楽作である土台を崩すような方向にはいきません。
どちらが良い悪いではなく、あくまで考え方、志向性の違いだと思いますがね。
個人的にはウルヴァリンもチャールズも、もう少し格好よく老けて欲しかったです。
☆ ヌマンタさま ☆ (セレンディピティ)
2017-07-05 07:23:27
ヌマンタさん、おはようございます。
私は日本の漫画もアメコミもあまり知らないのですが
たしかに、ドラえもんの未来がリアリティを追求したディストピアだったら
子どもの頃からのファンは衝撃を受けるかもしれません。^^;

私には老体に鞭打ってもがくウルヴァリンも
かっこいい...と感じられました。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
LOGAN/ローガン  監督/ジェームズ・マンゴールド (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  パトリック・スチュワート  ダフネ・キーン 【ストーリー】 近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。治癒能力を失いつつあるロ......
LOGAN/ローガン★★★★★ (パピとママ映画のblog)
「X-MEN」シリーズの中でヒュー・ジャックマンが17年にわたって演じてきた人気キャラクター“ウルヴァリン”の最後の戦いを描くヒーロー・アクション。治癒能力を失い、老いか......
LOGAN/ローガン (ごみつ通信)
Logan 2017年/アメリカ (監)ジェームズ・マンゴールド (演)ヒュー・ジャックマン パトリック・スチュワート リチャード・E・グラント ダフネ・キーン ボイド・ホル......
「LOGAN/ローガン」☆VS.老眼 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
誰もが心配していた『不死身の再生能力があるウルヴァリンをヒュー様はいつまで演じられるのか?』という問題を逆手に取って、ウルヴァリンことローガンをぐっと年老いさせたとい......
LOGAN/ローガン (本と映画、ときどき日常)
監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ヒュー・ジャックマン     パトリック・スチュアート     ダフネ・キーン さらに時代は流れー。 ミュータント絶滅の危機。 老い......
LOGAN/ローガン (試写会) (風に吹かれて)
最後のウルヴァリン 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie6月1日公開 監督: ジェームズ・マンゴールド  「ナイト&デイ」 「ウルヴァリン:SAM
映画:ローガン LOGAN  Xメンシリーズ最人気キャラ、最後の闘い。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
渡米中、まず観ようと思っていたのがコレ! こちらでの評判も良いし、宣伝で「今作はこのシリーズのダークナイトだ!」とあり、グッときた(笑) 近未来(年は出てこなかっ......
LOGAN/ローガン (銀幕大帝α)
LOGAN 2017年 アメリカ 137分 アクション/ドラマ/SF R15+ 劇場公開(2017/06/01) 監督: ジェームズ・マンゴールド 『ウルヴァリン:SAMURAI』 製作総指揮: スタン......
「LOGAN/ローガン」(2017 FOX) (事務職員へのこの1冊)
驚異的な回復力によって、不老不死だった男。ウルヴァリンの文字通り長大な物語をどう終わらせるか。この作品「LOGAN/ローガン」はもののみごとに描ききっている。 近未来。ウル......