風に吹かれて旅ごころ

はんなり旅を楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。

ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ index

2017-04-28 | 東北
[2016.10.7-10]
◆ 一関 1-(1) ←旅行記へ
 ルーツ探しの旅、第2弾。曽祖父が住んでいた岩手での手掛かりを求めて、一関を訪れました。
 市役所を訪れた後、旧友と再会して、蔵元レストランへ。
 地元名物、餅ご膳をいただきました。
  ● prologue ● 早朝の仙台駅 ● 一関のマンホール
  ● ひいひいおじいさん情報 ● ここではなかった ● 建部清庵
  ● 友人との再会 ● 世嬉の一 ● 蔵元レストラン ● 餅文化の町



◆ 平泉 1-(2)
 一関からほど近い平泉の中尊寺をお参り。最澄がつけた延暦寺の火がここにも灯っていたとは。
 猊鼻渓まで行ったものの、時間切れで船には乗れずじまい。
 多賀城に着き、飲み屋のオーナーとなった友人のママっぷりを見学しました。
  ● 平泉中尊寺へ ● 最澄のともしび ● 境内散策
  ● 山の中の弁慶 ● 古戦場レストラン ● げいびけいとげんびけい
  ● 猊鼻渓に来たものの ● 猊鼻渓のマンホール ● 古巣の多賀城へ
  ● 友人のお店 ● 同業種交流



◆ 多賀城 2-(1)
 2日目は、中学時代の親友と再会。
 ランチをとった自然派のお店では、草刈り部長が草をはんでいました。
 彼女に17歳の時に書いた自分の手紙を見せられ、その破壊力に屍と化しました…。
  ● 瞠目の再会 ● 被災5年後の町並み ● 風と手と土
  ● 草刈り部長ユキオ ● 手作りパスタに有機野菜 ● 17歳のわたし
  ● 部長のおやつ ● 大きなかぼちゃ ● 雨の陸奥総社宮 ● 恋人のような老杉



◆ 塩釜 2-(2)
 午後は塩釜に行きました。中学生の時ぶりにここの神社をお参り。
 この辺りが製塩始まりの地だと知りました。
 多賀城ではまた昔の友人たちと再会。懐かしく夜は更けていきました。
  ● 塩釜のしおがま ● 雨の塩釜神社 ● 自分が生まれたお礼
  ● ゆかりある神様 ● 狛犬ファン集め ● 七曲りの坂
  ● 御釜神社のおかま ● 製塩のはじまり ● 浦霞の蔵元
  ● ニューレトロ ● 月見カフェ ● 夜の女坂
  ● 牛若丸ごっこ ● 夜カフェ ● プチ同窓会



◆ 金華山 3-(1)
 早起きして、友とはるかなる金華山を目指します。
 カーブだらけの道の果てから、荒れた海に乗り出して、すっかりぐったり。
 大変な思いをして、ようやく念願の黄金山にたどり着きました。
  ● 憧れの金華山 ● 友の加勢で ● 寝不足ドライブ
  ● エンドレス・カーブ ● 流された鮎川港 ● 荒海の連絡船
  ● 金華山到着 ● 牡鹿半島の鹿 ● 登って登ってまた登る



◆ 東松島 3-(2)
 金華山から再び船で帰途につきます。
 道すがら、ちゃんこ屋に入り、未来を読む人に会い、ブルーインパルス本拠地と新幹線車両基地の前を通っていきました。
 夜は友人が変わって、仲良しグループでの再会。住んだ場所って、いいものです。
  ● 黄金伝説の黄金山 ● 相生の松と楓 ● 波止場への道
  ● 帰りの連絡船 ● 港に上陸 ● 再びエンドレスカーブ 
  ● ちゃんこランチ ● 友人の武勇伝 ● 神主パワー
  ● ブルーインパルス・グッズ ● JR東日本新幹線総合車両センター
  ● 私の引き渡し ● 仲良しディナー 



◆ 仙台 4-(1)
 最終日。友の友の助けで、友たちと再会できました。
 すっかり見違えた多賀城駅。その隣にはできたてのツタヤ図書館。
 いくつになっても友だちって変わらないし、いいものだなあと、しみじみ。
  ● 鯨の町のクジラ ● 友達の友達は ● みちがえた多賀城駅
  ● 3番目のツタヤ図書館 ● 3番目の利用客数 ● 懐かしの友たち
  ● 露庵 うめ治 ● 仙台名物せり鍋 ● ゴージャスな湯豆腐セット
  ● パインは缶詰か生か? ● 集まれることがなにより



◆ 多賀城 4-(2)
 食事の後、場所を変えてカフェでおしゃべりは続きます。
 旧友から語られる昔の自分のエピソードに、めいめいがノックダウンされながら。
 目的を達成し、懐かしい友たちに会えた、密度の濃い旅になりました。
  ● カフェ探し ● ラッシーとスイーツ ● メトロ・東西南北
  ● 牛タンと長なす漬 ● 中2の自分 ● お土産いろいろ
  ● AER展望テラス ● 再び仙石線 ● 友の家族と
  ● 夜の仙台駅 ● 優しい友たち ● epilogue



『宮城県』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルーツサーチと里帰り、はる... | TOP | まだ見ぬバルト三国へ 1(モ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。