風に吹かれて旅ごころ

はんなり旅を楽しむはずが、気づけばいつも珍道中。

ルーツサーチと里帰り、はるかなる黄金山へ 3-1

2017-04-25 | 東北
2日目からの続きです。

● 憧れの金華山

夕べは遅い就寝となりましたが、この日は8時にお迎えに来てもらいました。
かっちゃんと黄金山へ行くのです。

宮城の牡鹿半島には、金華山(黄金山)という華やかな名前の霊山があります。
金華山という地名は日本に2つあり、小さい頃、岐阜にある金華山の方は訪れたことがあります。
もうひとつのこちらの方も、中学生時に地図で見つけてからずっと気になっていましたが、たどり着くのがとても大変と聞いていたのと、行ったという人が周りにいなかったことから、ずっと自分も行けないまま、今まできました。
黄金伝説もある、謎めいた霊山。
ここは私にとって、ジパングもしくはガンダーラのような存在でしょうか。



ところが大震災の時に、海に面した牡鹿半島が津波を受けて孤立したという話を聞いて、ハッとしました。
(いつ天変地異が起こって、どうなるかわからないから、気になる場所には行っておかないと)
といっても、あまりに情報が少ないため、地元の事情通のかっちゃんに相談したのです。

● 友の加勢で

岬の端から週に1回、日曜日にのみフェリーが出ていますが、不定期で、風が強いと運行しないそう。
かなり周辺の海は荒いようです。

そこでかっちゃん、知り合いの漁師さんに、船を出せないかと相談してくれたとのこと。
顔が広い!ありがたいわ~(涙)。
ただ、漁船一台動かすのも、大変なことです。
こまめに情報収集し、しけ状態に左右されるためにギリギリまでわからなかったフェリーが、この日はどうやら出航するらしいとわかったため、フェリーで行くことにしました。

かっちゃんが一緒に行ってくれることになりました。心強いわ。
あちこちとフットワークの軽い彼も、行ったことがないという場所。
せっかくなので、ほかの共通の友人たちも誘ってみましたが、「朝早いからいいや」という返事。
地元の人は、あんまり気にしていないというか、興味がないようです。
なぜ~?私はとても行ってみたいのに。
地元の人は、参拝の大変さがリアルにわかるからかもしれません。
そんなわけで、この金華山行きは、「ルーツを訪ねる」「旧友に会う」に次いで、3つ目の今回の旅の目的になっています。

● 寝不足ドライブ

3時間睡眠のため、お互い超寝不足で、目もほとんど開いてないし頭も殆ど動いていない状態です。
しかも天気は、あいにくの雨。結構激しく降っています。
でも、私にとっては待ちわびた千載一遇のチャンスです。
さあ、黄金山を目指しましょう!

親切なかっちゃんに、休日に車を出してもらい、頭が上がりません。
コーヒーマニアということで、「せめてコーヒーでも!」と、こまめにコーヒー休憩をとりながら向かいます。

休憩中に「電話したら、予約が必要って言われて、今しといた」とのこと。
あぶないあぶない。気がついてくれて助かりました!

車は多賀城を抜け、塩釜を抜け、そして松島を抜けます。
もうここから先は、私のほとんど知らない場所。
石巻にたどり着きましました。
大震災の翌年に、仕事で被災状況の視察に訪れた以来の場所。
大被害を受けた大川小学校を訪れたことが思い出されます。



白いドーム状の建物が見えてきました。
石ノ森萬画館です。仮面ライダーの像が奇跡的に流されず、人々の希望になりましたね。かなりの被害を受けましたが、2013年にリニューアルしたそうです。
雨は、車を走らせているうちに少しずつ収まってきました。

● エンドレス・カーブ

渡波駅から、県道2号石巻鮎川線に入ります。
牡鹿半島までずっと続く道。万石橋を超えると一気に街を抜け、自然の中の一本道になります。



すぐに勾配のあるカーブのくねくね道となりました。
風越峠というロマンチックな名前の峠。
峠を越えても、ワインディングロードは延々と続きます。
ありえないくらい続きます。
我慢してやり過ごそうと思っていましたが、「ずーっとカーブが続くよ」との声に、心が折れそうになります。
山道カーブでは酔っても、海岸線カーブはまだ大丈夫だろうと思っていましたが、そんな甘くはありません。けっこう限界が見えそう。



本当に牡鹿半島って、アクセス困難だわ。
この辺りに住んでいる人は、石巻の町に出るたびに、このエンドレスカーブを通って行かなくてはいけないんですね。
くねくね道が嫌になっちゃって、漁船を持ちたくなりますね。



カーブだらけの県道2号のハードなドライブは、1時間ほど続きました。
私にはハイレベルコースすぎます。
こうやって、訪れる人をふるいにかけているんでしょうか。
なんとか気力一本で、牡鹿半島の先端までたどり着きました。

● 流された鮎川港

虫の息で降り立った、鮎川港。
金華山は、島の名前でもあります。
ここから連絡船に乗り換えて行きます。



2時間のドライブで、すっごく遠くまで来ましたよ。
もう、車かフェリーでしか来られない場所です。
クジラのアーチがあるのが見えますが、それ以外はなにもありません。



はっとしました。そういえばここは、津波の大きな被害を受けた場所。
いろいろなものが、根こそぎ流されていき、今はあのモニュメントしか残っていないのではないでしょうか。



ここを8.6m以上の津波が襲ったそう。小さな村は、ひとたまりもありません。
たしかに、みんな、流れてしまいますね…。

● 荒海の連絡船

フェリーのチケット売り場もなにもかも、すべてが簡易式の作りになっています。
予約を入れていたので、名前の控えがあり、乗船には問題ありません。
よかったー。ここまで来て乗れなかったら、泣いても泣ききれませんからね。



出航予定時刻は10時半ですが、予約が多かったとのことで、10時にも便が出ることになりました。
すぐ出航だと言われて、急いで連絡船に乗り込みます。



60人定員の旧式サイズの船。
少し三半規管を落ち着けてから乗りたかったんですが、ほとんど休みなく乗り物から乗り物への移動。
数分しかいなかった鮎川港、さようなら~。



走り出すとすぐに、ボンボンと揺れます。
こんなに波が荒いとは。口をちゃんと閉じていないと、下を噛んでしまいそうなくらい。
さっきまでの雨で波が高くなっており、まさに嵐の中の葉っぱ状態。
陸路カーブの酔いからの復活ができていないところに、今度は波揺れが私を襲います。
ううう、きついわー!



恐れていた、体調的に追い詰められた状態となりました。
「遠くを見ていれば酔わないって」とかっちゃんが言ってくれますが、遠くも近くも、もう何も見ていられません。
目をつぶってひたすら耐えに耐えます。

でも寝不足だったので、目を閉じたらすぐに睡魔が襲ってきました。
それが幸いしたのでしょうか。眠りの中に逃げ込むことができました。
乗客がポンポンはずみで浮くほどの激しい揺れの中で、眠りに逃げた私。
人生、ハードモードです。

● 金華山到着

そうしてとうとう、船は港に着きました。
乗っていたのは20分ほど。そのくらいでよかったです。それ以上だったら、本気で危なかったと思います。



よろめきながら、船の外へと出ました。
紺色のツナギの係員たちが3人がかりでロープを抑えていました。人力とはワイルドだわ。



この島には、神社しかないため、道も限られています。
坂道が港からも見えます。



水面は荒れていますが、海鳥たちが桟橋にたくさん集まって、丸まって羽を休めている様子に心安らぎます。



この島全体が聖域で、住人はたったの6人だそう。
ほとんどが神社関係者なんでしょうね。
港に降りた乗客は、それぞれの道へと散っていくかと思いきや、みんな同じ方向へと向かっていきます。
やはり目指すは、黄金山神社のようです。



まだふらついている脚に、最初からすごい傾斜道が待っています。
港の辺りからもう山になっているんですね。



一昨日は中尊寺、昨日は鹽竈神社、そしてこの日はこの坂。
どれも東北が誇る、とても素晴らしい寺社ばかりですが、この旅では毎日登山参拝をしているなあ。

● 牡鹿半島の鹿

フーフー言いながら登っていくと、前方に鹿がいました。
わー、厳島神社以来の鹿さんだー。
かなり近くまで寄っても、全く動じる様子もありません。



ここは牡鹿半島と言われるように、鹿がいる場所。
霊島・金華山は、禁猟禁伐の地なので、誰も傷つけないということを、彼らは知っているようです。



角が伸びている鹿もいます。10月に行われる角切り前の、一番伸びている時期。
今はちょうど繁殖期だそう。変に刺激して攻撃されないように、しずしずと前を通り過ぎます。



鹿は何匹もいて、ハーハーと登ってくる人間を眺めてゆうゆうとしています。
ここでは人間の方が鹿たちに気を配っています。



船の乗客たちは、年齢はバラバラですが、みんなラフな格好をしているので、旅行客というよりも地元の人たちのよう。
そもそもここは、観光地としてさほど知られていないし、観光地化もしていない、知る人ぞ知る場所です。

● 登って登ってまた登る

登り続けると、ようやく神社の建物が見えてきました。
ああ、狛犬さんが見下ろしている。



(とうとう着いた―!やれやれ)と思ったら、拝殿まではさらに長い石段がありました。
うわあ。
ここの参拝は、まさに修行ですね。



力を振り絞って…。



一歩一歩石段を上がり、鳥居をくぐります。
黄金山神社と書いてあります。
ここは、1250年の長い歴史を持つ金華山黄金山神社
青森の恐山、山形の出羽三山と並ぶ奥州三霊場の一つです。



龍の手水舎で手を清めてから参拝。



古めかしい木の随神門をくぐります。



拝殿に着きました。ああ、ここにたどり着くまで、どれだけ遠かったことでしょう…。



しっかりした総欅の流造りの神殿。
明治後期のものながらも、度重なる大地震に倒壊しなかった堅固な造りです。



長年の希望だった、この神社の参拝を済ませられて、満足~。
もう感無量です。

その2に続きます。

『宮城県』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルーツサーチと里帰り、はる... | TOP | ルーツサーチと里帰り、はる... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アネッティワールド)
2017-04-26 15:01:39
宮城県には親戚が多いので何度も行きましたが、牡鹿半島までは行ったことがありません。
ましてそこから船で行く金華山はなおのこと。

ワインディングロード好きにはたまらない
設定です。
マイカーで走ってみたいです。

1週間に1便、島民6名。
驚きの連続で拝読しました。

面白かったです。
アネッティワールドさん (リカ)
2017-04-26 17:56:03
アネッティさん、宮城にゆかりがおありなんですね。それはそれは!
ぜひ塩釜神社に行かれて、名古屋と比べてみてください。
本当に、現地の友人たちも、誰一人として牡鹿半島に行った人はいないんです。
たった一人だけいましたが、それは、この旅で知り合った半島出身の人でした。

秘境~!
ワインディングロードをとことん堪能できますよ!(^O^)

post a comment

Recent Entries | 東北

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。