パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

ウォルト・ディズニーの約束 ★★★★

2014年03月26日 | あ行の映画
エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマ。ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出す。ポール・ジアマッティやコリン・ファレルら名優たちも豪華共演。頑固な作家の心の奥深くに秘められた、ある思いを浮き彫りにする展開に心打たれる。
<感想>制作から50年経った今も愛され続ける「メリー・ポピンズ」。この名作を巡る実話を描いた本作は、数々の作品を世に生み出したディズニー映画にとって、初のバックステージもの。創業者のウォルト・ディズニーが築き上げた“夢と魔法の王国”を徹底するディズニーが映画製作の裏側を描くだけでも驚きだが、ここで明かされるのは「メリー・ポピンズ」の制作秘話を描いている。もっと具体的に言うと、映画化の話を長年拒んできた原作者のパメラ・L・トラヴァースが、何故心変わりしてウォルト・ディズニーの要望を受け入れたのか?・・・という謎を解き明かしていくドラマである。

まず強烈なのが、原作者であるパメラ・L・トラヴァースのキャラクター。エマ・トンプソンが演じているが、役柄にぴったりハマっている。当時すでに映画王となっているウォルトの申し出をにべもなく断り、一流スタッフからの提案をことごとく却下。アニメーションは嫌、ミュージカルは嫌と拒否するばかりか、話し合いのすべてを録音させて脚本や音楽にも難癖をつけ、ヒステリックなほど相手に苛立ちをぶつけ、口を開けば嫌味ばかり。とにかく神経質で気難しい女性なのだ。そんなトラヴァースの頑なな心を解かそうと、ウォルトとスタッフは奮闘する。最後に、トラヴァースが難癖を付けている、当時のやり取りが録音されている貴重なテープも公開されます。

ここでは、二つの時間軸の物語が並行して語られる。片方は1961年、トラヴァースが映画「メリー・ポピンズ」の制作現場に立ち会うストーリー。もう片方は20世紀初頭の、彼女がオーストラリアで暮らしていた子供時代の回想ストーリー。彼女の父親には、コリン・ファレルが銀行員で物語が進むにつれ、どうやら「メリー・ポピンズ」に出て来るバンクス氏のモデルであることが分かってくる。彼女は父親が大好きで、酒好きのアル中だったが、夢想かの彼女には一番の理解者でもあった。母親はそんな夫に苛立ち、自殺未遂までする。
物語りの舞台であるバンクス家の父親が、ウォルトのように口髭を生やしていることにも拒絶反応を示すトラヴァース。
邦題のタイトルからは想像がつきにくいが、この映画の原題「Saving Mr.Banks」つまりバンクス氏を救うこと。もちろん、トラヴァースが記憶の中の父親を救うことは、彼女自身を救うことでもある。

それで、ウォルトは彼女と父親との関係にヒントがあると気づき、自身の幼き日の父親とのエピソード(新聞配達所を経営していた父親、兄と弟ウォルトが雪の降る寒い日に新聞配達をし、靴に穴が開いても新しい靴を買ってくれず、冷たい雪水がしみ込んで辛い想いをしたことなど)を彼女に話し、ある約束を交わす。この約束なしに、あの名作は誕生しなかったと思われます。
映画の登場人物としてウォルト・ディズニー本人が描かれたのは、これが初めてである。初めて描かれた彼がまったく美化されていないし、リアルでありのままの姿だったということが素晴らしいことだと思う。ウォルトを演じているのが名優のトム・ハンクス、彼が演じるウォルトは、温厚で無難な役どころ。文句のつけようがありません。
そして本作はまた、二つの世界の衝突についての物語でもある。イギリスの伝統的な様式と自由なアメリカン・ドリームの衝突であり、インテリな英国文学と大衆的なポップアートの衝突でもある。

この二つの世界の架け橋となるのが、リムジン運転手のラルフというキャラクター。ラルフは架空の人物で完全なるフィクションなのだけれど、彼の存在のおかげで、本作は単なる名作映画のメイキング物語を超えて、より人間的で温かみのあるものになったと思う。
そんなラルフを見事に演じたのがポール・ジアマッティと、後は映画のプレミア試写会の場面で、独りぼっちのトラヴァースをエスコートしてくれた着ぐるみのミッキーマウスに拍手を送りたい。このシーンは微笑ましかった。
原作と映画化された内容には必ずといって違いがあります。それでも、映画化するのは、観客に分かり安く楽しんでもらおうとする制作側の意図が読み取られ、たまには原作を読んでから映画を観てがっかりしたこともあります。
ですが、この映画のように原作に込めたトラヴァースの思いが明かされるころには、感動で胸がいっぱいになり、不思議なほど涙が止まらなくなるはずです。他にも舞台裏がたっぷりで、名曲誕生の瞬間に立ち会えるのに加え、ウォルト本人が初めて描いた映画という意味でも感慨深いですよね。
2014年劇場鑑賞作品・・・68  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LIFE!   ★★★★ | トップ | 劇場版 仮面ティーチャー★★ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ウォルト・ディズニーの約束」 (日々“是”精進! ver.F)
父娘の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403220000/ [CD] (オリジナル・サウンドトラック) ウォルト・ディズニーの約束 オリジナル・サウンドトラ...価格:3,675円(税5%込、送料別) 【送料無料】メリ...
ウォルト・ディズニーの約束 (風に吹かれて)
父への想い 公式サイト http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/walt 監督: ジョン・リー・ハンコック  「しあわせの隠れ場所」 1961年、経済的
ウォルト・ディズニーの約束 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 昔の英国淑女ってみんなあんな感じなんでしょうか^^;
映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”...
映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks 自分のルーツへの心の旅。あの名作がまた観たくなる (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)をリバイバル名画座で、初めて観た時のことを良く覚えている。 高校受験が無事に終了、放心状態に陥っていた私に、母が名作だし行ってきたらと水を向けたのだ。 その時の感想は… ガキ向け映画だと舐めていたら、いい意味...
エマ・トンプソン、トム・ハンクス主演、ジョン・リー・ハンコック監督『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。1964年のミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を描いた『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』監督はジョン・リー・ハンコック。出演はエマ・
映画『ウォルト・ディズニーの約束』観たよ~ (よくばりアンテナ)
公式HPはコチラ 1961年に製作されたディズニー映画の『メリー・ポピンズ』の 原作者と制作側の葛藤を描く。 P.L.トラヴァースが『メリー・ポピンズ』の作品にこめた思いと 子どものための楽しい仕掛けがたっぷりの映画を作りたいという意図が うまく噛み合...
ウォルト・ディズニーの約束 / Saving Mr. Banks (勝手に映画評)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』制作の裏側を描いた作品。 いやぁ、このP・L・トラバース。自分の近くにいたら、嫌になりますね(苦笑)。でもそれは、自分の作品を愛しているからこそ。自分の作品を愛すると言えば、ウォルト・ディズニーも負けないはずですが、そのウ...
『ウォルト・ディズニーの約束』 (こねたみっくす)
ウォルト・ディズニーなくして『メリー・ポピンズ』はあらず。 ミュージカル映画の傑作として語り継がれる『メリー・ポピンズ』の映画化交渉の舞台裏を描いたこの作品。ウォルト ...
『ウォルト・ディズニーの約束』 (ラムの大通り)
(原題:Saving Mr. Banks) ----今日の映画、『ウォルト・ディズニーの約束』って、 だれと約束した映画ニャの? 「これはね。 後にミュージカルとなった『メリー・ポピンズ』の原作者 P・L・トラヴァースとディズニーが交わした約束のことなんだ。 でも、どんな約束....
ウォルト・ディズニーの約束 (心のままに映画の風景)
1961年、ロンドン。 パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)が長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うため、ロサンゼルスへと向かう。 気難しい性格のトラヴァースは、アニメやミュージカルに難癖...
ウォルト・ディズニーの約束 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SAVING MR. BANKS】 2014/03/21公開 アメリカ 126分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、ルース・ウィルソン、B・J・ノヴァク、メラニー・パ...
『ウォルト・ディズニーの約束』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・...
ウォルト・ディズニーの約束/エマ・トンプソン (カノンな日々)
不朽の名作『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を原作者であるP.L.トラヴァースとウォルト・ディズニーの物語としてファンタジックに描いたヒューマンドラマです。ウォルト・ディズニー ...
「ウォルト・ディズニーの約束」 (或る日の出来事)
ていねいに、心のこもったドラマがつむがれていって好感。 映画「メリー・ポピンズ」は大好きだから、なおさら感動する。
ウォルト・ディズニーの約束 (映画好きパパの鑑賞日記)
 1960年代の名作映画、メリー・ポピンズの制作秘話というこの作品。メリー・ポピンズは子供のころみたので、ほとんど覚えていないのですが、それでも十分楽しめました。ファンだったらなおさらたまらないでしょうね。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:ジ...
ウォルト・ディズニーの約束 (とりあえず、コメントです)
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」の製作過程を描きながら、原作者P.L.トラヴァースの父への想いや ウォルト・ディズニーとの交流を描いた心温まるドラマです。 エマ・トンプソンとトム・ハンクスの二人がどんな演技を見せてくれるのか楽しみにしていました。 強烈な...
ウォルト・ディズニーの約束 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード 【解説】 エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル....
『ウォルト・ディズニーの約束』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話。 秘話?映画になるほどの秘話があったのかと思ったのです。 メリー・ポピンズの小説があることも知らなかったので。 ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を描いた映画は初めてですね。 スタジオジブリを撮影した...
『ウォルト・ディズニーの約束』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話。娘との約束で『メリー・ポピンズ』映画化を狙うウォルト・ディズニーだったが、原作者のP.L.トラヴァースは頑として首を縦に振らない。20年もの歳月が流れ経済的に困窮し、やっと重い腰を上げて映画化に向けての話し合いに...
ウォルト・ディズニーの約束 (こんな映画見ました~)
『ウォルト・ディズニーの約束』 ---SAVING MR. BANKS---2013年(アメリカ)監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス 、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ルース・ウィルソン 、B・J・ノヴァク 、アニー....
ウォルト・ディズニーの約束 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2013年 米国 上映時間:126分 監督:ジョン・リー・ハンコック  ディズニーのミュージカル映画『メリー・ポピンズ』が誕生するには、約20年もの歳月を要している。というのも『メリー・ポピンズ』の原作者であるパメラ・L・トラヴァースが実に
ウォルト・ディズニーの約束 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)....
メリー・ポピンズ/父の娘~『ウォルト・ディズニーの約束』 (真紅のthinkingdays)
 SAVING MR. BANKS  1961年。児童文学の世界的ベストセラー 『メリー・ポピンズ』 の原作者P. L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ロサンゼルスに向かう。ディズニーラン ドの創業者にしてハリウッドの大物プロデューサーであるウォルト・ディズ...
「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え! (はらやんの映画徒然草)
「アナと雪の女王」が世界中で大ヒット、ディズニーの黄金期がまた訪れたとも言える現
ウォルト・ディズニーの約束 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ウォルト・ディズニーの約束」監督:ジョン・リー・ハンコック(『スノーホワイト』)出演:トム・ハンクス(『キャプテン・フィリップス』『クラウド アトラス』)エマ・トンプ ...
ウォルト・ディズニーの約束 (いやいやえん)
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキ
メリー・ポピンズが出来るまで、 (笑う社会人の生活)
3日のことですが、映画「ウォルト・ディズニーの約束」を鑑賞しました。 ウォルト・ディズニーは娘が愛読している児童文学「メリー・ポピンズ」の映画化を熱望し、原作者パメラ・トラバースに打診する。 映画の製作者たちが提案する脚本のアイデアをことごとく却下、なぜ...
映画評「ウォルト・ディズニーの約束」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ジョン・リー・ハンコック ネタバレあり