パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

LIFE!   ★★★★

2014年03月25日 | アクション映画ーラ行
凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨークをたち世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジックに映し出す。物語の鍵を握るカメラマン役で『ミルク』などのショーン・ペン、主人公の母親役で『愛と追憶の日々』などのシャーリー・マクレーンが共演。壮大なビジュアルや、主人公のたどる奇跡のような旅と人生に目頭が熱くなる。

<感想>空想好きで不器用な中年男が、人生を切り開く冒険を通じて輝き出す姿を描く。人間の可能性の大きさを謳う物語はもちろん、主人公の脳内で展開される空想と現実の出来事をつないだ不思議な映像にも心を奪われます。
物語は、ウォルター・ミティはニューヨークの伝統ある雑誌「LIFE」の写真管理部で働いている。不器用な性格ゆえに人付き合いが苦手で、思いを寄せる同僚の女性シェリルと会話もできない臆病者。ヒーローのような自分を空想することが、そんな現実を紛らわす唯一の方法だった。

デジタル化の波により、「LIFE」誌は休刊が決定。だが、最終号の表紙を飾る大事な写真のネガ行方不明になる。ウォルターは有名写真家ショーンから直接ネガの在り処を聞き出すことを決意する。冒険家でもある彼を追って、人生初の壮大な旅に乗り出す。

グリーンランドの極寒の海から、アイスランドの火山地帯へ。それはウォルターが空想で夢見ていた以上の、刺激に満ちた冒険だった。初めて見る景色、初めて出会う人との触れ合いの中で、彼は気付く。人生で最も大事なことをいつしか見失っていた自分に。
結局あと一歩でショーンには追いつけず、ウォルターは帰社をよぎなくされる。そこで待っていたのは、無情なリストラ宣告と、シェリルへの恋心の幕切れ。
だが、現実から逃げていたウォルターはもういなかった。あきらめない心が思いがけない奇跡を起こすのです。

現実をあきらめるように日々妄想にふけっていた主人公が、あり得んような冒険を通して人生の素晴らしさを見つけるというわけ。確かに彼は、出版社で写真管理をして働く地味な男だし、彼が飛び込む未知の世界はとんでもなく魅力的なんですね。
しかし、どんどん変わっていく彼の表情を見ていると、物語りの別の軸に心を動かされるのです。

雑誌「LIFE」の最終号の表紙を飾る写真のネガ25番が無いのだ。それを探すため、カメラマンのショーン・ペンを訪ね国境を超える。妄想かと疑うような信じがたい現実の危機を、離陸寸前のヘリに飛び乗るし、大海原を航行する船にヘリからダイブするも海へ落ちてしまうとか。山岳地帯では得意のスケボーを駆使してこれは見事だ。ヒマラヤで原住民の協力を得て登山など、自身の中に眠っていた判断力と身体能力で乗り越えていく。
肌で感じる体験に震えつつ、思わずこぼれた彼の笑顔に私たちは、ショーンがクールに証明したとおり、彼がつまらない日常においても高い理想を抱き仕事をしてきたことに気付きます。大海原や、雪山の絶景に圧倒され、ピュアなウォルターという男が笑った後に、何故か清清しい感動残る作品です。

ところが、ひょんなことからショーンに逢えるんですね。ユキヒョウを撮りたくてシャッター・チャンスをじっと待ってたんです。でも、このユキヒョウが雑誌「LIFE」の最終号の表紙を飾る写真ではなかったんです。SNSで自慢できる職業でなければ仕事に誇りを持てないと思っている私たちに、人生という名前の雑誌の最後の表紙が語りかけてくれる。これには思わず唸りましたね。原題は「ウォルター・ミティの秘密の生活」なんですが、断然、邦題の付け方が上手いと思いました。
原作は1947年にも「虹をつかむ男」として映画化された、ジェイムズ・サーバー著の短編。スピルバーグも再映画化に興味を示すほど愛された小説。それを、ベン・スティラーが監督、主演を務めたユーモラス&ファンタジックなヒューマンドラマである。
2014年劇場鑑賞作品・・・67  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング
『映画』 ジャンルのランキング
トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワン チャンス ★★★.5 | トップ | ウォルト・ディズニーの約束 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『LIFE!』 赤か青なら、赤を選ぼう! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】   いったい、どうしろと云うのだ!?  映画が進行するにつれ、私は居心地の悪さを覚えはじめた。  『LIFE!』は1947年のダニー・ケイ主演作『虹を掴む男』のリメイクだが、2007年に70年の歴史に幕を下ろしたグラフ誌『LIFE』を絡めることで...
LIFE! / The Secret Life of Walter Mitty (勝手に映画評)
1947年のダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男(The Secret Life of Walter Mitty)』のリメイク(あるいは、はやりのリブート?)作品。 「この映画の主人公は、貴方です」と言うのがこの映画のキャッチコピーですが、洋画の日本国内向けキャッチコピーとしては、珍しく....
LIFE!/ベン・スティラー (カノンな日々)
平凡で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していく姿をベン・スティラーが監督、主演を務めたヒューマン・ドラマです。ここ最近公開された映画の中では劇場予告編 ...
LIFE!/ベン・スティラー (カノンな日々)
平凡で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していく姿をベン・スティラーが監督、主演を務めたヒューマン・ドラマです。ここ最近公開された映画の中では劇場予告編 ...
ベン・スティラー監督・主演、クリステン・ウィグ、ショーン・ペン『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』"THAT IS THE PURPOSE... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ジェームズ・サーバー『虹を掴む男』をベン・スティラーが監督・主演で映画化した『LIFE!(The Secret Life of Walter Mitty)』物語・雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォ
LIFE! (心のままに映画の風景)
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる同僚のシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけることさえままならない臆病者で、唯一の特技は妄想することだった。 ある日、「LIFE」最終号を飾るはずだった写真...
LIFE! (はるみのひとり言)
一足早く試写会で観ました。雑誌「LIFE」誌の写真管理部に勤務しているウォルターさん。変わりばえのしない平凡な毎日の繰り返し。想いをよせる同僚のシェリルと接触しようとデートサイトに登録するも上手く行かず。そんなウォルターさんは、自分がスーパーマンになったか...
LIFE! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) 最初はどうかと思ったヒロインが徐々にチャーミングに見えてきた。
『LIFE!』 (こねたみっくす)
リアルを楽しむ。それが人生だ! 「人生は美しい」。この使い古されたフレーズを妄想癖のある凡庸な主人公を介して描く試みは面白いものの、どうも妄想過多な前半、世界を旅する ...
LIFE! (だらだら無気力ブログ!)
ラストと景色は良かった。
映画:LIFE! 原題:The Secret Life of Walter Mitty 「監督・主演」が裏目に出た感じ、と判断。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
オープニングのクレジットで、「監督=ベン・スティラー」ときてまず面食らった… 主演と監督を兼ねた映画は通常、「出来・不出来」がくっきり分かれてしまうから! (ベン・スティラー自分で監督をするのは数回目にしても) さらに、元々困っていた事が。 彼が若い時...
LIFE!/THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY (我想一個人映画美的女人blog)
「人生はチョコレートの箱の中のよう。あけてみるまではわからない」 って名作「フォレスト・ガンプ」の一節だけど。 まさにそんな、人生の冒険の旅に出よう!と訴えてくる作品 待ってました 「トロピック・サンダー」から5年ぶりとなるベン(スティラー)監...
「LIFE !」☆リアルの素晴らしさ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは素敵! 胸が熱くなり、わくわくして心弾み、さらに高揚感が増していく。 そして最後にこの映画と自分自身が愛おしくなる。 まさに『その一歩』を踏み出したくなる、生きている間に生まれ変われる映画☆
『LIFE!』 2014年2月17日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『LIFE!』 を試写会で鑑賞しました。 上映後に拍手があったが、そこまでの映画だったかな まさか仕込みじゃないよね 【ストーリー】  雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技...
試写会「LIFE!」 (日々“是”精進! ver.F)
人生って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402130002/ 【送料無料選択可!】「LIFE!」オリジナル・サウンドトラック[CD] / サントラ価格:2,520円(税込、送料別) [CD]VARIOUS ヴァリアス/SECRET LIFE OF WA...
LIFE! (本と映画、ときどき日常)
監督 ベン・スティラー 出演 ベン・スティラー     ショーン・ペン     クリステン・ウィグ 雑誌「LIFE」の最終号の表紙を飾る写真のネガがみつからない。 その為、妄想癖のある写真管理部の主人公がそのネガを送ったカメラマンを探しに旅に出る。 俺....
LIFE! (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY】 2014/03/19公開 アメリカ 114分監督:ベン・スティラー出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン この映画には「!」がある。 [Story]雑誌「LI...
『LIFE!』 (時間の無駄と言わないで)
いや~良い映画だった。 一歩踏み出す勇気だよね。 自分も頑張らねばなぁと思うワケですよ。 今までベン・スティラーをナメてました。 「そこそこ面白いけど劇場に足を運ぶほど ...
【LIFE! 】 映画@見取り八段 (映画@見取り八段)
監督: ベン・スティラー    出演: ベン・スティラークリステン・ウィグシャーリ
「LIFE!」 ちょっとした新しいこと (はらやんの映画徒然草)
主人公ウォルター・ミティは雑誌「LIFE」の写真の管理をしています。 日々実直に
「LIFE!」:もっと名作たり得たのでは? (大江戸時夫の東京温度)
映画『LIFE!』は、いかにも『フォレスト・ガンプ』的な名作狙いで、結局そのライ
『LIFE!』 (ラムの大通り)
(原題:The Secret Life Of Walter Mitty) ----昨日は、久しぶりに映画館ではしごしたんだよニャ。 お空から見ていたけど、スゴい行列だったよね。 「そう。 そのほとんどが『アナと雪の女王』。 おかげで1時間以上並んで、 ぼくが最初に観る予定だった『LIFE!』は チ...
LIFE! (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2013年 米国 上映時間:114分 監督:ベン・スティラー  雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、同社で働くバツイチ女性に思いを寄せているのだが、なかなか会話もできないでいた。そんな中、「LIFE」が廃刊になることが決
映画「LIFE!(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『LIFE!(字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 なお、本作は、ジェームズ・サーバーの短編小説『虹をつかむ男』(1939年発表)を原作とする映画『虹を掴む男』(ダニー・...
『LIFE!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「LIFE!」□監督 ベン・スティラー□脚本 スティーブ・コンラッド□原作 ジェームズ・サーバー□キャスト ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、シャーリー・マクレーン、     アダム・スコット、キャスリン・ハーン、ショ...
LIFE! (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 妄想だらけだった主人公が、ネガを無くし
LIFE! (こんな映画見ました~)
『LIFE!』---THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY---2013年(アメリカ) 監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー 、クリステン・ウィグ、アダム・スコット 、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン ジェームズ・サーバーの短編を基にしたダニ....
[映画『LIFE!』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうも、予告編の、内宇宙を描いたが如き内容を、初っ端から肯定的に賛歌しているような雰囲気が気持ち悪く、見るのが嫌だったのだが、同じく公開した『ローンサバイバー』や『ワンチャンス』の時間が合わず、こちらを見た。  夢想家の主人公が、働いている「LIFE...
[映画『LIFE!』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうも、予告編の、内宇宙を描いたが如き内容を、初っ端から肯定的に賛歌しているような雰囲気が気持ち悪く、見るのが嫌だったのだが、同じく公開した『ローンサバイバー』や『ワンチャンス』の時間が合わず、こちらを見た。  夢想家の主人公が、働いている「LIFE...
LIFE! (映画的・絵画的・音楽的)
 『LIFE!』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました(注1)。  本作の主人公は、世界的に有名な写真雑誌『Life』(注2)の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー)。  冒頭では、婚活サイトのよ....
2014年の015「LIFE!」 (Doing-on-the-fly)
 「フォレスト・ガンプ」のような作品だと聞いたので、どこまで虚で実なのか気になっ
LIFE!  監督/ベン・スティラー (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・スティラー  クリステン・ウィグ  シャーリー・マクレーン   ショーン・ペン 【ストーリー】 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティは、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表....
LIFE! (とりあえず、コメントです)
地味で真面目で堅実な生き方をしていた主人公が思いがけない旅に出る物語を描いた映画です。 ベン・スティラーが走り出す予告編を観て、面白そうだなあと気になっていました。 現代なのにファンタジーのような感覚になるような、ワクワクと楽しくなる物語が繰り広げられて...
LIFE! (miaのmovie★DIARY)
LIFE! オリジナル・サウンドトラック(2014/03/19)サントラ、デヴィッド・ボウイ feat.クリスティン・ウィグ 他商品詳細を見る 【THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY】 制作国:アメリカ 制作年:2013年 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・ステ...
「LIFE !」 (或る日の出来事)
これは、すんばらしかったですね!
人生の真髄~『LIFE!』 (真紅のthinkingdays)
 THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY  NYでLIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティ(ベン・スティラー) は、空想癖のある地味な男。長年、LIFE誌の表紙写真を担当していた放浪 の写真家、ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)から送られて...
「LIFE!」 (Con Gas, Sin Hielo)
自信をもって明日へ。 少し想像と違っていた。 B.スティラー演じる主人公の男性・ウォルターは冴えない男という設定ではあるものの、仕事に関しては堅実で実力も確かなものであった。 写真家のショーンはその仕事ぶりを高く評価、ヒロインのシェリルも出会ってほどな....
LIFE! (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「LIFE!」監督:ベン・スティラー出演:ベン・スティラー(『マダガスカル3』『ペントハウス』)クリステン・ウィグ(『怪盗グルーのミニオン危機一発』『宇宙人ポール』)シャーリ ...
空想が現実に勝るとき (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「LIFE!」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 廃刊が決まった雑誌「LIFE」の最後の表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いた 写真管理部の地味で平凡な人生を送る冴えない男ウォルター・ミティはカメラマンのショーンを捜す旅へ...
LIFE! (銀幕大帝α)
THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY 2013年 アメリカ 114分 ファンタジー/ドラマ/アドベンチャー 劇場公開(2014/03/19) 監督: ベン・スティラー 製作: ベン・スティラー 出演: ベン・スティラー:ウォルター・ミティ クリステン・ウィグ:シェリル・メルホ...
LIFE!/ライフ (いやいやえん)
主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。
映画 LIFE (こみち)
JUGEMテーマ:洋画     ウォルター・ミティの妄想が凄過ぎて   SFかと思ってしまうくらいです。   ウォルターがショーン・オコンネルを探す旅は   過酷だけどとても良い風景。 &nbsp...
LIFE! (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、アダム・スコット、キャスリン・ハーン、シャーリー・マクレーン、ショーン・ペン、パットン・オズワルト 【解説】 凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン....
映画評「LIFE!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ベン・スティラー ネタバレあり