パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞、未公開DVD、お気に入り自己所有のビデオ・DVDの感想などネタバレ有りで記録しています。

アメイジング・スパイダーマン  ★★★★

2012年06月25日 | アクション映画ーア行
アメコミから生まれた「スパイダーマン」シリーズの新章となる第1弾。主人公ピーター・パーカーの知られざるもうひとつの一面が3D映像で語られる。監督は「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ。出演は「アイム・ヒア」のアンドリュー・ガーフィールド、「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のエマ・ストーン、「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ」のリース・イーヴァンズ、「ラブ・ソングができるまで」のキャンベル・スコット。

あらすじ:13年前に父リチャード(キャンベル・スコット)と母メアリー(エンベス・デイヴィッツ)が失踪して以来、伯父夫婦であるベン(マーティン・シーン)とメイ(サリー・フィールド)に育てられてきた高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。彼は、ニューヨーク市警警部キャプテン・ステイシー(デニス・リアリー)の娘で、同級生のグウェン・ステイシー(エマ・ストーン)を密かに慕っていた。
そんなある日、ピーターは自宅で父親の残していった鞄を見つける。中には、父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士(リース・イーヴァンズ)と父の関わりを記したメモが入っていた。
父のことを知ろうと、ピーターはオズコープ社で遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ねるが、そこで遺伝子操作の実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。その翌日、ピーターの体内で大きな異変が起こり始める……。(作品資料より)

 注意:ネタバレありです、これからご覧になる方はご注意下さい。


<感想>23日先行上映にて鑑賞。世界中が待ちわびた「スパイダーマン」、何と言っても注目はシリーズ初となる3D映像。でもその映像美は後半に集中して、NYの街をスイングするスパイダーマンの視点で捉えた映像や、超高層ビルからダイブする躍動感溢れるピーターのスリリングなシーンには、自分が空を飛んでいるような感覚が味わえます。
主人公のピーター・パーカー役には、高校生役も違和感なく若手のアンドリュー・ガーフィールド。アクションに果敢に挑み、ヒーローの宿命を背負ったナイーブな青年の苦悩を、表情豊かに演じている。
科学の分野に強い興味を抱き、学校ではトップクラスの秀才だが、あまり目立たない存在。スケボーとカメラが趣味。コナーズ博士の研究所で、ピーターは特殊な蜘蛛に噛まれたことによって、驚異的な身体能力が宿り、壁や天井を自在に動き回れるようになり、危険を察知できる能力まで備わる。原作の設定どおり、本作では彼の開発による両手首の装置からウェブ・シューターで糸を放出、腕時計をパーツの一部に流用している。

蜘蛛に噛まれた直後、地下鉄で酔った客に絡まれたピーターは、驚異的な身軽さで彼らを叩きのめすのだ。食欲は無尽蔵に増大、学校では乱暴者のフラッシュにバスケ勝負を挑み、圧勝する。そんな折ベン伯父さんが銃を持った強盗に襲われ命を落とす。伯父を殺したのは手首に星型の刺青を入れた男。伯父の死に責任を感じたピーターは、犯人を探しに危険なエリアへと。

持ち前の強い正義感も相まって、街の悪を懲らしめるため、スパイダーマンとしてNYの自警活動に乗り出す。だが、スパイダーマンを街の平穏を乱す者とみなす警察に追われることになる。ピーターが夜なべをして、自分の着るタイツスーツをミシンで縫っているのには、「キャットウーマン」を思い出したよ。

また頼れるパートナーとしてピーターの力になるヒロインのグウェン役には、エマ・ストーンが、私生活でも恋人同士と噂される2人のコンビネーションは完璧。グウェンに好意を抱き、彼女の家へと、彼女の父親である警官のステイシーが、スパイダーマンを無法者と断じるのに反論する娘のグウェン。父親も大トカゲの鋭い爪で胸をザクっと切られ、初めてその時スパイダーマンの存在を評価するのだ。
そんな時、ピーターはトカゲ再生能力を医療に応用する、研究を進めるコナーズ博士に頭脳をかわれて協力する。父親のノートを基に研究に必要な数式を解き明かし、ネズミの足の再生に成功する。だが、その後事態は急展開。人体実験を強いるオズコープ社に反対して解雇されたコナーズは、トカゲの遺伝子を自分に移植し、右腕を再生するも、誤算が生じて怪物リザードに変身してしまう。

リザードの武器は鋭い爪と車をも容易に投げ飛ばすパワー。体は爬虫類の大トカゲ、動きはスピーディで天井に張りついたまま高速で移動する。全身に銃弾を浴びせられても、撃たれた箇所がたちどころに治癒するため、拳銃なんて効果無し。切れた尻尾もすぐに生え変わり攻撃に転じる。
コナーズ博士は正気を失くし、弱者を救うという彼の信念が間違った方向へ暴走。オオトカゲに変身したコナーズ博士、小さなトカゲもたくさん下水道から出てきておぞましい。下水道に残されたカメラから、スパイダーマンがピーターだと知ったリザードは、彼のいる学校をも急襲!生徒たちが大トカゲの出現に逃げ惑う。
リザードの狙いが細菌テロだと突き止めたピーターは、解毒剤を手に入れるようグウェンに頼み、スパイダーマンとなって彼の暴走を止めようとするのだが、銃も効かないリザードに、警察は防戦一方でらちがあかない。
コナーズは細菌を警察官やスワットに噴射、人間がトカゲに変身する。その解毒剤が間に合うのか、スパイダーマンは警官に脚を撃たれ、そこへ蜘蛛の巣を噴射、負傷しながらもリザード(大トカゲ)と戦う姿は、まさにヒーロー。コナーズ役のリス・エバンスの怪演に、サム・ライミ版に出ていた怪物たちを思い出してしまった。
スパイダーマン危し、NY市民で建築業の人達がクレーンを動かして、ピーターのジャンプ&スイングを手助けするシーンも見逃せませんね。
このシーンでは背景のマンハッタンとの距離感が3Dでリアルな映像となり、まさに目の前に飛び出してくる感じ!・・・爆発時の炎や、倒壊するビルもド迫力で襲いかかる迫力がハンパない。3D効果大いに楽しみましたよ。
監督は「(500)日のサマー」のマーク・ウエブ。スパイダーマンが、車泥棒には「そんな泥棒だと分かる格好でやるなんて」とからかい、リザードとの戦闘中も「警察が逮捕に来たよ、悪いトカゲだから」などと挑発する。コミカルな要素を散りばめながら、ハード・アクションのようなドラマを演出。
サム・ライミ版では描かれなかった、ピーターと父親のエピソードを盛り込み、エンドロール中に続編への布石となるシーンが用意されているので、本編終了後も席を立たないように。
2012年劇場鑑賞作品・・・59  映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GIRL/ガール  ★★★ | トップ | ハングリー・ラビット ★★★ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スパイダーマンは暗めになるんですかね? (健太郎)
2012-08-19 15:25:34
こんにちは。

新シリーズ始まりましたね。
個人的に「暗さ」を感じるのですが、そこがスパイダーマンのカラーなのでしょうか?
元々、力の意味に迷うのがスパイダーマンなので、やっぱりカラーなんですかね?

サム・ライミ版とは両親の設定が大きく違うし、ヒロインも違うので、今後が楽しみです。
健太郎さんへ (パピのママ)
2012-08-20 15:26:00
確かに本作のスパイダーマンは暗いですね。
監督が違うと設定とか、脚本も書き換えてスパイダーマンも前と違う。
それは仕方がないことで、これからスパイダーマンも「アベンジャーズ」に出るかもしれないので、いろんな意味で後2作品楽しみです。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アメイジング・スパイダーマン/The Amazing Spider-Man (LOVE Cinemas 調布)
サム・ライミ監督がメガホンを取った『スパイダーマン』シリーズ3部作を新シリーズとしてリブート。今回は『(500)日のサマー』のマーク・ウェブが監督を、『ソーシャル・ネットワーク』のアンドリュー・ガーフィールドが主演を務める。共演は『ヘルプ 心がつなぐスト...
アメイジング・スパイダーマン (心のままに映画の風景)
高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、両親が失踪した8歳の時から、伯父夫婦のベン(マーティン・シーン)とメイ(サリー・フィールド)のもとで暮らしていた。 ある日、父リチ...
映画「アメイジング・スパイダーマン(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アメイジング・スパイダーマン」観に行ってきました。 アメコミの人気コミックの同名作品をリブートしたアクション超大作。 「スパイダーマン」自体は以前にも3部作で実写映画化されており、当初は3作目以降の続編がさらに製作されることになっていました。 し...
劇場鑑賞「アメイジング・スパイダーマン」 (日々“是”精進! ver.F)
運命を、受け入れろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206230002/ アメイジング・スパイダーマン 2013年卓上カレンダー ICC-18イン・ロック 2012-06-20...
[映画『アメイジング・スパイダーマン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私は、スパイダーマンの熱狂的なファンではないが、サム・ライミ監督作の前シリーズは、やはり、毎度、胸躍らされたし、スパイダー・アクションの色んなバリエーションが駆使されし完成されたシリーズだと思っており、  今回からの新シリーズも楽しみにしていたが、特...
アメイジング・スパイダーマン IMAX-3D/アンドリュー・ガーフィールド (カノンな日々)
アメコミ発の世界的なヒーロー、スーパーマンをサム・ライミ監督が映画化した『スパイダーマン』シリーズ3作は世界中で大ヒットしトビー・マグワイアとキルステン・ダンストを一躍 ...
アメイジング・スパイダーマン IMAX-3D/アンドリュー・ガーフィールド (カノンな日々)
アメコミ発の世界的なヒーロー、スーパーマンをサム・ライミ監督が映画化した『スパイダーマン』シリーズ3作は世界中で大ヒットしトビー・マグワイアとキルステン・ダンストを一躍 ...
アメイジング・スパイダーマン (Akira's VOICE)
未来を紡ぎ出す蜘蛛の糸!  
アメイジング・スパイダーマン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE AMAZING SPIDER-MAN】 2012/06/30公開 アメリカ 136分監督:マーク・ウェブ出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リス・エヴァンス、デニス・リアリー、キャンベル・スコット、イルファン・カーン、マーティン・シーン、サリー・フィールド 恐れ...
アメイジング・スパイダーマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(14) ヒロインは断然こちらの新シリーズに軍牌!
『アメイジング・スパイダーマン』 (こねたみっくす)
どこがアメイジングやねん! やはりサム・ライミは映画監督としてもヲタクとしても偉大だったと再認識せざるを得ない、マーク・ウェブ監督によってリブートされた今回の新生スパ ...
アメイジング・スパイダーマン・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
蜘蛛男の熱い青春。 2012年、アメコミの夏の開幕を告げる切り込み隊長は、マーベルコミックの人気キャラクター、スパイダーマンのリブート作品だ。 サム・ライミ監督&トビー・マクガイア主演のコンビによ...
『アメイジング・スパイダーマン』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
新生スパイダーマン映画を時間の都合がついたので先行公開で見てきました。パート4として立ち上がったものがリブート企画に転じたので、今更スパイダーマンの誕生物語を最初からやらんでも、と期待も何もしていなかったのですが、これはサム・ライミ監督&トビー・マグワ...
アメイジング・スパイダーマン 3D (そーれりぽーと)
生まれ変わったマーベル・スーパーヒーローの真打、『アメイジング・スパイダーマン』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ストーリーもキャストも一新して、主人公が高校生になったアメイジング・スパイダーマン。 観客の好みを全方向からカバーし、ビジュアル面を強...
「アメイジング・スパイダーマン」 アメイジングな感じがしないぞ (はらやんの映画徒然草)
クリストファー・ノーランの「ダークナイト」があたったからか、「スパイダーマン」も
アメイジング・スパイダーマン (Memoirs_of_dai)
あのエンディング曲にはある意味アメイジング 【Story】 高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は両親が失踪した8歳から伯父夫婦のもとで暮らしていた。ある日、ピーターは父リ...
『アメイジング・スパイダーマン』 新シリーズの違いは逆になったこと! (映画のブログ)
 スパイダーマンと戦う次なるヴィラン(悪役)は、全世界のハゲ男の星ともいうべきハゲタカ男のヴァルチャーだ。この凶悪なツルッぱげの老人を演じるのは、『バーン・アフター・リーディング』等でハゲぶりも板...
アメイジング・スパイダーマン (悠雅的生活)
目覚めのバトル。秘密の数式。最後の約束。
★アメイジング・スパイダーマン(2012)★ (Cinema Collection 2)
THE AMAZING SPIDER-MAN 恐れるな。自ら選んだ、この運命を。 上映時間 136分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/06/30 ジャンル アクション 【解説】 サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演に...
アメイジング・スパイダーマン (3D) / The Amazing Spider-Man (勝手に映画評)
大人気のスパイダーマンシリーズの最新作。最近では、トビー・マグワイア主演のシリーズが記憶に新しいところですが、改めてアンドリュー・ガーフィールドに据えて、最初からのストーリーを映画化しています。 なるほどねぇ。まぁ、はっきり言って知っているストーリーで...
「アメイジング・スパイダーマン」 (或る日の出来事)
新シリーズやるんですか?
アメイジング・スパイダーマン/THE AMAZING SPIDER-MAN (いい加減社長の映画日記)
ちょっと贅沢して、IMAX3Dで・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 8歳の時に両親が失踪した高校生のピーター・パーカーは、ある日、科学者だった父親が残した研究ノートを見つける。 父の研究パートナーだったコナーズ博士をオズコープ社に訪ねたピータ...
映画『アメイジング・スパイダーマン』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
バーゲンが始まりましたね〜。 早いうちに一度覗きに行きたい、そして映画鑑賞も。 その為には「メイエキ」へ! IMAXシア
彼も今どきの高校生。『アメイジング・スパイダーマン』 (水曜日のシネマ日記)
人気シリーズのアメコミ・ヒーロー映画。キャストとスタッフを一新して実写版映画化した作品です。
アメイジング・スパイダーマン  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ ライミ版・スパイダーマンシリーズから早や5年。前シリーズの世界観を踏襲しながら新作シリーズのリブートが始まった。いろいろな意見もあるし、ライミ版に拘るファンには申し訳ないが、私自身は、あらゆる面で前シリーズを凌ぐ傑作に仕上がっていたと思う。  ...
アメイジング・スパイダーマン (風に吹かれて)
ポップになったスパイダーマン公式サイト http://www.amazing-spiderman.jp監督: マーク・ウェブ  「(500)日のサマー」高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフ
「アメイジング・スパイダーマン」感想 (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 アメコミヒーローの中でも特に人気が高く、計3作のサム・ライミ監督版でもメガヒットを記録した「スパイダーマン」を、「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ監督、「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド主演で再映画化。  被験体の蜘蛛...
「アメイジング・スパイダーマン」青春学園もの (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
川崎IMAXの会に誘っていただき、念願のスパイダーマンを鑑賞。 前作に思い入れが無い分、納得のキャスティングに大満足♪ さすがしっかりしたストーリーと、見事な3Dの臨場感。 あれ?3Dも大丈夫になったのかな・・・・私。
アメイジング・スパイダーマン (だらだら無気力ブログ!)
サム・ライミ版のスパイダーマンも好きだったんだが、こちらも面白かった。
『アメイジング・スパイダーマン 2D字幕版』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アメイジング・スパイダーマン」□監督 マーク・ウェブ□脚本 ジェームズ・ヴァンダービルト、アルヴィン・サージェント、スティーヴ・クローヴス□キャスト アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、マーティン・シーン、サリ...
『アメイジング・スパイダーマン』  2012年53本目 フォーラム仙台 (映画とJ-POPの日々)
『アメイジング・スパイダーマン』 スパイダーマンがまた映画化です。 前の三部作はスパイダーマン自身も、スパイダーマンの周りも敵役も、皆が皆暗かったので映画もシリーズ自 ...
アメイジング・スパイダーマン  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ ライミ版・スパイダーマンシリーズから早や5年。前シリーズの世界観を踏襲しながら新作シリーズのリブートが始まった。いろいろな意見もあるし、ライミ版に拘るファンには申し訳ないが、私自身は、あらゆる面で前シリーズを凌ぐ傑作に仕上がっていたと思う。  ...
『アメイジング・スパイダーマン』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2012年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:136分  原題:THE INCIDENT  配給:ソニーピクチャーズ  監督:マーク・ウェブ  主演:アンドリュー・ガーフィールド      エマ・ストーン   ...
アメイジング・スパイダーマン (いやいやえん)
アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン共演。 ライミ版は一応3作全て観てあります(あっでも記事ないかも^;)。新生スパイダーマンシリーズですが、後半の子供を助けた男性の協力からのピョン飛び爽快感がいいですね。やっぱりこの浮遊感がないとね。 高...
映画『アメイジング・スパイダーマン』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-65.アメイジング・スパイダーマン■原題:The Amazing Spyderman■製作国・年:2012年、アメリカ■上映時間:136分■観賞日:8月4日、TOHOシネマズ日劇 □監督:マーク・ウェッブ◆アンドリュー・ガーフィールド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)◆エ...