ぽぉぽぉたんのお部屋

季節の移ろい、道ばたの草花、美味しい食べ物、映画や友人のこと、想いがいっぱいの毎日をお話します

「タイのおみやげ」

2017-05-16 | きょうのできごと



タイのお土産はタイビール2種

思っていたよりずっと癖がなく飲みやすい美味しいビールでした。

タイで飲んだらもっとおいしいのだろうね。



バンダナは三角巾にできない大きさ
結べなかったからね

ゾウ柄が可愛いので
首には巻けるかも・・・です


小さなバッグはちょっとしたお気に入りをいれようかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ノー エスケープ 自由への国境」

2017-05-15 | 映画のお話



トランプがメキシコとの国境に「壁」を作ると宣言した

何かで
どこにどのように壁を作るのかというのを
みたような気がする

砂漠は一部分だったろうか、さてどうだったろうか
あまり記憶がない

アメリカへの不法移民があとをたたないのはなぜだろうか
アメリカってそんなに自由なのだろうか
それはきっと
メキシコがどんな国なのかも知らない日本人の私の
脳天気な疑問なのだろう

彼らにとっての大金をはたいて
アフリカからヨーロッパへ
北朝鮮から中国へ
シリアからヨーロッパへと
まともな暮らしを求めてわたる
もちろん、途中何があるかはわからない
でも、きっと無事にたどり着くことを信じていなければ
そんなことはできないはずだ

なんてついていないんだろう
おんぼろトラックはエンジンが故障し
砂漠の中でほうりだされるはめに
これが国境?と思うバラ線のむこうに
アメリカがあった

正直こんな映画だとは思わなかった

砂漠を舞台に命がけの逃避行が延々と続くのだから 

狂気の人間狩り

何も持たない身一つの彼らが逃げ隠れできない灼熱の砂漠で
一人、また一人と狙撃され、猟犬に襲われ
そうして足を滑らせて岩山から落ちてゆく

生き残ったのはたったふたり
どうやって逃げ切れるのだろうか

二人とも、家族の思いや家族への思いを胸に
必死で逃げまどう

これが自由の国?という思いがもたげてくる


いつ殺されるのか、
もしかして終わりがないのだろうかという緊張感の中で
画面にくぎ付けになる

笑える部分が一つもない

残忍なだけの、乾いた砂漠と、点在する棘だらけのサボテンと
逃げ場のない岩山

どうしてこんなことになってしまったんだろう


主人公のイケメンぶりだけが
救いの映画

彼らはハイウェイにたどり着いたのだろうか

そうしてどうなったのか誰も知らない



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ムーンライト」

2017-05-05 | 映画のお話


昔、何かの映画でマイアミが出てきた。
インテリな白人たちが下品なショーに大ブーイングする場面・・・

ある時、夫の実家がマイアミにあるという友人に尋ねたことがある
~マイアミなんてすごいね!
お金持ちの白人ばかりが住んでいる所なんでしょ?~

すると彼女は
~金持ちがいる所には必ず貧乏人や黒人がいるのよ、
お互いそれで暮らしが成り立つようになっているのよ~
というのだ。

アメリカとはそういう所なのかとその時思った。


「ムーンライト」は
アカデミーの作品賞、脚色賞、助演男優賞の3部門受賞のマイアミが舞台の作品だ。

登場人物がすべて黒人なのも異色だろう
そうして、マイアミってこんな所だったと知った。

リトルと呼ばれる少年は麻薬中毒者の母に愛され、
そうしてネグレクトされ、どこにも自分の居場所がない

学校では歩き方がおかしいといつもいじめられている

たった一人の友人のケヴィン、
ある日出会った父親のような存在になるファン

ファンも子供時代は同じ境遇だったのだろう
少年を夫婦で温かく見守ることになる

ファン役のマハーシャラ・アリの存在感が光る

「自分の人生は自分で決めるんだ」
「月あかりでお前はブルーに輝く」ということばが耳に残っている。

人種も貧富の差も職業も育ちも、性的なマイノリティさえ、月明りの下ではみな同じだということなのだろうか

ファンは急逝し、成長と共に母の麻薬とネグレクトは激しくなっていった

だが、少年には母親の様な存在で愛情を注いでくれるファンの妻がいたから
ぐれることもなく育っていったはずだが
過酷になっていくいじめと唯一の友人の裏切りに抑えは外れた

八方ふさがりのなか、手が差し伸べられても
人生は思うようにならないのかもしれない

なりゆきのままにその都度、自分の意思で人生の道筋を決めて
今はファンと同じ麻薬ディラーのような仕事をしている

それでも、成金のようないで立ちとたくましい身体の中には
昔の少年そのまま、やさしい思い出とほのかな恋心が宿ったままだった


日本に暮らしていると、こんな理不尽な世界とは縁遠い感覚がある


アメリカという国は人種差別が撤廃されてから
まだまだ歴史は浅いのだと思い知る
そうして弱者は、自分よりもっと弱い者をターゲットにして生き延びているのだと

彼はこれからどうなるのだろう

ファンのように早死にするのかもしれない




ファン役のマハーシャラ・アリがイスラム教徒の俳優として初のオスカーを手にしたという

ブラピが製作総指揮なのも不思議な映画だ。


2005年のブロークバック、マウンテンを思いだした
でも、全然違う





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「デルス・ウザーラ」

2017-04-06 | 想いで
お題「好きな黒澤明の作品は?」に参加中!
「カピタン」「カピタン」と呼ぶウザーラの声がまだ耳に残っている様な気がします。

ソ連時代のシベリアの自然と、その自然と共に生きるデルス・ウザーラの姿

2年の歳月をかけて、すべてソ連の俳優陣での映画は黒沢作品としては他に類がないでしょう

調査隊の案内人になった猟師役はマキシム・ムンズクというソ連のアジア系俳優でしたが

あとから読んだ本の記録も映画そのまま

というより、映画は記録に忠実に作っていたのですね。

忘れられない映画です。


自然の中では生き生きとしていた彼が年老い

森での生活ができなくなって

やはり都会でも暮らせず、

日に日に追い込まれていく姿は前半とはあまりに対照的でした。


孤独と老いとで精神も病んでいき、生活もままならない中、

カピタンが一緒に暮らせないならばと、自然に帰し、

目が効かなくなってしまった彼のために、

最新式の銃を渡したことが裏目に出て殺される結果になってしまったこと・・・


人の運命とは辛く、思うに任せないものです



デルス・ウザーラは実在の人物


黒沢明監督がこの作品を作らなければ、

私も彼を彼の人生を知ることはなかったでしょう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「チーム apple」からのメール

2017-04-03 | きょうのできごと
時々、迷惑メールフォルダにAPPleからのメールが入っていることがあった。
でも英文なので、ちょっとばかり、「ん?」とは思うものの、面倒なので即削除!

ところが今朝は「通知メールアカウントは24時間以内に確認して下さい」などと、
意味深な見出しで「チーム Apple」からメールが届いていた。

ちゃんと右上にはアップルマークがついている。

親愛な,

Apple IDは、そのApple IDに関連付けられていないコンピュータまたはデバイスのApp StoreからLINE - Live Broadcastingを
ダウンロードするために使用されたばかりです。
前回の購入以降にパスワードをリセットすると、このメールが届くことがあります。

このダウンロードはシンガポールから開始されました。

このダウンロードを開始した場合、この電子メールは無視できます。
自分でダウンロードを開始しなかった場合に備えて通知するために送信されたものです。


このダウンロードを開始していない場合は、 iforgot.apple.com パスワードを変更する, 参照してください Apple ID:セキュリティとApple ID さらなる支援のために。

よろしく,
Apple



よろしくって言われてもね。

なんか請求される厄介なことになる訳?

普段はさして気に止めないのだが、
アップルさんだと何だかよくわからない日本語になるのかしら?
とあれこれ考えると、心ががざわざわする

あれこれ調べてみてもおかしい。



よく考えなくてもアップル使ってないし、
IDも使ってないし、作ってないはず。
って、カードも使ってないからやっぱりいいや

と思いメールの文章を検索してみたら
ありました。

「Appleを名乗るフィッシングメールが届きました」と!
内容もすっかりおんなじ文章でした。

appleのIDを誰かが私になりすまして作ったとして
カードも作ったとして
シンガポールもいったことないけど・・・


今日は暇だったので、くだらないことに心ざわつかせて無駄な時間を過ごしました。
ちなみにappleからのメールには親愛なるの後にちゃんと名前が明記されているとか
誰だかわかんないから、かけなかったってことね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「たかが世界の終わり」

2017-04-03 | 映画のお話



カンヌ国際映画祭 グランプリ受賞のフランス映画が来ているらしい         

カンヌのグランプリは面倒くさい作品が多いのでパスしようか・・・

と、思いながらも、面倒くさい原因の重さややぼったさがいいのよねと思いなおす
作品としてのよしあしというより、イライラさせられる内容で辟易することが多いのだ
もどかしかったり、うんざりしたり、疲れるのは年齢のせいかもしれない

最近フランス映画観ていないなあと思いながら
思い切って出かけた。


劇場には数人、すでに鎮座していた。

観終えて、
「なんだかなぁ」というのが正直な感想

家族がテーマの作品だが「愛情」も感じられる

愛情と憎しみは紙一重

家族だからこそ、正直、感情的になるのだろう

12年前、いったい何があったのだろうか
22歳の青年がどんなふうに家を飛び出したのか、想像するしかないが
目いっぱいおしゃれをして、フルコースのランチをこしらえる母
今の状況ではそれが母親にできる精いっぱいの愛情なのだろう

代々の名をどうして長男でない彼に継いだのか・・・
本当の理由は何なのだろう

始終不機嫌にふるまう兄の心の中も見えるようで見えない
みな、自分の心の内を出しているようで出していないような気がする

始終苛立つことで精いっぱいの防御をこころみているようだった

もちろん家族の誕生日ごとの手紙だけで、家を捨てた自分の行動を穴埋めすることはできない

せめて家族に会って、愛おしくまなざしをかけたことが救いだろうか

たかが自分の世界が終わるだけ
家族の世界は終わらない

自分の道を選んで飛び出した以上
今更、最後の別れを言いにくるだなんて

みな精いっぱい生きている

彼のようにマスコミにもてはやされるような、成功もしていない
ただ実直に生きているだけ

飛び出したルイの告白を聞く余裕がないようでいて
最後は兄も母も気づいていたのではと思うところもあった



天才と名高い、グザヴィエ・ドラン監督はまだ27歳だという

私の思う家族と彼の思う家族はたぶん違っているだろう。
それでも、家族の個々の心情はうなづけるものがあったし共感もできたところもあった

「不完全なモノを撮りたい」と監督は言っていたそうだが・・・

相変わらずカンヌのグランプリは後味がよくない

わずかな共感とあきらめと暗くて重い気持ちを引きずる

若さとはたぶんそんなものだろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「春がちかづいて」

2017-03-20 | きょうのできごと
先月の終わりごろに風邪をひいてしまった。

ずっとひかないでいたはずの風邪はねらうようにひょいと入りこんだ。

歯医者に行って口を開けっぱなしにしたせいだろうか・・・
ぐらいに思っていたのどの痛みも日に日に増してきて
目がかゆくないので、どうやら花粉症の痛みともちがうとは思っていたのだが

早々に病院に駆け込みたかったのだが
あいにく行きつけの近所の医院は学会とやらでちょうど休みに入ったところ

どうしても外せない用を終えて
帰りに以前行っていた病院に飛び込もうかと計画していたが
強風でなかなか思うように進めない有様

ずっと西側にある病院へは
この西からの強風に立ち向かっていくしかないので
自転車を引きながらあきらめて帰った

家人が帰宅して「乗せていこうか」と言ってくれた時には
既に閉院時間になっていたから仕方がない

以前通っていた西方向の病院も
先生が年老いて、7時までやっていたのも5時になり
いつの間にか土曜も休みになっていた・・・

1年近く風邪をひいていなかったことに気づき
この久しぶりの風邪はなかなか厄介になると感じていた。

花粉症の季節は鼻も喉も荒れてしまっていて
ウィルスが容易にくっつきやすく離れないのだ

長引いて、お泊りするはずだった実家にもなかなか行けずじまい
奮闘している妹の様子が目に浮かんでくる
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「好きな時代劇」

2017-03-12 | 想いで
お題「好きな時代劇番組は?」に参加中!
時代劇が好きだった。

過去形になるのは
今はめったに見る機会がなくなってしまったからだ

もうずいぶん昔のことになるのかもしれないが
午後の時間帯は再放送をやっていて
よく見ていたものだ。

特に「大岡越前」が好きだった。

水戸黄門と順繰りに再放送していて
いったんシリーズが終わると
最初の部に戻ったりするのが楽しみだった。

特に初めの頃の大岡越前はみな若々しく
加藤剛や竹脇無我が初々しい。

雪絵役は平淑恵が好きだった。

父役の片岡千恵蔵、母の加藤治子と
大御所もたくさん登場してくる

同心の村上役の大坂志郎も
将軍役の山口崇もなつかしい。

品のいい時代劇で
事件が一段落すると
みなで和やかにお茶を囲んでいるその雰囲気が
とても好きで安心して見ていられた。

機会があったらまた鑑賞してみたいと思う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鳴子にて」

2017-01-26 | 想いで
テレビを見ていたら、手頃な温泉旅館を紹介していた。

リニューアルして女性客をターゲットにしているようでなかなか良かった。

たまたま空いていた日を予約した。

そうして、母と娘と私の女の正月
とはいかず、
娘のパパも一緒の冬の鳴子温泉の旅となった。

        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「紙ごみ事件」

2016-12-20 | きょうのできごと
明日は紙ごみの最終日だ。
いつもなら生協に出してリサイクルポイントをゲットしていたのだが
持っていくと回収中だったり、点検中だったりと
このところタイミングが合わない。

というのは口実で
本当は、カードが見当たらなかったり、
自転車に積むのが億劫になったりで寒さのせいもあるのかもしれない

そんなわけでこれでもかというくらい、
雑紙、新聞、段ボールとたまってしまった。
紙袋に10個ほども貯めてしまったから今までにないことだ。

さて、明日はまた寒くなるという。
今日はまだ温かい。
夜になってもまだ外は意外と温かい。

ということで、家人が寝静まった頃、
出すことに決めて台車に積んで2回に分けて出しに行った。

当然、ごみ置き場の鍵は閉まっていた。
開けて種類ごとにおく場所が決まっているので
より分けてやれやれと
鍵を閉めて帰ろうとした。
が、カギは閉まったのだが、抜けない。

もう一度開けてみるがやはり抜けない。
どういうことなの?と、何度か開けたり閉めたりしてみたものの
やはりカギはぬけない。

最初はうっそ~ぐらいに思っていたが
こころがざわついてくる。
鍵が抜けないということはマンションに入れないのだ。

残念ながらサンダル履きの身一つにエプロン姿。
ポケットには鍵のみといういで立ちだった。

契約していた緊急時の鍵の店舗があるはずと
小走りに行ってみるが当然閉まっている。
電話しないとダメなわけ?らしい
でも、携帯ももっていない私

助けてくれそうな同類の夜間ゴミ出し住人も
帰宅してくる住人も
だれひとり現れない・・・

仕方がない
寝入りばなの家人を起こすしかないのだ

何度も何度も部屋番号を押して呼び出す
ドアがあいたがそれでは解決しないので
カギが抜けないので助けてとお願いする

憮然として降りてきた家人は
数回やっていたもののカギを抜いた!

なんで抜けるのという不可思議さと
ただよかったと思う安心感と申し訳なさがごっちゃになって
平謝りの夜であった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加