ぽぉぽぉたんのお部屋

季節の移ろい、道ばたの草花、美味しい食べ物、映画や友人のこと、想いがいっぱいの毎日をお話します

「春がちかづいて」

2017-03-20 | きょうのできごと
先月の終わりごろに風邪をひいてしまった。

ずっとひかないでいたはずの風邪はねらうようにひょいと入りこんだ。

歯医者に行って口を開けっぱなしにしたせいだろうか・・・
ぐらいに思っていたのどの痛みも日に日に増してきて
目がかゆくないので、どうやら花粉症の痛みともちがうとは思っていたのだが

早々に病院に駆け込みたかったのだが
あいにく行きつけの近所の医院は学会とやらでちょうど休みに入ったところ

どうしても外せない用を終えて
帰りに以前行っていた病院に飛び込もうかと計画していたが
強風でなかなか思うように進めない有様

ずっと西側にある病院へは
この西からの強風に立ち向かっていくしかないので
自転車を引きながらあきらめて帰った

家人が帰宅して「乗せていこうか」と言ってくれた時には
既に閉院時間になっていたから仕方がない

以前通っていた西方向の病院も
先生が年老いて、7時までやっていたのも5時になり
いつの間にか土曜も休みになっていた・・・

1年近く風邪をひいていなかったことに気づき
この久しぶりの風邪はなかなか厄介になると感じていた。

花粉症の季節は鼻も喉も荒れてしまっていて
ウィルスが容易にくっつきやすく離れないのだ

長引いて、お泊りするはずだった実家にもなかなか行けずじまい
奮闘している妹の様子が目に浮かんでくる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「好きな時代劇」

2017-03-12 | 想いで
お題「好きな時代劇番組は?」に参加中!
時代劇が好きだった。

過去形になるのは
今はめったに見る機会がなくなってしまったからだ

もうずいぶん昔のことになるのかもしれないが
午後の時間帯は再放送をやっていて
よく見ていたものだ。

特に「大岡越前」が好きだった。

水戸黄門と順繰りに再放送していて
いったんシリーズが終わると
最初の部に戻ったりするのが楽しみだった。

特に初めの頃の大岡越前はみな若々しく
加藤剛や竹脇無我が初々しい。

雪絵役は平淑恵が好きだった。

父役の片岡千恵蔵、母の加藤治子と
大御所もたくさん登場してくる

同心の村上役の大坂志郎も
将軍役の山口崇もなつかしい。

品のいい時代劇で
事件が一段落すると
みなで和やかにお茶を囲んでいるその雰囲気が
とても好きで安心して見ていられた。

機会があったらまた鑑賞してみたいと思う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鳴子にて」

2017-01-26 | 想いで
テレビを見ていたら、手頃な温泉旅館を紹介していた。

リニューアルして女性客をターゲットにしているようでなかなか良かった。

たまたま空いていた日を予約した。

そうして、母と娘と私の女の正月
とはいかず、
娘のパパも一緒の冬の鳴子温泉の旅となった。

        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「紙ごみ事件」

2016-12-20 | きょうのできごと
明日は紙ごみの最終日だ。
いつもなら生協に出してリサイクルポイントをゲットしていたのだが
持っていくと回収中だったり、点検中だったりと
このところタイミングが合わない。

というのは口実で
本当は、カードが見当たらなかったり、
自転車に積むのが億劫になったりで寒さのせいもあるのかもしれない

そんなわけでこれでもかというくらい、
雑紙、新聞、段ボールとたまってしまった。
紙袋に10個ほども貯めてしまったから今までにないことだ。

さて、明日はまた寒くなるという。
今日はまだ温かい。
夜になってもまだ外は意外と温かい。

ということで、家人が寝静まった頃、
出すことに決めて台車に積んで2回に分けて出しに行った。

当然、ごみ置き場の鍵は閉まっていた。
開けて種類ごとにおく場所が決まっているので
より分けてやれやれと
鍵を閉めて帰ろうとした。
が、カギは閉まったのだが、抜けない。

もう一度開けてみるがやはり抜けない。
どういうことなの?と、何度か開けたり閉めたりしてみたものの
やはりカギはぬけない。

最初はうっそ~ぐらいに思っていたが
こころがざわついてくる。
鍵が抜けないということはマンションに入れないのだ。

残念ながらサンダル履きの身一つにエプロン姿。
ポケットには鍵のみといういで立ちだった。

契約していた緊急時の鍵の店舗があるはずと
小走りに行ってみるが当然閉まっている。
電話しないとダメなわけ?らしい
でも、携帯ももっていない私

助けてくれそうな同類の夜間ゴミ出し住人も
帰宅してくる住人も
だれひとり現れない・・・

仕方がない
寝入りばなの家人を起こすしかないのだ

何度も何度も部屋番号を押して呼び出す
ドアがあいたがそれでは解決しないので
カギが抜けないので助けてとお願いする

憮然として降りてきた家人は
数回やっていたもののカギを抜いた!

なんで抜けるのという不可思議さと
ただよかったと思う安心感と申し訳なさがごっちゃになって
平謝りの夜であった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「地下鉄で」

2016-12-10 | きょうのできごと
父のいる病院へ時々地下鉄で出かけることがある

お天気のいい日や穏やかで暖かい日は
運動不足解消と母のリハビリのために
地下鉄に乗る

家から駅まで歩き、地下道にたどり着いても結構歩く
乗るまでに20分ほどかかることもある

階段の上り下りもあっていい運動になる
そうして、使うこともないと思っていた
母のイクスカもどんどん減ってゆく

ある日のこと、
ちょうど地下鉄が入ってきていたようで
私たちには乗るのは無理だとあきらめていた

ところが私たちのすぐ前の方が乗ったので
つられて飛び乗ってしまった

すぐ閉まったドアを背にして
腕を組んだまま、二人で笑いながら
さてとという風に振り向くと
同時に二人の中年の女性がはじけるように立った

すみませんとお礼を言いながら
母を座らせていただくと
もう一人立った女性が
どうぞあなたも隣に座ってとおっしゃる
お言葉に甘えて母の隣に座った

お二人はたまたま隣の席に座っていらしたようで
知り合いではなかったようだった
しばらくその辺に立っていらしたが
少ししてお一人は降り、もう一人の方は
たくさん席が空いた時にまた座られたようだった

それから数日後の夕方
いつになく帰りの地下鉄は混んでいた
母と私が最初から立ったのは初めてのことだった

どう見ても、白髪で腰の曲がった小柄な母は
老婆でしかないのに
座席に座った若い女性たちは
楽しそうにスマホに興じていて
目の前に立つ老婆には目もくれないようだ
何だか寂しい気がした

あの時、瞬間にはじけるように立った女性たちは
母のような親を持つ年頃だったのだろうか

美しい口紅の若さはじける女の子たちには
そんな未来の姿など思いも及ばないのだろう

それにしても寒々とした光景だった
たくさんの若者たちの中に
ちいさな老婆がしがみついて揺れているさまは・・・

だれ一人としてこの老婆の姿を見ようとしないのだから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ICU脱出」

2016-11-29 | 想いで
血液透析や人工呼吸器までついているので
点滴やら手術部からの管を合わせると
数えるのも億劫なくらいの数になる

血圧が下がった、酸素濃度の数値が下がったと
始終、警告音が鳴っていたはずなのに

一つはすれると管がはずれるのはスピードアップする

2週間たった今日、面会に訪れると
経口でゼリーの昼食が始まっていた

車いすに乗る練習だと
ベッドに30分ほど起き上がって座っていたのはおととい

面会に行くなり、一般病棟に移ると告げられ
3時にお引越しという

そうして今日は
立って歩く練習までしたらしく
ずいぶんと疲れ果てていた

ゼリーの夕食も食べる元気がない


心臓が強靭だったからか回復が目覚ましいのだろうか
あんなにたくさんの器械たちに操られても
持ちこたえていたのだからすごい

2週間いたICU脱出

次々と変化がありすぎて
用意してくださいというものがどんどん変わり
もはや私たちも追いつけない速さだ

こちらはめちゃくちゃになった生活から
掬えるものも見つけられないでいるような思いなのに

本当に何だかわからなくなってくる




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょうのできごと

2016-11-17 | 想いで
パソコンを先日開いたら、別物になっていて
デスクトップに広げっぱなしの書類たちがなくなっていた
立ち上がった画面もまったく私のものではない

あれこれいじくっていたら書類たちがあったが
どうやってたどり着いたのかさえ分からずじまい

サポートに電話してもなかなかつながらない。
2日かかって
サポートを受けながら復元するために
バックアップをとるためのUSBをとりあえず一番近いヨドバシに
買いに出かけた。

帰宅して電話したもののなかなかつながらない
夕方だし、時間もかかりそうなので
あきらめていったん電話を切ったときに
すぐ電話が入った

母が慌てて「大変なの」を繰り返す

病院嫌いの父を数日説得して
妹が病院に連れていく手筈になっていた

妹は来ているらしいので電話を代わってと頼むと
背後に男性の声がした
とっさに救急車が来たのだと思った

病院が分かり次第、電話をもらうようにして切った
父の腹痛はなんだったのだろう

国立病院に駆け付けたが
重篤だが手術が詰まっていて12時をすぎないとできないという
それでは持たないので市立病院に搬送すると聞いて
実家に一人いる母を迎えに行く

駆けつけると家の中は真っ暗で母の姿がない
母を呼びながら奥まで入ると
夫が手前の部屋で母を見つけた

急に停電したらしく
真っ暗な中に独りいた母
どんなにか不安だったろう

ブレーカーを上げて
台所に散らかった数本の線香を見つける
ろうそくを出した時のものだろうか

母をつれて病院へ
手術はずいぶんかかっているようだ
12時、1時、2時、
眠っている父の姿を見たのは2時を回っていた

腸閉塞、敗血症、多臓器不全

安堵と怒りと哀しみとが疲労とともに襲ってくる





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「怒り」

2016-10-09 | 映画のお話

邦画はあまり見ないのだが
パルコⅡにできた東宝シネマを
初めて訪れるきっかけになった

仙台にまた東宝が戻ってきたのだ

「怒り」は
豪華メンバーがそろっての作品
それなりに観ごたえはありそうだと思ったが
やはり感じることの多い作品だった

宮崎あおいの演技力はなかなかのもの
男性陣も演技派ぞろいで
渡辺謙の漁師町の父親役もよかった

人との関わりは難しい・・・

親切心からの行為も
相手を狂行に走らせることになるのかと思うと
おぞましいだけでは済まされない

信じ通すことの難しさ
たとえ相手が猟奇的な殺人犯でも
最後まで信じ切ってあげられるのだろうか
自分のためではなく相手のために


理不尽な社会を
何とか生きている人々があふれている

今は普通に暮らしていても
いつか不条理な出来事に巻き込まれることが
もしかしたらあるのかもしれない


生い立ちや社会のひずみで
心がむしばまれてしまった人たちが
いまやあふれているのだから・・・

信じることは難しい
気づくことも見破ることも難しい

真実を知ることはもっとむずかしいのかもしれない


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「金木犀の日」

2016-10-02 | 草花のささやき
今年の金木犀の日は9月22日

その日から何度か自転車で行き来している道があった

行きは何でもないのだが
帰りはその辺りでふわっと金木犀の香りがする

翌日も通ってやはり帰りに香りが漂った

どこだろうと目をやると
あった! 銀木犀だ!

今年は金木犀の日ではなく
初めて銀木犀の日になった。


目立たないけれどしっかりと香っている

シルバーのきりりとしたいでたちが
素敵な銀木犀だ



今年も実家の金木犀は相変わらず
パッとしない
植木屋さんが入ってから
どうもさえない状態が続いている

27日に訪れた一番町の金木犀も満開だった
普段は目立たないが
花の時期は甘い香りを漂わせてしっかりと主張している

近くの学校の歩道際に数本ある金木犀も
大木で花をたくさんつけている

今はもう小さな花々が散リ敷いて
桜のように名残惜しさが残る風景だ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「お月見」

2016-09-20 | 想いで
きれいな月が出ているとしばし眺めていることがある

我家は夏の夜はカーテンを閉めないので、月が出ていれば自然と目に入ってくる

満月だったり、繊細な三日月だったり、
オレンジ色でいつになく大きかったりすると
目が止まるから不思議だ

月を愛でるという行為は
子供の頃にお月見をきちんとやっていたからだろうと思う

お月見は結構大切な行事だったように思う
お団子はもちろんの事、
お芋や栗、ススキや萩を飾って
ちゃんとお月見のセットをこしらえて眺めたものだ
そうして小さい時はお月様がそれらを眺めるのだと思っていた

まだ幼いころ、幼稚園だったか、小1だったか
近所のお友だちとススキを採りに出かけた

友人がお母さんの鋏を黙って持ちだして
すすきはとってきたものの
途中で鋏のねじか何かを落としてしまって
そんなことにも気づかず帰って
叱られたことを覚えている

二人で記憶をたどりながら
どこに落としたものかと
探しに行ったものの見つからなかった・・・

友人が私のせいにして
なおさらお母さんに叱られていたような気がする

私は引っ込み思案だったので
何も言い返せなかったのだろうなあ~

だからこそ、いつまでもそんな昔の事を覚えているのだろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加