そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

下着泥棒の復興大臣は核武装論者、農水大臣はカネとヤクザまみれ、臨時国会もなく密室論議、何が民主主義だ

2015-10-17 | 戦争
安倍晋三の新内閣に入れてやった新人大臣の素性が怪しくなってきた。その最右翼が、下着泥棒だった高木毅復興大臣である。なんでも好きだった女の子の家に侵入して、タンスから下着などを盗んだとのことである。本人も否定していない。父の威光で示談に終わっているようである。
初当選した時には、敦賀市長の父の七光りで当選している。父の高木孝一は原発推進論者である。この敦賀市長は、地元出身の水上勉が反原発発言をするや、圧倒的政治力で封じ込めてしまっている。最近になって、一滴文庫も日の目を見るようになったが、地元からは総スカンをくらわせていた。
高木孝一敦賀市長は、「原発は金になる。」と、全く正直に吐露している。「50年後や100年後生まれた子供がみんな障害者でも問題はない。」と発言している。安全性や住民のことなど全く考えていない。そもそも、原発への基本的な知識も疑わしい発言といえる。その父の後ろ盾で当選した息子が、原発振興を掲げないわけはない。よりによって、こうした人物をわざわざ、東北の復興大臣に、安倍は指名したのである。原発再稼働へのシグナルとみてよい。下着泥棒するような人物の資質を疑うのは良いが、面白おかしい報道に目が行ってはならない。福井県は稲田朋美のウルトラ右翼に感化されて、極右翼の議員ばかりになってしまった。

同様のことは、農水大臣に指名した森山裕も同じである。TPP参入反対の急先鋒であったばかりか。「TPP参加の即時撤回を求める会」の会長までやっていた人物である。これまでの主張とどのように整合性を突けるつもりなのかは知らないが、最近になって暴力団との黒い関係が早速指摘されている。談合に関与して鹿児島県の指名停止を受けた複数の業者から、11年から3年にわたり690万円の献金を受けていたことも発覚している。全々農水大臣の、西川公也も同様の問題が説明できずに、辞職に追い込まれている。もっとも西川の場合は大臣としての資質そのものに問題があった。
「カネ」と「ヤクザ」にまみれた、森山農水大臣である。このまま続けていいのか。

文科大臣になった元プロレスラーの馳浩であるが、教員時代に竹刀がボロボロになるまで体罰を加えていたと述べている。当時は、体罰の必要も訴えていた。こんなでかい男に竹刀で叩かれた日にはたまったものではないが、今は大臣の椅子が欲しくて反省しているとのことであるが、こんな人物をよりによって文部科学大臣に据えてい良いのであろうか?まったく時代にそぐわない人選といえる。

安保関連法案を強引に一国会で通すために、最大の国会延長を行ったあおりである。臨時国会が開かれない。安保法(戦争法)の運用などについてや、TPP交渉の経過や内容や対策などや、辺野古新基地建設に関係する諸問題や、消費増税などや、国会で審議しなければならないことが山積している。通常はこの時期には臨時国会が開かれるはずである。野党も臨時国会開催の要求をするようである。
しかし、このような不祥事を抱えている安倍晋三の内閣が応じるとは思えない。例えば消費増税に伴う諸問題は、自民党と公明党だけで密室でやることになる。安保法案と同じである。これこそ民主主義の否定である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軽減税率の導入が何故必要な... | トップ | 毎月忘れない、戦争法の成立... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (和久希世)
2015-10-18 15:21:50
先程、こちらにTBさせていただいた記事、まだ題名を書いていませんでした。
それで同じ物を2回もTBさせて頂くことになりました。
題名のない方を、削除して頂けたらと願っています。

お手数をおかけしてお許し下さい。
とんだ慌て者でお恥ずかしい限りです。
Unknown (タンケ)
2015-10-18 20:31:51
「何を今さら!」というため息しか出ないが、アベシンゾーの庶民を苦しめまくる出たらめやり放題政治やその閣僚らの破廉恥恥知らずの醜態を知れば知るほど、これらは巷に沸き起こっている「陰謀論」があながち嘘でないように思えてくる。アベシンゾーらの手口を見ていると、醜態大臣を揃えて我々日本人庶民が政治に愛想を尽かし、無関心になるように策謀しているようにさえ思えてくる。

指導者としての誇りも矜持も責任感も持ち合わせないように見えるアベシンゾー以下ジミンコーメー民主らの政治稼業の皆さん、かつて命を賭して大戦争を戦いその多くは無念の最後を遂げ、生き残りは敗戦後焼け跡から奮起し日本を再興したのに、日本の今のこんな状態を知れば彼ら先輩は今頃草葉の陰で嘆き悲しんでいることでしょうよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
安倍内閣の中でも、目を覆いたくなるような酷い過去を持つ3人の閣僚 (Dendrodium)
安倍内閣閣僚の酷さを、「そりゃおかしいぜ第3章」さんが詳しく書いておられる。 以下に全文を複写させていただくが、 よくまあここまで酷い内閣を、財界もマスコミも放置しているものである。 高木復興大臣の場合、父の高木孝一は、以前私もブログで取り上げた事があ...