自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

京王閣フリマ 2016

2016年04月17日 13時46分25秒 | イベント
京王閣フリマに行ってきました。
「今」必要なモノがある訳ではありませんが、行かない訳にはいきません。
とにかく「見るだけ」でも行く価値があると信じてHolksでぶらり出かけました。

駐輪場に着いたのは10時を少し過ぎたころ。
いつになく駐輪場は混んでいて、自転車を立てかける余地はありません。
こんなこともあるかと思い持参したTOPEAKのフラッシュ スタンド(過去のブログをご覧下さい)で自立させました。

いよいよ入場。



なぜか、ワクワクします。きっと、ビョーキです。



近づくとやはり来場者が明らかに多い!

既に各ブースには人だかりができています。



ゆっくりのぞきながら会場を回ります。
最も多くの人だかりができていたのはやはり「浅麓堂」さん。



物量もさすがです。

おもいおもいのパーツを陳列している方。









こちらもなかなかの物量。



ぶらぶら見て回ります。





フリーホイールのスプロケットが目に留まったので・・・





初期のデュラエース スプロケットです。
私も使っていました。

お宝はありそうでしょうか?



このブースは、目黒のビンテージショップ「CorsaCorsa」さん。



モールトンに関連するパーツを多く扱っている方。





「CAMBIO工房」さんのブース。



カンパニョーロ、サンプレックスのデータブックに続き今回はサンツアー編。
2冊にわかれ結構ボリュームのある内容です。
本日発売開始!だそうで、私も購入しました。

どんなモノがあるか一応丹念にチェックします。




ウールジャージを扱っているブース。



ビンテージ ツーリングパーツ。



11時頃、更に会場は賑わっています。



こちらは、自転車バックを製作されているショップ。



「BACCHAUS」さん。
オンラインショップもあるそうです。オーダーも受けられるとか。

カンパのグランツーリズモ。





私も持ってます。・・・が、使う予定の全くないコレクションパーツ。

こちらもなかなかの物量。



細山製作所の細山さん。



「銀輪庵」さん。



ベロクラフトの商品やツーリング系小物が充実。
一度、ショップにも伺ってみたいですね。

ブレーキアウターを製作している「ニッセン」さんも出店されていました。



ニッセンさんのことは、改めてブログにしたいと思います。


気になる自転車とフレーム。

プジョー



1970年前半、自転車に興味を持ち始めた頃のモデル。
フランスパーツでまとめられヘッドアングルが立っているのが特徴でした。
輸入元もヤマハだったと記憶しています。

トーエイ



アマンダ



ステアリングの上部にアマンダ オリジナルキャリアを取り付けています。


何も買わないつもりだったのですが、2つだけ衝動買い。

一つは、カンパのビンディングペダル。



これは、Crescentで使っているものと同じもの。
程度も良かったので予備に。
3,000円
使う人は、珍しいですから。

もうひとつは、カンパのWレバー。



レバーだけ。
これも予備用。

予備用予備用と言って購入してますが、ホントに使うことあるのかなぁ。
やっぱり、ビョーキなんですよ。












ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜 満開 | トップ | 京王閣フリマ 2016 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事