自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

LEZYNE スプロケット リムーバー

2017年02月05日 16時40分44秒 | 工具
たまたま寄ったショップで以前から探していたスプロケット リムーバーを見つけたので購入しました。




LEZYNE製です。



スプロケットを外す工具は、昔に比べ現在ではたくさんの種類が販売されています。
価格もさまざま。
LEZYNEは少し高めですが、この手の工具にしては珍しくグリップが木製。
デザインが気に入ってました。
(以前もブログで書きましたが、LEZYNEの製品はデザインが洗練されています)



チェーンにも「LEZYNE」の刻印が入っており、対応スプロケットは8・9・10・11Sいずれも可。
年に何回も使いませんが、趣味の世界。
使う時の楽しみです。


これまで使ってきたのは、サンツアー製。



40年ほど前のものです。
当時のスプロケットは、カセットタイプではなく、「フリーホイール」と呼ばれる単体で機能するものでした。
そのためスプロケット交換には工具が2つ必要で、その工具もそれほど選択肢がありませんでした。
サンツアーは、マニア向けにこういった工具も揃えていたのです



機能は単純で現在と変わりませんが、唯一変わった点といえばチェンの幅。



現在のスプロケットは11Sとなるなど歯は薄く歯間も狭くなりました。
写真の工具も購入した当時は、トラック用の1/8のチェーンが付いていましたが、その後自分でセディスポーツ(ナローサイズ)に交換し使っていました。
使えなくもないのですが、今回カセットスプロケット用に新調です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車レーン

2017年02月04日 22時34分41秒 | その他
片側二車線の道路には、車線を区分するセンターラインが引かれています。
大抵の場合、道路中心よりもやや右側よりで左車線の幅が広く取られています。
左端を自転車等が走るスペースを確保するためだと思っていました。
ほとんどのドライバーは、左側の幅の広い道路では、少しセンター寄りを走ることで、自転車もクルマもストレス無く走ることを心掛けています(と思っています)。

ところが、時々、肩越し間近を追い越すクルマが現れます。
「なんでこんなに広い車線の左側を走りたがるのか!」
少しイラッとする気分を抑え、安全を心掛けてペダルを踏むのですが、原因はドライバーの癖?

運転をしている多くの人は、無意識に道路の真ん中を走っています。
それは、道路が狭くても広くても・・・。
結局、幅の広い道路でもその真ん中を走ると、自転車にとっては、左に寄られた感じになってしまいます。
何とかならないものか、と常々思っていたところこんな作業風景に出合いました。



自転車通行帯と呼ばれる自転車レーンのペイント作業。
たかがペイントと思われそうですが、施工されている区間を走ってみると意外と効果的で、クルマはこのレーンを避けて右寄りに走行しています。

クルマと自転車、お互いにストレスなく上手く共存できる道路環境が整うことを期待したいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加