~わさび農家の山しごと、山暮らし通信~

伊豆、下田のわさび農家です。
緑の山々と田畑の広がる、のどかな山里での暮らしを父ちゃんと母ちゃんが語ります。

カフェの前夜

2017年02月18日 20時06分21秒 | 




カフェ前夜、家中に広がるいい香り。
橙ピールにピールチョコ、きんかんケーキ……、旬のものをせっせと仕込む午後。
山盛りのフキノトウに、わさびの花もある! 
春の気配に台所も華やか、賑やかです。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年、もじり講習会

2017年02月16日 23時57分59秒 | グリーンツーリズム


2017年、もじり講習会第一回目。
予想を上回る、定員超えにてスタートしました。
賀茂地区各地から色々な人が集まり技を学ぶと共に、
人との繋がりが生まれる楽しい時。
竹割りに苦戦し、ひたすら竹削りに没頭し、それぞれが竹の扱いに悪戦苦闘。
結果、たっぷりの宿題、持ち帰りとなりました…。







うなぎ漁には様々な方法がありますが、もじり漁は乱獲を防ぎ、
またうなぎとの知恵比べの要素が詰まった昔ながらの理にかなった漁法です。
初夏の漁、そして”うなぎ祭り”まで、ぎっしり内容の詰まった”おとなの講習会”。
自分の手で捕るうなぎはきっと格別です!

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 おとなの講習会・うなぎもじり&竹細工作り

2017年01月28日 22時51分06秒 | グリーンツーリズム


2017年 おとなの講習会・うなぎもじり&竹かご作りを開催いたします。

夏、わが家の子どもも大人も夢中になる”うなぎ捕り”。
昔ながらの竹を用いた”うなぎもじり”を使った漁は実に絶妙で、面白い。
そしてそのもじりは、工芸品の様に美しいのです。

身近にある材料で仕掛けを作り、生きものを捕り、いただく。
昔からその土地に伝わる営みを学び、受け継ぎ、
次の世代に伝えていくことは大切な事と思います。





近年、もじりを作れる人も少なくなっていくなか、是非
”もじり”の作り方を学びたいと企画してみました。
地元で長くもじりを作り、子ども達にも仕掛け方を教えて下さっている方を
囲んでの”おとなの講習会”。
昨年は、計4回の講習を経て、夏には作ったもじりでうなぎを捕り、
「うなぎを食べる会」を開くことができました。

本年はうなぎもじり、または竹かごつくりの講習としますが、
竹を割り、竹ひご作りなど、全て自分で材料を作るため時間がかかります。
計4回の講習を予定しており、2回目以降の講習日は、
第1回講習の際に参加した方々の予定を合わせて決めます。





自分で作ったもじりで捕るうなぎ、いくつになっても面白いものです。
また竹かごも好みに応じてアレンジできる奥深い細工です。
寒い冬だからこそできる、冬の手仕事。
ぜひ、皆さんのご参加お待ちしています。


●日 時 2月16日(木)13時~

●参加費 3000円(材料費込)

●持ち物 小振りの鉈(なた)

●参加募集人数  6名

●備 考 参加希望の方はメール、または電話にてご連絡下さい。
     先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。
    参加者には持ち物などの詳細をご連絡いたします。

里山コテージでの宿泊、近くの宿泊施設のご案内もできます。
お気軽にお問い合わせください。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

別れ

2017年01月25日 23時00分52秒 | その他


雪のちらつく寒い日に、友人が逝ってしまった。
中高短大ずっと一緒で、いつもじゃれあっていた私たち。
”親友”では言葉が足りなくて、姉妹のように過ごした日々。
約一年半の闘病生活。辛いはずなのに彼女もご家族もいつも笑顔で…。

年明けに緊急入院して、駆けつけた病室でも相変わらず響く笑い声。
「みんな優しくて、私しあわせ…」と微笑んでいた。
痛くて、息苦しくて、心細くてたまらないはずなのに…。
「また会いに来るよ!」「うん、会いに来てね!」と抱き合って別れたその数日後、突然、逝ってしまった…。

頭は真っ白、胸にはぽっかり穴が開き、ぬぐってもぬぐっても涙が溢れる。
次々に浮かぶ彼女との思い出と、一緒に歩いて行きたかった…という思い。
そしてどん底でたまらず、映画『湯を沸かすような熱い愛』を観た。
様々な人や物に愛は注がれ、私は彼女のことを忘れる事はないし、ずっとこれからも私の中で生き続ける。死は無ではない、とやっと思えた。

離れていてもいつも近くに感じていた彼女の存在。それは今も変わらない。
「ありがとう、ありがとう」。
やっぱり言葉では足りないけれど、私の言葉、私の思いが届いていることを信じています。


                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年、冬カフェ

2017年01月13日 22時17分49秒 | 


台所から漂ういい香り。
2017年、希望満々に始めたくて、希望満充(まんじゅう)を焼いてみました。
このおまんじゅう、芋あんをクッキー生地で包んで焼いた、母校オリジナルのお菓子。
約70年前の戦時中、小豆が手に入らないなか、生徒たちのお腹を、
心を満たしてあげたいと考えられたもので、
入学式や卒業式など、節目節目に出された、思い出深いひと品です。
気持ちにガツンとパワーの入る、母ちゃんのソウルフード。
2017年が希望に満ちた日々でありますように、願いを込めて…。

今週日曜は月に一度の縁側カフェです。
希望饅頭でスタートです~

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年、新年。

2017年01月04日 23時49分14秒 | わさび


明けましておめでとうございます。
三が日は珍しく自宅でゆっくりと過ごし、穏やかなお正月になりました。
お節を食べ、凧揚げ、海さんぽ、ゴロリと昼寝…。
これぞ日本の正月、いいものです。









4日、氏神の神明神社へ家族そろってお参りして、仕事始めとなりました。
本年も心身共に健やかに過ごしたいと願っています。
よろしくお願いいたします。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走…

2016年12月17日 00時31分49秒 | わさび


師走、初霜、瞬く間に暮れに突入の予感。
苗の間引き、わさびの収穫、出荷、沢洗い、植え付け…。
クリスマス、大掃除、年賀状、餅つき、おせち…。
さてさて、どこまでできるのか、農家の嫁の師走…。





年末は縁側カフェをお休みさせていただきます。
次回のカフェは2017年の1月15日(日)となります。
本年もありがとうございました。
どうぞ良い年をお迎えください。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガニ汁&芋汁まつり!

2016年11月21日 08時19分55秒 | グリーンツーリズム




爽やかな秋晴れのもと、「ガニ汁&芋汁まつり」を開催しました。
10月のズガニ漁解禁より、せっせと漁に励んでいた父ちゃん。
朝に夕に川に通い、獲ったカニの数、約40杯。
一方、漁の師匠は立派な自然薯をまつりの為に用意して下さいました。





ガニ汁は、カニは全てばらし、
ミキサーにかけてドロドロにし、何度もさるで濾して濁り水を作ります。
それを火にかけ沸騰させると、
カニのたんぱく質がポロポロとしたそぼろ状になり、汁は透明に。
とうふ、ねぎを入れ、味噌で味を調え、
さいごに取り分けて置いたカニ味噌を入れると
黄色い菊が花を広げたような美しい汁になります。



芋汁は自然薯をすり鉢に擦り、擦りこぎでよく擦ってから、
濃い目の味噌汁でときます。
ぬるぬる、時には痒くなる芋を根気よく混ぜ続けてくれたのは子ども達。
ゆっくり時間をかけて、みんなで作る。いい時間です。





さいごに、大きめのズガニを大鍋で丸茹で。
みんなで大騒ぎしながらカニを掴み、鍋に投入。
薪をガンガンにくべて、茶色のカニが真っ赤に茹であがる。
さっきまで生きていた命が食べものに変わる。
自分たちが住んでいる川や山が育んでくれた命をいただく。
そしてそれがとんでもなく、美味しい。
何杯も芋汁をかきこむ大人、顔じゅう黄色いカニ味噌だらけの子ども達…。
「この味、忘れんなよ」と父ちゃん。
この瞬間を忘れたくないなぁ…と母ちゃん。







やがて子ども達は野山を駆けはじめ、
大人たちは語り続けて、陽が傾いていく。
今度は何をしようかと話は盛り上がり、もっと遊ぶ、帰りたくない~ 
と泣く泣く帰る子ども。
お腹も心も満たされ、伸びやかに過ごした一日。
とてもとても幸せなひとときでした。







                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カフェ&秋の祭り

2016年11月19日 21時10分35秒 | グリーンツーリズム


雨の休日。山里は一日中もやが立ち込め、
しっとりとした空気が漂っていました。
季節のケーキを焼き上げ、庭の畑のアオムシ退治をして…。
雨休みをいただき、いつもより少しゆったり過ごしました。



明日は月に一度の縁側カフェの日。
ズガニたっぷりのガニ汁と自然薯の芋汁を作る
「ガニ汁&芋汁まつり」も同時開催しています。
いつものカフェよりちょっとリッチな特別カフェ。
お時間のある方、是非、遊びにいらしてくださいませ!

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 共働学舎の収穫祭

2016年11月11日 22時01分04秒 | わさび


秋恒例の共働学舎の収穫祭、今週末、開催になります。
共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、
自労自治、自主自立を基本として、
農業、酪農、工芸など生産的勤労生活をしているグループです。
東京、長野、北海道に拠点があり、家族で何度も訪ね、
ほんの少し労働のお手伝いをさせていただいています。
毎月、塊で購入している北海道・寧楽の豚肉さんも絶品です。
今回は土曜のみ、父ちゃんのみの参加となりますが、
お時間のある方、是非とも足をお運びください。





夏から秋、一気に冬へと駆け抜けるように
猛スピードで過ぎていく日々。
今は通年行っているわさびの収穫に加えて、
ハウスでのわさびの種蒔き、育苗作業の真っ只中。
一粒の種が芽吹いて育つ不思議。
小さな緑の葉を広げる姿にじわっと嬉しさが湧いてきます。
ブログ更新が滞り、すっかり休眠? 冬眠? 状態でおりますが、
変わらず元気に山で働いております。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加