~わさび農家の山しごと、山暮らし通信~

伊豆、下田のわさび農家です。
緑の山々と田畑の広がる、のどかな山里での暮らしを父ちゃんと母ちゃんが語ります。

わさび田の景色

2008年05月22日 06時21分42秒 | わさび


わが家のわさび田は40年位前におじぃが造ったものです。
車が入れない水源に近い山奥、すべて手作業で造りました。
ツルハシで山を削り、大きな岩は削岩機やダイナマイトで割り
石を積み水を引き、砂と小石を振り分けるなど気の遠くなるような
重労働でした。
材料のほとんどがその場にあったもので造られているから
わさび田は自然の景色に溶け込んでいるのだと思います。



初夏のこの時期、紫外線も気温もどんどん上昇します。
わさびは強い陽射しを受けると葉が焼けてしまったり
水温が高くなると腐ってしまったりとデリケートな作物です。
そんなわさびを守るためわさび田を造成するとき
わさび田の中や周りに落葉樹(ヤマハンノキ)が多く植えられました。
冬には葉を落としわさび田を明るくしてくれ、夏は葉を繁らせ
陽射しをさえぎってくれます。
わさび田は水や木など自然を実にうまく利用しています。
わさびを守ってくれる落葉樹も大きくなると大量の落ち葉や
根がわさび栽培にとって不都合となってきます。
そこで最近では単管(足場パイプ)を組み、遮光ネットを張るのが
主流になってきました。
すごく便利ですが、山あいのわさび田風景はガラッと変わって
しまいました。


(写真はワサビ田に植えられた木のなごりです)

ネットの下での収穫作業はわさびにとっても人間にとっても
助かりますが、涼しさや爽やかさは木陰の方が断然いいです。

                         父ちゃん


                 
まるとうわさびH.Pへ
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

縁側カフェ、OPEN!

2008年05月14日 21時17分13秒 | 田舎暮らし


この5月より、わが家にて”縁側カフェ”をOPEN!
することとなりました。
わが家は山に囲まれた小さいな集落。
山あいにひびく川のせせらぎ、鳥や蛙の鳴き声。
四季折々の山菜や果実の恵み。
田畑で農作業をするおじぃやおばぁの姿…。
特別なものは何もありませんが、
穏やかな空気の流れるところです。

そんなわが家の縁側や庭、デッキを開放して、
のんびり森の散策することもできます。
休憩、散策をされた方には「里山整備基金」として、
100円をいただきます。



また、縁側では自家製のジュースや薬草茶、お茶菓子、
昔ながらのかき氷、漬けものなどを用意しております。
(写真はかき氷用の自家製イチゴシロップです^^)
当日は作業場にてわさびの作業をしていますので、
見学していただくこともできます。

月に一度、というささやかなものですが、
日常を離れて、農家の縁側でゆっくりのんびり
くつろいでいただけたらうれしいなぁと思っています。

母ちゃん
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

再開!

2008年05月12日 15時26分14秒 | Weblog


母ちゃんです。
大変、たいへんご無沙汰しておりました。
家族一同、変わりなく元気にしています。
わさびの仕事の傍ら、やっとの思いで
H.Pをリニューアル、→まるとうわさび
ブログのほうも、”父ちゃんと母ちゃんの日記”として
再開することとしました。
のんびりではありますが、山での暮らしを綴っていきたいと
思いますので、よろしくお願いします。



昨日は娘マスキの3歳の誕生日でした。
言うことも、することも一人前。
何でも5歳の兄と対等です。
写真は庭の砂場で仲良くお団子作りしている姿です。
微笑ましい^^
こんな娘も夏にはお姉さんになる予定。
どんなお姉さんになるか、今後の成長が楽しみです。

母ちゃん
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加