~わさび農家の山しごと、山暮らし通信~

伊豆、下田のわさび農家です。
緑の山々と田畑の広がる、のどかな山里での暮らしを父ちゃんと母ちゃんが語ります。

怒涛…

2008年06月19日 21時33分37秒 | 田舎暮らし
ただいま農繁期。
朝から晩まで、忙しい忙しい時期です。



6月はじめ、今年もたくさんの方に手伝っていただいて、
田植えを行いました。
泥遊び組のチビッコから、本気の大人まで約40名。
晴れ時々曇りの絶好の田植え日和の中、無事終了しました。
今は毎朝、毎夕、子どもたちと一緒に水の見廻りをしています。
美味しいお米が実りますように…。



田植え後は梅雨の晴れ間を利用してラッキョウと梅の収穫。
ラッキョウは、(写真上、左から)しょうゆ漬け、甘酢漬け、
塩漬け、そして味噌漬けに。
家中がラッキョウの匂いに包まれました。

梅は今年は大豊作で、40キロほど収穫。
(写真下、左から)梅の塩漬け→梅干し用、梅シロップ(黒糖)、
梅シロップ(きび糖)、梅シロップ(氷砂糖)、梅しょうゆ
を漬け込みました。
梅シロップはわが家の夏に欠かせません。
子どもたちとたっぷり仕込みましたが、足りるかしら…。
味比べもしたいので、後数キロ、
冷凍梅でもシロップを作る予定。
忙しいけれど、楽しい加工作業です。



それから季節の果実を使って、ケーキを焼いてみました。
左からよもぎケーキ、桑の実ケーキ、みかんケーキ、
春のケーキ3種です。
どれもなかなかに美味しいのですが、
なかでも桑の実は絶品!
生のままで食べるときとはちょっと違う、
上品なベリーの風味が楽しめるケーキに仕上がりました。



そんなこんなであわただしい日々を過ごしています。
山の緑は日々深くなり、夏野菜もぐんぐん成長しています。
しばらくするとクワガタやカブトムシも姿を見せはじめるでしょう。
生命力溢れる山の生き物たち。
その勢いを楽しみながら、この忙しい季節を乗り越えたいと思っています。

母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加