~わさび農家の山しごと、山暮らし通信~

伊豆、下田のわさび農家です。
緑の山々と田畑の広がる、のどかな山里での暮らしを父ちゃんと母ちゃんが語ります。

年の瀬

2010年12月30日 07時41分48秒 | 子育て


今年も残すところ僅かとなりました。
が、わが家の仕事はまだまだ納まりません。
この年末に収穫し、空っぽになったわさび田に、
新たに苗を植えつけねばなりません。
わさび田を水圧ポンプできれいに洗い、整え、苗を植えつける…。
年内いっぱい、仕事は続きます。



父ちゃんは今日も朝からわさび田へ。
そこで冬休みに入った長男と一緒に、
お弁当を届けにわさび田に行ってみることにしました。



普段は車とモノレールであっという間ですが、せっかくなので自力で行く事に。
家から山の入り口までは自転車、
その先の山道は歩きで、約1時間。
ひたすら”登り”の1時間は思った以上に遠く感じられます。
歩きはじめて数分でポカポカと体は温かくなり、
冷たい北風も心地よく感じられます。



ひたすら山道を登り、いくつもの橋を越えてたどり着いたわさび田。
山奥で一人黙々とわさび田を洗う父ちゃんの姿がありました。
父ちゃんの姿をじっと見つめる長男。
そう、実は”お弁当”は口実で、
どうしても父ちゃんの働く山を見せておきたかったのです。
大地に根ざして生きる姿を焼きつけておきたい、と思ったのです。



農家の日常はせわしく、子どもとゆっくり向き合う時間がとれず
歯がゆいばかりなのですが、わが家なりの子どもとの時間、伝えるものがあるはず。
そして子どもも働く背中を見、また一緒に働いて、
何かを感じてくれることと信じています。




本年も本当に多くの方々に支えていただき、ありがとうございました。
どうぞ皆さま、よい年をお迎えください。


                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスの贈りもの

2010年12月09日 00時55分06秒 | 子育て


冬、りんごの美味しい季節になりました。
クリスマスも迫り、長女(5歳)と次男(2歳)の通う保育園では
クリスマス当日に行うクリスマス会の準備が始まりました。
長男(8歳)も通った保育園はキリスト教系列の園で、
クリスマス会では子ども達によるキリストの降誕劇や
キャンドルサービス、クラスごとのオペレッタの発表があります。

年中の長女のクラスは『エルマ-のぼうけん』。
大好きな絵本を演じるということで大張りきり!
「ちょっと まって くださいなぁ とらさ~ん♪」と
役になりきり、大声張り上げて歌の練習をしています。

先日、園長先生がこんな話をして下さいました。
「私はクリスマスまでに、子ども達に”音程”のプレゼントをしたいと思うんだよ」と。
元気に声を張り上げる子ども達に、”音程”という美しい響きを
教えてあげたいという思い。
子ども達の純粋な歌声に先生の温かいプレゼントが合わさって、
今年もすばらしいクリスマス会になるんだろうな…と楽しみです。

そして改めて考えています。
”もの”でない贈りもの。私には何ができるだろうか…と。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加