~わさび農家の山しごと、山暮らし通信~

伊豆、下田のわさび農家です。
緑の山々と田畑の広がる、のどかな山里での暮らしを父ちゃんと母ちゃんが語ります。

「縁側カフェ」と「焚き火」と「鹿の糞」

2010年01月21日 12時05分07秒 | 田舎暮らし


週末は月に一度の縁側カフェの日でした。
今年初めてのカフェのメニューは「希望満充」と「おしるこ」の2種。
芋あんのサツマイモも小麦粉もキンカンも、自家製で作っています。
風もなく、天気も上々。

午前中にいらしたお客様が裏山を散策したいとのことで、
父ちゃんと子どもたちが裏山をご案内。
お昼頃に下りてきたと思いきや、
おにぎり、干物、マシュマロを持って再び山へ。
長男のお友だち家族も加わって、山で焚き火ランチが始まりました。
結局、お客様を含めて皆さん夕方まで山に篭もりきり。
焚き火を囲んでまったりしつつ、丸太でベンチをつくる肉体労働もしていたとか。
夕方、母ちゃんが山に行ってみると、焚き火を囲むベンチが出来あがっていました。



そして山の奥では「鹿の糞」を懸命に拾う長男の姿が…。
モンゴルやインドで「牛の糞」を燃料に使っているなら、
「鹿の糞」も使えるのではとの発想で、
燃やしてみると、不思議な匂いを発しながらかすかに燃えたとのこと。
集めた「鹿の糞」はただいまベランダにて乾燥中。
近くに牛を飼っている方がいるので、「牛の糞」もいただいて、
実験してみようと思っています。
結果は長男の大論文が仕上がり次第…。

気がつけば「縁側カフェ」が「焚き火ランチ」、「鹿の糞拾い」へ。
こんな山の中まで足を運んでくださる方がいること。
そして私たちが大好きなこの環境を心地いいと感じて下さる方がいること。
その一つひとつが、本当にありがたいなぁと感じた週末でした。

母ちゃん

まるとうわさびH.P-縁側カフェへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬のおたのしみ-焚き火

2010年01月13日 11時03分33秒 | 田舎暮らし


遅ればせながら…、
あけましておめでとうございます。
年越しより冷たい風がいく日も吹き、厳しい寒さがつづいています。
先日は、朝起きると一面霜で真っ白。
霜に包まれた木々の美しいこと。
早朝からカメラ片手にお散歩してしまいました。



一方、子どもたちは寒さを跳ね飛ばす勢いで駆け回っています。
休みの日のお決まりは焚き火。
自分たちで枝や落ち葉を集めてきて竈で火をおこし、
石焼き芋を作ったり、お餅を焼いたり。
中でも一番人気は「焼きマシュマロ」。
ブヨブヨした独特の食感が好きではなかったのですが、
焼いてみるとびっくり!
トロ~リとろけて絶品おやつに変身!!
「焚き火→マシュマロ」。
わが家では切り離す事のできない取り合わせなのです。



今日の締めはお餅。
みんなで食べて、お腹も心も満足、まんぞく。
家族一同、本年もよろしくお願いいたします。

                 母ちゃん              
      
※わさび料理のレシピを更新しました。
  冬にお薦め「わさびリゾット」です。
  まるとうわさびH.P-わさびレシピへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加