持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

YBR125Kで6万キロ走ってみた

2014年03月25日 | 2つの輪

0が並んだオドメーターを見ると、節目だなと感じるものがある。
毎日乗ってる季節だと、ただ通り過ぎる風景に似ていなくもないが、あまり乗らない季節だと、とても久しぶりだ。
この冬には、結果的に雪中放置耐性の試験をしてしまったけれど、復活したばかりだし。まあ、難も無かったが。

てなわけで、謎の耐久性マシンであるYBRにとっては、折り返し点の半分にも満たない事が既に判明しているので、この距離ではまだ気張って大物の部品交換に差し迫られる脅迫感すら無くなってしまっている。
そのため、最近ではホントに消耗品しか交換することもないし、変なパーツを着けて楽しもうって気が出ないことには全然乗りっぱなし状態になってしまった。
5万キロ到達後にやった事と言えば・・・、記録を見てみると、プラグを定期交換のついでにイリジウムへ、クラッチスプリングとギヤチェンジスプリングを試しにTT-R用に、減ったのでタイヤ交換、たったこれだけだった。タイヤとオイルだけ交換すれば、そのまま乗れてたじゃないかという手抜き感溢れる一万キロだったわけだなあ。

でもまあ、無事コレ名馬とはよく言ったモノだわな。
朝一番、準備いらずに走り出せるかな?という疑念さえ不要ってのが、第一マシンとして使いモノになる条件に合致してると言えよう。

さて、簡単に費用のまとめをしてみる。
乗り出しまでの車体価格+諸費用が200,000円
入れたガソリン1,370Lの価格が205,338円
趣味のカスタマイズも含め、メンテナンス費用が100.869円
全部合計して50万と6千円ちょい。

走行距離で割って8.4円/kmときたもんだ。
東へ西へ行ったり来たりの毎日には、優秀な足だよ。今後は、まだ踏破していないところに行けると良いな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雲拡がる | トップ | 雨の一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。