Yes,We Love Science!
毎日1分!楽しく見て学べるサイエンス!このブログでは気になる科学情報を調べてやさしく解説!科学がわかります。




 環境危機時計とは何か?

 環境危機時計®(the Environmental Doomsday Clock)とは、旭硝子財団が毎年実施している「地球環境問題と人類の存続に関するアンケート」調査(Questionnaire on Environmental Problems and the Survival of Humankind)の回答で示された地球環境問題の悪化に伴う人類存続危機の程度をどのように感じているか、時計の針にたとえて表示したものである。

 同アンケート調査は1992年を第1回として始まり、世界各国の環境問題の有識者に対して行なっている。第23回(2014年)には、23,953人中2343人(9.78%)から回答があった。

 環境危機時計®は、次の目安による回答を集計したものである。0:01~3:00 ⇒「ほとんど不安はない」3:01~6:00 ⇒「少し不安」6:01~9:00 ⇒「かなり不安」9:01~12:00 ⇒「極めて不安」

 時計の針の推移は、地球球温暖化をめぐる国際的な情勢が悪化すると進み、好転すると戻るといわれている。

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 サイエンスポータル: 環境危機時計、4分進めて「きわめて不安」な9:31に

コズミック・ダイアリー2010 2012年への進化に向けて
クリエーター情報なし
環境意識コミュニケーション研究所
「終末思想」はなぜ生まれてくるのか―ハルマゲドンを待ち望む人々
クリエーター情報なし
大和書房

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 米国版「はや... グリーンラン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。