雲の上には宇宙(そら)

 雪国越後にて、30年ぶりに天体写真に再チャレンジ!

やまねこ座の「でんでん太鼓」星雲

2017年02月16日 | 天体写真(星雲・星団)
雪国につき1月は一夜だけ。
2月に入ってからは撮れたのは4日の上弦の月だけ。
そんな中、昨夜(15日)は久しぶりに22時を過ぎた頃から晴れる予報。
ただし 満月と下弦の月の中間くらいの明るい月が22時前には昇ってくるので、
設営するべきか悩ましいところです。

結局 昼過ぎには撮影場所の裏口スロープの除雪を行い、
機材を設置したのは予報が当たりそうに思えた21時過ぎになってから。
わざとぼかしたのではなく たんなるピンボケ写真です

この夜の撮影対象に選んだやまねこ座の惑星状星雲です。
( 写野枠はVC200L+Red(f=1278mm)のもの )
今回初ショットの とても淡い惑星状星雲ですが、見かけが大きい事から
ダメ元で月が高くなるまで撮り続けるつもりでした。

総露光2時間以上を目指したのですが、薄雲の通過と月明かりで1時間余りで断念。
当然、結果は・・

PK164 + 31.1  惑星状星雲  (やまねこ座) 
( 画像クリックで元画像の25%で表示 )
(  が北の方角 ) 
撮影DATA: 2017/2/15 22:35’~  Vixen VC200L+レデューサー(合成f=1,278mm F6.4 )
露出 15分×5枚 ISO 2500 LPS-P2FIL Cooled 60D (冷却 オフ 4℃)  タカハシ EM-200 Temma2M
マイクロガイドスコープ 60 ToupCam PHD2Guiding ステライメージ7
背景が明るかったことからフラットが合わず 強引な画像処理でごまかしました。
それでも周辺にある系外銀河や、この惑星状星雲をつくりだした星の残骸(白色矮星?)も写ってくれたようです。
星雲部分を50%拡大でトリミング 
星雲の中心付近にある青っぽい星がこの星雲をつくった星と思われます

見かけの大きさは十分なので、月のない夜に2時間以上の露光をかけてリベンジしたいと思います。

恒例の撮影中のおりおんショットですが、写した相手は画像のもっと上の方でした。

================================================
この時期、設営するかどうか ほんとに悩みます。
昨夜も外気温は零下にならなかった(+1℃)ものの、
湿度は83%と身体の芯まで寒さがしみこみます。
(注) 記事タイトルにある「でんでん太鼓」星雲はわたしが勝手に付けたものです。

雲上くもがみ
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ ←いつもポチッとありがとうございます。
にほんブログ村

==========================================
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春を待つ 『 星のふるさと館 』

2017年02月09日 | 天体写真よろず話
雪国につき天気は期待できない上に満月期。
やることがないので 12日開催予定の 「第3回 画像処理勉強会」 の予習を。

そんなブログネタにも困っている事を察していただいたのか、
勉強会メンバーで 『星のふるさと館』 のスタッフでもある AKIYAMA さんから
メールで画像を提供していただきました。

星のふるさと館』 は11月末から4月1日まで冬季の休館中なのですが、
施設の点検のため雪がちらつく昨日(8日)出かけて来られたそうです。
提供していただいた画像です。
( こんな山の上まで道路の除雪がされているのは意外でした )
AKIYAMA さんの話では駐車場の積雪は145㎝、昨年2月とほぼ同じだったそうです。

それでも建物内に入るのはかなり大変だったのではないでしょうか?

昨年11月にわたしが訪れた時の写真です。

3月中旬からは開館準備に入るそうです。
上越清里 星のふるさと館 』 のHPは ➡ こちら

AKIYAMA さんからは他に金星の撮影画像も送っていただきました。↓
( 等倍 トリミング画像 )
いただいた 撮影データ : 2017年2月4日夕方 タカハシTSA102鏡筒+(x 2.5バーロー) 旧アトラクス赤道儀
1分動画でオートスタッカー カメラ ASI224MC RegiStaxで画像処理 

4日はわたしも金星の初ショットをと思っていたのですが、月の動画撮影で終わってしまいました。
おかげさまで金星のショット見る事ができ、ありがとうございました。

================================================
週末にかけて全国的に雪とのことですが、
越後で一手引き受けでないならこわくありません。
今年は雪が少な目で運動不足で腰痛になるほどです。
( スロープの白いマークは三脚の設置場所 )
去年も雪のない正月だったのですが、2月の今頃には・・
まだ油断はできませんね。

雲上くもがみ
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ ←いつもポチッとありがとうございます。
にほんブログ村

==========================================
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ガイド用カメラで高精細な上弦の月を

2017年02月06日 | 天体写真(月・惑星・彗星)
4日の夜の予報は、過ぎ去っていく高気圧のすそ野で午後8時頃までは晴れるというもの。
今年に入ってからまだ一夜しか撮れてないのですが、
この晴れの時間帯では明るい上弦の月を撮るしかありませんでした。
明るい月が沈むころには曇っているはずなので、ガイド用カメラを使って月の動画撮影をすることに

ガイド用カメラを使った撮影についての過去記事は➡ こちら

月が南中した夕方6時ころから撮影を始めたのですが、まずはデジ一眼で静止画をパシャパシャと。
( 画像クリックで元画像の50%まで拡大表示できます )
撮影DATA : 2017/2/ 4 18時ころ  Vixen VC200L(f=1,800mm F9 )
露出 1/40秒 x16枚  ISO 200 EOS kissX2 タカハシ EM-200 Temma2M RegiStax 6でコンポジット
2分もかからずに連続16枚の撮影終了。

続いてガイド用カメラToupCamに取り換えて欠け際を動画でモザイク撮影。
( 画像クリック個所に応じて元画像の60%まで拡大表示できます )
撮影DATA :2017/ 2/ 4 18:25’~ VC200L(f=1,800mm) タカハシEM-200Temma2M ToupSky ToupCam
40秒前後の動画をRegiStax6で処理 マイクロソフト I.C.Eでモザイク結合

この夜はシンチレーション(大気のゆらぎ)が比較的小さいようだったので、
さらにcanon1.4x(合成f=2,520mm)で拡大して動画撮影。
( 画像クリックで元画像の50%まで拡大表示できます )
明るい部分が飽和していたためステライメージで画像処理(デジタル現像)を行ったのですが、ねむたい画像になったかも
モザイク結合で画像が大きくなったため縮小画像を掲載しているのですが、
ほんとは等倍でみないと細部まで見えてきません。
上の画像を等倍で切り出したものです。( 画像クリックで等倍表示でご覧ください )  ↓
中央部分にある小さなクレーターから伸びている谷は ヒギヌス谷
ほかの星雲や銀河の天体写真と異なり、明るい月の細部を写すには拡大してより多くの画素で描くことです。
たとえばエクステンダーを使用しなければ同じ画素数で切り出した等倍画像は ↓
広範囲が写せるかわりに細部が埋もれてしまいます。

細部の写りはこれまでで最高だったのですが、更にエクステンダーを2.0Xにして
動画記録時間を延ばせばもっと細部まで写しだせそうです。
むろんその夜のシンチレーションが悪ければお手上げですが。

================================================
満月の前後は天体写真はお休み。
暗めの下弦の月なら真夜中に上ってきても無視して撮影続行。
でも明るい上弦の月は真夜中になって沈んでくれるまで
星雲や銀河の撮影ができません。
結局、月を撮るしかないというのが上弦の月の写真が多い理由です。

雲上くもがみ
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ ←いつもポチッとありがとうございます。
にほんブログ村

==========================================
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

オリオン大星雲 (雪明り+月明かり) ÷ 2

2017年02月01日 | 天体写真(星雲・星団)
今年初撮りとなった先月26日の夜、
早い時間帯で雪明かりの明るい空ですばるを撮り終えたのは午後9時半。
続いて撮ったのはこれも明るさでは定評のあるオリオン大星雲でした。

オリオン大星雲   (オリオン座) 
( 画像クリックで元画像の 30%で表示 )
(  が北の方角 ) 
撮影DATA : 2017/1/26 21:45’~  canon NFD400㎜F2.8(自作絞りF4相当 *前面保護ガラス取り外し )
露出 5分・1分・20秒・10秒 X各8枚 ISO 800 LPS-P2FIL Cooled 60D (冷却 オフ 4℃)  タカハシ EM-200 Temma2M
マイクロガイドスコープ 60 ToupCam PHD2Guiding ステライメージ7
今回は背景の空の明るさから星雲周辺の淡いガス雲はあきらめて、
多段階露光で星雲中心部のトラペジウムが埋もれないようにする作戦でした。
星雲中心部のトリミング画像です。 

今回は新月期で月明かりは無かったのですが、以前月明かりの中で同じ機材同じ構図で撮影していました。
➡ 2015年12月の記事

雪明かりと月明かりの違いはあるものの悪条件下の画像同士。
それでも重ねれば画像枚数の合計は44枚となり、強めの処理も可能になります。
ステライメージの「マルチバンドシャープ」処理中の様子 (星マスクは別に作成済)

( 雪明かり + 月明かり ) ÷ 2  の結果です。
強めの処理でも よりなめらかな画像になっていますが 好みは分かれます。

田舎とは言え 団地内につき光害対策は大変です
雪は減ったものの、やはり深夜帯にならないと暗い対象は無理なようです。

================================================
もう除雪の疲れはとうに無くなってるのですが、
いつも朝起きると腰が痛いのです。
こたつにかじりついているのが原因なんでしょうね。

雲上くもがみ
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ ←いつもポチッとありがとうございます。
にほんブログ村

==========================================
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雪明かりの昴(すばる)は 雰囲気重視

2017年01月29日 | 天体写真(星雲・星団)
かろうじて1月中に初撮りができた26日夜、雪明かりの空でも負けないだろう
という事で、高く上ったすばる)を撮りました。
久しぶりに ヨンニッパ(改)をO軸ガイドシステムで搭載しました

事前の撮影プランでは 今回はヨンニッパ(改)に自作F4絞りで、
ISO1600で10分露光の予定だったのですが
時間がまだ20時過ぎでおまけに雪明かりか空が明るく、ISO800で5分が限度でした。

昴(すばる)  M45 プレアデス星団   (おうし座) 
( 画像クリックで元画像の25%で表示 )
(  が北の方角 ) 
撮影DATA : 2017/1/26 20:13’~  canon NFD400㎜F2.8(自作絞りF4相当 *前面保護ガラス取り外し )
露出 5分×16枚 ISO 800 LPS-P2FIL Cooled 60D (冷却 オフ 4℃)  タカハシ EM-200 Temma2M
マイクロガイドスコープ 60 ToupCam PHD2Guiding ステライメージ7
もう何度も撮っているので星団周辺の淡いガスでもあぶりだしたいところですが、
今回も煙った昴(すばる)の雰囲気を出すのが精一杯でした。
それでも無駄な抵抗で星雲中心部の刷毛ではいたようなガスだけでも
( 星団中心部のトリミング画像 ) ↓
(  が北の方角 ) 
今回使用したヨンニッパレンズはフィルム時代の中古品ですが、
星像にじみの原因だったレンズ前面の保護ガラスを撮り外したうえに、
F4相当まで絞った事で かなり解像度が上がっています。
ヨンニッパレンズ改造についての記事は ➡ こちら

16枚撮り終えた頃には、これも明るい空でも負けない次の対象が電柱の上に。
電柱の防犯灯は物干しざおの先に付けたダンボールで覆っています

================================================
先日の画像処理勉強会でも出た話なのですが、
LED照明が普及していくと光害カットフィルタは役に立つのか?
敷地内にある防犯灯も今年中にはLED照明に取り換えるとの事。
電気代がかからないということで夜空がますます明るくなるのでしょうか?

雲上くもがみ
ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ ←いつもポチッとありがとうございます。
にほんブログ村

==========================================
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ランキング参加してます

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

応援(クリック)してね


天体写真 ブログランキングへ