Studio_Rosso1/43模型制作日記

692-0055島根県安来市飯生町605-8Studio_Rosso渡部洋士 Tel 0854-22-1546火水曜定休

デカールの製作と貼付け

2016-12-31 22:14:00 |  Stratos JeansChicago

The person who hopes for the English version click this, please.

いよいよ今年もあと数時間になりました、今日は娘が東京にカウントダウンコンサートで出掛けました。
そして息子が東京から帰省して来ました。
出入りの多い一日になりましたね。
息子が二人帰って来ますと夜飲むビールが多くなりますね(笑)
息子と飲む晩酌の味は最高ですね。

さてYさんも楽しみにしていらっしゃると思いますのでストラトスの方も製作状況をお知らせ致しましょう。
デカールは実車画像を確認しながらデカールを貼っています。
ドアの部分はこんな感じですね。
そしてボディ側にパンダにデカールを貼る為にドアをボディに取り付けました。
このパンダのデカールはドアを付けなければ貼る事が出来ないのです。

これは反対側ですがパンダの下側に文字が入っていましてその一部がドアにもかかっているのです。
ですからドアが無いと位置が決まらないのです。

そしてインストを見ますとフロントウインドウの助手席側に何かステッカーが貼られている様です。
多分競技前に受ける車検のステッカーでは無いかと思いますが・・・この位置に貼りますとコドライバーが前方を見難くなってしまいますから多分貼らないと思うのですが・・・

実車の画像を見ますと・・・
やっぱり貼って無い様ですね。
それでどこに貼られているかと言うと下の画像にも少し写っていますがFフェンダーの右側ホイールの後ろ側に少し剥がれかけたステッカーが貼られていますが多分これが車検のステッカーで無いかと思っています。

インストを見直していたらフロントの補助灯のカバーはボディカラーの黄色では無くホワイトの様です。
早速塗り直しておかなければなりませんね。

アッと言う間に塗り直しておきました。
行動が早いでしょ!?

次は不足しているシカゴのデカールを作ります。
このデカールですね・・・水色と言うのが少し厄介です。
ホワイトの上にシアンを印刷するのですが双方のカラーとも1回だけの重ねで印刷した物が一番薄い物になります。
これ以上薄い水色は出来ないのです。

実際に印刷したデカールはこんな感じです。
これ以上薄い水色は出来ません。
付け加えておきますが下にホワイトを印刷するのはシアンだけ印刷した物を黄色なボディカラーの上に貼りますと発色が変わってしまって紺色に近い色になってしまいます。
昔、タメオのロータス99Tのキャメルのデカールが下に白を印刷してなかったのでデカールの状態では良い色なんですが貼ると黒っぽくなってしまうのです。

作ったデカールを貼ってみました。
なかなか良い色になったと思いますね。

リアフェンダーの両サイドも貼りました、コチラもなかなか良い感じです。

実は一番大きなシカゴデカールに合わせて新しいデカールを作っておいたのですがその95%/90%/85%の大きさの違うデカールを作っておきました、一見同じ大きさのデカールを貼っている様に見えますが微妙に大きさを変えて貼っております。
『ミニカー・模型』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内装の変更Ver.2及びエポキシ... | トップ | ウレタンサフェーサーの塗装 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Stratos JeansChicago」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。