アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4000 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

石碑山0069  供養塔・題目塔 周囲に車石が多数使われています

2016年11月08日 09時28分53秒 | 石碑

 

「日ノ岡宝塔様縁起」には

「桓武天皇奈良より京都へ遷都以来明治に亘る千有余年の間極刑場(粟田口処刑場)が現在の九条山附近にありました。この刑場で処刑されてはかなく消えた罪人の数は約1万5千人にのぼったといわれ千人に一基ずつの供養塔が十五基各仏教諸宗の手で建てられたと伝えられています。明治の初めこの刑場が廃止されたのち廃仏毀釈の難にあい、供養塔は取り壊され石垣や道路などいろいろな工事に転用されてその断片が処々に残っていました。昭和14年法華倶楽部小島愛之助翁(法華倶楽部創設者)が処刑者の霊の冥福を祈るために石塔断片を基石としてここに供養塔を建立し毎年春秋の二季に亡霊供養の法要を行い立正平和と交通安全も併せて祈っています。日蓮宗京都府宗務所」とある。

 

 

紀元2600年  京都 東京  法華倶楽部

 

鎮魂を目的とする供養塔。高さ280cm(基礎を含む)背面の碑文には、京津国道改修中、街道傍らに建てられていた碑の1つと思われる法華塔断片が発見されたので、これを基壇として、昭和15(1940)12小島愛之助・法華倶楽部創設者および有志により造塔供養を行ったと記す

 

 

基壇の周囲はすべて 車石が配されていました

 

 

 

 

 

石碑 前回の記事 ➡  石碑山0068  粟田口の大名号碑  木食上人遺蹟

 

今回の川柳

まだ何の失敗のない朝が好き  /いのすけ

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください

 

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石碑山0068  粟田口の大名... | トップ | 石碑山0070  京津国道改良... »
最近の画像もっと見る

石碑」カテゴリの最新記事