アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4300 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

祠下033  島原の弁財天  大銀杏

2017年12月18日 05時49分46秒 | 町内の小さな祠

 平成29年1月 撮影

祠が小さくなっています  

 

2015年9月の記事

 

 

 

 

 

島原の大銀杏 島原住吉神社の旧境内地 北端に植わっていたこの大銀杏は、

明治維新後の廃仏毀釈により、社格株 ない住吉神社が廃社になるも、神木として遺された。

その後、明治36年(1903)に神社は再興されたが、境内はこの大銀杏のところまで

拡大されるには至らなかった。

昭和5年(1930)にこの樹の根元に弁財天が祀られることにより、

さらに神木として崇められ、今では樹高20m、幹回り3.5mともに

樹齢300年相応の島原一の巨木となっている。

 

平成13年11月吉日  島原伝統保存会

 

嶋原の 外も染るや  藍畠  嵐雪

 服部嵐雪(俳人 1654~1707)

 

昭和5年11月建立

八大 王 と書かれています

祠 前回の記事 ➡ 祠伏032  淀 にあります 高倉大神

五七五

大雪や婆々ひとり住藪の家

ことわざ

禍を転じて福となす

 下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏032  淀 にあります 高倉大神

2017年12月15日 12時53分24秒 | 町内の小さな祠

 

 

 

祠 前回の記事 ➡ 祠伏031  八大龍王弁財天

五七五

いつかまた細くなります捨てません /喜久永

ことわざ

柳眉を逆立てる

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏031  八大龍王弁財天

2017年12月11日 16時47分53秒 | 町内の小さな祠

 

祠 前回の記事 ➡ 祠伏030  竹田駅 付近  形がはっきりしない 素朴

五七五

京の音ハモの骨切りコンチキチン /福居

ことわざ

焼きが回る

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏030  竹田駅 付近  形がはっきりしない 素朴

2017年10月15日 07時25分01秒 | 町内の小さな祠

 

右のは  なんとなく 人の形のようなものがあるようです

祠 前回の記事 ➡ 祠右029 清滝権現社 

五七五

ありがとう 今日は何回 言ったやら /八田

ことわざ

情けは人の為ならず


この記事をはてなブックマークに追加

祠右029 清滝権現社 

2017年08月04日 06時08分39秒 | 町内の小さな祠

清滝権現社

弘法大師が高雄入山に際し、密法の守護神として、唐長安の青竜寺よりその鎮守神青竜権現(善女竜王)を勧請したのが起こりと伝わる。小さな社殿にすぎないが、神護寺が所蔵する寛喜2年(1230)の「神護寺絵図」には「桧社」とあり、また室町時代の「神護寺伽藍図」には、楼門と並んで社殿・鳥居を構え、「清滝権現」と記名され、往時の規模の大きさが偲ばれる。この清滝権現はのちに醍醐寺にも祀られたが、醍醐寺のものはよく知られているか、ここのは殆ど知られていない。社前の老杉は京都名木の1つである。

 

左 清滝大権現常夜燈

右 元文5年(1740)5月

祠 前回の記事 ➡ 祠伏027  七面宮

五七五

おこしやす三十六峰蝉時雨 /古田

ことわざ

豚を盗んで骨を施す

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き長0509  田村家住宅

2017年07月02日 19時55分58秒 | 町内の小さな祠

 

 

 

 まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き長0508  河合家住宅

五七五

青春を 満タンにして ペダルを漕ぐ /門馬

ことわざ

若い時の苦労は買ってでもせよ

 


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏027  七面宮

2017年02月25日 06時24分47秒 | 町内の小さな祠

七面宮参道

太鼓楼

宝塔寺の鎮守社で、法華経守護の吉祥天が祀られている

三十番神

三十番神

千仏堂

七面大明神

七面大明神

 

七面大明神

妙見大菩薩

熊鷹大明神

清高姫大明神

 

祠 前回の記事  ➡  祠伏026  伏見区 何の神さんかな

 

五七五

 

生きてるよ知らせるために雨戸開け /兜

 

ことわざ

石に立つ矢(いしにたつや)

類・雨垂れ石をも穿つ、一念岩をも徹す、一念天に通ず、精神一到何事か成らざらん

 

下のユー/ザー地図で京都の記事探索が出来ます。試してみてください

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏026  伏見区 何の神さんかな

2016年12月20日 06時00分04秒 | 町内の小さな祠

 

 

 

 

 

 

祠 前回の記事  ➡  祠上025  駐車場の奥に赤い鳥居がありました

 

川柳

幼いと言われ続けて60年   /一柳

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏024  伏見・撞木町の祠

2016年12月18日 17時52分05秒 | 町内の小さな祠

しっかりした石の台に祀ってありました

土台の石の色からして 最近ではなさそうだ 年数を経ているようです

 

祠 前回の記事 ➡  祠伏023  青木ケ瀧   弘法の瀧

近辺の記事  ➡  石碑伏0089  伏見・橦木町廓入口  赤穂浪士・大石良雄も通った

 

川柳

 

三月前 教えた将棋で 孫に負け    /西森

 

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください

 


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏023  青木ケ瀧   弘法の瀧

2016年12月14日 20時31分20秒 | 町内の小さな祠

 

 

 

 

さらに 5分ほど進むと 弘法の滝に着きます

 

案内標識  ➡  まち歩き伏0304  東山トレイル F33  深草トレイル③

           まち歩き伏0300  案内板 深草

    道標 ➡  道標伏0083  青木ケ瀧道  稲荷山 山麓

祠 前回の記事 ➡  祠伏022  七面大天女  宝塔寺 七面瀧

川柳

名が出ない 「あれ」「これ」「それ」で 用を足す     /柴田

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください

   


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏022  七面大天女  宝塔寺 七面瀧

2016年12月13日 19時29分55秒 | 町内の小さな祠

 

 

祠 前回の記事  ➡  祠中021 長野弁財天・福丸大明神・春吉大明神

 

川柳

孫の声 二人受話器に 頬を寄せ     /中久保

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

祠滋賀020  逢坂弘法大師堂 東海道の街道 常夜燈がある  

2016年11月22日 06時04分46秒 | 町内の小さな祠

常夜燈  土台には 車石が使われています

 旹寛政6年(1794)11月建立  

願主  北国屋仁兵衛 他に3名

逢坂常夜燈 

 

 

 

 

明治26年11月 

 

 

 弘法大師御舊蹟

 

 昭和2年4月21日

中村卯一郎 建立

 

祠の前の石柱

昭和2年4月建立  

発起人  平田権次郎・田村夛兵衛

同じ 常夜燈  ➡  まち歩き滋賀0262  逢坂の関  車石 と 常夜燈 

祠 前回の記事 ➡  祠山019  不動尊 音羽山 参道

 

川柳

お互いが裏と呼び合う家と家    /ぷくあひる

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください


この記事をはてなブックマークに追加

祠山019  不動尊 音羽山 参道

2016年09月30日 09時15分06秒 | 町内の小さな祠

 

祠 前回の記事 ➡  祠山018  大師堂  ここは牛尾山参道

 

今日の俳句

 秋刀魚焼く 煙の中の 妻を見る /誓子

 

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください。

 


この記事をはてなブックマークに追加

祠山018  大師堂  ここは牛尾山参道

2016年09月28日 14時10分45秒 | 町内の小さな祠

 この場所の地下深く東海道新幹線のトンネルがある

弘法大師の腰掛石はどれなのか不明

祠山018大師堂

大日如来と弘法大師が祀られております。

大師は牛尾山で修業を積まれ、密教と等身の自像を残されており、

道中にもお経岩等の足蹟が多く、

堂前の石は「弘法大師の腰掛石」として知られております。 

牛尾山保勝会

 

 

牛尾山参道守護

弘法大師御詠歌

祠 前回の記事 ➡  祠山017  大日如来 山科 車石がありました

今日の俳句

京近き 山にかゝるや 渡り鳥 /暁台

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください。


この記事をはてなブックマークに追加

祠山017  大日如来 山科 車石がありました

2016年09月18日 09時59分42秒 | 町内の小さな祠

 

 

 

 

 

車石  ➡   寺院山0195  閑栖寺  車石・車道の復元・保存

祠 前回の記事  ➡  祠東016  八王稲荷大明神 京阪七条踏切安全の石碑 

 

今日の俳句

稲刈りて 小草に秋の 日の当る /蕪村

 

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください。


この記事をはてなブックマークに追加