アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4300 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

石碑伏0135 稲荷新道碑

2017年10月16日 20時18分25秒 | 寺社 地域別 検索

 

 稲荷神社(現伏見稲荷大社)への参詣道は,明治中期まで本町通(伏見街道)経由しかなく,参詣の便をはかるために,竹田街道勧進橋から稲荷神社裏門までの新しい参詣道が明治28(1895)年に開かれた。稲荷新道と呼ばれたこの参詣道は,大阪の実業家土井柾三の寄附により幅三尺の細道を二間に拡幅してつくられている。

  この碑は建立時には琵琶湖疏水稲荷橋西北詰にあり,竹田街道の新道起点には土井柾三により「稲荷さんけい道」と記す道標が設置された。本碑はのち撤去され長く行方がわからなかった。2002年に再発見され,缺損した下部を強化プラスチックで再現し,2004年4月に現在地に再設置された。

 

稲荷新道之碑【篆額】

 稲荷神社は官幣大社にして信者全国に充満せり然るに参詣の道路伏見街道只一筋のみなれは初午其他大祭の時不便いふへからす爰に大阪の人土井柾三ふかくこれを患へ公衆のため本社裏門前より竹田街道に達する此新道を開かんと主典桑田孝恒にはかりしに孝恒悦ひ諾なひて官準を経土地購収の手数すへて百般の事は森守信大石長兵衛等に委任し去年一月起工して今年二月に功を竣ふ此工費巨額なりといへとも皆土井氏の負担なり抑土井氏は常に質素を旨とし節倹を守り本社のためにはこれまて種々の寄附をなしこれを永遠普及に供す加之汎く公衆の益をおもひ慈善を行ひ隠徳を積事枚挙にいとまあらす嗚呼積善の家必余慶ありと古人の金言空しからさるへしと云爾  明治二十八年五月     稲荷神社宮司従六位近藤芳介撰

    同          禰宜従八位羽倉良豊書

     同          主典従八位桑田孝恒賛

 

石碑 前回の記事 ➡ 寺院南0399 誓祐寺  石碑南0134 苅萱道心旧跡

五七五

炎天へ かっと目開く 鬼瓦 /古崎

ことわざ

真綿で首をしめる


この記事をはてなブックマークに追加

道標右0129  神南辺道心の道標 

2017年08月19日 10時02分59秒 | 寺社 地域別 検索

 ここは 御室八十八ケ所の八十八番札所 の境内入口

 

発起 泉州堺    神南辺

              大道心隆光

関連記事  ➡  神南辺道心の道標

            道標右0127  神南辺道心 の道標

         寺院東0334 遺迎院  浄土宗西山禅林寺派

         道標伏0080  霊場 深草毘沙門天  神南辺隆光

         まち歩き右0595 御室八十八ケ所 京都の眺望 道標右0128 神南辺道心

道標 前回の記事 ➡  道標右0128 神南辺道心

五七五

逆境が生きるチャンスをくれました /衣川

ことわざ

湯の山の道連れ

 


この記事をはてなブックマークに追加

ブログ内 寺社地域別 検索用目次 

2016年11月19日 19時44分37秒 | 寺社 地域別 検索

項目をクリックするとそれぞれの地区にワープします 

昔の京都の暮らしを震撼させた火災  ➡  京都の大火・兵火の歴史 

 

1  衣笠・等持院

2  花園

3  御室・鳴滝

4  高雄・小野郷 

5  太秦・嵯峨野

6  嵐山・奥嵯峨

7  梅津・松尾

8  京都御所とその東辺

9  寺町頭

10 下鴨

11 紫野

12 寺之内

13 北野

14 堀川一条界隈

15 中京界隈 堀川・二条城

16 下京 東・西本願寺

17 月輪 

18 今熊野   

19 阿弥陀の峰

20 清水と八坂 

21 真葛ケ原 

22  粟田口

23 鹿ケ谷・浄土寺

24  神楽岡 

25 岡崎・聖護院

26 東山仁王門

27 祇園・六原

28 北白川・修学院

29 八瀬・大原

30 比叡山・延暦寺

31 岩倉・幡枝・市原

32 鞍馬・貴船・大悲山

33 松ヶ崎・上賀茂・西賀茂・鷹ケ峰・雲ケ畑

34 東寺界隈 

35 深草

36 伏見桃山

37 下鳥羽・淀・久世

38 桂・大原野

39 乙訓の里

40 山科

41 醍醐

42 宇治北部

43 宇治南部

44 城陽

45 久御山

46 宇治田原

47 多賀・井手

48 山城町

49 八幡

50 精華・木津

51 加茂

52 和束・笠置・南山城

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加