アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4300 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

まち歩き滋賀0700  雪山ハイキング

2018年02月21日 20時51分00秒 | まち歩き

2017年2月

滋賀県 JR 湖西線  ガリバーのある駅

朽木 方面のスキー場  

ここから  西洋かんじき  スノーシュー を使っての 雪山ハイキング に出かけます

積雪は 70㎝ ぐらい 雪の上を登っていきます

先頭を行くのは ガイドさん

一面の 雪  天候もよくて 雪山の眺めも良く 気持ちがいいです

思い出に残る 雪山 ハイキングでした

まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き右0699 つるつるのマンホール蓋

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き右0698 井手口川 鳴滝

2018年02月19日 15時41分33秒 | まち歩き

 ゐてくちかは

と書かれています

まち歩き 前回の記事 ➡ まち歩き右0697  鳴滝の橋

五七五

石炭の貨車つづくことつづくこと /虚子

京ことば シンキクサイ もどかしい。「あの人は、シンキクサイヤワ

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き右0697  鳴滝の橋

2018年02月18日 05時42分01秒 | まち歩き

 

古そうな 欄干  

 

まち歩き 前回の記事 ➡ まち歩き右0696 鳴滝からの愛宕山のながめ

五七五

炭団法師火桶の穴より窺ひけり /蕪村

京ことば ゴメンヤス ごめんください。

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き右0696 鳴滝からの愛宕山のながめ

2018年02月18日 05時40分53秒 | まち歩き

左のピークが 愛宕山 

まち歩き 前回の記事 ➡ まち歩き右0695 茅葺の民家

五七五

炬燵して語れ真田が冬の陣 /子規

京ことば ギョーサン たくさん。「ギョーサンの人」

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き右0695 茅葺の民家

2018年02月18日 05時39分27秒 | まち歩き

 

まち歩き 前回の記事 ➡ まち歩き右0694 玄関の石  迫力あります でかい

五七五

思ふ人の側へ割り込む炬燵かな /一茶

京ことば キバル 頑張る。「ようキバッナー

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き右0694 玄関の石  迫力あります でかい

2018年02月17日 08時36分14秒 | まち歩き

 

まち歩き 前回の記事 ➡ まち歩き中0693  奇竹堂 創業 明治24年 竹工芸

五七五

住みつかぬ旅の心や置炬燵 /芭蕉

京ことば カマヘン かまわない。「何してもカマヘン

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き中0692 チャート式 教研出版のショーウインドウから・・・

2018年02月17日 08時25分51秒 | まち歩き

第1問  なんででしょう  

 

第2問 CHART(チャート)の各文字の数は何?

 

第3問 何度になりますか

まち歩き 前回の記事 ➡ まち歩き上0691  家を守る角石

五七五

裾におきて心は遠き火桶かな /蕪村

京 ことば オヘン ありません。「こんなところにオヘン」 オマヘンとも。

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き上0690 三本木 鴨川 丸太町橋 近く

2018年02月17日 08時12分47秒 | まち歩き

 

 

丸太町橋は明治以前は度々の水害で流失いるので、木橋が架けられていた。東に熊野の森があり西は近くに三本木の遊郭があって人の往来も多く、御休宿所と云う料理屋も出来ている。鴨川の此の辺の西の岸辺から東山三十六峰を見るに一番良い場所と云われている。橋上には洋傘をさし、人力車が通る風景は明治初期の橋を現わしている。

丸太町橋の東を見ると、熊野神社の一の鳥居と対の石灯籠が見える。お粗末な欄干の木橋で、明治になって聖護院から吉田付近に学校が集中いるに及んで、丸太町通に学生のための古本屋が開店した。市電の開通以前は道路もせまく、平屋建ての家が多かった。丸太町橋の名の起こりは古く、堀川に丸太を並べて橋にした処から其の名が出たので古名は春日通といった。

関連記事 ➡ 立命館草創の地  木戸孝允・幾松の逸話の地

       山紫水明処  頼山陽

まち歩き 前回の記事 ➡ まち歩き上0689 鴨川  荒神橋の鳥たち

五七五

山眠る如く机にもたれけり /虚子

京ことば オクナイ ください。「お菓子オクナイ」丁寧にオクレヤスという。オ~ヤス で敬意を表す。「このお菓子オクレヤス

 下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き上0689 鴨川  荒神橋の鳥たち

2018年02月16日 16時02分41秒 | まち歩き

 上流を見る

2017年1月22日 撮影

まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き北0688  出雲路橋から大文字を見る  鴨川にかかる橋一覧

五七五

狐火や一万石の領地かな /虚子

京ことば オクドサン かまど。かまどを守る神様。「オクドサンに愛宕さんの護符を貼るエー

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き北0687  変わった 家の形 

2018年02月16日 11時25分04秒 | まち歩き

北区 今宮神社 付近

まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き北0686  お寺の塀

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き北0686  お寺の塀

2018年02月16日 06時27分21秒 | まち歩き

 

 

 

まち歩き 前回の記事 ➡ まち歩き右0685  愛宕山 と 小倉山

五七五

天気やゝおちたるかとも冬日和 /虚子

京ことば イラチ 落ち着きのない人。「イラチな人はきらわれるエー

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き右0685  愛宕山 と 小倉山

2018年02月16日 06時22分17秒 | まち歩き

愛宕山

小倉山

まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き下0684  京都タワー  雨と晴れ

五七五

雁さはぐ鳥羽の田面や寒の雨 /芭蕉

京ことば イヌ(往ぬ・いぬ)  帰る。 「もうイヌワ

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き下0684  京都タワー  雨と晴れ

2018年02月16日 05時59分53秒 | まち歩き

雨模様の中の京都タワー

 

カメラのレンズにも 雨がかかっているのかな

同じ日の 2時間後  ビルに写る京都タワー

見上げる 京都タワー

まち歩き 前回の記事 ➡ まち歩き中0683  古い 看板

五七五

冬雲は薄くもならず濃くもならず /虚子

京ことば イチゲンハン なじみでなく、初めての客。「イチゲンハンはお断りドッセ」

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き中0683  古い 看板

2018年02月16日 05時58分21秒 | まち歩き

 

かし車  とも書かれています

まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き中0682  この柱 門柱かも

五七五

静かなる樫の木原や冬の月 /蕪村

京ことば  イカツイ  いかめしい。「あの人、イカツイ顔付したハルナー」

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き中0682  この柱 門柱かも

2018年02月16日 05時54分30秒 | まち歩き

 

まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き上0681  おっ 突き当り 地蔵さんの横に 石仏がありそうだ

五七五

この木戸や鎖のさゝれて冬の月 /其角

京ことば イカキ ざる。竹で編んだかご。 イカケとも。

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加