アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4300 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

道標西0014  浄住寺  

2016年03月31日 17時14分40秒 | 道標

 右   浄住寺

 

昭和4年1月     小松原脩民   建立

 近辺地域寺社記事  ➡  寺社検索07  梅津・松尾  地区   

 道標前回記事  ➡   道標東0013 京都現存最古の道標 三条白川橋   

次回道標記事     道標西0015-123  西芳寺 あたごみち たんごみち   

 


この記事をはてなブックマークに追加

高瀬川桜まつり

2016年03月31日 12時16分54秒 | 掲示ポスター


この記事をはてなブックマークに追加

つばき   

2016年03月31日 06時24分35秒 | 

平成28年3月7日 撮影  桂地区の山すそ

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

蔵のある風景西221回   桂見広寺 近く

2016年03月31日 06時11分04秒 | 蔵のある風景

 

近辺地域寺社記事  ➡   梅津・松尾  

前回蔵風景記事 ➡  蔵のある風景 220回   中立売大宮 付近  


この記事をはてなブックマークに追加

神社西0017  葉室御霊神社 

2016年03月30日 19時36分12秒 | 神社

葉室御霊神社

御霊本社 御霊大明神

この地は平安期の頃より葉室家の荘園であった。従って約千年以前より鎮守の神として葉室家の霊を祭り御霊神社が建立されてきていた。日本国には古来より神道があった。個人や社会に不幸をもたらす要因は単に神の祟りに帰せられていた。これを防ぐ道は神の意志を和らげ慰める他になかったのである。然るに仏教が日本に広まるにつれて祟りは神の絶対意志として避けられない不幸とは観ぜずに、それは人格的な祖霊の働きであるとし、祟り、怨霊と我等との関係が始めて諒解されるようになった。そして平安初期よりそ祖霊を神社として祀り、僧侶が経巻の轉読を行って祖霊の供養が行われてきた、これが御霊神社の起因でまた神仏習合の始まりである。社殿は葉室家第23代大納言兼室頼孝卿が元禄2年建立したもので、その修理が昭和56年10月完成した。

国挟槌尊(月霊)

日本書紀によれば天地剖判の最初に現れ給うた神、神世27代第一代の神、国常立尊に次ぎ生れませる神である。この神々に国の地盤形成の概念から生じた神で高天原における天御中主神と対比して考えられたその土地を司り守護される神である。

菩薩像 生まれながら身体に変形をもった人の悩みを救う菩薩といはれるが、その御名は不明である。心なき人の仕業かかなり損傷をうけている。しかし自分の身体を捨てて人々の悩みを救う偉大な大悲力を発揮されてきた有難い菩薩像である。

十禅師社

十禅師とは宝亀3年(772)学徳兼備の僧十師を選んで官から授けられた称号である(元享釋書23巻)

 昭和56年11月18日  葉室家

第35代当主  葉室頼昭

 

地域別関連記事 ➡  寺社検索07  梅津・松尾  地区 

神社前回記事  ➡  神社左0016  御辰稲荷神社  芸能上達・願いの叶う真黒石  

神社次回記事  ➡ 神社右0018  斎明神社・・京都市登録有形文化財     


この記事をはてなブックマークに追加

京都工芸美術作家協会展

2016年03月30日 12時03分57秒 | 掲示ポスター

開催終了になりました

 


この記事をはてなブックマークに追加

寺院西0013-2  浄住寺  黄檗宗

2016年03月30日 06時54分23秒 | 寺院

 

 

 

 

 

本堂の扁額

 

本堂内部

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂を横から見た

 

丸窓

 

左右に 鳳凰のような絵柄が見える

 

これを なんと いうのか

口にくわえているのは

 

 

庫裡か 社務所 か 玄関か

扁額は 「山室葉」 だろうか

 

参道わきの境内の竹

 

近辺地域寺社記事 ➡  寺社検索07  梅津・松尾  地区  

関連記事  ➡  寺院西0013-1 浄住寺  黄檗宗

前回の寺院記事  ➡  寺院左0012  積善院準提堂 (しゃくぜんいんじゅんていどう)  「人喰い地蔵」 がある

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

地蔵西001  幸福地蔵大菩薩  

2016年03月29日 18時06分08秒 | 地蔵尊

華厳寺 (鈴虫寺)

作家の林真理子さんが直木賞を受賞した際「お参りしたおかげ」と話したことがきっかけで、山門わきのわらじばきの幸福地蔵が親しまれている。1度ここでお願い事をして帰ると、お地蔵さんがワラジを杖をつきながら1軒ずつ願い事を聞いて尋ねてきてくれると信じられています。

 

 

関連記事  ➡  寺院西0005  華厳寺(鈴虫寺)   臨済宗永源寺派

近辺地域の寺社記事  ➡   寺社検索07  梅津・松尾  地区  

地蔵次回記事  ➡  地蔵左002 崇徳院地蔵・人食い地蔵   

 


この記事をはてなブックマークに追加

実相院門跡展 幽境の名刹  於*文化博物館

2016年03月29日 11時57分57秒 | 掲示ポスター

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

寺院西0011  来迎寺  浄土宗西山禅林寺派

2016年03月29日 06時39分32秒 | 寺院

 

 

閼伽井

 

きれいな 井戸水です

 

なもてい

 

洛西33ケ所観音霊場  

第24番札所

 

近辺地域の寺社記事  ➡   寺社検索07  梅津・松尾  地区 

前回の寺院記事 ➡ 寺院西0010  玄忠院  浄土宗 

次回の寺院記事 ➡ 寺院西0013-2  浄住寺  黄檗宗  


この記事をはてなブックマークに追加

古墳02 上ノ山古墳  西京区

2016年03月28日 20時15分40秒 | 遺跡・遺物

 

 

 

頂上部

ここに近くの地域の記事  ➡ 寺社検索07  梅津・松尾  地区 

前回の古墳記事  ➡   蛇塚古墳 (へびつかこふん) 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

京都の下水道

2016年03月28日 12時00分06秒 | 掲示ポスター

 


この記事をはてなブックマークに追加

寺院西0010  玄忠院  浄土宗

2016年03月28日 06時56分47秒 | 寺院

 

 

 近辺の寺社 ➡  寺院西0006  西芳寺(苔寺)  単立 

寺院前回の記事  ➡  寺院左0009  聖護院 (しょうごいん)  修験宗 

寺院次回の記事  ➡  寺院西0011  来迎寺  浄土宗西山禅林寺派


この記事をはてなブックマークに追加

民家の門は茅葺  苔寺の近くで

2016年03月27日 20時18分03秒 | まち歩き

 


この記事をはてなブックマークに追加

動物・石・森にちなんだ所  祈念神石 追加    

2016年03月27日 07時28分01秒 | 動物・石・森に因む所

 次のものがシンボルの地にワープします

月延の石   月読神社

願掛け陰陽石    月読神社 

児の腰掛石    神社右0020 児(ちご)神社  広沢の池のほとりに   

疱瘡石  西院 春日神社   

梛石・撫石  西院 春日神社 

影向石    影向石 =向石      西芳寺(苔寺)  

夜泊石     西芳寺(苔寺)   

座禅石     西芳寺(苔寺)  

さざれ石   齋宮神社

またげ石  梅宮大社

足洗石    安産石  

岩神さん 岩上神社  

祈念神石   車折神社  本殿

真黒石    御辰稲荷神社  

歌石

瓜生石  

烏帽子岩  

鏡石  

額立石  

鉄床石

要石   

雷石  

寛算石  

冠石  

沓石

車石  

袈裟掛石 

月下氷人石 

御供石  

腰掛石  御室仁和寺の菅公腰掛石

駒飛石

細石

紫雲石  紫雲石  

白菊石

背比べ石

説法石

仙遊石

力石

乳石

天降石  

登天石  水火天満宮  

菜切石

念仏石

琵琶石

仏足石

船形石

兵法石

臍石    

弁慶石  稱名寺 浄土宗  弁慶石

出世石  水火天満宮  

将門石  

 

 

蟻・あり     

猪・いのしし  イノシシ1  愛宕神社   イノシシ3  

鵜・う     

兎・うさぎ   うさぎ     

牛・うし  ウシ

鶉・うずら    

鰻・うなぎ   三島神社     馬・うま    鴛鴦・おしどり   蚕・かいこ

蛙・かえる   蜻蛉・かげろう   蟹・かに   

亀・かめ         

烏・からす  カラス

狐・きつね  風流キツネ   水鶏・くいな    蜘蛛・くも   鯉・こい  松尾大社 

鴻・こう

鷺・さぎ     

猿・さる  新日吉神社   猿寺と呼ばれて 正行院  幸神社 御所を三番叟(猿)が見守る 赤山禅院

鹿・しか    獅子・しし      

白鳥・しらとり

鈴虫・すずむし   華厳寺(鈴虫寺)    

雀・すずめ   鷹・たか      蛸・たこ

狸・たぬき   千鳥・ちどり   蝶・ちょう    鶴・つる      飛魚・とびうお

虎・とら     鯰・なまず    鶏・にわとり   鵺・ぬえ     猫・ねこ

鼠・ねずみ   蜂・はち    鳩・はと      蛤・はまぐり    梟・ふくろう

蛇・へび     螢・ほたる  時鳥・ほととぎす           蚯蚓・みみず

虫・むし     竜・りゅう

 

結びの木    月読神社

 

石田の森     伊多太の森    浮田の森    恵比須の森

大宮の森     大荒木の森    おかいらの森  春日の森

片岡の森     柏の森       神無の森    祇園の森

北野の森     久我の森     木島の森     御霊の森

衣手の森     蔵王の森     指月の森    十禅師の森

聖護院の森   城南の森     神祇官の森    新宮の森

糺の森      団子の森    天鼓の森       天神の森

天皇の森     常盤の森    塔の森       半木の森

梛の森      羽束師の森   花尻の森     柞(ははそ)の森

比良木の森   藤の森      本宮の森     籬(まがき)の森

見返りの森    身隠の森    美豆の森    六田の森

山の森     竜翔寺の森

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加