アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4000 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

石碑山0070  京津国道改良工事 紀念碑 ・大迫力 全部 車石で出来ている

2016年11月08日 10時41分33秒 | 石碑

 

紀念 京津国道改良工事 昭和八年三月竣工

高270×幅50×奥行50cm(除く車石基壇)

京都市の蹴上と大津市の札の辻を結ぶ京津国道は,昭和6(1931)年から昭和8年にかけて,内務省大阪土木出張所京津国道改良事務所により拡幅舗装が施工された。この碑は工事竣工を記念して建てられたもので,3段の基壇には三条街道車石の廃材が使われている。また碑本体には竪に溝が走っていて,車の通行で溝ができた橋材を再利用したものと考えられている。

 

 

大阪朝日新聞(昭和8年5月28日)には「京津新国道竣工きのふ晴れの開通式」「その昔の難所も今は夢の夢」と出ています。新国道は延長7.63km、総工費230万円、京津間の難所とされた日ノ岡、逢坂山両峠を削って勾配を緩やかにし、幅員も11mに拡大、平坦部では16m以上とし、歩・車道の区別をつけ、完全な舗装化によって京都大津間を自動車で僅か17、8分になり、従来よりも12、3分短縮されたと伝えています。

 

 

 

石碑 前回の記事 ➡  石碑山0069  供養塔・題目塔 周囲に車石が多数使われています 

今回の川柳

紙とペン 探してる間に 句を忘れ   / 山本

下のユーザー地図で京都市内の記事探索が出来ます。試してみてください

 

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石碑山0069  供養塔・題目... | トップ | 石碑山0071  車石の広場 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む