アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4300 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

まち歩き伏0662 淀で古くからの醤油やさん 200年前から

2017年12月15日 21時01分41秒 | まち歩き

大きな 蔵のような 倉庫が目立っています   そこへ 行ってみます

 

醤油 みそ 醸造所   本田醤油株式会社

額には 

200年の伝統 手づくり  しょうゆ  みそ  もろみ  

小売り 500~ 700~  

と書かれています

まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き伏0661  淀  宇治川の堤からの ながめ

五七五

空の青 君の心にうそはない /南里

ことわざ

我が物と思えば軽し笠の雪

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏032  淀 にあります 高倉大神

2017年12月15日 12時53分24秒 | 町内の小さな祠

 

 

 

祠 前回の記事 ➡ 祠伏031  八大龍王弁財天

五七五

いつかまた細くなります捨てません /喜久永

ことわざ

柳眉を逆立てる

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

まち歩き伏0661  淀  宇治川の堤からの ながめ

2017年12月14日 19時50分22秒 | まち歩き

南方面を見る  男山八幡

 

宇治川  左が上流

まち歩き 前回の記事 ➡  まち歩き伏0660  運送屋さん さすが淀だけあるなぁ

五七五

空の青 深くて広くて泣けてくる /谷

ことわざ

葉をかいて根を断つ

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


この記事をはてなブックマークに追加

神社伏0122  凉森神社  淀の美豆町  城があった

2017年12月14日 18時29分48秒 | 神社

 遠景

 

凉森神社

林之元樋門  昭和2年1月竣工  施行 藤田組

美豆城跡

美豆城跡

戦国時代この地に美豆城があった。場所は凉森神社の西側に接し、広さは約100m四方と云われている。

古文書「春聞御記」に次のように記せられている。

応永廿五年十一月一日(1418年)『当国守護代、三方山城入道(範忠) 今日国に入部。・・・美豆に城郭を構え居住云々。』

又「足利季世記」にも 『三好三人衆ハ・・・・其勢一万余人、永禄十二己己正月三日(1569年)堺ヲ打立・・・・三日ハ山城ノミヅト云処ニ陣取。』と記せられている。明治時代には城郭四辺のうち南辺と、西辺の南半の堀が存在、北辺は細い水路として存在していた。大正時代には東側の堀が存続していた。築城は三方山城入道(範忠)であるかは不明。終末期の城主も不明である。 淀南地誌の会

 

昭和9年10月 建立

 

石鳥居は    享保5(1720)

 

境内には  石清水八幡宮 神領守護入之・

拝殿と本殿

 

忠魂

昭和52年1月 氏子中

 

文字が読めない

 

井戸手押しポンプ  がありました

狛犬

由緒書き

凉森神社 由緒

社格は明治6年に村社として指定されており、祭神は白髭大神も神速須佐之男命、大国主命、事代主神、菅原道真朝臣である。由緒(縁起)として元禄年間火災に罹り、社記悉く焼失いるとあるようにこの宮の記録は無い。しかし時代の資料から、次のように言われている。

第18代仁徳天皇から高津の宮に都を移されたとき、この地に安在所(行宮、頓宮、御旅所)を造られた際、この近くに神社を造られたのが肇まりと言われている。

水律野神社(水律森)という。ここは樹木が繁茂し大変涼しかったという事で、凉森神社と言われるようになった。別名、夕凉宮とも云った。

又、菅原道真が九州へ流される時、この神社に立ち寄り、鈴を献上されたと云われたことから、「鈴ノ森神社」ともいわれる。

又、「凉宮」(石清水八幡宮)と云われたり、雀が多かったのか「雀宮」「スズメノ宮」(石清水八幡叢書)とも云われている。昔は桧皮葺きの立派な神社であったが、昭和36年度の第ニに室戸台風で損壊しね一時仮宮であったが今のコンクリートの建物になった。

大祭は10月23日である

宮司 奥村博記

凉森神社  総代会

 

本殿

 

遥拝所

 

摂社

関連記事 ➡  関連0009  手押し井戸ポンプ

 神社 前回の記事 ➡  神社伏0121  天満宮  淀

五七五

どの席もスマホと戯れる通勤車 /田村

ことわざ

馬齢を重ねる

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


この記事をはてなブックマークに追加

寺院伏0419  淀の 円通寺 浄土宗

2017年12月13日 20時23分39秒 | 寺院

 

 

寺院 前回の 記事 ➡ 寺院伏0418   淀の 西岸寺  西山浄土宗

五七五

ああ言えばこう言う妻と五十年 /東谷

ことわざ

針ほどのことを棒ほどに言う

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


この記事をはてなブックマークに追加

蔵のある風景伏0362回  淀 美豆町 付近

2017年12月13日 13時49分52秒 | 蔵のある風景

 

向うの山は 男山八幡

蔵のある風景 前回の記事 ➡ 蔵のある風景伏0361回  淀・北城堀町 付近

五七五

ポン菓子が来ると並んだ昭和の子 /梶村

ことわざ

蛤で海をかえる

 


この記事をはてなブックマークに追加

寺院伏0418   淀の 西岸寺  西山浄土宗

2017年12月12日 09時21分23秒 | 寺院

 

 

寺院 前回の記事 ➡ 寺院伏0417  東運寺 曹洞宗 鳥羽伏見の戦い 東軍戦死者埋骨所

五七五

朝採りの旬野菜みな長寿食 /樋口

ことわざ

行き大名の帰り乞食

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

祠伏031  八大龍王弁財天

2017年12月11日 16時47分53秒 | 町内の小さな祠

 

祠 前回の記事 ➡ 祠伏030  竹田駅 付近  形がはっきりしない 素朴

五七五

京の音ハモの骨切りコンチキチン /福居

ことわざ

焼きが回る

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

ポスター0078  五大力さん  醍醐寺

2017年12月11日 16時44分50秒 | 掲示ポスター

平成29年 2月23日 への ポスター 

京に春を告げ一年の幸せを祈る   醍醐寺

 

ポスター 前回の記事 ➡  ポスター0077 與杼神社 秋季大祭 神輿渡御 

五七五

過疎暮らしバスの時刻で動いてる /内田

ことわざ

大黒柱を蟻がせせる

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

道標伏0144  淀町道路元標

2017年12月10日 06時07分04秒 | 道標

 

土台で固められています

 

関連記事 ➡   関連0005  道路元標

道標 前回の記事 ➡ 道標伏0143  一口村 安養寺

五七五

筋書きのないスポーツが性に合う /吉岡

ことわざ

薮をつついて蛇を出す

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

寺院伏0417  東運寺 曹洞宗 鳥羽伏見の戦い 東軍戦死者埋骨所

2017年12月09日 21時55分26秒 | 寺院

 

 関連記事 ➡ 関連0007  戊辰戦争 ・戊辰役

寺院 前回の記事 ➡ 寺院伏0416  長円寺  浄土宗  戊辰戦争の野戦病院跡

五七五

道迷う 楽しきことも多かりし /和田

ことわざ

灯明で尻を焙る

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

寺院伏0416  長円寺  浄土宗  戊辰戦争の野戦病院跡

2017年12月08日 17時50分50秒 | 寺院

 鳥羽伏見の戦い  幕府軍 野戦病院の跡

 

下の碑は、慶応4(1868)年正月に勃発した鳥羽伏見戦の東軍(幕府側)戦死者の招魂碑である。

  明治40年に東軍戦死者四十年祭典が京都十七日会により挙行され,あわせて15基の碑が建立された。十七日会は徳川家康の命日である十七日(元和2年4月17日)にちなんだ,徳川家恩顧者の会である。

  碑はふたつのカテゴリーにわけて建立された。一は「戊辰之役東軍戦死者之碑」と刻んだ3基の招魂碑(この碑もそのひとつ)。

戊辰役東軍戦死者之碑

招魂碑は榎本武揚書。

戦死者埋骨地六所ニ在本寺一淀町光明寺墓地

 一大専寺文相寺東運寺八幡番賀

子爵榎本武揚書

明治四十年 京都十七日会建之

 

長円寺 浄土宗

 

鳥羽伏見の戦い 解説

150年前の京都の地図

長円寺 所有の 刀剣

 

 

戊辰役東軍戦死者埋骨地

建立年 1907年

建立者 京都十七日会

関連記事 ➡ 関連0007  戊辰戦争 ・戊辰役

寺院 前回の記事 ➡ 寺院伏0415  高福寺 浄土宗 

ことわざ

駅に立つ 夢や大志は遠い過去 /矢田

ことわざ

冬来たりなば春遠からじ 

 


この記事をはてなブックマークに追加

関連0007  戊辰戦争 ・戊辰役

2017年12月08日 06時23分14秒 | 関連記事

戊辰戦争 ・戊辰役

1  神社伏0076-4 御香宮神社4 明治維新碑

2  黒谷 金戒光明寺

3  大村益次郎が襲撃された宿舎跡

4  寺院右0001-2  鹿王院  境内に静寂な竹林

5  薩藩戦死者の墓  1864年 1868年

6  寺院伏0408 妙教寺 淀古城址 戊辰役東軍戦死者碑 木村久夫碑

7  道標伏0141  戊辰役戦場址

8    寺院伏01412 大専寺 真宗大谷派  東軍戦死者埋骨所

9  寺院伏0413  文相寺  浄土真宗本願寺派  東軍戦死者埋骨

10  寺院伏0416  長円寺  浄土宗  戊辰戦争の野戦病院跡

11  寺院伏0417  東運寺 曹洞宗 鳥羽伏見の戦い 東軍戦死者埋骨所

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

寺院伏0415  高福寺 浄土宗 

2017年12月07日 19時17分14秒 | 寺院

 

 

寺院 前回の 記事 ➡  寺院下0414  瑞雲院 日蓮宗

五七五

半周を遅れて走る子に拍手 /大塚

ことわざ

伯仲の間 

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます


この記事をはてなブックマークに追加

神社伏0121  天満宮  淀

2017年12月06日 21時20分52秒 | 神社

 

 

元禄8年(1695)12月 建立

 

元禄6年(1693)霜月 建立

 

鉄製の牛だ 

 

弁財天

 

 

本殿

神社 前回の記事 ➡ 神社伏0120 伊勢向神社

五七五

マグカップ クロスワードをやっと解く /樋口

ことわざ

策士策に溺れる 

下の地図のユーザー地図 の囲みをクリックすると 付近の記事が探せます

 


この記事をはてなブックマークに追加