アートプラス京めぐり

京都の探索、記事数4200 ミニ・テーマで京都をめぐります 随時記事更新中

石碑南0133  羅城門跡 道長はここの礎石を持ち帰った 

2017年10月07日 18時49分20秒 | 石碑

 

 

平安京のメインストリートである朱雀大路の南端に設けられた、都の表玄関にあたる大門で、この門を境に内外を分けた。弘仁7年(816)に大風により倒壊し、その後に再建されたが、天元3年(980)の暴風雨で再び倒壊した後は再建されることがなかった。11世紀前半に藤原道長が法成寺造営のため、門の礎石を持ち帰った記述が『小右記』にあり、この頃には門の礎石や基壇のみの姿となっていたと思われる。付近の発掘調査では、羅城門に関わる遺構は見つかっていないが、東寺の木造兜跋毘沙門天像(国宝)や三彩鬼瓦(重要文化財、京都国立博物館寄託)はこの門にあったものと伝えられている。平成20年3月 京都市

 平安京朱雀大路南端にあった正門。幅約35メートル,奥行約9メートル,高さ約21メートルの二重楼閣であった。弘仁7(816)年大風で倒壊し再建されるが,天元3(980)年暴風で倒壊,以後再建されることはなかった。東寺に所蔵する兜跋毘沙門天像は,羅城門上に安置されていたものと伝える。この石標は羅城門の跡を示すもので,明治28(1895)年の平安遷都千百年紀念祭の事業として建立された

明治28年3月 京都市参事會 建立

 木造兜跋毘沙門天像  ➡  東寺の天部像 守りと祈りのかたち 

石碑 前回の記事 ➡ 石碑右0132  名勝境界  文部省

五七五

都大路 桧扇すくう 絵巻物 /小巻

ことわざ

連木で腹切る

  


この記事をはてなブックマークに追加

石碑右0132  名勝境界  文部省

2017年10月06日 22時05分59秒 | 石碑

 

石碑 前回の記事 ➡  石碑下0131  西本願寺 拡充記念碑

五七五

今朝の秋 やっと出番の コンバイン /吉田

ことわざ

人は人中田は田中 


この記事をはてなブックマークに追加

道標北0036  天野屋利兵衛  垣根の中に

2017年09月07日 21時02分20秒 | 石碑

平成28年12月19日 撮影

天野屋利兵衛之墓  椿寺  一丁 南か

 

 

 

平成27年4月11日

またもや、見つけにくい所にありました

椿寺への案内でしょう  天野屋利兵衛 の文字が見えます

 千本 の文字が これ以上 探索は 無理

関連記事 天野屋利兵衛  ➡  寺院下0040  聖光寺  浄土宗鎮西派  赤穂義士ゆかりの寺  

                        椿寺   義商  天野屋利兵衛の墓

                  本妙寺  赤穂義士ゆかりの寺

道標 前回の記事  ➡   道標右0035  兼好法師庵址へ  

五七五

手相より 血圧計で 知る未来  

ことわざ

蛇の道は蛇

  

 


この記事をはてなブックマークに追加

石碑下0131  西本願寺 拡充記念碑

2017年08月26日 08時46分03秒 | 石碑

境内地  拡充記念碑

1991年(平成3年)4月4日

浄土真宗本願寺派

総長 藤音晃祐 書

石碑 前回の記事 ➡ 石碑右0130 何が書かれているのか 歌碑かも 御室八十八ケ所

五七五

お墨付きくれたCT異常なし /佐藤

ことわざ

名を棄てて実を取る

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

石碑右0130 何が書かれているのか 歌碑かも 御室八十八ケ所

2017年08月17日 06時15分36秒 | 石碑

ここは 御室八十八ケ所

四十七番を過ぎたあたりにありました 

 

上と右に 穴が開いています

何が書かれているのか 歌碑かも

 

石碑 前回の記事 ➡ 石碑山0129  この付近 西野山古墓

五七五

熱帯夜 今夜も暑そう 絶対いや 

ことわざ

死んだ子の年を数える


この記事をはてなブックマークに追加

石碑山0129  この付近 西野山古墓

2017年08月07日 19時27分19秒 | 石碑

この付近 西野山古墓

 西野山古墓は,大正8(1919)年に偶然発見され,副葬品が埋葬時の状態でみつかった。金銀平脱双鳳文鏡や金装大刀などが含まれていたことから,被葬者は高位の人物で,この地が中臣氏の根拠地である点からその一族と推定されている

昭和60年1月 京都ライオンズクラブ 建立

石碑 前回の記事 ➡ 石碑東0128  親鸞聖人御茶荼毘所碑  真宗 延仁寺前

五七五

こんにちは 思い出せずに さようなら 

ことわざ

短気は損気

 


この記事をはてなブックマークに追加

石碑東0128  親鸞聖人御茶荼毘所碑  真宗 延仁寺前

2017年08月07日 06時23分01秒 | 石碑

東山区今熊野総山町

石碑 前回の記事 ➡ 石碑右0127 高雄山神護寺 寺号標

五七五

五十年ただ一瞬の流れ星 /福井

ことわざ

毒を食らわば皿まで

 


この記事をはてなブックマークに追加

石碑右0127 高雄山神護寺 寺号標

2017年08月05日 06時50分42秒 | 石碑

 

昭和10年5月

三荒 鹿之助

石碑 前回の記事 ➡ 石碑左0126  千種忠顕御戦死之地

五七五

冷蔵庫満杯にして独り住む /宮本

ことわざ

水清ければ魚棲まず

 


この記事をはてなブックマークに追加

石碑左0126  千種忠顕御戦死之地

2017年07月29日 05時29分17秒 | 石碑

 

千種忠顕御戦死之地

千種忠顕(?~1336)は,後醍醐天皇(12881339)の信任厚く,建武政権では従三位参議,三カ国の国司に補任された。足利尊氏(130558)の攻略により政権が瓦解すると,忠顕は足利直義(130652)軍と比叡山麓西坂本で戦った。延元元(1336)67日,千種忠顕が戦死した地

卿ハ六条有定ノ子ニシテ夙ニ後

 醍醐天皇ニ奉仕ス資性快活ニシ

 テ武技ヲ好ミ頗ル御信任ヲ蒙レ

 リ元弘元年討幕ノ謀露レ天皇笠

 置ニ潜幸シ給フニ当リ卿之ニ扈

 従シ城陥リテ天皇六波羅ニ移サ

 レ給フニ及ビ卿亦敵ニ捉ヘラレ

 シモ特ニ左右ニ近侍スルヲ許サ

 ル後天皇ニ供奉シテ隠岐ニ赴キ

 密ニ恢復ヲ図リ元弘三年天皇ヲ

 伯耆ニ遷シ奉リ綸旨ヲ四方ニ伝

 ヘテ義兵ヲ起サシメ又自ラ兵ニ

 将トシテ六波羅ヲ攻メテ之ヲ陥

 レ神鏡ヲ宮中ニ奉安セリ尋デ北

 条氏亡ビ車駕京都ニ遷幸アラセ

 ラルルヤ卿之ガ先駆タリ天皇厚

 ク其首勲ヲ賞シ給ヒ従三位ニ叙

 シ参議ニ任ゼラル中興ノ政治参

 ■スル所亦多シ既ニシテ足利尊

 氏大挙シテ京都ヲ攻メ天皇延暦

 寺ニ幸シ給フ尊氏弟直義ヲシテ

 兵ヲ進メテ行在ヲ侵サシム卿之

 ヲ西坂本ニ拒ギシモ利アラズ終

 ニ此地ニ戦死ス時ニ延元元年六

 月七日ナリ大正八年兵功ヲ追賞

 シテ従二位ヲ贈ラル

    大正十年五月

          文学博士三浦周行撰並書

 

久我 通久 書

大正10年5月 建立

石碑 前回の記事 ➡ 石碑左0125 浄殺結界跡 と 石仏

五七五

元気かないつも話題にのぼるひと /本西

ことわざ

笑う門には福来る

 


この記事をはてなブックマークに追加

石碑左0125 浄殺結界跡 と 石仏

2017年07月28日 06時58分15秒 | 石碑

 

石仏  その向こうに 石柱

 

浄殺結界跡

大正10年3月 建立

石碑 前回の記事 ➡ 石碑左0124  水飲対陣跡

五七五

迷いなどあるものですか草だもの /近藤

ことわざ

沽券に係わる

 


この記事をはてなブックマークに追加

石碑左0124  水飲対陣跡  

2017年07月27日 10時59分42秒 | 石碑

 

水飲対陣跡

千種忠顕(?~1336)は,後醍醐天皇(1288~1339)の信任厚く,建武政権では従三位参議,三カ国の国司に補任された。足利尊氏(1305~58)の攻略により政権が瓦解すると,忠顕は足利直義(1306~52)軍と比叡山麓西坂本水飲で戦った。延元元(1336)年6月7日,千種忠顕が戦死した地

水飲対陣之跡

延元元年ノ乱中将忠顕卿官軍ノ将

トシテ四明嶽ヲ防キ給フ賊西坂ノ

三方ヨリ攻寄セタリ官軍水飲ノ地

ニ攻下シ対陣ス翌賊大軍後方ヨリ

襲フ衆寡敵セズ卿水飲ノ地ニ戦死

シ給フヨシ太平記ニ見ユ

大正十年夏日   掃雲千種顕男誌

石碑 前回の記事 ➡  まち歩き左0549  東山コース 58-1  石碑左0123 白幽子厳居之跡

五七五 

残りページを多彩な色に染め上げる /佐藤

ことわざ

大海を手で塞ぐ


この記事をはてなブックマークに追加

石碑左0122 北白川宮・元精米所  御殿車

2017年07月21日 06時49分26秒 | 石碑

 北白川宮は,智成親王(1856~72)が明治3年(1870)12月から用いた称号で,現在の北白川仕伏町に屋敷があった。当時の白川には,水流を利用して精米などをする水車が多く設けられており,北白川宮の屋敷で用いられる米は,この地に設けられた水車で専門に精米

されていた。明治5年に北白川宮が東京に移転した後も,この地の水車は「御殿車」と呼呼ばれ,明治40年ごろまで製粉業などを続けた。この石碑は,「御殿車」と呼ばれた水車の跡を示すものである。

北白川宮  御殿車  元精米所

明治43年8月29日

石碑 前回の記事 ➡ 寺院左0383 乗願院  石碑左0121 北白川小学校開校の地

五七五

肩の荷はひとつ降ろしてまたひとつ /鬼塚

ことわざ

早牛も淀、遅牛も淀

 


この記事をはてなブックマークに追加

石碑上0120 京都御苑内 貽範碑

2017年07月07日 23時22分38秒 | 石碑

 

貽範碑

久邇宮朝彦親王(1824~91)は伏見宮貞敬親王の四男。嘉永元(1848)年粟田口青蓮院門跡となり尊融と称した。勤王家として期待されたが,安政の大獄に連座した。孝明天皇の信任が厚く,文久2(1862)年暮に新設された国事掛に就き,翌年還俗を命じられ中川宮と称した。公武合体派の巨魁であり,長州勢力を京都から一掃した文久3年8月18日のクーデターでは計画の中心となった。元治元(1864)年に賀陽宮と改称している。明治元(1868)年,反政府運動の嫌疑で広島藩に幽閉されたが,同3年に許されて京都に戻り,同8年新宮家である久邇宮家を立てた。のち伊勢神宮祭主に任命され,没するまでその職にあった。

  朝彦親王没後40年にあたり,維新前の邸宅であったこの地に碑が建てられた。この碑は朝彦親王の遺徳をしのび,邸宅跡を記念するものである。なお,この碑は和宮を記念するものだという説がある。和宮は明治4年から7年まで一時この地に住んでいたことは事実だが,碑は朝彦親王に関するものである。

 

恭シク惟ルニ朝彦親王懿親ノ思寄

 ヲ荷ヒテ夙ニ力ヲ国事ニ尽シ維新

 ノ大業ニ献替スル所少カラズ後胤

 ノ茂栄亦積善ノ餘慶ヲ被ル茲ニ薨

 後四十年ニ値ヒ児孫相謀リ守正王

 ノ題表ヲ請ヒテ碑ヲ其邸阯ニ建テ

 永ク報恩景仰ノ微衷ヲ致ス

 昭和六年十月

 

石碑 前回の記事 ➡ 石碑右0119  治水碑  御室川

 


この記事をはてなブックマークに追加

石碑右0119  治水碑  御室川

2017年06月21日 08時33分06秒 | 石碑

 

京都の西郊を流れる御室川の治水工事を,流域の葛野郡梅津・西院・京極・吉祥院の4か村が協力して行い,その竣工を記念した碑。首唱した京極村の中心部である山陰街道沿いの現在地に建てられた。

1906年建立 

葛野郡梅津村・西院村・京極村・吉祥院村

治水碑【篆額】

          貴族院議員正三位勲二等男爵   北垣国道   篆額      山田得多

 平安城西双岡以南田野平曠村落相望御室川貫其間南流入桂川平時水涸無涓」

 滴暴雨則濁流奔溢毀*没田其害甚大脩治之費役作之労村民常患之京極村長」

 湯川半左衛門等相議大改脩之梅津西院吉祥院三村咸賛之遂請官得允明治三」

 十三年十一月剏工三十八年一月告竣改流域減長十二間餘而加広二間廃沿川」

 地五千八百九十歩脩両*長各千六百八十間餘高一間六分厚三間而其上殺三」

 分之二費金弐万九百八拾円其六出於官其四係村民之出於是村民始免積年之患   【「係」字行間後補】」

 矣乃相喜曰嗚呼是挙也能除難除之害以永福利宜建碑不朽其功遂来索予文予」

 以郡宰親董是役当事吏胥皆能竭力規画以致是喜而村民之喜乃予喜也因不辞」

 而係以銘曰

    不溢不壊   偉哉治水   一片貞#   紀功志喜

       明治三十八年六月      京都府葛野郡長従六位勲六等   有吉三七

 [北西]

 組合管理者

          葛野郡長         有吉三七

 関係村長

          梅津村長         小山弥三郎

          西院村長         西村 太郎

          元西院村長      太田時治郎

          京極村長         湯川半左衛門

          吉祥院村長      石原菊太郎

          元吉祥院村長   小原伝之丞

          同                    岡崎清右衛門

 [北東]

 油小路魚棚北      石巳

 

御室川治水碑 碑文の大意

 京都の西郊では,双丘(ならびがおか)より南は田野が広がり,その中に村々が点在していた。御室川はその田野の中を流れ桂川に合流する川である。ふだんは水が少ないのだが,大雨になると濁流があふれ耕地をひたし,その損害は大きなものがあり,川普請の経費や労力は流域村民の悩みのたねだった。そこで京極村村長湯川半左衛門らは大規模な治水工事を企画し,流域の梅津・西院・吉祥院の三村もこれに賛同した。

  計画の認可を受け,明治33年11月に起工し,同38年1月に竣工した。この工事で川の流れは12間あまり短くなり,川幅は2間拡張した。川沿いの土地5890歩を供して堤防を作り,その延長は両岸おのおの1680間余で高さが1間6分,下部で厚さ3間,上部で2間にも及んだ。総工費は20,980円で,6割が京都府から支出され,4割が地元負担であった。

  治水工事の完成で永年の悩みが解決され,村民はこの業績を顕彰するために石碑を建てることを計画し,わたし(葛野郡長有吉三七)に碑文を依頼した。わたしは郡長としてこの工事に関係し,配下の者もよく力をつくして完成に至ったのである。すなわち村民の喜びはわたしの喜びでもある。このためあえて文を作った次第である

関連記事  ➡   人物008  北垣国道

石碑 前回の記事  ➡  石碑上0118  初代上京区役所跡

五七五

雨天決行 体内時計 熱くして /長島

ことわざ

思い立ったが吉日


この記事をはてなブックマークに追加

石碑上0118  初代上京区役所跡

2017年06月20日 06時57分45秒 | 石碑

 初代上京区役所跡

明治12年(1879)3月14日郡区町村編成法に基づき京都府上京区が誕生する。明治22年(1889)の市制施行による京都市誕生の10年前のことである。当初京都府庁内に区役所が仮設されたが、初代上京区長杉浦貞氏等の尽力により、上京区第17組中立売通西洞院西入3丁町及び菊屋町、下小川町に約600坪の敷地を確保する。初代上京区役所は明治16年(1883)7月に開庁し、昭和13年(1938)7月までこの地で区政が執り行われた。上京区130周年を記念して、日本の地方自治の魁であるこの地を顕彰する。上京区130周年記念事業実行委員会

関連記事 ➡  道標 上京区役所前にあり  天満宮・上かも・東山

           上京区役所 

石碑 前回の記事 ➡  石碑上0117 中立小学校・中立幼稚園 閉校閉園記念

五七五

立ち話 意気投合し 旅プラン /田川

ことわざ

旅は道連れ世は情け

 


この記事をはてなブックマークに追加