みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

5日間で終わる日中戦争!中国は5日で日本に勝利、米ランド研が衝撃の警告、米国は尖閣に関わるな!安倍は

2016-02-01 16:06:27 | 政治
5日間で終わる日中戦争!

中国は5日で日本に勝利、

米ランド研が衝撃の警告、

米国は尖閣に関わるな!

安倍は戦争派…!

衝撃のシュミレーション…

不毛の島、尖閣諸島!

衝撃のシミュレーション「中国は5日で日本に勝利」 米ランド研が警告、米国は尖閣に関わるな | JBpress(日本ビジネスプレス)


5日間で終わる日中戦争 | 兵頭に訊こう

米国は、日本の富(税金)を

収奪し続けるつもりだ。

そのひとつは、

日本を軍事国家にして

永続的に米国製兵器を

買わせ続けることだ。

そのための尖閣諸島であり、

中国脅威論なのである。

軍事問題におけるリアリズムの

観点からの分析で

知られる米ランド研究所。

彼らがシミュレーションを

実施したところ、

日本は尖閣諸島をめぐる

中国との戦いにおいて5日間で敗北し、

手も足も出なくなるというのです。

そして、彼らの出した結論は、

「不毛の島」尖閣諸島を巡る

日中の争いは最終的に米中戦争を

引き起こす可能性が高いので、

米国は無視するべきというものでした。

米国が日中間の尖閣諸島を

めぐる戦いに関与することは、

特大の戦略的な失敗でしかない。

尖閣諸島における危機管理の

最高の手段は、無視すること

なのかもしれない。

という結語は正しいだろう。

と同時に、

日本にとっても正しいのである。

だから日本の先哲も

尖閣を棚上げしてきたのだ。

これからの日本は護憲の立場に立ち、

平和国家を守るのが正しい。

それが賢い選択であり、

戦略的な成功に結びつく。

全文は下記に…


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

5日間で終わる日中戦争 | 兵頭に訊こう

5日間で終わる日中戦争

2016年1月30日

米国は、日本の富(税金)を収奪し続けるつもりだ。そのひとつは、日本を軍事国家にして永続的に米国製兵器を買わせ続けることだ。そのための尖閣諸島であり、中国脅威論なのである。

『JBpress(日本ビジネスプレス)』(2016年1月27日)に「衝撃のシミュレーション「中国は5日で日本に勝利」 米ランド研が警告、米国は尖閣に関わるな」という記事が載っている。一度は読んでおくべき論文なので、今回、採り上げることにした。

衝撃のシミュレーション「中国は5日で日本に勝利」 米ランド研が警告、米国は尖閣に関わるな | JBpress(日本ビジネスプレス)

(以下、長いのでメルマガの一部だけ公開します。

「軍事問題におけるリアリズムの観点からの分析で知られる米ランド研究所。彼らがシミュレーションを実施したところ、日本は尖閣諸島をめぐる中国との戦いにおいて5日間で敗北し、手も足も出なくなるというのです。

そして、彼らの出した結論は、「不毛の島」(尖閣諸島 注 : 兵頭)を巡る日中の争いは最終的に米中戦争を引き起こす可能性が高いので、米国は無視するべきというものでした。

このシミュレーションを取り仕切ったのは、ランド研究所の上級アナリスト、デヴィッド・シラパク氏です。彼は中国の軍事問題やウォーシミュレーションの権威として知られています。

シラパク氏は30年以上も米国の将校と外交官のために精緻なシミュレーションを作成してきました。昨年発表した、中国のアジア各地の米空軍基地への攻撃能力の増大についての彼も関与した報告書は、日本の安保研究者の間でも高い評価を受けています」

最初にわたしの方で種明かしをしておくが、これは日本に高価な米国製兵器を延々と買わせ続けるための論文になっている。しかし、状況判断とプロセスは的確である。非常にリアルで洗練された、優れた論文であることはまちがいない。さすがはランド研究所の上級アナリスト、デヴィッド・シラパクである。

米ランド研究所の出した結論は、尖閣諸島を巡る日中の争いは最終的に米中戦争を引き起こす可能性が高いので、米国は無視するべきというものである。

米国は日本を助けない。このことは、何度も『兵頭正俊の優しさ出前』で書いてきた。それが米国のシンクタンクのストレートな提言として出てきたのである。

このあと、5日間で日本が中国に敗北するまでのシミュレーションが続くのだが、紙幅の都合で割愛する。非常にシリアスな展開が書かれているので、購読者の皆さんは、ぜひとも読んでいただきたい。メルマガの終わりにリンクを張っておく。

5日間の日中戦争のシミュレーションのあと、ランド研究所は、5つの結論を導き出す。

「第1に、同盟には「巻き込まれる」という危険な面もある。

第2に、対日防衛義務の多くは履行するのは難しい。ミサイル防衛は不可能ではないが、中国の膨大なミサイル保有量を考えれば難しく、日本は脆弱である。

第3に、中国の大軍拡および彼らの新しい戦争方法は全てを変えた。今の中国には現代的な海軍、多数の強力な弾道及び巡航ミサイル、効果的な空軍、洗練された無人機がある。10年前の日本ならば単独で尖閣諸島を防衛できただろうが、今や時代は変わった。

第4に、今や米空母は中国の対艦ミサイルに対して脆弱な存在である。

第5に、日米中におけるナショナリズムは事態を悪化させ、政策決定者の選択肢を奪うという意味において非常に強力であり、致命的な存在である。

そして、シラパク氏は「米国が日中間の尖閣諸島をめぐる戦いに関与することは、特大の戦略的な失敗でしかない。尖閣諸島における危機管理の最高の手段は、無視することなのかもしれない」と結語します」

こういった直截で正直な、国益に沿った見解をわたしは好む。日本人に、もっとも欠けているものだ。「第1に、同盟には「巻き込まれる」という危険な面もある」などとは、なかなか日本人にはいえないものだ。しかし、正直な意見でもあるのである。

「第2に、対日防衛義務の多くは履行するのは難しい」とする。そして「ミサイル防衛は不可能ではないが、中国の膨大なミサイル保有量を考えれば難しく、日本は脆弱である」とする。しかも「今や米空母は中国の対艦ミサイルに対して脆弱な存在である」のだから、日本は米国を頼っていてはダメである、もっと米国製兵器で軍備拡張をしなければならない、という展開に、少なくとも単純な日本安保村は辿り着く。

重要なのは、「第5に、日米中におけるナショナリズムは事態を悪化させ、政策決定者の選択肢を奪うという意味において非常に強力であり、致命的な存在である」と分析していることだ。これは一度ナショナリズムに火がついてしまうと消せなくなってしまうということである。

そう考えると、「米国が日中間の尖閣諸島をめぐる戦いに関与することは、特大の戦略的な失敗でしかない。尖閣諸島における危機管理の最高の手段は、無視することなのかもしれない」という結語は正しいだろう。

と同時に、日本にとっても正しいのである。だから日本の先哲も尖閣を棚上げしてきたのだ。これからの日本は護憲の立場に立ち、平和国家を守るのが正しい。それが賢い選択であり、戦略的な成功に結びつく。

〜下記に前半〜


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

中国と戦争になっても構わない 【暗闘 尖閣国有化: 春原 剛著】 戦争がしたい日本国の本音!? 日本国は戦争を起こしたい!?尖閣問題、棚上げより戦争指向を選んだのです。恐ろしい日本国の戦争利権組織の蠢き。争いを作り出し戦争で金儲けしようとする我が日本国の中枢らの陰謀!



酒に酔った安倍晋三、米国と共に中国を叩くと豪語!安保法制のターゲットは中国!オバマにも怒る…!メディアの前で、中国との戦争を計画していることを「堂々と」認めた。安保法制は中国が狙いだから、やると言ったらやる。と述べた…


安倍政権「対中開戦」準備予算、来年度に盛り込む!敵は中国「戦争野心」隠さぬ!増税、増税になるだろう!/日刊ゲンダイ/防衛省も来年度予算で、南シナ海での対中衝突を想定しているような兵器調達を一気呵成に進めようとしている。安倍政権の「野心」は、米国の手のひらの上で転がされている。

日米軍産複合体が、戦争で食っていくために、中国脅威論という物語が必要なのだ!戦争で食べていく国への堕落!戦争で食べていく国への堕落!兵頭正俊氏…安倍訪米、新日米ガイドライン!

安保法案の目的はこれ!戦争は1%にとってはビジネスであり、莫大な金儲けに直結している!安倍晋三は日本国民にとって、もっとも危険な存在である!戦争ビジネスのために若者を殺そうと!…集団的自衛権、安倍家は死の商人!

安倍らの中国脅威論はでっち上げ!中国は大人だょ、安倍ガキの挑発に乗らないね!日本国債の最大保有国… 兵頭正俊氏/日本の国債もメガバンク株式や主要投信も都心部不動産etc.…最大保有国は中国。こんな中国が日本に先制武力行使をする必要は一つもないね。むしろ日本が数十兆円の還元が見込まれる。

安保法制、中国・東シナ海への派兵…否定せず!安倍答弁/米軍の後方支援?単独戦闘もあり得る?米戦争屋…/中国、習近平国家主席、日中友好、経済発展を望むが…アベノミクスとは、戦争ビジネスのための詭弁だろう!戦争へと向かう戦争法案…!


オスプレイ着陸失敗、炎上 ハワイ、1人死亡⇒米陸軍がオスプレイ導入を中止、イスラエルも中止!ガラクタを血税で買う安倍日本、米奴隷の売国奴!


ベストセラー間違いなしの孫崎享『小説外務省』副題は「尖閣問題の正体」日本にとって正しい選択は「棚上げ」である。


重大!尖閣諸島で「棚上げの合意はない」と嘘をつく外務省、日本政府―棚上げ合意はあった:孫崎享のつぶやき: 孫崎享チャンネル(孫崎享) - ニコニコチャンネル:社会・言論


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

5日間で終わる日中戦争 | 兵頭に訊こう

1月28日の甘利記者会見は、現在の日本の政権と記者クラブの蜜月を露出するものであった。

記者会見は、さながら甘利明の「ゲスの極み」の独擅場と化していた。多くの国民が、いや野党も含めて心の隅で気の毒な人だ、甘利は悪い人じゃないと思ったことだろう。

記者会見を見ながら、まだアホノミクスが生きており、TPP交渉が、国益を守った優れた交渉だったとみなされている会見場の雰囲気に、すっかり驚かされた。せめて日本が世界で一番遺伝子組み換え作物を食べさせられており、今後、TPPによって雪崩のように危険な作物が入ってくるという危機感ぐらい会見場にあるかと思ったが、何もなかった。


(「秘書のせいとの責任転嫁は、わたしの生き様に反する」。ああ、気持ちいい。ゴイムを相手の「ゲスの極み」の記者会見)

(「秘書のせいとの責任転嫁は、わたしの生き様に反する」。ああ、気持ちいい。ゴイムを相手の「ゲスの極み」の記者会見)

国を売って、犠牲の人を演じきれるということは、それだけ東京の大手(「記者クラブ」)メディアが無知で堕落しているということである。国民は真実を知らされていないのだ。

売国が完成した時点で、自分たちの堕落の正体を体現していた秘書たちを処分すれば、甘利明自身は、ダメな秘書をもった気の毒な犠牲者、愛国の国会議員と見せかけることができる。

売国奴の目的は正反対のところにあり、TPPで国を売り、最後の調印者から自分の名前を外すところにこそあった。愚かなゴイム、支配下に置いたメディアをだまして、すべては甘利明の思うように展開している。

確かに議員辞職したところで、すぐに選挙はあり、簡単に復帰してくるだろう。

それでも、野党は甘利明を議員辞職に追い込まなければならない。「小選挙区だから、怪しい奴とも付き合う必要」などと、もっとも怪しい男にけむに巻かれて引き下がるのでは、あまりにも酷すぎる。そのためには参考人招致が必要だ。甘利明の2人の秘書、それに一色武の参考人招致はどうしても実現しなければならない。

それにしても、甘利のふたりの秘書はヤクザそのものだ。

甘利氏辞任表明も晴れない疑惑 霞が関に飛び火で一大疑獄へ | 日刊ゲンダイDIGITAL

甘利の政策秘書・鈴木陵允「あんたたち、俺たちの顔立てるっつったよな、わかんなかったの?」(UR職員に対して)

甘利の公設第1秘書の清島健一「大臣もこの案件については知っているんで、こっちもちゃんと返事を返さなくちゃいけないんですよ」(URの総務部長を呼びつけて)

こういった言葉、恫喝、手法は、日頃の延長上に出てくるものだ。そして、もちろんこういった「政治」を秘書がやっていることも、甘利明を含めて複数の支持者たちは知っていたのである。 国政にかまけて知らなかったなどけっしてありえない。「大臣もこの案件については知っている」からこそ、大臣室で一色に甘利は会ったのである。

一色武が情報を持ち込んだのは東京の大手(「記者クラブ」)メディアではなかった。この一色の判断は正しいであろう。もし東京の大手(「記者クラブ」)メディアに情報を持っていけば、自民党にそのまま情報が筒抜けになり、逮捕されていた可能性が高い。

自民党は、徹底して米国による日本支配のための政党である。甘利明で国を売り、今度はミスターATMの石原伸晃である。いくらでも好きなだけ日本国民の財産をあげます、ということなのだろう。


(自民党のミスターATM 「金目でしょ」)

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

うTPP/甘利明大臣に、計1200万円渡った!建設会社関係者が週刊文春で証言!口利きの見返りに…大臣室で現金授受!現場の写真・音声を公開…

甘利大臣ワイロ事件は、 米CIAの失脚工作?合計830兆円の郵貯簡保・年金・農協預金の合法的奪取作戦の合図か! 新ベンチャー革命…/日本を乗っ取っている米戦争屋CIAジャパンハンドラー!我らの厚生年金積立金はすでに、20兆円以上、欧米銀行屋に、空売りとデリバティブの権利行使で、合法的に奪取されましたが、これは序の口です…!

海外メディアが一斉に「アベノミクスは失敗に終わった」安倍首相はデータをねじまげ「景気回復」の嘘を…!息を吐くようにウソをつく安倍晋三首相だが、経済政策についてもウソばかりだ。国民年金GPIFの損失は天文数字になる!

世界恐慌前夜!原油は10ドル、株価は9000円…地獄の本番が始まる!経済危機…安倍は他人事!年金、景気、消費税、 日本の明日は?国民にとって、最大の脅威は、やっぱり、この男、安倍晋三なのである。

米国証券市場は75%下落、アナリスト予測!東京市場を襲う底なし暴落、年金は風前の灯か…景気の危機!安倍のデタラメ…/安倍政権はまだ「景気は緩やかな回復基調」と嘘を貫き通しており、もはや自分たちの責任から逃避することしか考えていない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

フクイチ収束作業がいよいよ手詰まり、汚染地下水の本格的な海洋放出!4号機「燃料棒移送」虚構…核燃料は原子炉の底に落ちた!それでも安倍政権は、原発再稼働まっしぐら!フクイチ事故と原発再稼働の虚構…!

2016年の警告!4号機・核燃料プールが燃え出したら北半球は終わる!
4号炉の底に落ちた核燃料の危機!移動した?核燃料ではない。この国の隠された主役…原発が前面に出てくるだろう!兵頭正俊氏…/反原発派も触れようとしない原子力最大のタブー!槌田敦氏…


4号機のダクトにたまった汚染水、放射性セシウム濃度、約4000倍になっている!2014年12月の調査と比べて!移動した?核燃料でなく、原子炉の底に落ちた核燃料である!反原発派も触れようとしない原子力最大のタブー!いったい福島第1原発で何が起きているのか。ハッキリしているのは、現在も事故は進行中ということだけだ。安倍の犯罪蔓延国家!

抗がん剤が、癌を治せないのは常識!厚生労働省ガンの専門技官の回答!名医、大御所医師もそう言う!/立花隆氏が、大学や大学病院の名医への質問でも、大御所の先生が…結局、抗癌剤で治る癌なんて、実際にはありゃせんのです!


米国では抗がん剤は癌を治さないと!1980年代から…かえって癌を酷くする!日本の癌治療は20年以上遅れ、代替療法の普及は30年以上遅れている!/アメリカでは、国家的規模で代替医療への取り組みが行われている!/日本の癌医療界はこれを一切無視してきました。意図的に無視していたのです。日本ではそれがいまだに続いており、抗がん剤によって多くの癌患者の生命が日々蝕まれ続けているのです。

米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! ガン死亡者を減らすことにアメリカは成功しつつある!日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は 20倍、手術は 17倍も多い。米国で売れなくなった抗がん剤(ガン利権)の販売先が、全て日本になっている!/米国は「代替医療」の比重を高くすることを、国家プロジェクトとしておこなったためのようです。

抗がん剤は癌を逆に多発化させる!日本は欧米で売れなくなった抗ガン剤の在庫処分場!日本の癌ビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネス!ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。/重曹や味噌、緑茶などで予防、再発予防…!/アメリカ食品医薬品(FDA)は、古い抗がん剤を禁止しています。

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!

尿療法、がん、風邪、あらゆる病気に!自己抗原、生命根源物質ソマチット!癌免疫を改善して強化!強力な「抗酸化作用」名優・森繁久弥さんも実践…

癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも/そして「緑茶」国立がん研究センター発表、緑茶1日5杯で死亡リスク低くなる。

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

カレー粉の効能が凄い!癌、若返り、美肌効果、加齢臭、認知症予防、動脈硬化…幸せホルモンにIQが7も上がる!

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質…薬事法上の劇薬です!国民は騙されている… -/ 医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む。まったく科学的根拠のない発言です。インフルエンザは、風邪じゃないともいわれていますが、風邪です。どれだけ効かなくて、国民を騙しているか…!

アルツハイマー病・認知症は【脳の糖尿病?】砂糖、炭水化ー血糖値急上昇〜食べる順番で予防〜モーニングB

フクイチ終わりなき危機!今も際限なく放射能を放出し続け、高放射能の汚染水が太平洋に!大気に雲に雨となり…日本の国民は毎日放射能に、汚染したものを食べているのです!果てしない福島原発事故の危機…

日本の原発は、米国核兵器に必要なプルトニウム生産のためのものである!米国の指示で決まっているのだ!すべては米国の必要性から…兵頭正俊氏…/米国は、米国内の原発を順次減らそうとしている。それは第三次世界大戦時の、またテロリストの攻撃目標にならないためだ。しかし、それでは核兵器のもとになるプルトニウムが生産できない。それで極東の植民地が犠牲の生産地に選ばれたのである。だから、原発が停止していても電気は足りているのに、どうしても原発を再稼動しなければならない。

ネット右翼・ネトウヨは自民党が電通経由でE社で雇った大量のアルバイト!与党批判封じ込め自民党工作員!



sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月22日(金)のつぶやき | トップ | 10日間で民間船員を予備自衛官に... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む