みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

元気になる!ココア、低砂糖チョコレート!疲労回復、滋養強壮、アルツハイマー認知症、記憶力、糖尿病など

2016-02-11 19:38:12 | 健康
元気になる!ココア、低砂糖チョコレート!

疲労回復、滋養強壮、アルツハイマー認知症、

記憶力、糖尿病、便秘、 大腸がん、ピロリ菌、


心臓発作、脳卒中予防、美肌、 熟眠、

生活習慣病!ダイエット効果…

※管理人…

純ココア一杯で、私は元気回復、

眠り良く、目覚め良く!

純ココア、110グラムで300円前後、

一杯、10円位、1日一杯~3杯で







チョコっと認知症対策 1日25グラム食べるだけ





ココアで記憶力が良くなる!カカオの「フラボノール」で記憶力が若返る!認知症、高血圧、大腸がん、糖尿病、便秘改善、ピロリ菌、心臓発作、脳卒中予防など…カカオプロテインの力…そして受験生に…/60代の記憶がが30代に!3か月間ココアを飲めば…記憶力が10才若返る!甘くないチョコレート… ココアも砂糖なしで…。

『便通改善』ココア・高品質チョコ!大腸がん、心臓発作や脳卒中予防!カカオプロテインの力!/腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区

ピュアココアで痩せる!ココアダイエットの効果と方法を徹底解説! - 痩せるダイエット方法


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究 中間報告|みんなの健康チョコライフ

1日25g程度、日本人も取り入れたい

チョコレート習慣

欧米では昔からチョコレートを食べる習慣があります。最近では日本でもカロリーが低く、ポリフェノールの多い、おいしいチョコレートが販売されています。こうしたものを1日に25g程度食べる、というのを、日本人の新しい習慣にしていただければと思います。
また果物などには、カロテンといった、他の種類の抗酸化物質が含まれています。お茶やワインといった飲料にもポリフェノールが含まれており、抗酸化の役割を果たしてくれます。チョコレートを中心にしながら、こうしたものを、日常の食事習慣の中に取り入れることで、健康レベルを向上させていきたいですね



【追跡!医療新発見】チョコっと認知症対策 1日25グラム食べるだけ - 健康・医療 - ZAKZAK

チョコっと認知症対策 1日25グラム食べるだけ

2015.07

大澤俊彦教授

 1日25グラムのチョコを毎日食べると、認知症や鬱病の予防にもつながる-。そんな結果が、愛知県蒲郡市で行われた研究成果として先頃発表された。しかも、チョコを毎日ちょこっと食べるだけで、血圧の低下や善玉コレステロールの上昇など、生活習慣病の改善にも役立つ可能性があるという。そこに、新たな食習慣につながる架け橋を見つけた。

 【脳の重要なタンパク質を上昇させる】

 今回の成果は、愛知県蒲郡市、菓子メーカーの明治、愛知学院大学の産学官共同の「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」による。蒲郡市内外の347人(45歳~69歳)に4週間、カカオポリフェノール72%含有のチョコレート25グラムを毎日摂取してもらい、摂取前後の身体状態の変化を検証した。その最終報告が先頃発表されたのである。

 「血液分析により、チョコに含まれるカカオポリフェノールは、脳神経の産生に関係する重要なタンパク質のBDNF(脳由来神経栄養因子)を上昇させる力を持つことがわかりました。BDNFは、アルツハイマー型認知症や鬱病の方などで低下します。それを改善する作用があることを世界で初めて証明することができたのです」

 こう話す愛知学院大学心身科学部健康栄養学科の大澤俊彦教授は、機能性食品研究の第一人者で、食品と生命機能の関わりを詳細に調べる検査機器も開発している。BDNFを血液1滴で測る方法も、大澤教授の研究グループの開発だ。

 「従来の研究報告では、運動や魚介類などに含まれるアミノ酸の一種が、BDNFを上昇させることは明らかにされていました。カカオポリフェノールは、脳の血流を良くするのではないかと、海外で注目されてきたのですが、それ以上の作用があったのです」(大澤教授)

 【25グラムのチョコを好きなときに食べる】

 チョコをたくさん食べる海外では、今や数多くの研究が進められている。しかし、1日に食べる量が100グラムなど、日本人が毎日食べ続けたら太りそうな内容が多いという。そこで、今回の検証研究では、糖分の少ない72%カカオポリフェノールを配合したビターチョコで、1日1枚5グラムを5枚食べることにしたそうだ。

 明治によれば、参加者は、「朝5枚食べた人もいれば、3回にわけて食べる人もいて、お好きな時間に食べていただきました」という。つまり、量は決められているものの、好きなときにチョコを食べて、身体に好影響をもたらしたのだ。体重も変わらなかったとの結果も出ている。

 「高齢になると3~4人に1人は認知症となり、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞、さらにはがんになる人も増えます。身近な食材で食習慣を見直し、いつまでも元気な健康長寿を実現するには、食品の持つ機能性を調べることが重要だと思っています。科学的な検証が大切です。一般の方が、バランス良く食生活を見直せるように、今後もさまざまな研究を行っていきます」と大澤教授は話す。近い将来、また新たな食習慣が生まれるかもしれない。 (安達純子)


ココアの栄養素


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ココアで記憶力が良くなる!

カカオの「フラボノール」で

10才記憶力が若返る!

認知症、高血圧、大腸がん、

糖尿病、便秘改善、

心臓発作、脳卒中予防など

…カカオプロテインの力…


60代の記憶がが30代に!?

3か月間ココアを飲め

…記憶力が10才若返る!

甘くないチョコレート…

ココアも出来るだけ砂糖なしで…。







パナマのクナ族という先住民族は、

フラボノールに富むカカオを

日常的に取っているため、

高血圧、心臓や血管の病気、

がん、糖尿病が並外れて

少ないと知られている。

忘れぽくなった人にオススメ。

ココアの「フラバノール」


ココアで記憶力が良くなる!カカオの「フラボノール」で10才記憶力が若返る!認知症、高血圧、大腸がん、糖尿病、便秘、心臓発作や脳卒中予防など…カカオプロテインの力…:/腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区より

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

大学研究者「3カ月ココアを飲めば記憶力が10才若返る」 | ガジェット通信

ココアで記憶力がアップするよ! って論文(英文)が面白かったのでメモ。ココアにふくまれるフラボノイドが記憶にいいって話は昔からあったんですけども、今回は認知症とかじゃなくて、年齢とともに起きる一般的な記憶力の低下にも効くのかについて調べたのがポイントであります。

・記憶力テストの成績アップ
これはコロンビア大学の実験でして、50~69才の被験者37人に、1日900mgのココアフラボノイドを3カ月にわたって飲んでもらったんですね。すると、その後の記憶力テストの成績が、なんと30~40代のレベルまでアップしたんだとか。

・大量のココアフラボノイド
研究者いわく、「被験者の脳をスキャンしたところ、大量のココアフラボノイドが脳の歯状回(記憶力の減少に関する部分)の機能を大きく改善していることがわかった」とのこと。

・記憶力テストの成績がアップするのは凄い
もちろん、まだサンプル数が少ない実験ではありますが、これだけ記憶力テストの成績がアップするってのは凄い。

ほかにも、ココアは高血圧に効くとか(根拠 英文)、中性脂肪が下がるなんてデータ(根拠 英文)もありまして、健康飲料としてはなかなかのクオリティ。

カフェインも少ないし、今後はコーヒーのかわりに純ココアを飲むか…。



ココアのフラバノールは脳に効く、米コロンビア大学発表!ココアを飲んで、脳力アップ!最大30歳は若返る?!記憶力アップにホットココア。 - YouTube


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

ココアの「フラバノール」で記憶力低下が改善、米研究 AFPBB News

ココアの「フラバノール」で記憶力低下が改善、米研究

2014年10月27日 11:57 発信地:パリ/フランス

ココアの「フラバノール」で記憶力低下が改善、米研究

【10月27日 AFP】ココアに含まれる生物活性物質が、被験者グループの年齢による記憶力低下を劇的に改善させることを確認したとの研究論文が、26日の英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス(Nature Neuroscience)」に掲載された。

 米コロンビア大学メディカルセンター(Columbia University Medical Center)などの研究チームが発表した論文によると、実験では「フラバノール」と呼ばれる化合物を含有するココア飲料を被験者らに摂取してもらい、それぞれの脳の状態を測定した。

 実験では、50歳~69歳の健康な被験者37人に、高用量900ミリグラム、もしくは低用量10ミリグラムのフラバノールを含有するココアを、3か月にわたり毎日飲ませ、海馬の「歯状回(しじょうかい)」と呼ばれる主要部位の血液容量を脳撮像で測定した。歯状回は記憶の形成に関わる部位で、その処理能力は通常、年齢とともに低下する。

 研究チームはさらに、被験者がココア飲料を飲み始める前と後で記憶力テストを行っている。テストでは歯状回によって制御される種類の記憶を評価するために考案された20分間のパターン認識課題が出された。

 実験の結果、高用量のフラバノールを摂取したグループは、記憶力の大幅な改善を達成した上、歯状回への血流量の増加もみられた。

 コロンビア大メディカルセンターのスコット・スモール(Scott Small)教授(神経学)は「実験開始時に被験者が典型的な60歳代の記憶力を持っていたとすると、3か月後の被験者の記憶力は平均して典型的な30代か40代のものになっていた」と話す。ただ、これら初期の研究成果を検証するためには、グループの規模を拡大して実験を重ねる必要があると注意を促した。

 フラバノールは大きな関心を集めている化合物で、世界規模で急増する高齢者人口の加齢による記憶力低下の問題に薬を使わずに対処できる可能性があるとされている。フラバノールは、ブドウ、ブルーベリーなどの果物や、一部の野菜や茶などに含まれているが、その種類や含有量はそれぞれに大きく異なっている。

 ココアに含まれる種類のフラバノールについては、歯状回の処理能力を向上させることがマウス実験によるこれまでの研究で判明していた。

 スモール教授は、AFPの電子メール取材に「人間とマウスの歯状回はとてもよく似ている」と語り、「フラバノールが人間の歯状回の機能を、特に高齢の人間で向上させることを実際に示したのは、今回の研究が初めてだと思う」と述べた。(c)AFP/Richard INGHAM


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

カカオの「フラボノール」で記憶力が若返る、チョコレートやココアなど有益|welq [ウェルク]

チョコレート飲料やココアなど、フラボノールを多く含むカカオを多く含んだ飲み物を飲むと、60歳前後の人の記憶力を30歳から40歳の水準まで改善させる可能性があるようだ。

脳の画像診断で効果を検証した研究報告が出ている。米国コロンビア大学を含む研究グループが、神経分野の国際誌ネイチャー・ニューロサイエンス2014年12月号で報告した。

チョコレート飲料やココアなど、フラボノールを多く含むカカオを多く含んだ飲み物を飲むと、60歳前後の人の記憶力を30歳から40歳の水準まで改善させる可能性があるようだ。

脳の画像診断で効果を検証した研究報告が出ている。米国コロンビア大学を含む研究グループが、神経分野の国際誌ネイチャー・ニューロサイエンス2014年12月号で報告した。

ポリフェノールを温存したカカオ

研究グループは、チョコレートに含まれるポリフェノールの一種、フラボノールに注目した。

さまざまな植物に含まれるフラボノールは、体の細胞が活性酸素と闘うのを助ける強力な抗酸化物となっている。体が活性酸素を除去しないと、たんぱく質や脂質、遺伝子情報といった重要なまでが損傷する可能性がある。

活性酸素は、通常の細胞活動のほか、たばこの煙などの環境汚染物質にさらされると発生する。フラボノールはお茶や赤ワイン、ベリー類やカカオ、チョコレートなどから取ることができ、カカオの苦み成分となっているのがフラボノールになる。

カカオから製品を作る過程で、発酵や焙煎などの処理によりフラボノールが失われるのは問題になる。

最も含有量が多いのは「アルカリ化処理(高温処理して酸味を減らす)」をしていないカカオ粉末。

次いで、甘くない料理用チョコレート、ダークチョコレート、ミルクチョコレート、チョコレートシロップの順にフラボノールが減る。

研究グループは、フラボノールが失われないように特別に処方したカカオ飲料、ごくわずかのフラボノールしか含まない別の飲料のどちらかを50~69歳の37人に3カ月間飲んでもらい、試験の前後に脳のMRI画像診断と記憶テストを行って比較した。それぞれフラボノールを取った量は900mg/日と10mg/日に相当している。

■ 脳内の血流を変える

その結果、フラボノールを多く取っていたグループは脳の機能と記憶力が改善していた。試験前は平均して一般的な60歳ほどの記憶力だったところ、試験後には30~40歳の記憶力に近くなっていた。

MRI画像診断でも機能改善が測定された。他の複数の試験でも、フラボノールを多く含む飲み物が脳内の血流を変えると判明。脳内の血管損傷の治療に使用できる可能性まで示されていると説明している。

フラボノールは心臓や血管の病気につながる高血圧などの危険因子を低減し、インスリン感受性を改善し、血小板の活動を調節すると報告されている(血圧上昇を「エピカテキン」が抑える、ココアや緑茶の成分https://www.mededge.jp/b/heal/11751)。

血栓リスクの低減と血管壁の上皮細胞の活動改善をもたらす。

パナマのクナ族という先住民族は、フラボノールに富むカカオを日常的に取っているため、高血圧、心臓や血管の病気、がん、糖尿病が並外れて少ないと知られている。

「より多人数を対象とした研究を行って、この結果や有害影響がないことなどを確認する必要があるものの、フラボノール豊富なカカオ飲料が大量生産できれば、健康に大いに有益」と研究グループは指摘している。

ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

う高カカオチョコレート 認知症予防や高血圧対策にも有効との説│NEWSポストセブン

高カカオチョコレート 認知症予防や高血圧対策にも有効との説

2015.06.12 16:00

高齢化社会にともない、増加している認知症。2025年には、認知症の高齢者が700万人になるとの推計値が今年1月、厚生労働省により発表された。早いうちから、認知症の予防を心がけたいところだが、そんな中、認知症予防の可能性や血圧抑制作用があるとして注目を集めているのが、高カカオチョコレートだ。

「20年以上、チョコレートの研究をしていますが、たった25gのチョコを食べるだけで、これほどの効果が出るとは予想もしていませんでした」

 こう話すのは、愛知学院大学教授で、食品機能学を研究する大澤俊彦さん。

 昨年6~7月に愛知県蒲郡市で行われた「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」には、45~69才の健康な市民約350人が参加。カカオポリフェノールを豊富に含む“高カカオチョコ”を4週間にわたって食べ、その前後で体の変化を測定した。チョコレート摂取期間後は「精神的にも肉体的にも活動的に」。その原因を探っていたところ、BDNFの増加がわかった。

「血液を解析したところ、記憶や学習などの認知機能に関わる“BDNF”という物質の量が有意に上昇したことがわかりました。『高カカオチョコにBDNF増加の可能性がある』ことがわかったのは、これが初めてです」(大澤さん)

 認知症とのかかわりがある“BDNF”とは、一体どんな物質なのだろうか。

 認知症研究の第一人者で、桜美林大学加齢・発達研究所長・大学院教授の鈴木隆雄さんに聞いた。

「たんぱく質の一種で、脳の神経細胞の成長や再生に深くかかわっているといわれています。BDNFは、脳の『海馬』という部分に多く含まれています。海馬は、記憶にかかわる神経細胞が集まっている部分です。アルツハイマー型認知症になると、海馬が萎縮し、重症になると、とくに前側の大きく膨らんでいるはずの部分がなくなってしまいます。そこまで進行すると、『朝ご飯を食べたかどうか』だけでなく、『ご飯とは何か』まで認識できなくなってしまうのです」(鈴木さん)

 鈴木さんたちの研究チームでは、今回の実証研究とは別に、65才以上の約4500人のBDNFを計測した。

「その結果、加齢とともにBDNFの量は明らかに低下することがわかりました。また、同じ年齢でもBDNFの量には個人差があり、BDNFの少ない人は、認知機能が低い傾向にあることもわかっています。このことから、認知機能を維持するためには、BDNFの量を高く保つのが望ましいと考えられます」(鈴木さん)

 国内外の研究から、BDNFを増やす方法のひとつといわれるのが、運動。

「筋肉を動かすと、血管も収縮・拡張して、血流量が増加します。その結果、脳の血流量も増えて、BDNFの産生につながるのでは、と考えています。運動といってもハードなトレーニングではなく、ウオーキング程度で充分です。ただし、認知機能が衰えている人の中には、歩くのも難しい人もいます。もし、身近な食品でBDNFの量を増やせるのが確かなら、認知症の予防にとっては朗報といってよいでしょう」(鈴木さん)

 それでは、高カカオチョコレートにBDNFを増加させる可能性がある理由とは?

「カカオポリフェノールは抗酸化作用が高いため、これを摂取することで酸化ストレスが減り、BDNFが増加しやすくなると考えられます。また、カカオポリフェノールを多く含むカカオ製品を摂取すると脳の血流量が増えることも、BDNFの増加にかかわっているのでは、と予想されます。

 つまり、高カカオチョコレートを食べることで、BDNFが増加し、認知機能が向上する可能性があるということ。これが、うつ病やアルツハイマー型の認知症の予防につながるのでは、と期待されるのです」(前出・大澤さん)

 この実証研究ではほかにも、高カカオチョコが「高血圧の人の血圧を下げ、正常値の範囲内にする」、「善玉コレステロールを増やす」などの効果も明らかに。高カカオチョコが健康にいいといえる理由は、ますます増えてきそうだ。

 チョコレートは食べたくても、気になるのはやっぱりカロリー。

「この研究では、毎日25gの高カカオチョコを食べてもらいました。4週間後に体重やBMI(肥満指数)を比較しましたが、とくに変化はありませんでした」(大澤さん)

 この研究で使われたのは、カカオ分72%の高カカオチョコ。このチョコ25gで約630mgのカカオポリフェノールを摂取できる。カカオポリフェノールの効果を期待するなら、カカオ分70%以上のものがおすすめだと大澤さんはいう。

「カカオ分が多いチョコは、それだけカカオポリフェノールの量も豊富です。ただし、ポリフェノールは苦みや渋みの成分でもあるため、毎日食べ続けるなら、カカオ分が70%程度のものがよいでしょう」(大澤さん)

 体のことを考えるなら、おやつをやめるより高カカオチョコにするのがベター!?


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!

凄いぞ!味噌汁の長寿ホルモン…癌、糖尿病、認知症、動脈硬化、メタボ、内蔵脂肪、脂肪肝など!1日3杯以上…塩分も問題なし!アディポネクチン…生活習慣病、ダイエットの味方…


ココアで記憶力が良くなる!カカオの「フラボノール」で記憶力が若返る!認知症、高血圧、大腸がん、糖尿病、便秘改善、ピロリ菌、心臓発作、脳卒中予防など…カカオプロテインの力…そして受験生に…/60代の記憶がが30代に!3か月間ココアを飲めば…記憶力が10才若返る!甘くないチョコレート… ココアも砂糖なしで…。


癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…


肩こり改善予防、90秒ストレッチ、簡単3つのポーズ! どこでも、いつでも…竹井仁教授/モーニングバード!: 腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区


朝1分正座するだけで、ウエストが細くなる!背骨、骨盤矯正、姿勢、ポッコリお腹改善!: 腰痛、肩こり、ギックリ腰・経絡ツボ療術整体【くりはら施術院】古来伝承整健術/経験豊富、ここち良い全身施術/仙台市青葉区




sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


ブログランキング・にほんブログ村へ


ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清原に覚醒剤を渡していた元... | トップ | 富裕層以外の老人は地獄!年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む