gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

夢の軽便鉄道

2017-04-02 21:45:43 | 日記

毎日の通勤途中に、気になるものがある。
それは線路で、
もう随分前に廃線になった軽便鉄道だ。
里山を降り平野部へ向かう4キロ程の区間だけ、
未だに線路が残っているのだった。
(注;見た夢の話で、そんなものは通勤途中に存在しない)

しかし、もっと気になるものが、
そこから少し離れた民家の納屋の脇にあった。
(注;これも夢の話)
それは曾て件の軽便鉄道を走っていた、
          ディーゼル気動車だった。

初めそれを見た時、
鉄道マニアのそこの住人が、
       「お宝」にしてるものだと思った。
ところが何年か毎日それを眺めているうちに、
次第にウェザリングされ、
     汚れや錆が増していると気付いた私は、
どうしてもその車両が欲しくなった。

そこである日、思い切ってその家を訪ねてみると、
なんでもカラオケが趣味のそこの住人は、
カラオケスタジオにでも改造しようと考え、
鉄道が廃止になる時、払下げの車両を購入したらしい。
しかし狭すぎて、
カラオケスタジオにも物置にもならず、
           放置してるとのことだった。

欲しいのならあんたに譲ってやる。
しかも輸送に掛かる費用も、
知り合いの業者に頼んでやるからと、
全くもって願ったり叶ったりの話だった。

そこで序でに、
あそこの線路を使って走らせてみたいと言うと、
線路の所有者が誰かは知らないが、
この辺りの山と畑は家と隣近所の物で、
あまり人が立ち入ることもないから、差支えないだろう。
しかし、
山を出て平地の区間を走ることは止めた方が良い
と、注意を受けた。

そんな訳で、
全くの格安で電車(といおうかディーゼル気動車)が、
自分の物になり自分で列車の運転を楽しむ日々が続いた。
(注;トレーラーで運ばないといけない代物が、
夢の中なので何故か、
折りたたみ自転車の様にジムニーの、
後ろに積める都合の良い物にすり替わっている)

そして3月18、19、20と三連休。
この日も、
何時もの様に何時もの道路わきにジムニーを止めて、
           『マイ電車』を走らせ始めた。
(注;もちろんディーゼル気動車と電車は別物だけど、
一々「ディーゼル気動車」と言うのは面倒なので、
以後「電車」とする。便宜上と言おうか、
          どうせ、いい加減な夢なので)

線路の出発地点から里山を降るまでの区間は、
   緩やかな下り坂だ。
進行方向の左手側が木々の間から、
遥か向こうの山並みが見える雑木林で、
反対側は、これもまた春を待つ畑と谷川の風景が続く。
   やがてその先にある鉄橋の手前、
線路が大きく右にカーブした所に来た時、
        私は未だ一度も使ったことが無い、
 汽笛を鳴らしてみたくなった。

「ええと、汽笛はどれだろう」???
(注;現実の本物の電車には、
        そういうものがあるのか知らないが
夢の中の電車には家電の様な取説が付属していた)

これだと思うレバーを引くと、
果たせるかな「ブワァーァン」と、汽笛が鳴った。
しかしその音に満足する間も無く、
突然聞こえた「ピィー」という乾いた音に、
はっと気付くと、
前方から貨物列車がこちらに向かって来ている。
前後二つのパンタグラフを揚げた、
先頭の電気機関車も後ろの数両の貨車も、
        全て見事にレストアされた、
曾てこの鉄道を走っていた車両である。

「ブレーキ、ブレーキ」

私は再び取説のページを捲る。しかし、
慌てる必要はないと思った。
というのも、私の方は緩やかな下り坂を利用して、
殆ど惰性で動いていたし、
向こうも、相当ゆっくりとした速度の様に見えたからだ。
もしぶつかることになっても、
ガツンとお互いの連結器がかみ合う、
入れ替え作業時の衝撃程度だろうと思った。
たぶん、
向こう側は既にブレーキを操作し始めているだろう。

ところが意外なことに、
貨物列車はそのままこちらに向かって来ることはなく、
谷川縁に敷かれた側線に入って停止した。

この日まで、
電車の元の持ち主からの注意を守り私は、
何時もこの側線の所まで来ると、
折り返して元の場所に戻る事にしていた。
というのもこの先、
鉄橋を渡ると直ぐに幹線道路と交差する踏切があり、
人目に付くと不味いし第一、
踏切には線路に人が立ち入らないように、
もう列車が通ることが無い
線路側にフェンスが設けられていたからだ。
しかしこの日は、成り行きから鉄橋を渡り、
そのまま平地区間を走り続けることになってしまった。

それにしても、ここは廃線になった筈なのに、
今、走っていた電気機関車が引く貨物列車は何なんだろうか。
私と同じ様に何処かで電車を手に入れて、
この線路を使って、
電車を走らせていた者が他にも居たのだろうか。
(注;それにしても、
最初の設定では非電化単線となっていたのに、
何時の間にか線路頭上には架線が張られたり、
踏切の線路を寸断するフェンスが無くなっていたりと、
都合の良い夢と言おうか、
そんな身勝手な夢を見る自分の頭のことが嫌になってくる)

点在する集落を望む田園地域を通り抜け、
程無く線路の終点に付くと其処はその町の、
役所や市民ホールのような施設が建ち並ぶ区画だった。
そして驚くことに其処には、
先ほどの貨物列車と同じように完璧にレストアされた、
この鉄道やその他各地の鉄道車両が集まっていて、
それらを持ち寄った、
愛好家たちと多くのギャラリーで賑っていた。

こんな所に長居は無用と、
元来た場所を目指して電車を出発させたものの、
今度は三両編成の電車が目の前に現れた。
慌ててバックさせた私の電車は、車止めを乗り越え脱線、
其処にある、
公共施設前の駐車場に止まってしまうことになった。

これは少し困ったことになってしまった。
誰か付近に住む人に目敏く見つけられ、

「駐車場に電車を置く者が居て迷惑」

と、クレームを通報されては厄介だ。
そんなことになると、非難の矛先はここに集まっている
鉄道マニア全体に向けられることになり、そして結局、
ここに集まるマニア達から私が村八分にされることになる。
道楽とは言え村八分は避けたいものだ。

それにしてもここに集まる者たちは、
こんなにおおっぴらに電車を走らせている。
ということは、やはり線路の所有者から、
使用許可などを取っているのだろうか。
もしかして線路の使用料とか、
    年会費とかを払っているのかもしれない。
そもそも電車の運転にも資格が必要なはずだ。
線路の無許可使用、
電車の無免許運転はやはり良い事ではない。

この際、少し情報収集をしておこうと思い、
電車を走らす順番待ちをしているらしい、
           二人の若者に声をかけた。
話によると彼らは連休になると必ず大阪から、
トレーラーに積んでやって来るらしい。

「毎日走ってるんですか。いいなあ、地元の人は」

一人が羨ましそうに言った。
電車はダメ元で某鉄道会社掛け合って入手出来たのだけど、
輸送費諸経費含めて一千万近く掛かったそうだ。
それなら満額受給になるまで待っても、
到底生活費にも足りない私の年金の足しになる程の金額を、
吹っかけても、
ここに居る者達なら飛付いて来るかもしれない。
いや、そんなことをする心算は毛頭ないけれど、
今後の事を考えると早めに電車は、
      輸送費諸経費を用意出来る誰かに、
無償譲渡した方が良いかもしれない。

そうこうしてるうちにも、
私の電車の周りにも、幾人もの親子連れが集まりだした。
子供たちは車内で飛び跳ねたりの大喜びの様子だった。
それはそれで差支えないのだが、
早くこの場から電車を撤去しないと
快く思わない付近の住民から、
クレームが出ないかということが気掛かりだ。

この二人に、
「電車を見ていてほしい」
と、頼んでジムニーを取りに行こうか。
(注;そろそろ目覚めが近くなったのか、
電車は折りたたみ自転車の様にジムニーに積める訳が無い
という矛盾に、私頭は薄々気付き始めていた)

ジムニーを止めている場所には、
徒歩で片道1時間は掛かりそうだし、
この後、車を見にディーラーに行く心算だったのに。
(注;もちろんこれも夢の話で、
   私には新車を買う余裕も予定もない)

さあ、どうしたものかと思ったところで目が覚めた。

  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

サンバイザー

2017-01-09 15:22:58 | 日記

歳の所為か車の運転中に太陽光の眩しさが、
以前よりも、
「きつい」と感じることが多くなった。
そこで、写真のような、
サンバイザーをジムニーに取り付けてみた。


↑↑これは、
近くのオートバックスで買った物だが、
最近は新聞広告の通販で、
カーナビやドライブレコーダーを買うと、
「おまけ」として付いて来るらしい。

実は、この「カーグッズ」
(カーバイザー)を買ったのは、
          これが初めてではない。
・・・・・・・・・・
それはもう昔、初めて車を買った頃、
車の雑誌か何かで、
   「こんな便利なものがある」
            と紹介されていた。
   それでその時早速、
  初めてのマイカーに付けた。
  しかし、
  「標準装備品」と比べて、
  眩しさ軽減の効果は、
  期待したほどではなかった。
    そういえば子供の頃、
   路線バスのフロントガラス、
  運転席の所に付いていた、
  青色の下敷きの様なのは、
  この時買った物と比べて、
もう少し、
濃い色付(光の透過率が低い)板だったような気がする。
・・・・・・・・・・

あれからもう何十年にもなるから、
素材とかも進歩して同じ様な「サンバイザー」でも、
きっと良くなっているに違いないと期待して買った。
   ただ、色の薄いものを選んだ、
昔の失敗を繰り返さないようにと、
            思っていたはずなのに、
何故かまた色の薄いものを選んでしまった。

さて実際に使ってみて、
眩しさ軽減の効果は、
やはり「今ひとつ」といった感じ。
但し今回のは昔のと比べ
「無いよりはまし」みたいな感じもする。
それもこのサンバイザーが、
以前のより高性能になったというよりは、
加齢の所為で僅かな減光でも、
私の目には、
「負担が軽減された」と感じるかもしれない。

それにしても無いよりはましなので、
もうひとつ買って、アルトにも付けてみた。
しかし今度の失敗は、
サイズ(大きさ)を「標準装備品」と、
同じくらいの物を選んでしまったことだった。

今の時期、冬だと日差しが低くて、
真正面よりもまだ低い所に太陽を見続けて、
運転しなければならない時もある。
こういう時は標準装備のサンバイザーより、
少し大きめでないと意味がない。

さらに今回買った物は、、
       縁の部分で光が屈折して、
余計に眩しさが増すことがある。

(今回のは¥2000前後で、
通販で売られてるのは¥6~7000程度のもあるので、
高価なものだとより良い結果が得られるのかもしれない。
でもあまり高価だと、サングラスを買った方が良い?)

それに・・・、運転中の真ん前に、
後付で余計な物を付けることは、
安全性に不安があったりしないでもない。

まあ、最初から過度な期待はしてなかったので
しばらく使ってみることにする。


 

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオライフ

2016-10-31 16:26:13 | 日記

中学生頃になるとラジオが欲しくなった。
友達の中には、深夜放送に夢中になっている者もいた。
しかし私がラジオが欲しいと思う目的は、
               それとは少し違った。
その頃BCLといって、
海外や普段は聞けないような遠いラジオ放送を聞いて、
受信報告を送りカードををもらうのが流行ったりしていた。
写真の短波ラジオを譲ってもらった、
O井さんなんかは、当時の共産圏諸国のラジオ局に、
盛んに報告を送ったものだから、
学校に公安の刑事がやってきたりしたという、
      笑えないようなエピソードがあったりした。
しかし、
私がラジオが欲しいのは、そういった目的とも少し違った。
理由は上手く説明できない。ただ何となく??
ラジオという新しいアイテムを手に入れることで、
「何かワクワクするようなことが起きるかもしれない」
みたいな感じだろうか。
子供の頃って、
何時もそんな感じのワクワク感がありませんでしたか??

ここのところ、家で仕事をする時は眠気覚ましに
                ラジオを点けている。

聞いているラジオ放送は、NHK第一と地元民放。
普段はNHKだが国会中継や野球等スポーツ中継だと、
国会中継は聞いていて腹が立つし、
           スポーツは元々興味が無いし、
かといって聞いていると、
    やはり勝敗が気になり聞き入ってしまうから、
そんな時は民放の方を聞く。

ラジオ放送も子供の頃とは随分様変わりをしている。
昔はリクエスト曲だとか葉書で投書して、
運良く読んでもらえても一週間先の事。
ところが今ではメール、ファックス、ツイッターと、
リアルタイムでリスナーが参加出来る。
更にスタジオの様子の画像動画が、
逐次インターネット上にアップロードされるらしい。
NHKも民放も、
「ネットで聞く方がより音がクリアー」
と、さかんにPRしている。
最近はラジオも、
インターネットで聞いている人の方が多いのだろうか??

ラジオが欲しくなったけど、
(断捨離とか終活とかで)
これ以上持ち物を増やしたくないので我慢した。
↓↓のような古いラジオを使っている。

(マリンレシーバー、船舶用ラジオということだろうか。
SAITはイスラエルのメーカーらしいけど、米ドレーク社のOEM。
入手先は廃船になった英国の商船から取り外してきたと聞いた)
↓↓

もう20年も前だろうか?
O井さんのところに遊びに行ったら、
愛用のこのラジオが隅の方にどけられていた。
そして元の場所には新しいJRCの短波受信機が鎮座していた。
チャンス!!とばかり、「1万円で売ってくれ」と頼んだ。
今考えると、悪いことをしたなあと思うけど、
O井さんは少し思案した様子を見せたけど、
「お前なら大事に使ってくれるだろうから」と譲ってくれた。

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

祖母(人生を振り返って その2)

2016-08-23 12:24:16 | 日記

 祖母の事はあまり覚えていない。
聞いた話では、毎朝田畑に行く途中、
家に立ち寄り私に、
10円の小遣いを渡すのを楽しみにしていたそうだ。

農閑期になると、よく旅行に出掛けた。
あっちこっちにいる孫に会いに行っていたことを、
後で従兄に聞いた。

そんな祖母を父に連れられ、
途中の岡山辺りまで見送りに行った記憶が微かにある。

↑祖母と私(記憶に間違いがなければ、特急瀬戸の車内)

祖母がどこかの土産に剣玉を買ってきた。
私は遊び方を知らなかったので、そのまま放置になってしまった。
ふとそんなことを思い出したので、
姪の子供に剣玉を買ってやった。

私が祖母からもらったのは、沢山の色が塗られていたが、
残念ながら同じ様なもの見つけることが出来なかった。
しかし彼は、テレビで見て「剣玉」を知っていたようだ。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

人生を振り返って その1

2016-04-30 22:45:19 | 日記

川ざらえの日、
背後より「こっちに居たのか」と、声が掛かる。

「ああ、ここを遣っといてくれと言われた」
と答えると、

「何をしているのか」と続くので、
「空き缶を拾っている」と答えた。

「そうか。じゃあまたな」

ここで、
声を掛けた者のが、住まいと職業を訪ねていたことは、
分かっていたのだけど面倒くさくて、
・・・そう答えた。

ところで、誰だったのだろうか?

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加