ココアのhappy palette

小さなしあわせさがして…

梅雨らしく紫陽花のアレンジ

2016年06月26日 | フラワーアレンジ
東京では雨が降っても、水源地の水はどんどん減りつつあり、今年の夏はどうなるのか心配な日々です。
九州ではこれでもかというほどの豪雨で、世の中うまくいかないものだと思います。

都知事選も決まり、選挙費用が50億円もかかるとか…
議員さんたちも、オリンピック見物や海外視察とかに、驚くほどの税金を使っていました。
せこいのは舛添氏だけではないということもわかっていますが、議員さんたちは自分たちのいいように法律を決めて、領収書も出さずに会計が通るって不思議ですね。
オリンピックにも多額の税金が投入されます。
そのおかげかどうかはわかりませんが、福祉もどんどん切り捨てられる方向です。
オリンピックに税金を使うのなら、被災地にと思いませんか。
イギリスがEUを離脱しました。
これから先、円高・株安が続くとますます日本経済が衰えて、消費税も10%になったらと思うと…
先行きが不安です。


最近は、ネットでお買い物をよくします。
こんな時代だからこそ、安いってことが何より。



雨の日でも自転車に乗るので、レインコートにレインシューズは欠かせません。
フィットネスクラブへも、交通費を節約して自転車で行きます。
でもお天気になってくると長靴ぽいのは、少し恥ずかしいので、普通の靴のようなものを買いました。



家族の多い家には、必需品の珪藻土のバスマット。
あちこちのブログで見て、よさげなので買ってみました。
バスマットは、何人もお風呂に入ると、かなり湿ってきて気持ちが悪いですが、これはあっという間に足の水分が抜けていつでもさらさら。
天日干しはしなくていいので、脱衣所に立てかけておくだけでOKなのは嬉しい。
でも、バスマットといっても、石板って感じですね。
冬は冷たいかもしれませんが、今は快適です。
ネットでポイントを使って800円ほど。



梅雨といえば紫陽花。
紫陽花とバラを使ったアレンジのお稽古。
ハートの形に活けてみました。



残ったお花、グラジオラスでもうひとつ。
淡い紫のグラジオラスは、活けるのは初めて、爽やか~。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ばね指その後と、コストコサイズ!?

2016年06月23日 | 通販・買い物
3月に手術したばね指ですが、先日手の外科で術後3か月の診察を受けてきました。
診察の前に、ハンドセラピーを受けます。
優しく、マッサージや指を伸ばしてくれます。
とっても気持ちがいいんですよ。
指の曲がり具合や伸び具合を測ったり、握力も量ります。
先月は左手が20で、手術した右手が10でしたが、今回は左手が25で、手術で腱を一本抜いた右手が15になりました。
少しづつ違和感もなくなってきたし、握力もUPしていますが、思い切り握るとまだ傷口が痛みます。




傷口もだいぶ綺麗になったでしょう。
セラピーの後は診察室 に呼ばれて、グーパーグーパーしてみせました。
普通は5か月くらいハンドセラピーに通ったり診察を受けるようですが、治りがとってもいいと、この日で完治となりました。
まだ雨の日や、手が冷たくなると傷口が痛みますが、半年から1年でそれも緩和されるとのこと。
PCをつかったあとは、指を伸ばすのがいいらしい。
これで、手の外科の通院が終わりホッとしました。

4月に会員を更新したので、月一でコストコに行っていますが、最近はこんなものを買っています。



63包入りの葛根湯、1298円。
ドラッグストアで買うよりも、ずっと安い。
普通の風邪薬よりは、飲んでも安心かな。



あると必ず買ってしまう、サンキストのオレンジ。
本当に瑞々しくて甘くて美味しい!



チキンエンチラーダ 約1.6キロで、1580円。
チキンをトルティーアで包んだものが4本も。
電子レンジとオーブンで焼いて食べます。
チーズもたっぷりでラザニアぽく美味しい。
チリソースとサワークリーム付き。
一度では食べきれないので、残りは冷凍。

ラグジュアリークロワッサン 698円。
カロリーが気になりますが、バターもたっぷり。



最近はケーキはなるべく買わないようにしているのに、主人が食べたいっていうので、ストロベリーカップケーキ。
食べ応えのあるカップケーキが6個で899円。
かなりの高カロリーと糖分が想像されるので、1個しか食べません(笑)



コストコの保冷バックを買ってみました。
なぜか2個セットで1948円。それもかなりの大きさなんですよ。
近所のスーパーで配達を頼むときに、便利なんて思って買いましたが、一般的なスーパーのカートには乗らないんです。
まさにコストコサイズ!でもしっかりとしているし、マチも広いのでお買い物以外でも、収納でも使えそう。

今日は東京も雨が降っています。
水源地にも降ることを願って!

※たびねすに新しい記事をUPしました。
ハートを探せ!パワースポット「二荒山神社」は縁結びの神様
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

胡蝶蘭を使ったアレンジ

2016年06月19日 | フラワーアレンジ
気温があがってくると美味しくなるのが果物!
スイカやメロンなどジューシーなものが、お店に並んでいてつい手が伸びてしまいますが、今の一番のウリは、サクランボでしょう!



佐藤錦の季節ですね。
今年も横浜の叔母から、山形産の佐藤錦が届きました。
甘さと酸味のバランスが丁度よくて、上品な味。
毎朝、美味しくいただいています。
朝の果物は金って本当かしら…



旅行記が続いてUPが遅れましたが、5月のアレンジのお稽古は、胡蝶蘭。
ピンクとホワイトの八重咲のトルコキキョウも一緒に。
胡蝶蘭なので枝垂れるような感じで、以前ニトリで買ったフラワーベースにいけてみました。
他にも花材がありましたが、涼しげに見せるため、暖系の花は入れませんでした。



上から見るとこんな感じです。
暑くなってくると生花は花持ちが短くなるので、そろそろプリザーブドフラワーもいいですね。



コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨入りはしたけれど…夏の花たち

2016年06月16日 | 
関東も梅雨入り。
昨日も雨でしたが、関東の水ガメである利根川水系のダムに、雨があまり降らない。
今年は暖冬で降雪が少なかったことと、平年ならば4月頃には台風が発生するのに、今年はまだゼロ。
これから暑い夏を迎えるにあたって、節水が叫ばれるでしょう。
雨は好きじゃないけれど、ほどほどに降ってもらわないと、花々に水を撒くのも気が引けます。
最悪は洗濯で残ったお風呂の残り湯を撒かないといけないですね。



我が家のガレージ前にあるお花コーナーを、夏の花たちに植え替えました。
ここ何年か、何がいけないのか、夏の花が思うように綺麗に咲かない。
なのでいまひとつ力が入らないんですよね。



雨に弱いけれど毎年植えたくなる、八重咲のサフィニア。
どうにかブーケ型になりました。



ちょっと大きめのパープルも。



サントリーの王冠型のニチニチソウは、ミルククラウンっていうそうです。
涼しげでしょう。



ニチニチソウとラベンダー。
その他ペンタスやブルーサルビアも。



こちらは多肉系のセダム。
セダムはマンネングサ属の総称で、全世界に分布しその種類はなんと400以上。
3種類の寄せ植え。爽やかな色目が気に入りましたが、どんどん大きくなっています。
夏は爽やかな寒色系の花に目が行きます。
今年は綺麗に咲いて欲しいな~。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

「広重ビビッド」で、江戸文化に触れる

2016年06月12日 | アート・文化
旅行記が続きUPが遅れましたが、5月20日に歌川広重の作品を集めた「広重ビビット」をジム友とサントリー美術館で観てきました。



日本財界の重鎮、日本化薬株式会社元会長である原安三郎氏の浮世絵コレクションです。
それもほとんどが保存状態もよい、初摺りの素晴らしいものばかり。
広重が晩年手がけた五畿七道の68か所の名所を題材にした「六十余州名所図会」は、初公開!



藍色のグラデーションが見事な、「阿波 鳴門の風波」(1855年)



「周防岩国錦帯橋」
何年か前に行きましたが江戸時代はこんな景色だったんですね。
その他、日本全国の素晴らしい景色が楽しめました。

私的に楽しかったのは「名所江戸百景」



「亀戸天満宮境内」と「亀戸梅屋舗」



「猿わか町よるの景」と「赤坂桐畑雨中夕けい」
夜の浅草界隈は粋でいい感じ。
赤坂も今の姿からは想像を得ない景色。



「水道橋駿河台」
今は学生の町、病院が多くある街。
この橋は聖橋辺りでしょうか。



「角筈熊野十二そう」
今じゃ高層ビルが立ち並ぶ西新宿は、江戸の時代はこんなに長閑だったんですね。

名所江戸百景は浮世絵に現在の写真が添えられているので、対比が面白かったし、江戸時代の町人たちの生活が垣間見れるようで興味津々でした。
この他、幻といわれる飾北斎の「千絵の海」が10図揃ったところなども観れました。

5月は若冲展と広重展と日本の絵に触れることができました。



都合でランチが出来なかったので、スイーツを。
サントリー美術館のミュージアムカフェ慶応元年創業の金沢「加賀麩 不室屋」へ。



麩あんみつを食べて帰宅しました。

※たびねすに新しい記事をUPしました。
アクティビティも充実!「ハイアットリージェンシー・グアム」は家族で楽しめるホテル
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

3泊4日夫婦グアム旅・10センチされど10センチ

2016年06月10日 | 旅行記
5月31日から6月1日までの3泊4日グアム旅もあっという間に帰国日に。
フライトは16時過ぎなので、お迎えの13時半まではホテルでゆっくりと。



今回宿泊したハイアットリージェンシー・グアムは、ロケーションもよくて全室オーシャンビュー。



150メートル続く綺麗なビーチも目の前に。



南国らしい庭園の中にプールがあります。



水中バレー・バスケなどが楽しめるプールや、ウォータースライダーなどもあって子供から大人まで楽しめます。



小さな子が水遊び出来るプールは、セイルをイメージしたオシャレな日よけ付。



ぼんやりと過ごしたいデッキチェア。



プールサイドやフロントでは、こんなにカラフルな「コンゴウインコ」を見ることができたり、一緒に記念写真も写せます。



客室は、スタンダードでも42平米の広さ。
ウォシュレットトイレと浴槽とシャワーブースがそれぞれ独立しているので、苦手なシャワーカーテンもないので点数が高いし、どんなに浴槽にお湯を貯めても、湯気がこもらないんです。
どこのホテルも普通は鏡が曇ったりするんですが、換気がいいみたい。
なので、浴槽とベットルームの間に壁はなくて、開閉できる引き戸だけ。



エントランス部分も重厚感があります。
今まで宿泊したグアムのホテルでは、一番よかった。



お迎えの車も来て、空港へ。帰りもDELTA航空。
DELTAのカウンターで、成田空港での車いすの確認をしてもらったら、有料の「エコノミーコンフォート」席になんと無料でアップグレードしてくれました。
エコノミーコンフォート席は足元が10センチ広く、リクライニングも1・5倍倒れます。
たかが10センチですが違うんですよね。足もゆったり延ばせるし疲れが全然違いました。



定刻通り離陸、宿泊したホテルを真下に見ながらグアムともお別れです。



帰りの食事はいま一つでしたが、スタバのコーヒーが飲めます。
DELTAは2度目の搭乗ですが、今回は日本人のCAが多かったのでサービスもよかったし、アップグレードもしてくれたので好感度UPでした。



綺麗な夕焼けの中、まもなく着陸。

成田空港着くと、空港職員の方が車いすを押してくださり、リムジンのバス停まであっという間に。
リムジンバスも順調で1時間10分で新宿に到着。
タクシーで帰路に着きました。

今日は主人の診察デーで、大学病院まで付き添いました。
ドクターからは、以前よりも背筋が伸びて調子がよさそうと言われホッとしました。
いつまでもこうやって旅行に行けるように、私もできることは手伝って行きたいと思います。
パーキンソンで少し体が不自由な主人と海外に行っていつも思うことは、アジアの人よりも、欧米の人の方がとても親切です。そういう教育が行き届いているのでしょうか。
エレベーターで出くわせば、皆ニコニコとあいさつをしてくれるし、ドアも主人が降りるまで嫌な顔をせずに待っていてくれます。
航空会社や空港職員のスタッフのケアがあり、安心して旅行ができるので、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の旅は、近畿日本ツーリストのネット専門ツアー「Clicky(クリッキー)」で、一人80000円ほどでした。
ネット専門なので、メールで送られてきた行程表もすべて自分でダウンロードして印刷したりと、旅行社からは何も送られてこないんですよ。やり取りは全てメールですがその分お安くなっていてよかった。

※たびねすに新しい記事をUPしました。
「日光東照宮」の三大パワースポットを巡りご利益をいただこう!

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

のんびりグアムでの休日 

2016年06月07日 | 旅行記
3日目も朝から気持ちのよい天気。
グアムはハワイと比べると、湿度が高いので普段は蒸し暑いのですが、じっとりくるようなこともなく、部屋ではエアコンを入れると寒くなるので、入浴後だけ入れてあとはスイッチを切ってました。
日本の夏の方がずっと暑く感じるので、涼しく感じるのかも!?



海外のリゾートへ行くと、朝食はいつもフルーツにコーヒーとパンって感じで、バルコニーで食べています。
お金もさほどかからないし、これがとっても気持ちがいい!
絶景もご馳走になりますね。



この日は主人のリクエストで、ショッピング。
グアムの交通機関は赤いシャトルバスで、各ホテルやショッピングセンターを10分間隔ほどで走っていて便利。
12ドルのワンデーパスポートを買って、「グアムプレミアアウトレット」へ。
1ドル110円前後をいったりきたりで、お得感がないのでアウトレットは嬉しい。
先ずは時々ブランドもの掘り出し物が見つかる「ロス・ドレス・フォー・レス」へ。
今回は気に入ったものが見つからず、ジム用のウェアを。
カルバンクラインで主人の洋服を買って、フードコートでランチ。



2年前にも食べて美味しかった「チャーリーズ・スティクリー」。
薄めのビーフを鉄板で焼いて、野菜もチ-ズもたっぷりとサンドイッチにしてくれます。
日本にお店がないのが本当に残念、美味しいのに!



ランチの後は、シャトルバスでKマートへ。
アメリカらしい大きなスーパーです。
今までは、凄い!なんて感動でしたが、最近は日本のスーパーも負けずと大きいし、コストコ慣れしていると感動が少ないのが悲しい(笑)。
朝のパンを買ったり、ばらまき用のお土産を買ったりして、またバスにのりDFS経由でホテルへ。



普段あまり歩きたがらない主人もいやおうなしに歩かされ、お疲れ様。



グアムの中心部の町並みはこんな感じ。
この高いビルは近年オープンしたタイのホテル。
韓国系のロッテホテルやデューティフリーが出来たりと、韓国の方が多いのですが、これからはタイの方も増えるのでしょうか。

プールに行くのも面倒で、お部屋でのんびり~していると。
テーブルの上に、小さなクモらしきものが甘い飲み物にたかっていました。
どうも引き出しの中から出てくるみたいで、すぐにフロントに電話をすると、日本語のわかるスタッフが不在とのことで、どうしよう?と思っていたら、お助けの手が…



ホテルには無料のWi-Fiが繋がっていたので、スマホの翻訳を使ってみました。
これは便利!世界各国の言葉の翻訳をしてくれるので、旅の必需品だとひしひしと感じました。
拙い私の英語で、わかってもらって殺虫剤をもって撒いてくれました。
それはよかったのですが、また虫が出ると困るので、殺虫剤を貸しておいて欲しいと頼んだら、こんなに大きなホテルなのに殺虫剤がオンリーワンとかでビックリ!



虫のことは忘れ、気分を変えて外に目を向ければ、日も暮れてきて、美しい景色が目の前に広がります。



刻々と変わる景色に、目を奪われて、グアムに着てよかったと思う瞬間です。



夕食は、さすがに肉が続いたので、最後の晩餐は和食。



ホテル内のレストラン「虹」で、めん類とおかずのセット料理25ドル。
やはり和食はお腹にも優しい。



グアムに着てから食べてばかりで体重が気になるので、食後はホテル内のジムへ。
小一時間トレーニングをして体重を測ると、キログラムじゃなくてポンドなのでいくつかわからない…

そんなグアム3日目も終わり、次回は最終回です。


コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

夫婦でグアム旅 ひと足早く夏を先取り!

2016年06月04日 | 旅行記
日光の旅行記が終わったばかりなのに、また旅行記です。
備忘録なので、また旅行記なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんがお許しくださいね。



5月31日火曜日、成田発20:20発のDELTA航空でグアムへ。
このところ女友達との旅行ばかりだったので、一年に一度の主人孝行の旅。
昨年はハワイだったので、今年は近場のグアムへ3時間40分のフライトです。



機内食は多分21時過ぎになりそうだったので、空港内のマックで軽く食べて搭乗。
短距離なので、食事は軽食とのことでしたが食べやすくて美味しかった。
あっという間にグアムに到着。



ホテルに着くと深夜の1時過ぎ。
お部屋も42平方メートル で広々していて、Wサイズのベットが2つ。
早く寝ようと思いながら、あれこれ片づけて3時に就寝。



朝起きて、カーテンを開けると快晴!



海も目の前に見える嬉しいロケーション。



今回はハイアット・リージェンシー・グアム
7回目のグアムですが、こちらのホテルは初めて、全室オーシャンビューなので選びました。
やはりロケーションは大事です。



青空に南国らしいオレンジの花「フレームツリー」が映えます。



寝たのが遅かったのでのんびりしていたら、朝食を食べそこなったので早目のランチ。

アウトリガーホテル内の「アベニュー ステーキ&ロブスター
女子が喜びそうなオシャレな店内!
グアムのティストを表現したニューアメリカンキュイジーヌ・レストランで、新鮮なシーフードやアンガスビーフがお勧め」のお店。



私は、右下のカリフォルニア ステーキのサンドイッチ$12.50。
主人は、ステーキとロブスター。

お腹もいっぱいになったので、デューティフリー・ギャラリアやザ・プラザ・ショッピングセンターでお土産をゲット。



その後はホテルに帰ってプールで、ひと泳ぎ。



海もキラキラと美しい。



サンセットの時間になり、部屋からは美しい夕焼けが見れました。



日が暮れると、プールサイドにも灯かりが燈り、ポリネシアンショーの賑やかな音が聞こえてきます。



お昼を食べ過ぎたのか、まったくお腹が空きませんが、ホテル内のインターナショナルビュッフェ「ラ ミレンダ 」へ。
以前もここに来て美味しかったのでリピート。
曜日ごとにテーマが変わるディナーブッフェで、この日はシーフードで一人36ドル。
蟹やマヒマヒなどシーフード料理や点心を食べたり、最後はスイーツ。
チーズケーキとモカロールも美味しかったのですが、クレープも食べたりフルーツも食べてお腹がはちきれんばかり。
フリーのソフトドリンク付き、ビールは8$で飲み放題でした。

すっかり夜も更けてきて、疲れきって爆睡!で2日目終了。

※たびねすに新しい記事をUPしました。
期間限定の天空回廊や家康の位牌も!大修理中の日光「輪王寺」が熱い
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

ブロ友と行く旅10周年・二荒山神社~輪王寺大猷院へ

2016年05月28日 | 旅行記
日光東照宮の参拝の後は、「二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)」へ。



1200年以上も前に建立された二荒山神社は、霊峰二荒山(男体山)を御神体山と仰ぐ神社で、修験道の聖地として日光の氏神様として古くから信仰されてきました。



御祭神は、父・母・子の三神で、総称は二荒山大神 (ふたらやまのおおかみ)。
関東有数の縁結びパワースポットともいわれています。
男女の縁は勿論のこと、お金の縁・仕事の縁・友人の縁などのあらゆる良い縁を結んでくださります。



日光連山8峰と華厳の滝・いろは坂も境内に含み、伊勢神宮に次ぐ広さなんですよ。
境内には一つの根から二本の杉が仲良く寄り添って立っている御神木で、夫婦円満、親子円満のご利益のある夫婦杉・親子杉もあります。
夫婦杉の間に見える朱色の屋根の破風 (はふ) の下部にある懸魚(げぎょ)にはなんとハートマークが。



さらに奥に進むと神苑があり、別料金となりますが見どころがたくさんあります。
火を灯すと怪しげな姿に化けたといわれた化燈籠(唐銅灯籠)は、それを見た武士が刀で斬りつけたという傷が今でも生々しく残されています。



神苑の奥には日光の霊水「二荒霊泉」があり知恵の水・酒の水・若水とパワーのありそうな霊水を飲むことができます。
知恵も若さも必要でしょう。



二荒山(男体山)と女峯山・太郎山など、日光の山々がミニチュアのようになっている、日光連山遥拝所もあります。
日光連山8峰がいっぺんにお参りできます。



さすが良縁の神様だけあって、ハートの木片に願いごとを書いたら、良縁を願って木片を投げる「ハート投げ」もありますよ。
真ん中のハートマークのあるご縁柱を狙って投げます!



絵馬もお賽銭箱もハート!ハート!
カップルにはお勧めなスポットですね。



ハートにはご縁がないので、私はご神木からパワーをいただきます。



二荒山神社からさらに奥に行くと「輪王寺大猷院(たいゆういん)」があります。
大猷院とは徳川三代将軍「家光公」の廟所です。
阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)の2体の仁王像「金剛力士像(こんごうりきしぞう)安置されている仁王門をくぐると、持国天(じこくてん)と広目天(こうもくてん)の二天を安置している二天門をくぐると夜叉門が見えてきます。
この写真は四体の夜叉です。
「阿跋摩羅(あばつまら)・毘陀羅(びだら)・烏摩勒伽(うまろきゃ)・犍陀羅(けんだら)」が廟所を守っています。



最後に唐門をくぐると拝殿(本殿)になります。
ここでは徳川家康公400年御遠忌を記念し、期間限定で大猷院の創建以来非公開とされてきた秘蔵の「家康公のお位牌」を公開しています。
靴を脱いで、お坊さんからお話を伺ってから家康公のお位牌にお参りしました。

これで本日の観光は終了。
予約をした湯波のランチのお店に急ぎます。



神橋そばの油源へ。



日光に行ったら、湯波を食べないとね。
日光名物の湯波と栃木県名産の食材を使った、湯波ずくしのヘルシーランチ1600円です。
日光では湯葉ではなくて湯波って書きます。
どれも美味しくて大満足!
おみやげにお店で出された湯波や刺身湯波を買って、もう一つの名物羊羹を。



油源のお勧めの鬼平(きびら)の羊羹本舗
水ようかんと塩羊羹をお土産にしました。
水ようかんが特に美味しかった!

日光駅に着いて、まだ時間があるので、金谷ホテルのカフェでコーヒータイムをして、10周年の旅も帰路に着きました。
今回の旅は、今しか見れないものや、快晴のもとのハイキングといろいろ楽しめました。
この旅も10年、20年といつまでも続けられたらいいですね。
お付き合いくださったブロ友の皆さま、長い記事を読んでくださった方々、ありがとうございました。

来週の火曜日から3泊4日、旦那様のお供で、近場の海外に行ってきます。
ブログの更新は、少しの間お休みします。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

ブロ友と行く旅10周年・日光パワースポット巡り

2016年05月25日 | 旅行記
日光2日目は、パワースポット巡り。
現在日光の日光山輪王寺三仏堂と東照宮の陽明門は修理に入っていて一部見学ができませんが、修理中だからこその見学をすることができるんですよ。
修理後の姿はいつでも見ることができますが、今しか見れないものが見れるってことでわくわく。



本堂(三仏堂)は約50年ぶりの平成の大修理中。
1階の参拝エリアには、御本尊は勿論、東照宮の陽明門に祀られている風神・雷神がこちらで特別公開中。

東日本最大の木造建築である三仏堂の大伽藍を覆う「素屋根(すやね)」が完成し、地上26メートルのところに「天空回廊」(展望見学通路)があります。



その途中の2階にある大修理見学室には、土居葺板(ドイブキイタ)が置かれていて、一枚500円で願い事が書けます。
願い事は、今後数百年にわたり母屋の屋根に使われ保存されるそうです。
ご利益がありそうでしょう。



7階まで上ると、三仏堂の屋根頂上と同じ高さから修理現場を見ることができるんですよ。
もちろんこちらは撮影もOKです。
普段はなかなか見ることができない現場です。

見どころ満載の輪王寺から東照宮へ。
日光東照宮は徳川家康がまつられた神社で、国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物があり、美しい彫刻と豪華絢爛で知られていますね。



石鳥居前の石段は工事中だったのは残念でしたが、東照宮にはいくつもパワースポットがあります。



免震機能があることでも知られる五重塔は、スカイツリーの制振システム(心柱制振)にも応用されたといわれています。



こちらが有名な三猿。「見ざる・聞かざる・言わざる」が有名ですが、三猿だけでなく8枚の彫刻からなり、猿の一生を通して人の生き方を教えています。



陽明門が唐銅鳥居の中に綺麗に収まるところ、陽明門と唐銅鳥居の中心を結んだ線上の石畳の後ろから3枚目がパワースポットです。
昔は北極星が神の星といわれ特別なもので、江戸から北の日光にむかう道は北辰の道の呼ばれて、多くのエネルギーがみなぎるパワースポット。



7人でパワーをいただきます。



陽明門は残念ながら修理」中ですが、陽明門の修理で見つかった鶴や花などが描かれた絵を見ることができます。
修理が終わると、門の中に隠れてしまい見ることができなくなります。



美しい彫刻の唐門をくぐると眠り猫。



小さな眠り猫を見たら、坂下門をくぐり奥宮へと向かいます。



奥宮へは、石段を上ります。
ここは龍道・正気の通り道。



奥宮は拝殿・鋳抜門(いぬきもん)・御宝塔からなる徳川家康の墓所。
宝塔の真横と真後ろが特にパワーが強く、宝塔の横には叶い杉という古木があり、宝塔と叶い杉とを一緒に写真を写すのがお勧め。
またこの杉のほこらに向かって願い事を唱えると、願いが叶うということから叶い杉といわれています。



奥宮参拝の後は、二荒山神社へと向かいます。
東照宮から二荒山神社へ向かうこの参道は、上神道(かみしんみち)と呼ばれ、龍道であることからエネルギーに満ち溢れているそうです。

次回は二荒山神社から、輪王寺大猷院参拝へと続きます。

※たびねすに新しい記事をUPしました。
1度に2種類の温泉が楽しめる奥日光「ホテル花庵」は女心をくすぐるおもてなし
 
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加