ココアのhappy palette

小さなしあわせさがして…

甲状腺… 運がよかった!?

2017年02月24日 | 乳がん
21日の火曜日は、診療情報提供書とPETやCTのCDなどを持って、転院したクリニックへ。
以前から、がんの細胞の増殖数値であるKi67の数値が30~40ということは、抗がん剤を使う選択もあったのかもと気になっていました。
今までの主治医はこの治療で間違いがないと仰っていましたが、
今度のドクターにもそれを伺うと、8ミリならば、私も抗がん剤はしませんよ。
その言葉を聞いてホッとしました。

血液検査、胸のレントゲン・マンモグラフィの検査は問題なし。
ただホルモンの数値をみると、生理がなくても確実な閉経とは言えない数値らしい。

エコーはドクターが丁寧に診てくださいました。
胸の方は何の問題もなくて、最後に甲状腺もエコーで。
今度のドクターは、乳腺と甲状腺の専門医なんです。
診ていくうちに、あれ!?
甲状腺にいくつか腫瘍がありますよ。
そのうちの一つが気になるとか言われ真っ青になりました。
大きさは13ミリ。
1か月後血液検査をして、その結果をみて、針を挿して細胞診をしましょうと。
良性だと思うけれどと仰られましたが、乳がんの時もその言葉を何回も聞いていたので、悪性と言われた気分です。

直ぐに検査しなくていいのですか?と伺うと、甲状腺がんは乳がんと違って、そうそう命を取られることもなく、進行が遅い。
乳がんの転移とかではなさそうだし、慌てる必要はないとのこと。
でも悪性となれば手術で取り除くそうです。

聞いた時は、かなりショックでしたが、まだ悪性と決まったわけではないし、検査をしないだけで腫瘍のあることを知らない人も多いとか。
悪性ならば、手術をすればいいし。
ドクターが慌てていないということは、そうも心配がない症状と思うことにしました。

とにかく、ここのクリニックにきてよかった!
他のところだったら…転院をしなければ…
多分見つからないままだったかも。
運がよかったと思うしかないですよね。

次回は骨密度の検査結果をみて、薬をどうするか決めることと、甲状腺の血液検査の予定。
早く、はっきりしたいです。

暗い話だったので、最後は我が家のクリスマスローズを。



苗を買ってきて、3年ほど経ちましたが、やっと今年咲き始めた、イエローのダブル咲。



クリスマスローズの花びらに見えるところはがく片。
雄しべの周りにあるのが蜜せんで、花びらが退化したところのようです。
蜜せんは花によってそれぞれ形も違っていて、とても可愛いです。



シックな色もオシャレですね。

楽しく遊んで、免疫力UP!しま~す!
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

VOCAL CONCERT 2017

2017年02月20日 | コーラス
今日は、先日の春一番よりも強風が吹き荒れた東京でした。
フィトネスクラブの帰り、自転車ごと風に持って行かれそうで怖かったぁ。



2月19日日曜日は、コーラスで指導を受けている、長谷川康子先生の門下生の発表会がありました。



今年も文京区の同仁キリスト教会です。
2月ということで、インフルも流行中、風邪をひかないように。
雪は降らないか…というのも、この教会は、かなり急な坂道の上にあるので、雪が降ったらとても歩けないからです。
おかげさまで、風邪もひかず、お天気もばっちり!



クリスチャンではないですが、教会は落ち着きます。



ソリストの皆様の中にコーラスは私たちだけ。
「トスティ・祈り」「小鳥の旅」「ずいずいずっころばし」「サッちゃん」の4曲。
普段は防音された音楽室で唄うので、まったく声が響きませんが、教会は綺麗に響きます。
あまりに気持ちがよくて、ノリのよいずいずいずっころばしで、ピアノの演奏のところで思わず出そうになってしまいました(汗)



先生とピアニストさんも一緒に。
みんないい笑顔の1枚になりました。
現在部員は9人、あとせめて3人でも増えると声に厚みが出ていいのですが…なかなか難しい。

発表会も終わったので、次回は7月コンサートに向けて、また練習が始まります。


コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

食べて喋って!目黒雅叙園「百段雛まつり」

2017年02月17日 | まち歩き
東京は春一番でしょうか、強い南風が吹いています。
今日は暖かくなりましたが、夜にはぐっと寒くなるとか…
まだまだ気を緩めません。




2月10日金曜日は、元同僚3人で目黒雅叙園へ。
雅叙園へは、昨年のオフ会以来。←百段階段に興味のある方は、クリックしてくださいね。
招待券を頂いたので、百段階段で行われている「百段雛まつり 九州ひな紀行Ⅱ」を見てきました。
雅叙園では毎年今の時季になると、百段階段のお部屋に日本各地のお雛様が所狭しと飾られます。

見学のその前に、先ずはランチから。



ランチは雅叙園内のアルコスクエアの「CAFE&BAR結庵」。
何度も雅叙園には行っていますが、アルコスクエアは初めて。
大きな窓から木々が美しく見えて、まるで高原の中のカフェみたいです。
癒しのスポット!



メニューは、コース料理からお手頃なランチセットメニューもあります。



3人ともセットのCの「ブリのポワレ グルノブロワーズ」1400円。
ミネストローネ・サラダ・メイン・プチデザート・150円追加でコーヒーと美味しく頂きました。
食べて喋って、百段階段へ。

 
 
残念ながら今回は撮影は入り口までです。
雅な雛たちが並びます。



吊るし雛も可愛い!

今回は九州なので、以前旅行で訪れたことのある大分県の天領日田の日田醤油の雛御殿や、杵築藩医佐野家ゆかりのお雛様も。
また朝ドラ「花子とアン」の主人公村岡花子の雛や、福岡の炭鉱王・伊藤伝右衛門の圧巻の800体の「座敷雛」は圧巻。
村岡花子の友人で、伊藤伝右衛門の妻だった歌人として知られる柳原白蓮のお雛様も飾られていました。

どれも上品で素晴らしいものばかりでしたが、夜になったら動き出しそうなリアルなものもありましたよ。

見学の後は、カフェでまだまだ続くお喋り。
すっかり日も傾いてきたかと思ったら、なんだか怪しい雲行き。
お天気だったはずなのに、駅に向かう道は激しく小雪が舞っていました。
それよりも驚いたのは、アルコスクエアのエスカレーターに乗れば、あの急な坂道を上ったり下りたりせずに済むことでした。
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

春の兆し

2017年02月12日 | 
立春も過ぎて暦の上では春!
とはいっても、吹く風は冷たく、みぞれや雪も降りますが、日差しは優しく陽だまりはぽっかぽか。



立春には、毎年ブロ友のこうさんがくださる「出雲大社相模分祠」の縁起物である「立春大吉」のお札を、家族が集まるリビングの入り口に貼りました。
2月4日立春の日に、玄関やお子様の勉強部屋、大切な部屋の入り口等に外に向けて貼り付けるというもの。
「立春大吉」とは、春先に蕾がしぜんと花開くように、天地自然の正しい神気をいただき、万民に福をもたらす縁起物。
今年もいい年になりますように…
こうさんありがとうございました。



3階のバルコニーには八重咲のゼラニュームがいくつも花を持っています。



ミセバヤも枯れ枝の中から、バラのような小さな葉がたくさん出てきています。

クリスマスローズも少しづつ咲き始めました。
もう少し咲きましたらUPしますね。



春らしい可愛いピンクの箱に入ったスイーツを頂きました。
世界的にも高い評価を得るサントス・アントワーヌ氏がシェフを務める「エコール・クリオロ」の中目黒店限定のチョコレートケーキ「ナカメグロ」です。



折しも14日はバレンタインデー。
ひと足早く美味しいコーヒーを煎れて頂きましょう。



最近は韓国ドラマも見ていますが、火曜日の夜10時からのドラマ「カルテット」にハマっています。

松たか子・満島ひかり・高橋一生・松田龍平が出演するドラマ。
夢が叶わなかった4人は、全員が片思い・全員が嘘つき。
大人のラヴストーリーでサスペンス!?
去年の同枠の逃げ恥とは、違った面白さがあります。
絶妙な会話、毎週この4人の秘密が少しづつこぼれていく様が、楽しみなんです。
最後に流れる主題歌は椎名林檎が書き下ろした「おとなの掟」。
この4人が唄いますが、松たか子と満島ひかりが色っぽくて素敵!



あとは、木曜日夜10時25分からの「LIFE!~人生に捧げるコント」。
さまざまな設定やキャラクターのオムニバスコント。
芸人だけでなく、レギュラーには俳優たちも。
ゲストの俳優も容赦の無いコント!
毎週いろいろなキャラクターが出てきて笑わせてくれますが、特に面白いのがこれ!
うそばかりつく、すし屋の見習い「うそ太郎」の星野源。写真はゲストで出演した綾瀬はるか。
紫のたぬきはドラえもんならぬ「オモえもん」。
扱いづらく気持ちが重くなるような態度をとるオモえもんの星野源。
のび太ならぬムロツヨシが演じる小学生のさとしくんとのおもすぎるドラえもんのパロディのコント。
大人気の星野源がここまでやるのは嬉しいし、芸達者過ぎて感動。

健康の為には笑うのが一番!ですね。
みなさまは、お好きな番組ってありますか?

旅行ガイド【たびねす】に新しい記事を投稿しました。
天然温泉の30倍の効果!湯河原温泉「ホテル城山」はラドンも楽しめる宿
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

湯河原温泉&ラドン温泉で温泉三昧

2017年02月09日 | 国内旅行
宿泊したホテル城山は、温泉が自慢です。



万病に効くということから、その昔将軍家に献上されていたといわれる湯河原温泉は、弱食塩・弱アルカリ性の肌に優しいお湯です。
無色無臭でさらっとしています。



露天風呂からは、湯河原の町並みや遠くに海も見ることができます。



大浴場の隣には、ラドンカプセルという、ラドン温泉があります。
ラドンとは、ラジウム鉱石を自然崩壊することで発生するアルファー線を利用する健康入浴法。
普通の天然温泉の30倍の効果もあるといわれています。
ドアを開けるとサウナのように、湯気が立ち上がっていて、カメラのレンズがくもって、なかなか写真が撮れない。

ラドン温泉にはジャクジーや打たせ湯もあって、マッサージ効果も得られます。
ただし、長湯は禁物!5~10分ほどの入浴をしたら、1~2時間ほど休んでからもう一度入るのが体にもいい入り方。
色々な病に効果もありそう。
5分ほどで、汗がじっとりと流れてきます。活発な新陳代謝が期待できます。

たっぷりと温泉に浸かり、ホッカホカで気持ちよく就寝。



翌日も天気!
食事は、昭和レトロを感じる館内のレストランで朝食。



焼きたてのあじの干物やおかずなども美味しくて、特に大根のキンピラが絶品でした。



客室の水回りはダブルの洗面ボールは便利だし、トイレの音姫は、自動でクラッシックや、せせらぎの音など好きなものが選曲できるようになっています。
トイレタイムもリラックス!

11時までゆっくり過ごして、チェックアウト。
大満足の一泊でした。

帰りは小田原で、お土産やお弁当を買ってロマンスカーへ。



富士山の美しい姿を見ながら帰路に着きました。
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

家族でまったりと「湯河原温泉」1泊旅

2017年02月05日 | 国内旅行
還暦のお祝いを兼ねて、2月3日から1泊で湯河原温泉に行ってきました。
この季節は毎年主人と温泉に行くのですが、今年は長男も一緒に。
母と次男も誘いましたが、それぞれ予定があったようで、3人旅になりました。
今回は、美味しいものを食べて、温泉でまったり。
いつも忙し旅の私にしては珍しく、観光なしの旅です。



新宿駅から小田急ロマンスカーで小田原駅へ。
ロマンスカーは何度も乗っていますが、ブルーの車体は初めて!
1時間ほどで小田原へ。
小田原駅からは、東海道線に乗り換えて、湯河原駅までもあっという間。
ホテルは駅から歩いて2分ほどなので、主人にも優しい。



宿泊は、フォレストリゾート湯河原温泉「ホテル城山」。
外観は昭和レトロぽいですが、部屋がリニューアルされていてとても綺麗で、食事も美味しいという口コミで選びました。
本来は座卓なのですが、体が不自由な主人の為に、テーブルと椅子にしてくれました。
これなら安心して部屋で食事もできます。



お部屋には露天風呂も付いているので、24時間好きな時に入れるのも嬉しい!
暇な時間には、このように足湯で読書もできます。



食事前に温泉に浸かって、浴衣に着替えて息子と卓球タイム。ラケットは持参しました(笑)
浴衣なので動きが思うように行かないし、はだけてくるし、着替えなければよかったと後悔。

それでもほぼ1年ぶりの卓球で、楽しかった!



すっかりお腹も空いて、夕食タイム。
部屋食はもしかしたら初めてかも。
舟盛&ステーキ膳のお献立で、先ずは前菜や煮物や天ぷらなど。



口コミにも美味しい!と書かれていたので楽しみにしていた熱々のステーキ。



勿論伊豆ですから、刺身の舟盛もあります。



デザートは苺のミルクプリンとメロン。
長男は会席料理とかが苦手なので、普段はなかなかお腹いっぱい食べることができないので、バイキング料理のあるホテルも考えましたが、どうも私はバイキング料理は好きじゃないので、ここにしました。
お刺身もステーキも出たので、お腹いっぱい食べられて長男も大満足でした。

寝る前にはもうひと風呂浴びに行きます。
ここは、湯河原温泉とラドン温泉と2つの温泉が楽しめるんですよ。
ラドン温泉はなんと普通の温泉の30倍の効果とか…

次回はラドン温泉の紹介をします。


コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

いざ!誕生日

2017年01月29日 | 日記・エッセイ・コラム
1月29日は、私の誕生日。
LINEやメールでたくさんのお祝いの言葉をいただき嬉しかったです。
ありがとうございました。
いよいよ大台になりました。
嬉しいような、信じられないような…
微妙な気分というのが本当の気持ち。
昔は60代といえば、おばあさんってイメージでしたよね。
今は、先輩方の方がずっと元気で、若々しく感じます。
今日は60年前を辿ってみたいと思います。



私は、父の転勤先の大分県別府温泉で産湯を浸かりました。



箱に入っているのがお気に入りで、この頃から箱入り娘!?



この写真は、写真屋さんの写真の大きさの見本として飾られていたそうで、母自慢の一枚だそうです(笑)



2歳位まで別府で過ごし、その後は東京で育ちました。

この時代から60年余り…
すっかり年を重ねてしまいました。

ここまでの人生を振り返ると。
子供の頃は、おとなしく、恥ずかしがりやで、思ったことも言えないような一人っ子気質。
引っ込み思案でした。
今では旅行が大好きなのに、小中高の時代は遠足とか行くのが好きじゃなかったんですよ。
大人になってからの友人たちに、その話をすると、嘘だぁ~って言われます。
高校時代からは少しずつ自分を出すことができるようになって、13年勤めた会社のおかげなのか打たれ強く、思ったこともはっきり言えるしっかり者になりました。
人って環境で性格も変わるものなんですね。

なので子供の頃は、あまりいい思い出がありません。
結婚して子供が出来て、幸せを感じる子育て。楽しかった!
50代になるといいことも悪いことも嵐のようにやってきました。
私が乳がんにかかったり、元気印でスポーツマンの主人が思いもよらないパーキンソン病に。
その他悩みも抱えきれないほどありますが、けっして不幸と思うことはなく、今の人生を楽しめる気持ちを持っています。
そう思えるのは家族や友人の支えあるからですね。

いざ!60代、どんなことが待っているのかはまだわかりませんが、元気に前向きに進んでいきたいです。



コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

早春のチューリップのアレンジ&新年会

2017年01月26日 | フラワーアレンジ
1月18日(水)は、フラワーアレンジのお稽古でした。
この日はお稽古の後は新年会だったので、簡単に出来るものをということで、花瓶に投げ入れ!



チューリップとラナンキュラス・コデマリ。
チューリップで投げ入れなら、茎も見せたいのでガラスの花器で。
春らしいアレンジになりました。
ラナンキュラスは、バラみたいでとっても可愛いし、なんと私の誕生花でした。


お稽古の後は、美味しいイタリアンとスイーツが食べられる「Cafe neige 」へ。
最近はここのケーキが気に入って何度か食べていますが、ランチは初めて。

間口は狭いですが、オシャレなお店で、若いイケメンのおにいさんがお料理やケーキを作っています。



手作りのケーキは種類は多くないですが、どれも美味しそう。



焼き菓子もありますよ。



お皿いっぱいのサラダ。
美味しいんだけれど、酢が苦手の私にはドレッシングが少しきつかった。
次回は、ソルトで食べたいかも。



ランチはパスタなど数種類ありますが、アラビアータやバジルのパスタをシェア。
ここまで食べて、かなりお腹がいっぱいになりましたが、やはりケーキまでたどり着きたい。



頑張ってボリューミーなモンブランを注文。雪だるまみたいで可愛い!
デコレーションもしてくれます。
美味しくて大満足なランチでした。
今年も素敵なアレンジができるように、日々精進します!

【たびねす】に新しい記事を投稿しました。
トトロの木もある!神奈川・ジブリゆかりの老舗旅館「陣屋」で日帰り温泉を楽しむコツ

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

恒例!新年会は鶴巻温泉の「陣屋」で

2017年01月22日 | オフ会
一月もあっという間に後半になりました。
20日の金曜日は、ブロ友との新年会を例年通り鶴巻温泉の「陣屋」で行いました。
ここ数年は新年会は陣屋と決めたので、どこにするって考えなくていいし、勝手知ったる陣屋。
とても高くて宿泊はできませんが、新年会以外にも何度も通っているので、私たちの定宿!?(笑)
毎年同じような写真となっていますがお付き合いくださいね。
お天気が雪か雨かと前日からの天気が気になりましたが、さすが晴れ女が多いせいか、傘要らずで過ごせました。



心なしか陽射しも。
到着を知らせる陣屋太鼓を聞きながら、ロビーへと向かいます。



途中には、神奈川県で飲泉の許可を得た源泉第一号の温泉水が飲めます。
胃腸にもいいそうです。



車組、小田急組と雪の心配もなく無事集合。
先ずは冷えた体を大浴場「葵」で、温まります。
カルシウムの含有量世界有数の名湯なんですよ。
じんわりと汗をかくまで温まり、ランチへ。



重厚感のある賑わい亭で旬彩御膳を頂きます。



1月なので、お正月を意識したメニューとなっています。
大根の羽子板に、羽根つきの羽根のような「ツクバネ」も食べられます。
熱々のごま豆腐、テーブルで一人づつ炊き上げるご飯も美味しい。



メインは重箱に入った、お弁当。
少しづつ色々な味を楽しめます。



食後は、休憩室のある露天風呂へ移動。
ここが楽しみなんです。
離れの和室は、いつも貸し切り状態。
持ちよりのお菓子や、コーヒーを飲みながら、近況報告。
5月の旅行の相談など、話は尽きません。それにお腹が痛くなるほど笑った!

雪で帰れなくなったら、ここに泊まりたいよね~なんて(笑)
最後にもう一度温泉へ。



やはり露天風呂は気持ちがいいです。
心もからだも、ほっこり~しました。
日帰り温泉1400円、ランチ4000円。
充分楽しめました。



何回この同じシチュエーションで写したかしらというくらい、定番の記念写真を写して解散となりました。
今年も7人勢ぞろいでよかった!
ももママさんこうさんケイさん・michiさん・mipoりん・ヒイさん、お疲れ様でした。

コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

ごかくで合格!?珍しい五角形の鳥居がある「阿佐ヶ谷神明宮」

2017年01月19日 | パワースポット
以前から気になっていた「阿佐ヶ谷神明宮」に年末に行ってきました。



都内最大級の伊勢神宮に縁が深い阿佐ヶ谷神明宮は、天照大御神を祀る由緒ある神社です。
境内の広さは3000坪あまり、木々に囲まれて、都会とは思えないほど。
このすぐ隣の病院には、小児科に通ったりしていたのに、お参りをすることもなかった。
それに、こんなに由緒のあるところだとは知りませんでした。
古代の皇族であった日本武尊(やまとたける)が東征の帰途の際に阿佐谷の地で休息したことから、一社を設けたのが始まりといわれています。





手水舎で身を清めて、境内を進むと見えてくるのが、学問の神様、菅原道真を祀った北野神社。
なんと鳥居が五角形!合格鳥居です。
ごかくで合格ということでしょうか、もしかしたら日本唯一かも。
縁起も語呂もいい!



さらに中に進むと伝統芸能の奉納にも使用される立派な能楽殿もあります。
こちらの写真は「瑞祥門(ずいしょうもん)」。
皇室・皇族が使われる菊の紋章の入った扉は格式の高さを感じます。
奥に見えるのが、拝殿です。



神明造の拝殿からは、本殿(御垣内三殿)の参拝ができます。



こちらが本殿で、中央には「天照大御神」をお祀りし、左に「須佐之男命(すさのおのみこと)」右に「月読命(つきよみのみこと)」の三貴人をお祀りしています。
このような三貴人が祀られた神社はとても珍しいといわれています。
また本殿にある鳥居は、式年遷宮の行われた伊勢神宮の別宮「瀧原宮」にあったものが27年に宮入りしました。
その位由緒ある神社なんですよ。
伊勢神宮のような神々しさを感じ、凛とした空気が流れています。

また阿佐ヶ谷神明宮では、全国で唯一ここだけが行う「八難除」があり厄除・八方除など現世に数多ある災難厄事総てを取り除く御祈祷も受けられます。



最近人気なのが、オリジナルの神むすび(レースブレスレット型のお守)。
こんなに種類もあるんです。
腕に付けたり、バックに付けたりもできるそうです。


コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加